最新閲覧日:

古本屋でなんとなく気になる本をみつけ購入しました。

 読むとジッサイ面白く、以前に読まれたかた(古本屋にもちこんだ方)も
相当読み込まれたようで、跡がいっぱいついてます。

ヒマをみつけては、読んでるのですが、いざ読んでると、
 ・ 指先ベットリベトベト感…
 ・ 突然ただならぬ異臭感…

に襲われ3ページともちません。(臭いはなしでスミマセン…)

 興味ある内容なので、全部読みたいのですが、
気分よく読みた~い…な "妙案" ありませんでしょうか?

(似たような回答あります? "疲れた本 きれいに したい" で検索してはみました…)

A 回答 (4件)

そのべたべた感とよれよれになるののどちらが良いでしょうか?


本、思い切って洗ってみてはどうでしょう?
お風呂で読書をすると紙が水分を吸ってよれよれになりますが、強くひっぱったりしない限り湯船に落としても以外と破れないものです。
そおっとぬるま湯につけて洗って、その後ページを軽く開いて立てて軽く乾燥させ、最後にあて布をしてアイロン掛け・・・出来なくはないはずです。

ちなみに、私は普段平気で濡れぞうきんで拭いてしまいます。
汚れが気になる時は薄い洗剤をつけて拭いたりします。

でももし試すなら、他の人の方法を試してからにしてくださいね(当たり前だ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

 アドバイスいただいた方々のご提示内容いろいろ試してたのでお礼遅れました…

"アイロンがけ"は不得意分野なので

"洗って天日干し" にしてみました。

多少違和感のある仕上がりになりましたが、嫌悪感はなくなりました。^^)
(欲しいのは本の内容なので十分満足です。)

お礼日時:2001/07/30 10:34

「書見台」を使うと、



1.ページを繰るときだけ触るので、持たずに読めますので効果的です。
2.読んだ所まで開いて置けるので、じっくり、気の向いた時に読めます。
3.一応、開いた状態で置いておけるので、幾らかでも臭気も抜けます。

 大手の文具店で、Book Mate などの名で、1,000~ 各種有ります。



 ┏━━┯━━┓
 ┃  │  ┃        /
 ┃  │  ┃       /
 ┃  │  ┃      /
 ┃  │  ┃     /\
 ┣┿━┿━┿┫  ┃ /  \
 ┗┷━┷━┷┛ ━┻━━━━━━
 │←17.5cm→│ │← 16.5cm →│
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

 アドバイスいただいた方々のご提示内容いろいろ試してたのでお礼遅れました…

"Book Mate" 見てまわってきました。
結構便利なものがありますね…

ただ、購入した本が 1,000未満でしたので、
コストとの折り合いがつかず、今回は見送りさせてください。

5,000~ を購入時に再考します。^^)

お礼日時:2001/07/30 10:35

補足:


案2を行う際、本の背中に強力なクリップか洗濯バサミのような物を付けそれに紐を結びベランダなどに吊るすのが良いでしょう。
そうすれば、ただ置いておく場合よりもページとページの間に風が入り効果アップが望めそうです。

私も今度やってみようと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

 アドバイスいただいた方々のご提示内容いろいろ試してたのでお礼遅れました…

"お風呂で洗って天日干し" にしてみました。

多少違和感のある仕上がりになりましたが、嫌悪感はなくなりました。^^)
(欲しいのは本の内容なので十分満足です。)
洗濯バサミは "ズボンを吊るす" タイプのを使いました。

お礼日時:2001/07/30 10:37

案1:


幸い今は夏。nao_2さんの家にも扇風機があるかと思います。
扇風機を自分の斜め後ろあたり(真後ろに置く事は難しいでしょうから。椅子とかもあるし)に置いて、風を受けながらの読書はどうでしょうか?
そうすれば、嫌な臭いは自分の方には来ないですし風で指先の乾燥状態が保たれベトベト感も和らぐ可能性大です。

案2:
幸い今は夏。天日干しはどうでしょうか?殺菌効果も期待でき衛生的と言える思いますが。ベトベト感も異臭もかなり治まるかと思いますが。

私としては、案2の後に案1を実行される事をお勧め致します。
いずれにしても、夏の間が勝負と見ましたよ。
頑張って下さい!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ