芥川の「歯車」の第二章復讐に「サンダアルを片っぽだけはいたギリシャ神話の中の王子を思い出させる現象だった」という部分がありますが、この王子とは誰のことでしょうか。どんな王子だったのでしょうか。この作品の解釈のため、ぜひ知っておきたいと思います。芥川に詳しい方、ギリシャ神話に詳しい方、どうかご回答お願いいたします。

A 回答 (1件)

イアーソンのことかと思います。



 ポセイドンとテュロの息子。ネレウスは、双子の兄弟。テュロに捨てられ、馬飼いに育てられた。馬に蹴られた痣(ペリオス)から、ペリアスと名付けられた。
 成長し、ペリアスはクレテウスの王位を継ぐはずだったアイソンから、王位を奪う。しかし、デルフォイでペリアスは、片方だけサンダルを履いた者に殺されるだろうという神託を受けた。そして現れたのが、アイソンの息子であるイアソンだった。

という記述があります。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Playtown-Toys/5011/ne …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答、本当に、本当にありがとうございます!!何しろ締め切りの近い課題に関するものだったので、本当に焦っていまして…。すごく助かりました、どうもありがとうございました!!

お礼日時:2001/08/20 13:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芥川龍之介の歯車について

芥川の歯車について高校の最後の1年を通して、自分達で本みたいなものに仕上げなくてはいけないのですが、もうすぐ中間発表があるのですけどヤバイです。簡単なあらすじを教えて頂きたいのと、テーマを一つ決めてそれに沿った疑問点をいくつかあげていくのですがどうしたらいいのか全くわかりません。この作品のポイントって・・・歯車は一番初め何の雑誌に載ったのか・・・誰か芥川に詳しい人、何でもいいので教えてください!!あといい参考文献なども教えていただけると嬉しいです。いっぱいで申し訳ないのですが、芥川はこの作品を書いている時にもう一人の自分(ドッペゲルンガー???)を見てしまい死んでしまったと何かで知ったのですが本当なのでしょうか??

Aベストアンサー

下記URLは参考になりますでしょうか?

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/3673/

Q出典が知りたいです。 ギリシャ神話?

ハワード・ヒューズの本を読んでいたら
著者が彼をギリシャ神話の王になぞらえている
記述がありました。

このせりふの原典をご存知のかたがいれば
教えてください。

”死に滅びぬ限り、人に幸福というべくもなし”

Aベストアンサー

ギリシャ悲劇です。

ソポクレスの悲劇「オイディプス王」の一番最後の部分(1529行~1530行)です。

この作品は、自らの出自に好奇心を抱いたオイディプス王が、かつて殺害したのが実の父であり、現在の妻は実の母であるという恐ろしい事実を知ってしまうという不幸を描いています。

Qギリシャ神話についてお教えください。

原発の報道を見ながら、いつか読んだことのある(ギリシャ神話だったと思いますが)、人間が、自分では完全に制御できないものを、制御できると勘違いして大きな過ちを犯す話を思い出しました。この時機に決して不謹慎でいうのではなく、大自然や、原子力についての私たちの基本姿勢に対する教訓だった気がするのです。その神話をもう一度読み返したいと思いますが、正確な内容を失念してうろ覚えです。どなたか、ご教示いただけませんか。

Aベストアンサー

ギリシャ神話の「パエトーン」のお話ではないでしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%A8%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3

漫画家の山岸凉子さんが、この神話をもとに「パエトーン」という作品を描かれています。
20年以上前の作品ですが、まさに原子力について詳しく描かれたもので、現在WEBコミックとして公開されています。

参考URL:http://usio.feliseed.net/paetone/

Qギリシャ神話のアキレスは、どんな事をしたのでしょう?

ギリシャ神話のアキレス(アキレス腱)は、どんな事をしたのでしょう?アキレスの最後の姿勢は、どんなものだったのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。#1の方の補足的なことですが。
アキレス、またはアキレウスは、トロイア戦争―有名な『トロイの木馬』でケリが付いた―で活躍した、ギリシア軍最高の戦士であり、随一の美男であったと言われます。父は英雄ペーレウス、母は海神の娘・テティス。テティスが女神であったから、その子のアキレスを不死にしようという企てもできたわけです。同時に、アキレスがトロイア戦争に参加すれば、若くして戦死するという定めも、女神たる母には分かっていました(ゆえに、息子を人目から隠そうとした時もあった)。生まれながらの英雄ゆえの悲運、のようなドラマティックな匂いがしますね。
彼はトロイア戦争で目ざましい活躍をした後、その悲運によって、最後はトロイア軍のパリス―ギリシアから世界一の美女ヘレネーを誘拐して、トロイア戦争の原因を作った張本人―に弱点の踵を射られて倒れます。まず右の踵を射られ、次いで胸を射られて死んだ、とも言います。パリスには、トロイアを贔屓するアポローン神―弓矢の神―の加護があった、とも言われますが、要するに、人間には抗いがたい運命によって打ち倒されたのです。彼の亡骸をめぐってのギリシア軍とトロイア軍との鬩ぎ合いは、地獄をさながらのすさまじさだったと言われます―当時の戦争では、ひとかどの大将が戦死した時、その武具も含めて、遺体を奪うのが功名のひとつだったので。
異伝には、アキレスは敵方のトロイアの王女・ポリュクセネーと恋に落ち、密会している所をパリス(ポリュクセネーの兄に当たる)に見つかって射られた、ともあります。
何にしろ、射られた時は、まったくの不意打ち、という形だったのでしょう。だから、体勢も、いたって普通のもの―進撃している時か、密会の時か―だったとは思われます。
レッド・ツェッペリンの歌にあるのですか。『天国への階段』しか知らなかったもので・・・(汗)。が、ヨーロッパ圏では、非常に名高い伝説だから、ロックにも歌われたのでしょうね。
新潮文庫の『ギリシア神話』下巻(呉茂一・著)に詳しいですよ。 

こんばんは。#1の方の補足的なことですが。
アキレス、またはアキレウスは、トロイア戦争―有名な『トロイの木馬』でケリが付いた―で活躍した、ギリシア軍最高の戦士であり、随一の美男であったと言われます。父は英雄ペーレウス、母は海神の娘・テティス。テティスが女神であったから、その子のアキレスを不死にしようという企てもできたわけです。同時に、アキレスがトロイア戦争に参加すれば、若くして戦死するという定めも、女神たる母には分かっていました(ゆえに、息子を人目から隠そうとした時もあった...続きを読む

Q古代ギリシャ・ローマ神話をモチーフにした日本文学

古代ギリシャまたは古代ローマの神話及びその文学作品をモチーフにした20世紀以降の日本文学作品とその作者名を教えて下さい。詩、散文等ジャンルは問いません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

古代ギリシャを深く意識して三島由紀夫は「潮騒」を書きました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報