いつでも医師に相談、gooドクター

どうしてピクサー映画(トイストーリーを除く)に2010年代は頻繁に続編(モンスターズ・インク、カーズ、ファインディング・ニモ、Mr.インクレディブル)が作られるようになったのですか?

gooドクター

A 回答 (1件)

一年前にも同じ内容の質問をなさってますね。

回答は前回と同じです。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11430528.html

なお、2020年は『2分の1の魔法』と『ソウルフル・ワールド』、2021年は Luca、2022年の1作目は Turning Red となり、長編作品の続編ものは2022年2本目の Lightyear まで予定されてません。

動画配信サービスの Disney+ 向けには、過去のピクサー長編の続編やスピンオフなどの短編やテレビシリーズが作られていきます。『トイ・ストーリー』関連の短編『ボー・ピープはどこに?』とシリーズ『フォーキーのコレって何?』が配信済み。『カールじいさんの空飛ぶ家』関連のシリーズが今秋、『カーズ』関連のシリーズが来年。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング