こんにちは!今日のランチタイムの話題になったのですが、「中国ではパンダ年がある!」って言うのですが、本当なんですか?だとすると12ではなく13支になるのでしょうか?ご存知の方、教えて下さい。(このカテゴリーでよかったのでしょうか?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

真偽のほどはわかりません。

ただ話のネタとしては、面白そうなので回答します。

記事によると、1971年の文化大革命の時に干支から龍が消えてパンダになったという説もあるみたいですね。

http://www.sibata.co.jp/~ken/futeiki/jan2000.htm
1月6日 1月14日参照

http://homepage1.nifty.com/mitsu_h/oldlog/log000 …
発言番号「46」参照
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
30年前に本当にあったのでしょうか・・・
一度かえて次はまた元に戻しても一昔前だから誰も忘れてしまうのでしょうか?それともやはり龍の方が「しっくりする!」という事で戻したのでしょうか?こんな大事なこと簡単に替えたり、元に戻したり、中国って国はよくわからないですね。
同僚にも報告しておきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/06 13:36

文化や宗教的なことは詳しく分りませんが生物学者として


考えると、そもそもパンダって最近発見された生物なんですよね。

それまでは一応、想像上の生き物だったり、突然変異したクマ
だと思われていたんです。いまでこそ中国のシンボル的なパンダも、
昔は同じ想像上の生き物である龍とは比べ物にならないくらい、
中国全体ではえらいマイナーな生き物で地元民レベルなんですね。
しかも、パンダの生息地である四川省は古代中国では地方も地方、
中央の人達には噂にもならなかったと思います。

麒麟とかだったら、もしかしてとも思えるんですが、
パンダはありえません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
同僚ともども、からかわれて恥かしいかぎりです。
パンダは新参者の動物なんですね。知らなかったです。
OKに質問してホントに良かったです。
危うくヨソで恥をかくところでした。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/03 17:01

hiroko123さん、こんにちは



完全にからかわれましたね、私も良く干支を聞かれると「パンダ年」とか「猫年」
なんていいますよ、だって干支、云ったら年がバレバレでしょう!?

日本なんでも昔話で、十二支のお話が聴けます。

http://town.hi-ho.ne.jp/enterT/anime/

参考URL:http://town.hi-ho.ne.jp/enterT/anime/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
間接的に騙されてしまいました。
情けないで~すっ!
家に帰ってから教えて下さったHPを
ゆっくり見たいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/03 16:52

中国人の友人リくんに聞きました。


「パンダ年があるの?」
「ない。でも変えようとしてる動きは前からある。龍は架空の生き物といううことと、皇帝を意味するので変えろって」
「架空ってタツノオトシゴは?」
「年賀状にタツノオトシゴ描く?」
「あんまり」

と、いうことらしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
早速、同僚に言ったところ、どうやら彼女もお友達にからかわれたみたいです。(私たちは騙されやすいのかもしれません・・・)
もしも、パンダ年に替わったら、それはそれは大変なお祭り騒ぎになりそうですね。
中国人のお友達、りさんにもありがとうとお伝え下さい。

お礼日時:2001/08/03 16:45

だれだ、そんなことぬかすのは?(笑)



十二支はもともと中国から来たものですが?
からかわれたのではないでしょうか。

ちなみに
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
で十二支ですね。

もともとは動物の意味ではなく植物の発生・繁茂・成熟といった成長の過程を意味していたそうです。十二支は、十二年ごとに一巡、十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と組み合わせて、60年で一巡する年もしくは六十日で一巡する日にち、時刻や方角などを示すとき用いられます。

星占術の一種として見られることもあります。

ですから、パンダ年などあるわけないです。

わかりましたか?

それでは
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
あまりにもさらっと同僚が言うので、中国はそうなのかもしれない、でも・・・って思いました。
やはりそうなのですね。早速、同僚に言ってみます。

お礼日時:2001/08/03 16:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレンタルパンダ

上野動物園でパンダの赤ちゃんが生まれましたね。

この赤ちゃんも、中国からのレンタルってことになるのですか?

Aベストアンサー

親の所有権が中国にあるので、生まれた子供の所有権も中国。

犬猫の世界でも同じでは?

Qこのカテゴリーが適切かわかりませんが・・・

ご存じの方は教えて下さい。

私には幼稚園に上がる息子がいるのですが
東京に住んでいるため、田舎の生活をあまり知りません
田舎の要素を少しでも体験させたいと思い
田植えの体験ツアーをさがしているのですが
なかなかいいものを見つけることが出来ません。

東京から参加、もしくは現地集合で参加でも
かまわないので
田植えを親子で体験できるツアーをご存じないでしょうか

教育のためとか堅苦しいものではなくて
農家って、こんなことをしてるんだ・・・みたいな
体験をさせたいのです

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

先ずは御質問の『田植えを親子で体験できるツアーをご存じないでしょうか』に対するアドバイスを。

 「Google」で「田植え 体験 親子 (2005年 OR 平成17年)」を検索すると774件ヒットしました。

 ・http://www.google.co.jp/
  Google

 いくつか見てみましたが,年齢に条件が付くものや付かないもの,県内在住の条件のあるもの等,どんなのが良いか判断に困りますので,御自分で検索して調べてみて下さい。

 ところで,御質問者さん御自身は田植えの経験がおありなのでしょうか? 私も祖父がやってたものを見ていただけですが,『幼稚園に上がる息子』さんでは難しいように思います。

 『農家って、こんなことをしてるんだ・・・みたいな
体験をさせたい』という事でしたら,今すぐ田植えの体験をさせなくとも,東京近郊の田んぼを探して見学させていただいては如何ですか? 田植えだけでなく定期的に見学させていただいて,もう少しお子さんが大きくなったら体験ツアーに参加されては如何でしょうか。

参考URL:http://www.google.co.jp/

先ずは御質問の『田植えを親子で体験できるツアーをご存じないでしょうか』に対するアドバイスを。

 「Google」で「田植え 体験 親子 (2005年 OR 平成17年)」を検索すると774件ヒットしました。

 ・http://www.google.co.jp/
  Google

 いくつか見てみましたが,年齢に条件が付くものや付かないもの,県内在住の条件のあるもの等,どんなのが良いか判断に困りますので,御自分で検索して調べてみて下さい。

 ところで,御質問者さん御自身は田植えの経験がおありなのでしょうか? ...続きを読む

Q日本のレストランでは会計は出口近くで払うのが原則だが外国では・・・

欧米、南米、アジア等20数カ国みてきましたが、日本のようにレストランの出口近くで現金の授受やカード決済を行うことが標準化されている国は、私の行った範囲では一つもなく、どの国でも席で会計を済ませるのが当たり前のように行われていました。日本のような会計方式のレストランが存在する国が皆無でないことは確かですが、日本のように広く一般的にこのスタイルが浸透している国は日本以外には皆無に近いような気がします。

質問1
日本以外で会計を出口近くで済ませることが一般的という国はありますか?

質問2
仮にこの習慣が日本のみであるとしたら、日本だけがこのようになった文化的背景は何でしょうか?

日本でも高級料亭や高級仏蘭西料理店などでは席での会計が常識ですが、ここでは一般的な庶民が通うレストランに話を限定します。

Aベストアンサー

昔、中国の庶民的なレストランでは、最初に支払う食券制でしたね。デパートの大食堂などでみられるアレです。

ヨーロッパでは席に対してボーイが決まっていた習慣が関係しているのではないでしょうか。
日本では、昔の商店は番頭さんというのか、お金を扱う人が決まってひとり、どっしり座っていましたよね。そのあたり関係ないでしょうか。

Q学校ではなぜホワイトボードではなく黒板のほうが多く利用されてるのか

小中高大、どの学校でもホワイトボードより黒板を使って授業が多いですよね。一方塾では黒板よりホワイトボードを多く利用していたりします。それらはなぜそうなのかなって。

Aベストアンサー

こんにちは

あとは視力の問題もあるかもしれません
黒抜きに白の方が見やすいのではないでしょうか?
http://www.geocities.co.jp/NeverLand/6555/sub3-miekata.htm

Q日本では店員の方が、外国では客が、礼を言うそうですが

日本と外国で、客と店員のどちらが礼を言うか、に関してです。
他のカテの回答で、次の説明がありました。
1.外国では、
<私が訪問した50数ヵ国では、金を払うお客のほうが、微笑みで「ありがとー」って言います。スーパのレジでも、すべて作業が終わった時点で客が微笑みで「ありがとー」です。>
だそうです、
2.一方、日本では、
<日本の店の人が、客に向かっての「ありがとうございます」。>
ですね。
日本と外国で、この正反対の行為について、解説して下さい。

Aベストアンサー

海外に行けば実感すると思います。
通常外国では店側の方が客よりも立場が上です。
客は店がなければ欲しいものを手に入れられないので。

日本では、お金を払う側がいつでも立場が上です。
BtoCでもBtoBでも、お金を払ってもらう側が「ありがとう」というのは当然ですよね。

日本では少しでも客をないがしろにすると噂も広がって経営が成り立たなくなるので、「お客様第一主義」が常ですが、海外で「お客様第一」なんていって過剰なサービスをしていたら、それこそムダの多いコストのかかる接客として怒られます。

基本海外ではお客様よりサービスと収益のコスパの方が大切なので、店側の判断次第で客が受けられるサービスが変わるのです。

日本のありがとうは
「私たちの生活費を落としていってくれてありがとう」

海外のありがとうは
「今日もいつも通り働いてくれて、物を売ってくれてありがとう」

という意味の違いがあるんだろうなと、海外で暮らしてみて実感しました。

どんなに事件や事故が起こっても、日本人の働き方が変わらないのはこの意識の差だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報