これからの季節に親子でハイキング! >>

電化製品をいじっていてショートしたのにブレーカーがあがりませんでした。
一体どうしてでしょうか?
ショートすれば必ずブレーカーがあがるものとばかりと思っていたのですが・・・???
ショートしてもブレーカーがあがらないと火災になってしまうのでは?
また、普通のブレーカーと漏電ブレーカーはどう違うのでしょうか?
今まだあまり考えた事がなかったので、急に不安になりました・・・
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ショートさせた時間はどのくらいあったのですか。


バチッといって、瞬間的に導線が溶けてしまったような場合ですと、普通の安全ブレーカーでは落ちないでしょう。
ショートさせたまま何秒間か過電流が流れ続けていたのなら落ちます。

いま、「普通の安全ブレーカ」と書きましたが、このような短時間でも動作する
「コード短絡保護機能付き安全ブレーカ」
も市販されています。
不安なようですので、電気工事店にご相談ください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

補足を記入している間にたくさんの参考になる回答をいただき有り難うございました。
大変良く理解できました。^^;

お礼日時:2005/01/28 18:41

電化製品をさわっていてと言う事ですが、どこでショートしたのですか?



コンセント?それとも、その製品内ですか?もし製品内でしたらブレーカーがはたらかない可能性もあります。
コンセントの場合でも、働かない時もあるかもしれないですね。

ショートの場合は、安全ブレーカーが働くと思います。
それと、ブレーカーが作動した場合は『ブレーカーが落ちる』と思います。
レバーが下がってるはずです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

補足を記入している間にたくさんの参考になる回答をいただき有り難うございました。
大変良く理解できました。^^;

お礼日時:2005/01/28 18:41

>ショートすれば必ずブレーカーが


>あがるものとばかりと思っていたのですが・・・???

その知識が間違ってるだけ。

あれはあくまで 過電流により
「落ちるもの」
ショートしたとて 過電流が流れない場合も多く
存在する
    • good
    • 1
この回答へのお礼

補足を記入している間にたくさんの参考になる回答をいただき有り難うございました。
大変良く理解できました。^^;

お礼日時:2005/01/28 18:42

ショートの程度がたいしたこと無かったのでは?


でなければブレーカーの不具合です。横にテスト
ボタンがあると思いますので、試してみて下さい。

普通のブレーカーは、電流の最大値を超えたら
遮断する係です。ショートしたら大電流が流れ
ますから、このブレーカーの出番です。

漏電ブレーカーは、ホット側から供給される電
流がコールドを通ってアースに流れない、例え
ば人体を通じて鉄下駄からアースに流れてしまっ
た場合に遮断する係です。正規の線を戻ってこ
ないわけですから、「漏れ」ですよね。

ちなみに、ブレーカーは導通させるときレバー
を上に倒すのが一般的なので、ショートなどを
検出して作動することを表すのには落ちるが
適切だと思います。

この回答への補足

早速の返答有り難うございます。
バッチっといったので、びっくりしたのですが・・・
一瞬のショートではブレーカーが落ちず(^^;)、
ショートしっぱなしならば、ブレーカーは落ちると言う事でしょうか?
普通の家庭で有れば(きちんと電気工事が成されていれば)ショートによって火災は起きないと考えて良いのでしょうか?
良くプラグに誇りがついてバチバチいって、火災になるという話を聞きますが、これはショ-トの度合いがたいしたことがないためと考えて良いのでしょうか?
宜しくお願いします。

補足日時:2005/01/28 18:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足を記入している間にたくさんの参考になる回答をいただき有り難うございました。
大変良く理解できました。^^;

お礼日時:2005/01/28 18:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qショートの意味とブレーカーの落ちる原因について

機械音痴の自分なのですが、昨日職場で仕事をしている最中に電源が全て落ちまして主電源装置を調べると水が垂れてました(装置の下に水溜りが出来ていました)。
昨日はすごい雨だったので何かの原因で雨漏りし主電源に通じるパイプを伝って雨が装置の中に入ってたようです。
素人では治せないんで今日業者に来てもらって修理してもらうことになりました。社員の人達はショートしたなと言ってました。
恥ずかしい話なんですが、今までショートするとはブレーカーが落ちる状態のことを言うのと思っていました。
そこでお聞きしたいのですが、ショートの意味とブレーカーが落ちる原因を教えてもらえないでしょうか?
職場が工場関係なんで将来仕事を任される時がきてこんなことも知らないようでは情けないんでちゃんと理解しておこうと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ショートとは、漢字で「短絡」と書きます。
「短くつなぐ」です。

正常な状態では、プラスの電線とマイナスの電線との間に、負荷設備があります。
何らかの事情で、負荷設備を通る前に、プラスの電線とマイナスの電線とがくっついてしまうのが短絡です。
このとき、大きな電流が流れますから、ブレーカが落ちたりヒューズが切れたりして、大きな事故に至らないようになっています。

一方、ご質問は水がかかったとのことで、これはショートではないと想像します。
短絡ではなく「地洛」です。
「大地につながる」です。
「漏電」とも言います。

水分によって電線や機械の絶縁が破壊され、プラスの電線からマイナスの電線へ戻るより早く、機械の枠などを通して地面へ流れて行ってしまう現象です。

漏電も小規模のうちは見つけ出すことが困難ですが、ある程度の量になると、人が機械に触っただけで、ビリッビリッと感じるようになります。
さらに大きくなれば、人の生命を危機にさらしたり、出火したりすることもあります。

漏電は、専用の「漏電しゃ断器」で保護するようになっていますが、古い設備ですと漏電しゃ断器などないこともあります。
雨のかかった量が多ければ、地洛 (= 漏電) と短絡とが同時に起こることもあり得ます。

ショートとは、漢字で「短絡」と書きます。
「短くつなぐ」です。

正常な状態では、プラスの電線とマイナスの電線との間に、負荷設備があります。
何らかの事情で、負荷設備を通る前に、プラスの電線とマイナスの電線とがくっついてしまうのが短絡です。
このとき、大きな電流が流れますから、ブレーカが落ちたりヒューズが切れたりして、大きな事故に至らないようになっています。

一方、ご質問は水がかかったとのことで、これはショートではないと想像します。
短絡ではなく「地洛」です。
「大地に...続きを読む

Qコンセントが溶けてもブレーカが落ちません

 電気のことについてオームの法則以外は全く素人なのでよろしくお願いいたします。
 コンセントが溶けてしまいました。原因は、不注意でコンセント1個(差込2個)に容量以上の電気製品をつなげたためです。街の電気店にコンセントを交換してもらったら、コンセントの差込口の電線も2センチくらい焼け焦げて、ぼそぼそになっていて、その部分は切って既存の電線を新しいコンセントにつなげていました。
 普通、容量以上の電気が流れたら、こうなる前にブレーカが落ちると思ったので、その電気店に聞いたところ、元のブレーカはもっと大きな容量だから落ちないとのことで、そういうものだという説明でした。
 元のブレーカは30Aで下に分岐の子ブレーカが4つほどついています。電気店がいう通りそういうものなのでしょうか。
配線図もなく、その子ブレーカが何Aなのかが分かりません。その子ブレーカは、ただの大元の入りきりスイッチの機能しかなくて容量を見て落ちる機能がついていないのでしょうか。
 コンセントの交換だけでいいのか、内部の配線も焼けている可能性があるのか心配です。街の電気屋さんでなく、電力会社に相談すべきだったのでしょうか。
 どんな手順でなにを行うべきか、ご教示お願いいたします。

 電気のことについてオームの法則以外は全く素人なのでよろしくお願いいたします。
 コンセントが溶けてしまいました。原因は、不注意でコンセント1個(差込2個)に容量以上の電気製品をつなげたためです。街の電気店にコンセントを交換してもらったら、コンセントの差込口の電線も2センチくらい焼け焦げて、ぼそぼそになっていて、その部分は切って既存の電線を新しいコンセントにつなげていました。
 普通、容量以上の電気が流れたら、こうなる前にブレーカが落ちると思ったので、その電気店に聞いたと...続きを読む

Aベストアンサー

>20年くらい経過したもので、とくに緩くはありませんでした…

#2です。
では、コンセントの裏側で電線とつながっている部分が、接触不良を起こしていたのでしょう。

>電気ストーブとテレビと足元用照明をつなげていて、多すぎと…

それぞれ何ワットか分かりますか。
大まかな感じで 15Aを超えることはなさそうです。
先にも書いたとおり、比較的低い電流で起きた過熱事故のようですね。

>機器のプラグは見た目は大丈夫なのですが…

プラグは、曲がったり「ハ」の字になっていたりしていなければ関係ありません。

>つないでいた家電製品にも悪影響ありますか…

発熱するということは、そこで電気の一部がせき止められているようなものです。
つないだ家電製品に悪影響があることはじゅうぶん考えられます。
現実に、テレビの映りがおかしかったのでしょう。

>各機器を電気店に検査に出したほうがいいでしょうか…

その必要はないでしょう。

>コンセントは20年くらいしたら一式交換した方が良いのでしょうか…

一度こわい思いをされたのなら、やはりコンセントの裏側で電線とつながっている部分を点検する意味も込めて、取り替えてしまうことをお奨めします。

なお、これも先に書きましたが、壁の中や天井裏でこのようなことが起こる可能性はきわめて低いです。
あまり疑心暗鬼にならないでください。

>20年くらい経過したもので、とくに緩くはありませんでした…

#2です。
では、コンセントの裏側で電線とつながっている部分が、接触不良を起こしていたのでしょう。

>電気ストーブとテレビと足元用照明をつなげていて、多すぎと…

それぞれ何ワットか分かりますか。
大まかな感じで 15Aを超えることはなさそうです。
先にも書いたとおり、比較的低い電流で起きた過熱事故のようですね。

>機器のプラグは見た目は大丈夫なのですが…

プラグは、曲がったり「ハ」の字になっていたりしていなけれ...続きを読む

Qショートした後のコンセントの使用は?

怖かったんです。。
壁→家電台→電気ポットと繋いでいたのですが
電気ポットを差し込んでいた家電台のコンセントの接続部のゴムのような所が溶けていて抜けなくなっていました。
お馬鹿な私は、壁のコンセントを抜かずにそのゴムの部分をはさみで切ってはずそうとしました。
その時、「バチン」と大きな音と火花が散りました。
これを“ショートした"というのですよね?

その後、はさみは穴が開き使用不可能。
ポットのコンセントプラグに切れたような溝が出来ていますが電源ははいりました。
ただ、壁のコンセントは何をさしても使用できなくなってしまいました。

どうすればよいのでしょうか?
電気屋さんで修理をしないとなおらないのでしょうか?大工事ですか?費用などは・・・?
また、溝の出来たプラグのポットはそのまま使ってもいいのでしょうか?
火事など起こりませんか???

ちょっとした手間を惜しんだ為に不安な夜を過ごさないといけなくなりました。
どなたか教えてください。。。

Aベストアンサー

怖かったですね。
結構な音と火花が出たのではないでしょうか。

作業前には、ブレーカーを下げる等、きちんと停電処置をしてからでないと、今回のような事態が起こります。ご注意を。

さて、ポットの方ですが、コードの被服(ビニールorゴム)部分にハサミによって亀裂が入ったと言うことでよいでしょうか?跡が付いた位ですか?
いずれにせよ、キズになった部分から切れやすくなりますので、念のため交換された方がよいでしょう。
跡が付いた程度なら、ビニールテープ等絶縁性の高いテープを巻いて、補強するのも手です。
電線が、ちらっと見えるようなら交換です。
電線だけが交換出来るタイプのプラグでしたら、数百円の出費ですが、プラグが分解出来ないと、専用コードを買い直しになりますから、千円単位の出費かもしれません。

コンセントが使えない件ですが、何処までトラブルが発生しているか判りませんが、ご質問の文面から察するに、コンセント部分だけが破損したと思われます。
コンセント部分の部品は安価(数百円)ですが、電気工事士の資格を持った者が工事する必要がありますので、電気屋さんにお願いしましょう。
工賃は、数千円ではないでしょうか。

ただ、コンセントだけでなく、配線に破損箇所があると、結構な出費になりそうです。
万が一火災になるとまずいので、一度点検を受けられては如何でしょうか?

関東電気保安協会のURLを載せておきます。リンク欄に、各地区のページがリンクされていますので、お近くの保安協会に相談されては如何でしょうか?


おまけ:知り合いの電気工事士は、ブレーカーを下げてから作業するのを忘れ、ペンチを突っ込んでショートさせてしまい、ペンチが握り部分だけになったそうです。

参考URL:http://www.kdh.or.jp/

怖かったですね。
結構な音と火花が出たのではないでしょうか。

作業前には、ブレーカーを下げる等、きちんと停電処置をしてからでないと、今回のような事態が起こります。ご注意を。

さて、ポットの方ですが、コードの被服(ビニールorゴム)部分にハサミによって亀裂が入ったと言うことでよいでしょうか?跡が付いた位ですか?
いずれにせよ、キズになった部分から切れやすくなりますので、念のため交換された方がよいでしょう。
跡が付いた程度なら、ビニールテープ等絶縁性の高いテープを巻いて、...続きを読む

Q漏電遮断器の原理を教えて下さい

現在専門学校で電気を勉強しているものです。

漏電遮断器の原理がいまいちよく分かりません。

特に接地(アース)していないと漏電遮断器が働かないという根拠が分かりません

電気に詳しい方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度)を超えた場合のみ働きますから。ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと...続きを読む

Qブレーカーの定格遮断容量について

カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。
ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。
しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。
これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。
この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。

一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。
一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。
しかし、現実には、遮断容量が、電流値で表されていることが多いのも事実です。
その理由は、日本の(多分全世界でそうだと思いますが?)電源事情が、定電圧送電方式となっているからです。即ち、電圧の項は、定数として扱えるため、変数となる電流値で表せば事実上問題がないのと、実用上合理的となるからだと思います。
実際の遮断器に書かれている、遮断容量の記載を見ると判るのですが、使う電圧によって遮断できる電流値が変わります。これは、遮断容量が変わるのではなく、遮断容量は同じであるため、遮断できる電流値が変わることを意味しています。
同じ型の遮断器を異なる電圧で使用する場合など勘違いし易いので、注意が必要です。また、動作時間が変更できる機能がある場合も遮断できる電流値は変わってきますので注意のほど。
電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。
定格以上の容量を遮断しようとすると熱により接点が溶着したり、溶断してしまうことがあるようです。

最後に、遮断容量の大きいものの方が良いのかどうかと言う点については、必要な遮断容量が確保されていらば、最小値でかまわないと思います。
皆さんもご指摘している通り、遮断容量が大きくなると、値段、寸法、納期(受注生産品になったり)が大きく(高く、長く)なります。
必要な容量とは、その回路に流れる最大の電流値(容量を電流値で表した場合)で決まります。一般的に、最大電流値となるのは、短絡時となります。
ただし、エネルギーの供給源は、電源だけとは、限りません。例えば、三相誘導電動機が接続されていると電動機の運動エネルギーがエネルギー供給源となり数サイクルの間電源となりますので注意が必要です。
さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。
短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。

以上、だらだらと述べましたが、少しでも参考になればと思います。

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む

Q漏電遮断機をつけていても漏電火災は起こる?

漏電遮断機をつけていても漏電火災は起こるものでしょうか。起こるとしたら、どのような原因が考えられますか。もしくは、よくある漏電火災の原因は?

Aベストアンサー

漏電遮断機は契約用ブレーカーと回路用ブレーカーの間に付いています。漏電を感知するのはブレーカー以降の負荷側、すなわち回路用ブレーカーの全ての回路で検知します。
屋内配線は、電柱から家屋側受電点>通り電力メーター>ブレーカーの設置している配電板>屋内の各配線という経路となります。
漏電ブレーカーの電源側のケーブルで金属との接触等があった場合、漏電を検知することはできません。
稀に壁のサイディング工事で誤ってケーブルに釘を打ち込み加熱、火災に発展する事もありますから、そういった工事の時は配線ルートを予め確認するなどの注意が必要です。
漏電遮断機を動作させる原因の多くは、家電製品の不良によるものが多く、ボイラー、ポンプ、洗濯機の故障等水周りの起因するものが殆どです。稀に延長コード水没なとがあります。
電気火災に至る原因はいろいろありますが、やはりタコ足配線による加熱、素人の延長コード接続不良による過熱などが多いですね。

Q水に濡れてショートするとは?

よろしくお願いします。

家電製品のコンセントなどが水に濡れてショートすると、どうなるのでしょうか?家電製品は故障しますか?ブレーカーは落ちますか?

Aベストアンサー

A No.1のtsumotsumoです。補足します。
>家電製品は故障しますか?
この質問に答えていませんでした。
故障することもあるし故障しないこともあります。
ショートしたときの電流の流れによって意図しない場所に電気が流れると故障になります。
もしコンセントプラグのところでショートさせてしまったのであれば,焼けこげたりしていないか破損していないかよく見てください。
もしすこしでも心配な点があれば電気屋さんに診てもらってください。
焼損や変形などがあれば接触不良などがおこり,最悪はそこから発熱発火する場合があります。

Qコンセント、こがしてしまいました。。。

同じような質問が画像付きでありましたが、気になるので質問させて
頂きます。
先程プラグをコンセントに差し込むとき、プラグが少しコンセントに
差したと同時にアースがプラグの刃の部分に接触してしまい、
火花が飛び散りました。すぐにプラグを抜きましたが・・・・
コンセント部分は黒くなり、プラグの刃の方は根元に近い箇所は
へこみへこんだ箇所が金色になってます。(画像を見て下さい)

プラグはへこみ、金色になった箇所が怖くて、他のコンセントで
使えるのか試してません。
コンセント・プラグともこのまま使えますか?
修理依頼した方がいいでしょうか?

このコンセントは二ヶ所差込口があり
黒くしてしまった差込口は今何もさしてません、下の差し込み口は
使用してます。危険でしょうか?
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

再び iBook-2001 です♪

反応書き込み戴きありがとうございます。

ほかの方々の書き込みも拝見しましたが、どなたも間違った回答は無いですよ。

もしかしたら 多少不不安を助長するような書き込みに成っていなかったと前回のを読み返したほどです(苦笑)

有る程度知識が有れば、写真を見た状態だけだったら、「やっちゃったぁ~、まぁ掃除しようかな」程度の可能性が高そうです。

でも 自己責任とは言え、数割でも危険性が考えられるので、安易なアドバイスを控えました。

そして、実際にコンセントカバーを外してみられた様ですが、その状態を見てわからないとおっしゃる状況でしたら、やはり自己修復チャレンジは危険度が高いと思います。
 今回のご判断、最適でしょう。 経費はかさみますが、安全第一ですね。

電気って 案外安全なんですよ。  なぜなら、水道やガスですと、壁からの出口に止める装置(蛇口や元栓)がありますものね。 電気はコンセントと言う出口が剥き出しで、止める装置が付いていませんから。

たとえば コンセントから延長タップを接続していて、テーブルタップまで常時電気が流れてますね。 
 コレが 水道ホースやガスホースだったら、、、 水浸しになったり、ガス臭いなど 大変な事になります。

ところが、安全な電気だからこそ、見えない部分の危険性がありますので、電気屋さんが来た時、作業をじーーーっと見て、あれこれ質問攻めして下さい。 正しい知識を持った技術者でしたら、人として対話関係が苦手じゃない場合、詳しく説明してくれると思います。

私なんかが、ココであれこれ説明する以上の情報が得られると思いますので、今後の事故対策や、危険度について ご質問者様の経験に基づいた知識になると思いますよ~♪

とにかく、業者さんに相談されたとの事で、回答側として安心いたしました。 ほんとに 言葉としての「万が一」の危険性はありましたからね。(知識と技術と将来にわたる観察を出来れば、ほんと文字通り万が一の危険確率。見落とせば火災です。 3年前ですが、知人の家で、倉庫として10年以上使ってなかった子供部屋から出火して、2階全焼、1階水浸しで大変だったので、、、)

再び iBook-2001 です♪

反応書き込み戴きありがとうございます。

ほかの方々の書き込みも拝見しましたが、どなたも間違った回答は無いですよ。

もしかしたら 多少不不安を助長するような書き込みに成っていなかったと前回のを読み返したほどです(苦笑)

有る程度知識が有れば、写真を見た状態だけだったら、「やっちゃったぁ~、まぁ掃除しようかな」程度の可能性が高そうです。

でも 自己責任とは言え、数割でも危険性が考えられるので、安易なアドバイスを控えました。

そして、実際にコン...続きを読む

Q質問なんですがブレーカーが落ちた形跡がないのに(下がっていないのに)ブ

質問なんですがブレーカーが落ちた形跡がないのに(下がっていないのに)ブレーカーが落ちた時の様な現象は起きますか?昨日主人と昼寝して起きてみるとブレーカーは下がっていないのに風呂の時計とタイマー、空気清浄機の電源が切れてたんです。空気清浄機のコンセントはもちろん刺さったままで電源も1日中つけっぱなしです。切った記憶も全くありません。どうしたらこんな現象起きるのでしょうか?専門知識のある方または同じな経験された方教えて下さい。

Aベストアンサー

「ブレーカーが下がった形跡は残らないものなのでしょうか?ブレーカーが下がっていなかったものでどうも素人目線だと不思議で、、、。」

送電線(電力会社から供給されている電気)から送られる電気が
途絶えても家庭の遮断機(ブレーカ)には動作しません。

つまり、遮断機(ブレーカ)の役目は、
・超過電流(電気が一定量以上のオーバー)
・漏電・ショートなどの理由で、

電気が物理的に遮断される機能を持つのであって
通称ブレーカのスイッチが下がり電気が切れます。
それらの要因がなければ遮断機自体は機能しません
ので遮断機のスイッチはONのままで、つまり
遮断機のスイッチは(OFFには)下がりません。

停電があった時に、その後に電気が復旧した場合、
わざわざ遮断機のスイッチを入れることはせずに
室内の電灯が点いた事で復旧が確認できる人が
殆どだと思います。

家庭まで届く途中の電力会社設備や送電線付近の
落雷や、近所などでの電気工事などで時間的に
1秒程度の停電は予想以上に頻繁にあります。

故に銀行などATMやコンピュータなどには
電力が瞬時でも停止した場合にバッテリなどに
よる(蓄電池)電源の自動切替え装置が設置
されています。

質問者の場合は特に停電の事実が確認できない
状態であって遮断機が動作していないことから
1秒程度くらいの停電があってもわからなく
また、その程度の瞬時ならば御近所の方も
家の中で起きていても気づかれない人の
方が多いと思われます。

家庭家電機器の中で停電復旧後に自己復旧が
不可能な機器だけが電源が切れていたと思われます

ためしに動作中にコンセントを抜いて再び刺すと
どうなるかで確認は出来るはずです。

「ブレーカーが下がった形跡は残らないものなのでしょうか?ブレーカーが下がっていなかったものでどうも素人目線だと不思議で、、、。」

送電線(電力会社から供給されている電気)から送られる電気が
途絶えても家庭の遮断機(ブレーカ)には動作しません。

つまり、遮断機(ブレーカ)の役目は、
・超過電流(電気が一定量以上のオーバー)
・漏電・ショートなどの理由で、

電気が物理的に遮断される機能を持つのであって
通称ブレーカのスイッチが下がり電気が切れます。
それらの要因がなければ遮断機自体...続きを読む

Q電気回路の中性線とアースについて

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
ないのですか?


また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?
(危ないので絶対にしませんが、考え方としてどうか?をお聞きしたいです)


赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして
きている場合、白を外してアース線に繋いだ場合。
(添付画像参照)


よろしくお願い致します。

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが...続きを読む

Aベストアンサー

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけないものです。
火事や感電の原因になりますから。

静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、
普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。
但し機器を壊したり、
火花が発火事故の火元になったりすることはありますから、
それを防止するのに対策することはあります。
機器から電荷を逃がすというより、
どちらかと言えば人間から電荷を逃がします。
導電性の靴を履き床を導電性にしたりします。
電子部品なんかは導電性の袋に入れたりします。
これは静電気による帯電で例えばICチップのピン間に
何千ボルトという静電気由来の電圧がかかったりするのを
防止する為です。

次は家電製品についているアース線と、電源系統の中性線ですが、
これは全く別のものです。

アース線も電源系統の中性線は正しく接続すれば同電位です。
しかし目的が違います。

アース線は家電製品の表面や筐体などに、
故障や不良により、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまったような場合、
それを逃がす為の線です。
こうしてあれば、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまっても、
とりあえず電流はアース線を通って大地に逃げます。
人間が触れてもアース線と人体とでは、
圧倒的にアース線の方が抵抗が小さいので、
人間には電流はほとんど流れません。
これで人間を守ろうというのです。

ちなみにこれは3線式に限りません。2線式でも同じです。


>また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
>次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?

まともに動かないと思います。
確かに大地の電位と給電線の中性線は同電位ですが、
大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。

また仮にこれで家電を動かすだけの電気が流せたとしても、
これは漏電になります。
漏電遮断器が動作すると思います。

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング