出産前後の痔にはご注意!

大抵どこの国も戦争に勝った事も有れば、戦争に負けた事もあるのが普通ですが、アメリカとイギリスは戦争に負けた事は無いんですか?
歴史に余り詳しく無いので分りませんが、ずっと勝ち続けている国ってあるのでしょうか?
それとどうして元々資本主義と社会主義の国に分かれているのでしょう?資本主義と社会主義の違いは分りますが、どちらがいいんでしょうね?
どなたか回答の方宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 こんばんは。



 イギリスは、12世紀にジョン王が対仏戦争に敗北して、領土を失っていますね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7% …

>資本主義と社会主義の違いは分りますが、どちらがいいんでしょうね?

 どちらにもいい面、悪い面はあると思いますが、社会主義の国が減ってきている事を勘案すれば、人民が望んでいる事が分かると思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考URLまで載せて頂いて。感謝しております。
o24hiさんがおっしゃる通り、社会主義の国が減っている事から、人民が望んでいる事が分る。その通りですね。回答の方、本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/25 14:27

アメリカは 負けたことありません。



敬礼の時 手のひらを見せないのは 負けたことないから(友達の軍人から聞いた話。)。



イギリス   は 知らない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
手のひらを見せない理由には、そう言うジンクスがあったんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/25 14:13

「戦争に勝った、負けた」 は、「戦争」 の定義次第でしょう。

ベトナム戦争とはいいますが、アメリカはどこかに宣戦布告した訳ではないですから、戦争ではない、と言って言えないこともないので。イギリスのジョン失地王の場合は、時代が時代なだけに現在の 「戦争」 の概念に照らし合わせた場合には、質問者の言われる 「戦争に負けた」 と言えるのかどうか。これを言い出すと、果たしてソビエト連邦も 「戦争に負けたことはない」 とも言えます。

そこで、質問者の 「戦争」 の定義は何ですか、何を持って 「勝った、負けた」 としますか。これがはっきりしないと、いろいろな立場からの回答が出て、その立場の正当性が問題となり、回答が成立しなくなります。

この定義はともかく、比較的大きな (土地ではありません、国際的に占める位置が) 国の中で、本土を侵害されたことが殆どない、と言えるのは、アメリカだけでしょう。大東亜戦争前の大日本帝国もそうでしたが。この両者に共通して言えるのは、「戦争 (ごく一般に使われる意味で) とは外地で兵隊がやるもの」 との認識です。本土に残っている者にとっては、切迫感がないのです。これが、第二次世界大戦後の各地の紛争へのアメリカの介入が国民に受け入れられやすい (大日本帝国時代の支那、満州に対する臣民の反応と共通する) 理由の一つです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
戦争に勝った負けたとは、相手の領土を取ったり属領にしたり、植民地にしたりとかですが、日本の様に属領にされなくても相手国の要求をのんだ場合に負けとします。
chicago911さんのおっしゃる通りですね。何を定義とするかで回答が変わって来ると私も思いました。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/12/25 14:10

 ただいま戦争中ですよ



 と言っても経済戦争ですね

 いまや、車はビック3を蹴落とす勢いですね
 
 円ドル相場も経済戦争の結果レートが変化します

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
経済戦争ですか。そうですよね。
経済戦争も立派な戦争かも知れません。
お互い平等に儲けると言うのは難しいですね。

お礼日時:2004/12/25 14:15

ただ、直接本土を焼かれたことがない、という観点からいうと国民に「派兵は失敗だった」と認識はあっても「負けた」という認識はないんじゃないでしょうか?



それゆえ、キューバ危機や先の9.11のように直接本土が危機にさらされると、アメリカはどこよりも過剰に反応しているように感じます。
逆に言えば、痛みを知らないから派兵に積極的なんでしょうね。

大分前に北朝鮮のミサイルが本州を横切ったことがありますが、あれアメリカだったらもっと大騒ぎしてましたよね。下手したら開戦してたかも。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
北朝鮮のミサイルが本州を横切った事があったんですね。知りませんでした。
ruruさんのおっしゃる通り、これがアメリカだったら
開戦も有り得たかもしれませんね。
だから多分、北朝鮮はアメリカには手出しをしないんでしょうね。(非難はするけど)
日本国は歴史上、苦しい立場です。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/25 14:23

アメリカはベトナム戦争に負け、イギリスはアメリカが独立する時の戦いで負けています。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
イギリスがアメリカが独立する時の戦いで負けていたとは知りませんでした。
大変貴重な回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/25 14:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本は強かったの? 他国から歴史をみたら日本なんてなんてことない国だったの?

第一次、第二次世界大戦の時代
私は今まで、日本はアメリカに負けたけど、日本は戦争に強かった。と思っていました。零戦とか戦艦大和とか聞くし、神風特攻隊を出撃させたのは、作戦には疑問を持ちますが、とにかく日本は強かったんだと思っていました。でも、実際そうなんでしょうか?戦争に関して知識は豊富ではないですが、昔のVTRなどをみていると、簡単に言うと、ずるい方法をとったりしていたようにいわれてました。(約束破り?)
私は日本で日本の歴史を勉強するので日本は負けたけど、すごかった、強かった、というような感じを受けるものが多いですが、ほかの国から歴史を見たら、日本なんてなんてことなかった かのような存在だったのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

ご質問が「第一次、第二次世界大戦の時代、日本は強かったの」
ですが、
「アメリカには勝てないが、かなり強かった」といえます。

第二次大戦の時期の列強陸海軍ランキングを仮に作成してみます。

陸軍
1) アメリカ
2) ドイツ
3) ソ連
<この間、かなりの差>
4) 日本 4) フランス 4) イギリス
7) イタリア
(他はランキング対象外)

海軍
1) アメリカ
2) 日本
3) イギリス
<この間、かなりの差>
4) イタリア 4)フランス
6) ドイツ
(他はランキング対象外)

<陸軍について>
日本陸軍は弱かった、人命無視のムチャクチャな作戦をやって自滅して行った…という悪いイメージがありますが、仔細に見るとそうでもありません。

A) 支那事変は、蒋介石率いる国民政府が、上海周辺にドイツ軍事顧問団の指導で建設した第一次大戦型の塹壕陣地(第一次大戦の常識では『突破不可能』。ゼークトラインと呼ばれた)を建設した上で、上海に駐屯していた海軍の上海特別陸戦隊を襲撃し、救援にやってくる日本陸軍を、上海周辺の塹壕陣地に誘致して殲滅する、という計画で始まりました。

蓋を開けてみますと、上海特別陸戦隊は意外なほど頑強に戦って陸軍の援軍が来るまで持ちこたえ、杭州湾に上陸した日本陸軍3個師団は、国民政府が頼みにしていたゼークトラインを「浸透戦術」を巧妙に用いることで少ない損害で突破し、国民党軍を包囲殲滅しながら国民政府の首都である南京へ進撃しました。

これは蒋介石にとって全く予想外のことで、国民政府軍は総崩れとなりました。日本陸軍は、上記のランキングでは「ランキング対象外」の国民政府軍より「遥かに強かった」と言えます。

ウィキペディア 第二次上海事変
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E4%BA%8B%E5%A4%89

B) ポツダム宣言受諾の「後」に、ソ連軍が北方から千島と南樺太に侵攻しました。
千島列島の北端である占守島、日本領であった南樺太には、比較的装備が良く、兵員も充実した守備隊が残っていました。
8月15日以降のソ連軍の攻撃に対し、占守島と南樺太の陸軍部隊は善戦し、
「占守島においては、上陸したソ連軍をもう少しで海岸に追い詰めて全滅させるところまで戦う」
「樺太においては、ソ連軍の南下を食い止め、南樺太の日本人が北海道へ逃げる時間をかなり稼ぐ」
という戦いぶりを見せています。

<海軍について>
日本海軍については、アメリカに次いで世界第二位の戦力を持っていたのは異論がない所で、戦前においては、東太平洋は「日本の海」でした。

「空母機動部隊」はアメリカと日本だけが編成して運用できたものですし、18インチ砲搭載の戦艦を建造できたのは日本だけです。第二次大戦終結までに完成させた大型空母の隻数で言えば、アメリカが圧倒的に多いわけですが、次に多いのは日本です。第三位のイギリスにかなり差をつけているはずです。

無限の物量と高度な技術を持つアメリカと戦っては、昭和19年のサイパン沖海戦で日本空母機動部隊が壊滅し、レイテ沖海戦で航空機の援護のない「レイテ湾への特攻」を命じられた水上部隊がろくな戦果を挙げられずに甚大な被害を受け、「沖縄への大和特攻」(坊の岬沖海戦)で終わったわけですが、アメリカ海軍相手にここまで戦える海軍は日本海軍だけだった、というのは紛れもない事実でしょう。

ご質問が「第一次、第二次世界大戦の時代、日本は強かったの」
ですが、
「アメリカには勝てないが、かなり強かった」といえます。

第二次大戦の時期の列強陸海軍ランキングを仮に作成してみます。

陸軍
1) アメリカ
2) ドイツ
3) ソ連
<この間、かなりの差>
4) 日本 4) フランス 4) イギリス
7) イタリア
(他はランキング対象外)

海軍
1) アメリカ
2) 日本
3) イギリス
<この間、かなりの差>
4) イタリア 4)フランス
6) ドイツ
(他はランキング対象外)

<陸軍について>
日本陸...続きを読む

Q日本の敗戦は実際にはどこの国と戦って負けたのでしょうか。

日本の敗戦は実際にはどこの国と戦って負けたのでしょうか。

歴史に詳しくありません。教えていただけないでしょうか。
第2次世界大戦で敗戦したとき、日本では大空襲があったり原爆の投下などがあったかと思いますが、考えてみるとアメリカの話ししか聞いたことがない気がします。
戦争で実際に戦っていた中に中国や韓国、ロシアなどのアメリカ以外の国は日本本土に空襲に来ていたりはしていたのでしょうか。
そんな意味で実際のところ日本とそれ以外の国との戦いで負けたのか、アメリカとの一対一の戦いで負けたのか、どちらなのだろうと思い質問しました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

見方によります。
国際法から見た場合、日本に宣戦布告していた52ヶ国に負けています。
参照 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%92%8C%E6%9D%A1%E7%B4%84

戦闘の状況から見ると、太平洋、ニューギニア、フィリピン、本土周辺島嶼の戦闘においては主として米軍相手に(オーストラリア軍等も参戦しています。)敗北を喫しています。本土を空爆、機雷封鎖して日本を追い詰めたのはこれら占領された地域から飛び立つ重爆撃機です。また、一番日本を追い詰める原因となった海上輸送網の壊滅に関しては、主として米国の潜水艦及び航空機によるものです。

ビルマ方面においては英印軍及び、蒋介石軍に敗北を喫しています。しかしながら、米軍による莫大な物資援助と、日本軍による戦略ミスによるものが大きいです。
満州方面ではソ連軍に敗北を喫しています。しかし、やはりこれも日本軍側の守備が手薄であったことが大きな要因となっています。

一番難しいのが、あなたが中国と呼ぶ相手との戦いの見方です。
当時、今存在する中華人民共和国は存在しませんでした。中華民国という国家は存在しておりましたが、それは中華を代表する国家というよりも、蒋介石という個人が乱立する国家の盟主として君臨していたに過ぎませんでした。その地域に、第二次世界大戦が始まるはるか以前、満州事変という形で日本は大規模な進出を行います。その後、紆余曲折の後、日本は米英の支援する蒋介石と本格的な戦争状態に入ります。それが1937年のことですね。
日本軍は圧倒的な強さで、蒋介石軍は次々と敗れ去り、北京、上海、南京等の主要都市はすべて陥落しました。その後、どんどん奥地へ攻め込みますが、重慶を中心とした漢中盆地に立てこもり米英からの莫大な軍事援助を得た蒋介石軍は粘り続け、泥沼の戦となってしまいました。そもそも、圧倒的な広さの大陸を兵力が少ない日本軍が制圧できるわけありません。
そのような状態で戦争が4年間続きます。

決して先進国ではなく、物資も乏しかったのに多くの兵士を大陸に派遣して戦争をしていた日本は見る見る疲弊してゆきました。太平洋で覇を競っていた米国は、蒋介石への援助に加え、外交的にも邪魔者である日本に圧力を加えます。そして、日本は資源を追い詰めてより広く侵攻を行う。それを繰り返し、最後には米国との直接対決になってしまいました。
大陸で膨大な人的資源と物資を消耗した上で、国力的にすべての面で負けている米国と直接勝負したわけですね。

第二次世界大戦参戦が1941年、終戦が1945年。米国との戦争はその4年間、大陸での戦闘は8年間です。一番大きく消耗したのは大陸での戦闘ですが、勝負を決めたのは太平洋での戦闘です。そして、大陸での戦闘相手である蒋介石は、米国からの莫大な援助がなければ耐えられなかったでしょう。(日本が大陸を占領できたという意味ではないです。)終戦間近のソ連軍による大規模な侵攻も、米国による莫大な援助によりソ連がドイツに勝利できたがために行えたものです。そういった観点から見ると、やはり日本が負けた相手は米国であると言っても過言ではないでしょう。

見方によります。
国際法から見た場合、日本に宣戦布告していた52ヶ国に負けています。
参照 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%92%8C%E6%9D%A1%E7%B4%84

戦闘の状況から見ると、太平洋、ニューギニア、フィリピン、本土周辺島嶼の戦闘においては主として米軍相手に(オーストラリア軍等も参戦しています。)敗北を喫しています。本土を空爆、機雷封鎖して日本を追い詰めたのはこれら占領された地域から飛び立つ重爆撃機です。また、一番日本を追い詰め...続きを読む

Qイスラム国と北朝鮮、どちらが強いか?

いま、世を騒がしているイスラム国ですが、北朝鮮と勝負したらどちらが強いでしょうか?


いかにもイスラム国は、武器をもって残虐非道で誇示していますが、自らここで悪いことしてますよと示して攻撃してくれといわんばかりです。


北朝鮮にしてみても、そのような挑発をしますが、頭を使っています。

イスラム国は、ネットをフルに活用し、北朝鮮は、イントラネットです。


どちらも昔ながらの脅迫外交ですが、イスラム国は、外交にすらなっておらず、北朝鮮は曲がりなりにも外交していると。

どちらも民衆には、厳しく粗末に扱っている様相ですが、北朝鮮は、ひた隠し、イスラム国は、見せびらかしている。


どちらも稚拙であり、反則技ばかりつかう。


似たような側面がありますので、よく対比されるようですが、イスラム国は、いかにも兵器を所持していて、強そうですが、北朝鮮にはテポドンがあります。

勝負したら、どちらが勝つでしょうか?

Aベストアンサー

どちらも世界の嫌われ者ですが、もしこの2つの悪が戦争をすれば(あり得ませんけどね)、北朝鮮の勝ちですよ。厳しい軍事訓練を受けた北朝鮮の兵士と借り物の義勇軍兵士では戦闘にすらなりません。兵士の数は北朝鮮が推定で120万人、それに対するイスラム国は2万人程度にしかなりませんからね。

イスラム国のガソリンが豊富、なんていっている回答がありますが、彼らは原油を密輸して資金を得てはいますが、ガソリンと言う商品を持っているわけではありません。あれは原油の精製工場がなければならず、彼らの支配地域にはそんなプラントはありません。

Q英仏旅行してきました。両国民の性格の違いにビックリしてます

先日、ロンドン&パリを駆け足で1週間旅行してきた者です。スケジュール的にはかなりタイトな旅行だったのですが、信じられないくらい順調にスケジュールをこなし、私たち的にはマストな場所は全部回れました。

ここで、感想&質問です。

<ロンドン編>
最初にロンドンに早朝に着いたのですが、ホテルチェックインの前でしたので、荷物だけ預けて観光だろうなぁと思ってたら、フロントの人が「部屋が空いてるのでインしていいよ。あと、おなかすいてる?」と言ってくれました。「今、食べていいの?!」と聞くと「why not?」とニッコリしてくれました。朝食は泊まった翌日からと思ってたので、嬉しかったです。雨でびしょぬれで空腹でしたし。部屋で濡れた服を着替えて、朝食を頂き、それからロンドン観光出来ました。
あと、ロンドン在住の日本人の方とかに「道お困りですか?」とか教えてもらったり、外国(多分どこかヨーロッパ)の観光の人に道を聞かれて、余ってたマップを上げて道も教えて上げたらとても喜ばれたり。ブリティッシュミージアム近くで英国人に道を聞いても、とても紳士的でやさしかったです。イギリス人が観光客に対して、また、観光客同士の交流も楽しかったです。

<フランス編>
エッフェル塔や凱旋門、モンマルトル・・・書ききれないくらい、すばらしい観光地があるのに、チケット売り場の人はどこでもチケット投げるし、目も合わさない。プレゼント用の簡単なプラスティック製の箱に入ったマカロン詰め合わせを買ったのですが、紙袋はおろか、ビニール袋にも入れてくれない、裸のまま(環境の為に包装を節約してるという風でもなさげでした)。エッフェル塔で記念写真を撮ろうとしてると、カメラの前に出てきて邪魔をするフランス人。北駅からドゴール空港に行く時、RERのチケット売り場を聞いても、黙って指で指す(上の階)とか・・・。駅でたらいまわしにされてチケットがなかなか買えませんでした。チケット売り場にやっと着いても、長蛇の列。なんか、ひとりひとりのフランス人がチケットブースでいちいちごねてて、チケット買う順番の回転が悪くなってたようです。あと、いろいろと、フランス人って・・・冷たい、上から目線、だらしない、めんどくさそう・・・と思いました。(一応、どこでも「ボンジュール、メルシー、オルヴォワー」は行ってましたが)

でも、フランス旅行が楽しくなかったという意味ではありません。旅行イコール勉強だと思ってます。ロンドン、フランスとも最高に楽しかったのにはかわりありません!

ただ、「どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?」て、逆に面白く感じたからです。同じように感じた方や、両方の国民性に詳しい方のお話が聞きたいです。

先日、ロンドン&パリを駆け足で1週間旅行してきた者です。スケジュール的にはかなりタイトな旅行だったのですが、信じられないくらい順調にスケジュールをこなし、私たち的にはマストな場所は全部回れました。

ここで、感想&質問です。

<ロンドン編>
最初にロンドンに早朝に着いたのですが、ホテルチェックインの前でしたので、荷物だけ預けて観光だろうなぁと思ってたら、フロントの人が「部屋が空いてるのでインしていいよ。あと、おなかすいてる?」と言ってくれました。「今、食べていいの?!」と...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

現在はフランスに長く在住していますが、英国にも数年住んでいましたので、ご参考までに回答させていただきます。

ご質問1:
<どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?>:

1.人種、歴史が違います。イギリス人はゲルマン系で、フランス人はラテン系です。イギリス人はフランスが好きですが、フランス人は(一般に)イギリスとイギリス人が嫌いな人が多いようです。

2.両国に暮らしてみると、その違いは歴然とわかります。それは、人種だけでなく、社会、気候など、いろいろな要因がその違いを作り出しているように感じます。


ご質問2:
<ロンドン編>~ブリティッシュミージアム近くで英国人に道を聞いても、とても紳士的でやさしかったです。イギリス人が観光客に対して、また、観光客同士の交流も楽しかったです。>

1.観光客には優しいです。

2.旅行、短期滞在、長期滞在、仕事での駐在などによっても、イギリス人に対する印象はいろいろ変わってくると思います。

3.大学院留学経験では、成績を争う学生同士、ライバル意識から情報を提供しない、抜けがけする、間違った情報を与えるなど、策略的な小賢しい頭の働かせ方をするイギリス人が結構いました。利益を争う職場の同僚同士も同様です。

4.長期留学の前、学生時代に英国へ短期留学もしたことがありますが、ホームステイ先の家庭は、英国では低所得家庭がお小遣い稼ぎにする仕事なので、暖かい歓待、といった印象ではありませんでした。

6.また、イギリス人は薀蓄たれで視野が狭いなと感じることもありました。つまり、自分の関心のあること以外、上も下も右も左も見ない、狭視覚的なものの見方をすると感じていました。
例:
某有名大学の英人学生の弁「日本?興味ないから行くこともないな」

7.そういった点では、フランス人は、イギリス人に比べると単純で素直だと感じます。


ご質問3:
<フランス編~紙袋はおろか、ビニール袋にも入れてくれない、裸のまま~>

1.フランスパンも、そのまま手渡しが、小さな巻き紙を添える程度です。フランスパンが剥き出しの、パリらしい紙袋の風情も実を言えば不潔なだけなのです。日本のフランスパン用の長い紙袋が懐かしいです。食事だけに限らず、フランス人の衛生観念は、日本人の半分ぐらいだと思います。むしろ日本人が過剰といって笑います。

2.食べ物に限らず、余程の老舗でなければ、プレゼントの包装なんてものもクリスマスシーズンしかありません。それも包装の訓練も受けていないから、包み方が下手です。自分で包装した方がまだましです。

3.スーパーではレジは入れてくれません。自分で入れます。環境対策から、ビニール袋のないスーパーも増えています。よく行くカルフールには、予め大き目の袋を2~3枚用意しておきます。

4.フランス人は無駄な包装に、日本人が抱くような美意識を感じていないようです。ですから、クリスマスプレゼントなどを開ける際でも、日本人のように丁寧に包みを開けるのではなく、ビリビリ破きまくります。


ご質問4:
<カメラの前に出てきて邪魔をするフランス人>

1.日本人にちょっかい出すのが好きな、不良少年達は多いです。住めばいやな目にあうことも沢山あります。

2.仏人の夫が初めて東京に来た時、ミニスカートをはく少女達など、渋谷のファッションに驚いていました。と同時にそんな自由なファッションが楽しめる東京を絶賛していました。パリでは、そんな格好の女の人はすぐに不良少年達にからかわれ、不快な思いをするからです。


ご質問5:
<空港に行く時、RERのチケット売り場を聞いても、黙って指で指す(上の階)とか・・>

1.こちらは客は神様ではありません。客のために「働いてやっている」と思っていますから。

1.労働者は客より「上」なのです。例えば、売り子に落ち度があって、客が売り子などに文句を言おうものなら、責任者がとんできて、売り子をかばいます。決して店の責任にはしませんし、もちろん謝罪もしません。「言い訳」が際限なく続きます。


ご質問6:
<チケット売り場にやっと着いても、長蛇の列。なんか、ひとりひとりのフランス人がチケットブースでいちいちごねてて、チケット買う順番の回転が悪くなってたようです。>

こんな風景は日常茶飯事です。フランスに住む日本人の苦労がわかってもらえるでしょうか(笑)?

要領は悪いし、手際もよくありません。これはスーパーなどのレジでもよく見かける光景です。彼らは、限られた労働時間をできるだけ労働量を消費しないよう、給料に合わせてマイペースに仕事しているのです。余計なエネルギーを労働に使うのは、彼らにとってもったいないのです。


ご質問7:
<フランス人って・・・冷たい、上から目線、だらしない、めんどくさそう・・・と思いました。>

おっしゃる通りです。最初にフランスに来られた旅行者は、一様に同じような感想を抱くようですね。私も初めてパリ旅行した時は、同じような印象を抱きました。でも、それは印象ではなくて、今でも実感する事実なのですから、どうしようもありません。汚いものには蓋、真似をしなくていいものです。

先の質問でも答えましたが、フランスで体験された不快な、信じられない出来事は、フランスでは日常茶飯事なのです。そのギャップから精神的に参る日本人も多く、「パリ症候群」といわれる心の病もあるほどなのです。

ちなみに、「なぜフランス人の働きぶりはこうなのか」という点について、理由の一部は以下の通りです。
1.安い月給。20年前からあまりupしていません。
2.それなのに物価は上がる一方。ユーロの以上高値も、フランス人の生活を直撃。
3.なんといっても高い税金。所得の半分以上は税金に消えます。高所得者は税金対策に必死です。
4.どの職種も給与などの労働条件の改善を求めてストするので、労働サイクルが悪く、経済効率もよくありません。こちらでは、警察、医者、看護婦、教師、生徒、公共交通、などがストで営業ストップもしばしば。

などなど悪いことを挙げればきりがありません。


長々と、英国・仏国のマイナス面を強調しましたが、勿論いい面もありますので、うまく適応してそれなりに楽しいフランス生活を送っております。結論としては、イギリスもフランスも、また日本や他の国も、旅行だけではその国の一部しか覗き見ることができず、全てを語ることはできないということです。

でも、最初の印象は大事ですから、その意味ではフランスはイギリスより損していますね(笑)。フランスは、観光客にサービス・笑顔を振舞わなくても、世界一の観光大国の座は揺るぎありませんから、努力もしなくていいのでしょう。歴史=過去にあぐらをかくフランス人、その姿勢が現在のフランス社会の不安の種となっているのです。

長々と失礼しました。以上ご参考までに。

はじめまして。

現在はフランスに長く在住していますが、英国にも数年住んでいましたので、ご参考までに回答させていただきます。

ご質問1:
<どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?>:

1.人種、歴史が違います。イギリス人はゲルマン系で、フランス人はラテン系です。イギリス人はフランスが好きですが、フランス人は(一般に)イギリスとイギリス人が嫌いな人が多いようです。

2.両国に暮らしてみると、その違いは歴然とわかります。それは、人種だけでなく、社会、気候など...続きを読む

Q白人はどうして黒人を差別するのでしょうか?

アメリカで黒人が白人に差別されたと
デモや暴動が起きているそうです。

どうして白人は黒人を差別するのでしょうか?

日本では、ボビーオロゴンやビリー隊長とか
大人気だし。野球でも黒人が大人気なのに
どうして差別されちゃうのでしょうか?

私にはどうしても分からないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。
 それとビリー・ブロンクスは大学教育を経て社会的に成功している黒人で、ボビー・オロゴンはナイジェリアの富裕層の出身です。一般的に差別を受ける黒人系アメリカ人とはその立ち位置は大きく違います。
 アメリカでの黒人差別は様々な要素が複合的に絡まりあって成立しています。差別の原因となっている要素を幾つか列挙してみます。

・歴史的経緯
かつて白人は黒人をアフリカ大陸から連れ出し(多くの場合、奴隷化したのは現地のアフリカ人達なのですがややこしくなるので割愛します)奴隷として過酷な労働条件で使役してきました。これを根源的な原因として加害者だった自分達白人を黒人は憎悪しているのではないかと考え、それ故に黒人との共存や黒人の社会進出を苦々しく思う白人は常に一定数存在します。

・社会階層的経緯
多くの黒人系アメリカ人は依然として貧困層であり充分な社会進出を行えていません。白人全体における犯罪経験者の割合と黒人のそれを比べるのであれば前者が明らかに高い数値を示すでしょう。その黒人は非文化的で危険であるというイメージが一部のメディアによって増幅され、それに強く感化されてしまう白人が人種差別に走り、さらにそれがイメージに輪をかけるといった悪循環がアメリカ社会には存在します。

・文化的経緯
同じかつての黒人奴隷を導入した国でも南米などでは人種の混合が進み、人種差別などそもそもどれを差別すれば良いのか解らない程複雑になっている国もあり、これらの国では当然人種差別は殆どありません。
 これとは違いアメリカでは人種・文化の混合が行われませんでした。原因については不勉強なのでなんともいえませんが(カルバン主義やアングロサクソンの島国根性が関わっているのかもしれません)、一部の白人にとって黒人が“同じアメリカ人”では無く“国内に居住するよそもの”的な存在になってしまった事は否めません。

 まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。
 それとビリー・ブロンクスは大学教育を経て社会的に成功している黒人で、ボビー・オロゴンはナイジェリアの富裕層の出身です。一般的に差別を受ける黒人...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q第二次世界大戦の日本は世界から見たら脅威的だった?

第一次大戦では勝利国として、その後も
小さな島国のわりにはいくつもの戦いに勝利して
第二次大戦の太平洋戦争のときのアメリカは、自国に上陸される可能性を十分考えていたとか。
そして日本艦隊も強かったようなことを聞いてます。
最終的にはアメリカ、イギリス、ソ連の超大国を相手に
最後まで戦って負けてしまいましたよね。

そこで質問です。
第二次世界大戦の頃の日本というのは
世界から見たら大変な脅威、軍事力を持った国家だったのでしょうか?

Aベストアンサー

異論として聞いてください。
陸軍についてです。

陸軍力は、
1)ソ連
2)日本
3)ドイツ(ただし、新戦術を勉強中)
4)イギリス
5)フランス
6)イタリア
7)アメリカ

だと思います。あくまでも開戦時です。アメリカは陸軍を開戦時にはあまり持っていない軍隊でした。ただ、陸軍を作る産業の力はすべてにわたって文句なく1位です。

で、日本対中国は前述の方の言われるようになったわけで、ゼークト・ラインをデザインした中華民国のドイツ人顧問が拳銃自殺するほど、日本陸軍は精強でした。
その日本陸軍と二次大戦前に唯一対決した列強があります。ソ連です。いわゆる「ノモンハン事件」です。
この時は日本側の連絡が東京と現地で錯綜したり、ソ連側が兵力(特に航空機と砲兵)を集中して結果は事実上日本の負け、となったわけですが、やったソ連にしてみてもとんでもない大損害をだし、よく言われるソ連の戦車無敵、でもなかった事実が浮き彫りになりました。当時までの帝国陸軍は時代に即した近代兵器をそろえた軍隊だったのです。
この事件、を指揮したのはのちにナチスを倒すジューコフですが、彼が戦後西側のインタビューで「一番苦労した戦いは?」との問いに間髪いれず「ハルハン・ゴル(ノモンハン)」と言ったのは有名なハナシです。

ただ、英米欧は「よくわからないけど……よくわからないていい」という、対日情報の不備、というか、あえて無視したという感じがあります。日本なんて関係ない、と。
英国情報部が東京駐在武官とともに、日本は海軍強いのは知られているが、陸軍も戦車、航空機の充実した恐ろしい組織である、とシンガポールで報告したものの、パーシバルが「では、パーティに」といったエピソードがあります。
また、陸軍の二式(鍾馗)戦闘機に乗ったバトル・オブ・ブリテン経験したドイツ空軍パイロットは、世界最強の戦闘機は極東にある、と報告しています。
戦後、台湾にのがれた蒋介石は、日本軍関係者を極秘裏に台湾に呼んで、実践学舎という軍学校をつくりました。アメリカの将校教育を受けた中華民国の軍人は、それをはるかに上回る日本人教官の精密な指導に驚いたそうで、蒋介石も授業をよく聞きに来たそうです。この日本人顧問団を「白団」といいます。最盛期には60人以上が台湾にいたそうです。

雪原から砂漠、そしてトウキョウにまで展開している、極東の謎の巨大組織、というのが他国がみた帝国陸軍の実態ではないでしょうか。

異論として聞いてください。
陸軍についてです。

陸軍力は、
1)ソ連
2)日本
3)ドイツ(ただし、新戦術を勉強中)
4)イギリス
5)フランス
6)イタリア
7)アメリカ

だと思います。あくまでも開戦時です。アメリカは陸軍を開戦時にはあまり持っていない軍隊でした。ただ、陸軍を作る産業の力はすべてにわたって文句なく1位です。

で、日本対中国は前述の方の言われるようになったわけで、ゼークト・ラインをデザインした中華民国のドイツ人顧問が拳銃自殺するほど、日本陸軍は精強で...続きを読む

Q間違ってお金をコピーしてしまいました。

会社で間違ってコピー機でお金をコピーしてしまいました。
コピー機がお札と判断したのでコピーは出来ずにエラーになりコピー出来ませんでした。
その後コピー機がエラーになりましたが、消去する事ですぐ正常にコピー出来るように戻りました。
質問
1 コピーのメンテナンスに来る会社の人はエラー状況を調べたらお金を印刷した
事がすぐに分かると思うのですが、警察に伝えて通貨偽造罪で警察に捕まったしまうのでしょうか?

2 メンテナンスには来てるか分かりませんが、エラー情報がお金なのでエラーとして送信されて警察もしくはコピー会社にいってないでしょうか?

3 どのぐらいの期間で警察が調べに来るでしょうか?

4 コピー出来なくそのまま消去して終わりましたが、未遂になって警察まで発展するものなのでしょうか?

場合によっては会社に迷惑がかかると思い辞表も考えています。

Aベストアンサー

”間違ってお金をコピーしてしまいました”
     ↑
法的には行使の目的が必要で、それが事実なら
犯罪は成立しません。しかし
他の方も回答しているように、そんなこと誰も信用
してくれないと思いますよ。

1 コピーのメンテナンスに来る会社の人はエラー状況を調べたらお金を印刷した
事がすぐに分かると思うのですが、警察に伝えて通貨偽造罪で警察に捕まったしまうのでしょうか?
       ↑
メンテ会社の人がどう出るかは判りません。
常識的には上司や質問者さんの会社と相談して
から、ということになると思います。
そして、実害がないから警察には届けない、と
いうことになるのが普通だと思います。

2 メンテナンスには来てるか分かりませんが、エラー情報がお金なのでエラーとして送信されて警察もしくはコピー会社にいってないでしょうか?
       ↑
ネットに繋がっています?
繋がっていれば、メンテ会社には判ると思われます。

3 どのぐらいの期間で警察が調べに来るでしょうか?
       ↑
通貨偽造は重罪ですから、警察に判明すればすぐに来ると思われます。

4 コピー出来なくそのまま消去して終わりましたが、未遂になって警察まで発展するものなのでしょうか?
       ↑
通貨偽造は重罪ですから、警察にばれれば、何らかの
動きがあると思われます。

”間違ってお金をコピーしてしまいました”
     ↑
法的には行使の目的が必要で、それが事実なら
犯罪は成立しません。しかし
他の方も回答しているように、そんなこと誰も信用
してくれないと思いますよ。

1 コピーのメンテナンスに来る会社の人はエラー状況を調べたらお金を印刷した
事がすぐに分かると思うのですが、警察に伝えて通貨偽造罪で警察に捕まったしまうのでしょうか?
       ↑
メンテ会社の人がどう出るかは判りません。
常識的には上司や質問者さんの会社と相談して
から、というこ...続きを読む

Q容積の出し方

センチから容積の出し方を教えてください。
たて660ミリ横460ミリ幅230ミリの容積はいくつですか?

Aベストアンサー

容積の求めかたは、その内側の縦×横×高さで求めることができます

質問の数値がすべてmmということで計算すれば、
660 * 460 * 230 = 69828000 (mm^3)
ということになります

センチから…というのがよく分からないのですが、立方センチメートルで
求めよ、ということであれば、すべての数値をcmに直してから計算するか
mmで求めた値を10^3で割れば求まります
ですから、69828(cm^3)ということになります

Qベトナムは「社会主義」の国なんでしょうか?

資本主義の国、アメリカとベトナム戦争を戦ったベトナムですが、
当時は、ソ連や中国は、社会主義の国としてベトナムを支援して
ました。(かどうか詳しくは知りません。)

ソ連がなくなり、中国も経済的には資本主義を目指そうという今、
ベトナムはどうなっているんでしょう?
経済的には、社会主義を目指しているんでしょうか?

Aベストアンサー

以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「外務省:ヴィエトナム社会主義共和国」
●http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/vietnam/

「ドイモイ政策」は有名ですね?

ご参考まで。

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/vietnam/data.html


人気Q&Aランキング