1940年代のアメリカ映画をよく観るのですが、当時のアメリカでの100ドルは現在日本の円換算で幾らぐらいの価値ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#1と#2の回答は1941年当時の円=ドル相場ですから、現在の価値ではありませんね。



当時と今の物価変遷を考慮に入れる必要がありますが、ここでは米の価格から比較してみます。参考URLでは昭和の時代の米価が出ており、そこでは1941年で米10kgが3.25円とでています。これが先の回答と1ドルと似た数値ですからこれを採用し、2000年(URL上方の「平成」をクリックしてください)の数値を見ると3641円となっています。つまり、1941年の1ドルは現在のおよそ3650円ぐらいとなります。(比較するものにより誤差がありますのでこれぐらいだとすべきでしよう)

結論としては当時の100ドルは今の36万5千円ぐらいにあたるということです。もっと大雑把に40万円でも良いかも知れません。

参考URL:http://www.shizuoka.info.maff.go.jp/nousei/data/ …
    • good
    • 1

ANO.#1の投稿者のgaodeです。



#1の回答文を修正させていただきます。

1934~1941年頃のレートは、1ドル=3、45円位のようです。ですから100ドルは345円です。

(太平洋戦争は1941年~1945年です)
    • good
    • 1

1ドル=3.45円くらい(1934~1941年の日米戦争が始まる前)ですから



100ドルは345円となります。

参考URL:http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/re …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカント哲学において次の行動は「道徳的に価値あること」とみなされるのでし

カント哲学において次の行動は「道徳的に価値あること」とみなされるのでしょうか。

1、余命いくばくもない苦痛に苦しむ末期癌の患者に安楽死を与えること。または、痛みを和らげるために死期が早まることを知りながらモルヒネを投与すること。

2、父が癌であると知った息子が父に対して、癌ではないと嘘をつくこと。


 また、カントの思想の中には「道徳的な行動はすべてに人間が生まれながらに持っている普遍的な理性に従うものであり、それはただ1つしかない」というニュアンスのことがあると思うのですが、これについても質問があります。
 9.11が起こったとき、パレスチナの子どもたちはその映像を見て小躍りして喜んでいました。例えばこのように、小さなときからある特殊な思想を植えつけられた場合、その人間の心の中には「殺人=悪」というモラルが形成されない場合もあるのではないでしょうか。つまり、自分では全く悪いことをしたという自覚なく、通常は「悪」とされる行為をした場合、その人間の行動はやはり、傾向性のある行動ということになるのでしょうか。

 私は哲学を勉強したことがないのですが、昨日のNHKの番組でオックスフォード大学の講義を聴き、
疑問を感じた次第です。ですから、なるべく優しい言葉を使って教えていただけるとありがたいです。

カント哲学において次の行動は「道徳的に価値あること」とみなされるのでしょうか。

1、余命いくばくもない苦痛に苦しむ末期癌の患者に安楽死を与えること。または、痛みを和らげるために死期が早まることを知りながらモルヒネを投与すること。

2、父が癌であると知った息子が父に対して、癌ではないと嘘をつくこと。


 また、カントの思想の中には「道徳的な行動はすべてに人間が生まれながらに持っている普遍的な理性に従うものであり、それはただ1つしかない」というニュアンスのことがあると思うのです...続きを読む

Aベストアンサー

カント哲学において次の行動は「道徳的に価値あること」とみなされるのでしょうか。

○どちらもみなされると思いますよ。純粋理性は個人個人によってその発現の仕方が違うというだけですね。カントやヘーゲルはもっと高尚なことを言っていると思いますが、それは彼らが高尚であるからですね。普通の人なら十分に純粋理性の範疇ですね。例えば「道徳的に価値あること」といっても、階層、例えば、学生、助手、講師、教授、学部長、学長、総長によって少しづつ価値観が違うようなものですね。
道徳的価値観の違いがあるということが認識できれば、9.11の見方もキリスト教圏とイスラム教圏で異なることも理解できますね。
歴史的には、イスラム教圏が強大であった時代もあるのですね。また、つい65年ほど前は、日本も同じでしたね。日本の神風特攻隊と何が違うというのでしょうかね。彼らは今でも軍神でしょ。前の質問にも関係しますが価値観や見方は決して相対的ではないのですね。変わらない価値観もあるということを知って欲しいですね。

Q1940,50年代のアメリカ黒人の職業(どのような職業に就いていたか)

1940,50年代のアメリカ黒人の職業(どのような職業に就いていたか)についての資料を探しています。レポートの参考文献として使用したいのですがなかなか良いものが見つかりません。

なにかよい文献をご存知の方、回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

その頃だと二次大戦で従軍していた人が復員してきます。軍隊で手にしたスキルを活用する仕事につく人が増えました。
・自動車整備工場(町工場) とくに、白人の工場でイヤな目にあったカラードの人を相手に商売します。
・コックさん 下町の安いレストランや、路上のホットドック売る人が増えます。
・そのまま軍人。このあと朝鮮、ベトナムとアメリカは戦争しますが、とくにベトナムで黒人兵士が増えます。マルコムXの言葉ですが、白人・黒人・カラードが戦場で生死をともにしたことによって、人種差別のハードルが一気に下がる現象がおきます。
・変化球ですが、アメコミ業界というのは、いちばん最初に黒人・カラードが差別をうけなくなった業種です。アメコミは、線画を描くラインナー、色をぬるペインター、あの独特のフォントを書き込むポインターの分業制で、黒人・カラードがこのジャンルに進出しました。誰がやっても結果がでればよかったからです。
・人がいやがる仕事。ゴミ収集、汚物処理、トイレ掃除、炭鉱などもそうです。
・単純機械作業 流れ作業の工場ですね。北部で多かったパターンです。

例外的に、ハリウッドや、音楽業界で成功した人もいます。ブルースは黒人労働歌が元で、そこからジャズがでます。ハリウッドではエキストラ、大道具小道具の雑役などの仕事がありました。

その頃だと二次大戦で従軍していた人が復員してきます。軍隊で手にしたスキルを活用する仕事につく人が増えました。
・自動車整備工場(町工場) とくに、白人の工場でイヤな目にあったカラードの人を相手に商売します。
・コックさん 下町の安いレストランや、路上のホットドック売る人が増えます。
・そのまま軍人。このあと朝鮮、ベトナムとアメリカは戦争しますが、とくにベトナムで黒人兵士が増えます。マルコムXの言葉ですが、白人・黒人・カラードが戦場で生死をともにしたことによって、人種差別のハードル...続きを読む

Qなんで多くの人は行動起こさないの?

こういうとこで一生懸命回答したり、失礼ながら理屈ならべたがるのも、自分の存在価値の高さを感じたいからです。
なら、もっと現実世界で、人一倍の行動を起こせばいいのにと感じるのですがなぜ行動起こさないのでしょうか?

未知への不安に負けて、自分の人生を傍観者のように他人に委ねながら生き続けてる人が多いように感じます。
で、その自分の現状を否定することを避ける為、そういう欲求が無いし幸せには直結しないという屁理屈こくで誤魔化す人が多いように感じます。
で、誤魔化す自分がその状況に慣れていくみたいな。
そのくせ、アグレッシブな人の失敗を批判ばっかしてる人が多い。

もっと自分の存在価値を感じられるように、アグレッシブにわがままに行動すりゃいいのに。死ぬわけじゃないし。
なんでそんなにまで行動起こさないんでしょうか?

Aベストアンサー

No.11です。お礼ありがとうございます。
お礼の内容を読んで思い出しました。

行動できないのは、潜在意識の力だと思います。

ある本で読みましたが、潜在意識とは、現状維持メカニズムのようなものです。
朝起きて、顔を洗って、歯を磨いて、と人間は無意識に毎日同じ行動が自動的にできます。
これは、潜在意識という、現状維持メカニズムのお陰です。
このお陰で、人間は自分自身を昨日と同じように、大きなブレが無いように維持できます。
しかし、一方では、前の自分と違う自分になろうとしたときに、現状維持メカニズムは大きなブレーキとして働きます。

自分を変える際の最初の一歩は、とてつもなく重い一歩であり、恐怖が伴います。
これを乗り越えるには、どうしても自分を変えたいという決意と、恐怖に打つ勝つ勇気と、車輪が回り始めるまで重い一歩を踏みしめ続ける努力が必要です。

人間は普通、かなり追い詰められないと、そこまでの決意が生まれず、自分を大きく変えることはできないと思います。
自分を変えるには、そうしたきっかけが必要です。

しかし、もし自分を本当に変える事ができたなら、今までの組織や枠組みの中に、自分を収めておく必然性が無くなって、自然と元の枠組みから外れて行動ができるようになるはずです。

結論。
今までの自分を変えない限り、新たな行動はできない。
今までの自分を変えるのは、非常な困難を伴う。
従って、新たな行動は非常に困難なのである。


もう一つ、独身かどうかも大きいのではないでしょうか。
私が行動したのは、独身の時です。
家族を持ってからは、守りに入ってしまったと思います。
家族をどん底に突き落とすようなギャンブルはしたくありませんから。

私の場合は、自分のやりたいことやるために行動したので、その願いは叶ったのですが、現状では大きな収入は伴っていないのです。
しかし、これからの可能性は、まだまだ十分あります。
既に重い車輪を回してしまったので、これを止めるのも逆に大変なのです。
でも回したのはかなり昔の事なので、もう止まりかかっているかも?

今回のご質問で、いい刺激をもらいました。
ありがとうございました。

No.11です。お礼ありがとうございます。
お礼の内容を読んで思い出しました。

行動できないのは、潜在意識の力だと思います。

ある本で読みましたが、潜在意識とは、現状維持メカニズムのようなものです。
朝起きて、顔を洗って、歯を磨いて、と人間は無意識に毎日同じ行動が自動的にできます。
これは、潜在意識という、現状維持メカニズムのお陰です。
このお陰で、人間は自分自身を昨日と同じように、大きなブレが無いように維持できます。
しかし、一方では、前の自分と違う自分になろうとしたときに、現状...続きを読む

Q水戸光圀の編纂した大日本史って現代に換算すると幾らぐらい費用が掛かった

水戸光圀の編纂した大日本史って現代に換算すると幾らぐらい費用が掛かったのでしょうか?
黄門様が作らせた大日本史って397部もあり、今と違って調べようにもネットもなければ資料を取り寄せようにも宅急便もアマゾンも無いので足で稼ぐしかないので無茶苦茶大変だったようですが、御家臣の苦労もさることながらその費用足るや莫大であったと思います。一体幾らぐらいかかったのでしょうか?現代の貨幣換算で知ったおられる方おられたらお教えください お願いいたします

Aベストアンサー

水戸藩の支出の 1/3 くらいをぶっこんでいた。
というのを記憶しいます。

さてここから推測の上に推測を重ねてみます。

茨城県のGDP
10,950,728百万
現在の茨城県の西南部は水戸藩ではなかったので、上記の80%程度が水戸藩の領域のGDPとすると
8,000,000百万
これが、現在の水戸藩領域におけるGDP
水戸藩の租税率を50%として(水戸藩は租税率が高かったとも言われています)藩の総予算は
4,000,000百万
30%として
1,200,000百万
→ 1兆2千億円

ちなみに現在の茨城県の歳入総額が1兆2千億程度。
現在の税金は、国 県 市町村で 分けて徴収されていますが、江戸時代は 藩 がまるどりしている点が違うことを念頭入れても、莫大な支出です。

文部科学省による、国立大学への運営交付金の「総額」が1兆1000億円程度(平成19年度)です。

Qお金に「価値」があるのか?

私の両親は「お金のために働くのだ」と私を指導してきました。だから「貯金しなさい」とかよく言います。「価値があるもの」を扱うように大事にしてしまいます。また労働の対価として「価値あるもの」とも言われます。
しかし、お金を払う(使う)ときに、物理的に価値ある行動をしているのは、お金を受け取る相手であって、お金を払う私じゃない。そう考えると「そもそも、お金に「価値」があるのか?」という疑問がでます。
皆様は正直なところどう思うでしょうか?様々なご回答を聞いてみたく思います。

Aベストアンサー

お金が一次的な“価値”であるためには、2つの前提が必要です。

1.生きる目的は、物質的繁栄(≒肉体的増殖)の追求か、
  精神的充足量の最大化か。

2.「物質的繁栄」が目的である場合、その『繁栄』は肉体的自己
  (衝動的充足)か、社会的自己(社会生命的自覚=愛)か。

今や個人の生存は、衣食住どれも世界中の人々の営為によっており、
そうした社会性の範囲での「利己」は「利他」を包含します
(組織の順調な営為こそが、その構成員の最大の利益)。
そこに求められるのは、他我(=自己の延長として他を認識する=愛)です。

生物として、「生きること」が唯一の目的であるが、社会生命=
助け合うために集まっているものとしては、働くことが生きることとなる。
しかし今、そうした「他人を助ける」=愛のために働いている人が、
どれほどいるだろうか?
人がとらわれているのは、“お金(や、その源泉としての出世)”という
虚構の価値であって。
本来それは、分業=助け合いに於ける“感謝のしるし”であるにも係らず、
いつの間にか(助け合っているはずの人々と)それを奪い合い、
お金をもらうために仕方なく働くようになってしまっているのだ。
(その錯覚の端的な例が、取引きに於いて役に立つものをもらう=助けられて
いる方ではなく、手あかで汚れた紙切れ(お札)をもらう方が、お礼を言う奇妙)
その結果としての“自己チュー”な意識において、死は絶対的な敗北となり、
人生は必ず敗北に尽きるものになってしまう。

貨幣制とは、精神的充足の追求において重要な「自律的生存=社会生命的自覚化」を
省略して自己チューなまま安易に社会化する社会システムのための、必要悪です。
(他律的に社会性のコースを走らせる“馬車馬の目の前のニンジン”)

お金が一次的な“価値”であるためには、2つの前提が必要です。

1.生きる目的は、物質的繁栄(≒肉体的増殖)の追求か、
  精神的充足量の最大化か。

2.「物質的繁栄」が目的である場合、その『繁栄』は肉体的自己
  (衝動的充足)か、社会的自己(社会生命的自覚=愛)か。

今や個人の生存は、衣食住どれも世界中の人々の営為によっており、
そうした社会性の範囲での「利己」は「利他」を包含します
(組織の順調な営為こそが、その構成員の最大の利益)。
そこに求められるのは、他我(=自...続きを読む

Q1940年代の船旅の方法

第二次世界大戦前後のアメリカと日本の関係について調べています。1940年代のアメリカのボストンから、日本の横須賀までの船旅の方法を教えてください。日数やルート、船上の生活の様子などがわかればうれしいです。

Aベストアンサー

 日米が開戦する前(および開戦後は、捕虜や外交官などを交換)なら、横浜からホノルルを経由してサンフランシスコへ到る太平洋航路を使うのが一般的かと…。
 サンフランシスコからボストンへは大陸横断鉄道が有りますし…。

 たしか、太平洋航路(横浜 - サンフランシスコ間)は、浅間丸が2週間で航行したそうです。
 (戦前は横浜 - シアトル間は氷川丸とその姉妹艦3隻のローテイションで、2週間に1隻の運行が行われていたようですし…。)

 大陸横断超特急は、ニューヨーク - サンフランシスコ間を83時間39分で踏破するという記録を作っていますし…。

 なお、インド洋→大西洋航路だとユーラシア・アフリカ大陸に阻まれて直線で進めませんし、ドイツ・連合国との戦争が開始されていますから危険です。
 (照国丸の様に、ロンドンへ向かう途中で触雷・沈没事件も有りましたし…。)

 ちなみに、照国丸の最後の航行では9/29に神戸を立ち、ロンドンを目の前にした11/21に沈没ですから2ヶ月近くかかっています。
 寄港地などは下記のリンクを参照してください。
   http://www.tt-museum.jp/nyk1939.html

 浅間丸は、欧米の客船と同質かそれ以上のサービスを提供する事を目的とした物ですから相当豪華だった様です…。
 (スイートルームなんか何処の宮殿だよってレベルです…。)
   http://www.shipboard.info/blog/archives/2009/09/post_1754.html

 日米が開戦する前(および開戦後は、捕虜や外交官などを交換)なら、横浜からホノルルを経由してサンフランシスコへ到る太平洋航路を使うのが一般的かと…。
 サンフランシスコからボストンへは大陸横断鉄道が有りますし…。

 たしか、太平洋航路(横浜 - サンフランシスコ間)は、浅間丸が2週間で航行したそうです。
 (戦前は横浜 - シアトル間は氷川丸とその姉妹艦3隻のローテイションで、2週間に1隻の運行が行われていたようですし…。)

 大陸横断超特急は、ニューヨーク - サンフランシスコ...続きを読む

Q自分とは価値観の違う愛情表現を理解する方法はある?

自分とは価値観の違う愛情表現を理解する方法はある?

好きであるし
相手からも好きだとは言われるけれど、
価値観が違う為に相手の行動で愛情を感じることができない場合
どうすれば愛情を感じるようになれるでしょうか?

考え方などお聞かせください。

*相手が真剣にこちらを好きであるという前提でお願いします。

Aベストアンサー

難しいけれど…
そういうときはまず自分を見つめてみると理解するとっかかりくらいにはなるかも。

例えば…じゃあ、自分の愛情表現は相手に届いているのかな?
ってことを考えてみる。
もしかしたら相手だって「愛情を感じ取ることができない」と思っているかもしれない。
また、自分はこういう愛情表現をするけどそれは何故かな?を考えてみたり
相手の性格になり切ってみて、自分のような愛情表現を受けたらどう感じるか空想してみたり。
そうやって自分っていうものを見つめてみる。

不思議だけど、自分を見つめると、案外他人まで理解できたりします。
自分をより見つめることで他人と自分との違いをスッと受け入れることができたりします。

Q現在源平盛衰記の巴御前の調べ学習をしています

現在源平盛衰記の巴御前の調べ学習をしています
巴の家紋は左三つ巴で巴もそれを愛用していたという話がネットにあったんですが、それは具体的に何処に記述があるか教えてください

Aベストアンサー

巴御前が三つ巴の家紋を愛用していたというのは、こちらにでています。
ただ、左三つ巴と明言しているわけではありませんね。

家紋ガイド
http://www.aduchimomoyama.com/guide_k.htm

こちらの方は左三つ巴の写真の下に、源平盛衰記に巴御前が三つ巴の家紋
を愛用していたとの説明書きが書かれていますが、こちらも左三つ巴と明
言しているわけではありません。

土佐八幡宮
http://www.geocities.jp/hinahusako/rekisi/okazaki/rekisi-toro-.html

ですので、実際に「左三つ巴」を愛用していたかどうかは、源平盛衰記の
原本を当たられる方がよいかと思いますよ。

ご存じのとおり源平盛衰記は、平家物語をさらに増補したものであり、史
実とはほど遠いものです。女性が「家紋」を「愛用」するなどということ
が当時あったのか、私には疑問です。

専門家ではありませんので断言できませんが、単なるゴロ合わせではない
でしょうか。

参考URL:http://www.geocities.jp/hinahusako/rekisi/okazaki/rekisi-toro-.html

巴御前が三つ巴の家紋を愛用していたというのは、こちらにでています。
ただ、左三つ巴と明言しているわけではありませんね。

家紋ガイド
http://www.aduchimomoyama.com/guide_k.htm

こちらの方は左三つ巴の写真の下に、源平盛衰記に巴御前が三つ巴の家紋
を愛用していたとの説明書きが書かれていますが、こちらも左三つ巴と明
言しているわけではありません。

土佐八幡宮
http://www.geocities.jp/hinahusako/rekisi/okazaki/rekisi-toro-.html

ですので、実際に「左三つ巴」を愛用していたかどうかは、源平...続きを読む

Q人生での価値観が漫画のコピー

 人生での価値観や言動・行動がよくよく考えると私は、好きな漫画の世界観に影響され、主人公の人格を模倣していると思うのですが、そういう人は稀な人間でしょうか?

 それとも、みんなそんなもんですかね

Aベストアンサー

まぁ、漫画でも小説でも映画でも個人の価値観などに影響を及ぼしているものは多々あります。

当然それらの影響を色濃く受けている、と言う人も一杯いるでしょう


ですが基本的に自分なりに消化しているはずです。
丸投げしている、と言うのはさすがにすごいと思います。

Q当時の価値を現在の価値に換算する目安になるサイトを探しています。

たまに明治のお金を現在の価値に換算すると何円とかテレビでやっていたりしますが、各時代ごとの換算の目安にやるようなものをまとめたサイトってないでしょうか?

Aベストアンサー

まとまったサイトはなかなか無いようですね。
実際問題として、商品自体の価値変動も非常に大きいので、何を基準にするかでぜんぜん換算価格が変わってくると言うのが実情みたいです。

明治中期~後期で考えると、
 地金価格で換算すると、当時の1円=今の1000円
 米価で換算すると、当時の1円=今の5000円
だそうですが、いろいろな文献を漁ると、個人的には当時の1円=今の10000円くらいが妥当なように思います。

頼りになるのは文学作品(特に明治時代は「自然主義」と言われた人々の作品)で、田山花袋の「田舎教師」には明治35年頃の商品の価格が以下のように記載されています。(1円=100銭、1銭=10厘です。)

煙草:10銭 車(人力車)代:30銭 弁当:4銭5厘 ラムネ:3銭5厘 梨:1銭5厘 
認印:25銭 名詞:22銭 歯磨きと爪楊枝:3銭5厘 筆2本:8銭5厘
硯:14銭 帽子:1円15銭 羽織:1円75銭 へこ帯:30銭 下駄:14銭5厘
遊郭での遊び:2円

この物語の主人公(埼玉県羽生近くの小学校の新任教師)の初任給:7円60銭

まとまったサイトはなかなか無いようですね。
実際問題として、商品自体の価値変動も非常に大きいので、何を基準にするかでぜんぜん換算価格が変わってくると言うのが実情みたいです。

明治中期~後期で考えると、
 地金価格で換算すると、当時の1円=今の1000円
 米価で換算すると、当時の1円=今の5000円
だそうですが、いろいろな文献を漁ると、個人的には当時の1円=今の10000円くらいが妥当なように思います。

頼りになるのは文学作品(特に明治時代は「自然主義」と言われた人...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング