Mr.インクレディブルのキャンペーンでアニマル浜口さんが、コスプレで登場していますが、浜口さんは吹き替えでもやっているのですか?
それとも、実写版映画に出るのですか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

浜口さんは吹き替えも実写版映画にも出てませんね。

キャンペーンガールみたいな事してるみたいです。HPを見たら、インクレ体操をしてました(笑)。吹き替えは三浦友一、黒木瞳、宮迫(雨上がり決死隊)、綾瀬はるかがやってます。詳しい事は参考URLを見てみてください。

参考URL:http://www.disney.co.jp/incredible/
    • good
    • 0

こんにちは(*・-・*)



アニマルさんはキャンペーンガールみたいなもので映画そのものの吹替えなどでと登場はありません。
ちなみに吹替えは三浦友和さんや黒木瞳さんなどかなり豪華なメンバーです♪

下記公式サイト参照して下さいませ。

参考URL:http://www.disney.co.jp/incredible/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMr.インクレディブルの前売り券

子供3人初めて映画館に連れて行こうと思います。(皆小学生)

が、小人の前売り券は既に売り切れ!
ストラップも欲しかったのですが、何より3人分の当日券との差額を考えると トホホです。

コンビニでも取り扱ってますか?なるべくならオークションより直接買いに行きたいのですが、何か他に方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
前売りなので公開日前日(12/3)までになりますが
コンビニでしたらサンクスで購入できます(*・-・*)
ストラップではないですが先着でポストカードがもらえます。
小さめの店舗に行けば残っているかも知れません。
購入できますように。o:*.。○

参考URL:http://www.circlek.co.jp/entertainment/advance_ticket.html#11

QMr.インクレディブルの疑問

昨日借りてきて見ました。かなり面白くて2が出ないかな、と思っています!
みなさんもまだ見てないならお勧めですよ!

で、疑問は
ボブは敵のコンピューターのパスワードがなぜわかったのでしょう?真剣に見てたのにわからなかったです。敵の名前とかですか?

Aベストアンサー

んーと、たしかこうです。
地底に、ミイラ化した元ヒーローの死体がありましたよね。
行方不明になっていた人。
そこの壁に、パスワードが書いてありました。
死んだヒーローは指先からレーザーを出す能力を持っていて、
壁に刻みつけたのです。

その人がなぜパスワードを知ったかはわかりませんが…。

Qエピソード2吹き替え版の声優さん

先日TVで、「エピソード1」放送後に「エピソード2」吹き替え版の予告編をちらっとやってたのですが、大人になったアナキンの声をやってらっしゃる方はどなたなんでしょうか?
それと、現在公開されている2でも、やはりアミダラ女王は坂本真綾さん、オビ=ワンは森川智之さんが声をあててらっしゃるのでしようか?
御存じの方ご回答のほど、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プログラムより。

アナキン・スカイウォーカー=浪川大輔
パドメ・アミダラ=坂本真綾
オビ=ワン・ケノービ=森川智之

ちなみに、アミダラはもう女王じゃないです。
これ以上は映画を観て楽しんでください。

Qモンスターズ・インク(日本語吹き替え版)の声優さん

教えてください。
モンスターズ・インク見に行ったのですが、日本語吹き替え版の「ロズ」の声優さんを知りたいです。
パンフレットには、サリー&マイクしか載っていなかったので・・・
エンディングロールを見ればいいのでしょうが、ついつい「NG集」を見ててわかりませんでした。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

磯辺万沙子さんです

参考URL:http://movies.yahoo.co.jp/static/monstersinc_cast.html

Aベストアンサー

単純に言えば、聴くことと読むことの能の処理能力の差からきています。本来、人間の視覚の処理能力は聴覚よりも高いのですが、文字を処理するとなると声の処理より遅くなってしまいます。これは、脳の構造的問題ですから、仕方がないことです。元々、脳は文字を解釈するようにできておらず、文字をまず絵として認識してから、改めて文字として認識しています(ですから、訓練が必要なんです)。

字幕は出ている間に読み取れる分しか書けませんから、どうしても本来の台詞を短くしたり、意味が通る(時には意味が通らないのもあるが)範囲で改変します。
ですから、字幕を作成するには単に英語が堪能なだけではなく、日本語の能力も要求される職人芸になっています。

それにくらべ、吹き替えは、元の台詞を逐次的に訳しても見る側は付いてこれますから、ある程度長くできます。それでも、特定の言い回し(慣用句やことわざなど)に付いては、大局的な意味が変わらない程度に日本語を直訳から変更します。
一番困るのは慣用句がギャグ化していて、日本の慣用句に変更すると意味がなくなってしまうばあいで、この場合は強引にギャグをぶっ込んだりして、珍訳の生まれる元となります。

単純に言えば、聴くことと読むことの能の処理能力の差からきています。本来、人間の視覚の処理能力は聴覚よりも高いのですが、文字を処理するとなると声の処理より遅くなってしまいます。これは、脳の構造的問題ですから、仕方がないことです。元々、脳は文字を解釈するようにできておらず、文字をまず絵として認識してから、改めて文字として認識しています(ですから、訓練が必要なんです)。

字幕は出ている間に読み取れる分しか書けませんから、どうしても本来の台詞を短くしたり、意味が通る(時には意味が通...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報