ユング心理学とトランスパーソナル心理学に大変興味を持ちました。初歩から学びたいのですがおすすめの本があったら教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

心理学」に関するQ&A: 心理学

A 回答 (2件)

以下URLの本から入ることをお奨めします。



(コピー&ペーストしてください。)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookc …
「ユングと心理療法」

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookc …
「トランスパーソナル心理学入門」

理由は、どちらも、(1)著者が第一人者であること、(2)入門書として書こうという明確な目的で書かれていること、(3)すぐ手に入りやすいこと (4)臨床家としての視点があること です。

加えて河合隼雄氏には著書が多くありますが、深層心理学の入門書として「無意識の構造」は必読です。少し前の著書ですが、古典的名著といえるのではないでしょうか。

あとは私の個人的な思い入れですが(笑)、いろいろと読み進んできたら、
水島恵一著「人間性心理学体系」のシリーズは機会があったらぜひ読んでください。トランスパーソナル心理学・ユングの心理学のみについての本ではありませんが、もちろん詳しく述べている個所はあります。
理論的側面もさることながら、心理療法の実際と、迫力がよくわかります。
専門書なのでちょっと買うのは大変と思いますが、もしかしたら図書館にあるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。「トランスパーソナル心理学入門」さっそく本屋のサイトで注文しました。「無意識の構造」も読んでみようと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2001/08/23 12:32

No1.の回答の中ですが…


「人間性心理学体系」でなくて、「大系」でした。すみません。(^^;
10巻+別巻2 の12冊あります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q近畿圏で分析心理学(ユング心理学)を学べる大学

他カテゴリーで質問しましたが、回答が得られなかったので同じ質問をここでもさせていただきます。

近畿圏で分析心理学(ユング心理学)を学べる研究室のある大学を探しています。
今のところ大阪大学人間科学部、大阪府立大学人間社会学部、甲南大学文学部、京都文教大学臨床心理学部で確認済みなのですが、他を見つけることができません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

京都大学大学院。大学院なので回答になりませんが、学部からユング派だけ学ぶという「早道」は、かえって危ういところもあります。

どこで単位を取ろうと、師事したい学者がどこにいようと、学ぶことはできます。

Qトランスパーソナル心理学を学べるアメリカの大学を探しています

現在アメリカに住んでいる社会人です。来年は修士を目指してトランスパーソナル心理学を学びたいと思っています。学士過程は経済で現在もその方面の仕事に就いていますが人間関係について考えるうちに心理学を学んでみたいと思うようになりました。出来れば通学したいですが広いアメリカの事ですしネットでの受講もやむをえないと思えないと思っています。良い大学を教えて頂きたいと思います。

Aベストアンサー

いくつかありますが、ここが最高かと思います。

http://www.integraluniversity.org//

Qトランスパーソナル心理学の本について教えて下さい。

精神世界に興味を持っています。
ユングは一通りやりました。
トランスパーソナル心理学の勉強をしたいと思っています。
概論と、臨床、カウンセリング手法に詳しいものが良いです。
お勧めの本を教えて下さい。

Aベストアンサー

現在(この4月から)NHKラジオ第2放送の「こころを読む」という時間に、トランスパーソナル心理学についての講座が毎週放送されています。

タイトル:「自由に生きる 創造的に生きる」
講師:菅 靖彦(すが やすひこ:翻訳家・セラピスト)
本放送:日曜日午後1:20~
再放送:翌週の日曜日午後11:15~

この講座のテキストが発売されています。
講座では、現在の社会の諸問題と絡めたりしながら、トランスパーソナルを広い視点で紹介しています。
まずこのテキストを手に入れて、文中に引用・紹介される参考文献を、たどってみるのも良いと思います。

Qユング心理学の治療技法の大枠を教えてください。

臨床心理学を勉強している者です。

なかでも、ユング心理学に興味があります。
一応、フロイトやユングに関する入門的な書籍はだいぶ読んで来たつもりですが、最近、ようやくフロイト心理学(精神分析学)の治療技法の大枠が理解できた程度です。

それは、「自由連想法」により、「転移」と「抵抗」を足がかりとして、患者の「洞察」を導く、というものです。

一冊の本に、上のようなことがまとめて書いてあれば、苦労はないのですが、そうなっていない場合が多いです。違う本を何冊も読んで、個々ばらばらな記述から、同じようなことが書いてある箇所がだんだんと重なってきて、ようやく上のようにまとまったという感じです。

ユングも、もっと時間をかければ、上のようなまとめに辿り着くことができるのかもしれませんが、なかなか難しいです。そこで、もし知っている方がいらっしゃったら教えて欲しいものです。できれば、まとめのような形がいいのですが、長文でも箇条書きでもどんな形でもかまいません。

ユング心理学において、どのような技法を用いてどのような機序で患者は治るのか、そのメカニズム、大枠を教えてください。

臨床心理学を勉強している者です。

なかでも、ユング心理学に興味があります。
一応、フロイトやユングに関する入門的な書籍はだいぶ読んで来たつもりですが、最近、ようやくフロイト心理学(精神分析学)の治療技法の大枠が理解できた程度です。

それは、「自由連想法」により、「転移」と「抵抗」を足がかりとして、患者の「洞察」を導く、というものです。

一冊の本に、上のようなことがまとめて書いてあれば、苦労はないのですが、そうなっていない場合が多いです。違う本を何冊も読んで、個々ばらば...続きを読む

Aベストアンサー

>ユング心理学において、どのような技法を用いてどのような機序で患者は治るのか

全然専門家でもないし勉強したわけでもないのですが、
日本風になったユング心理学であれば、河合隼雄さんの本が参考になると思います。お読みになっているでしょうか。

ユング心理学のキーワードは、「元型、集合的無意識、シンクロニシティ、夢、神話、物語」というような感じかなあ、と素人的には思いますが、勉強している方からするといかがでしょうか。
治療するときにはイメージや創造性を大切にして、「その人の」物語を治療者が一緒に生きる・・・

技法としては、カウンセリング、箱庭療法、夢分析など。
夢分析を必ず用いるとは限らないと思います。
そのクライエントごとに合う技法を使うようですから。
たとえば、カウンセリングが向かない人でも箱庭療法が有効だったり。

箱庭療法とは
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%A2%C4%ED%CE%C5%CB%A1

箱庭について、治療例が写真入りで紹介されています。
「ブッダの夢」
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%83%E3%83%80%E3%81%AE%E5%A4%A2%E2%80%95%E6%B2%B3%E5%90%88%E9%9A%BC%E9%9B%84%E3%81%A8%E4%B8%AD%E6%B2%A2%E6%96%B0%E4%B8%80%E3%81%AE%E5%AF%BE%E8%A9%B1-%E6%B2%B3%E5%90%88-%E9%9A%BC%E9%9B%84/dp/4022642629

カウンセリングについて
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%92%E8%AA%9E%E3%82%8B%E3%80%88%E4%B8%8B%E3%80%89-%E6%B2%B3%E5%90%88-%E9%9A%BC%E9%9B%84/dp/4062563886/ref=pd_sim_b_4/503-3223143-0088722

河合氏の考え方。
http://www.nhk.or.jp/fukushi/utsu/file/19.html

河合さん以外では、この本も治療過程と考え方が書かれています。
ユング派の夢分析とカウンセリングです。
「昔話と夢分析」織田 尚生
http://www.amazon.co.jp/gp/product/442211154X

「女性の心の成熟」玉谷 直実
序文は河合隼雄さんが書いています。物語とイメージと治療の過程。
http://www.amazon.co.jp/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E5%BF%83%E3%81%AE%E6%88%90%E7%86%9F-%E7%8E%89%E8%B0%B7-%E7%9B%B4%E5%AE%9F/dp/4422110748/sr=11-1/qid=1166417870/ref=sr_11_1/503-3223143-0088722

ただ、これらがユング心理学そのものかというと、そうではないのだろうと思います。ユング派の心理学者や臨床化がアレンジして治療しているでしょう、日本人と西洋人で違う部分もあるでしょうし。


これが1冊でお手軽かもしれません。
心理療法の歴史と、いろいろな心理療法について簡単に触れられています。
「心理療法個人授業」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101410356.html
簡単すぎて役立たなかったらごめんなさい。

>ユング心理学において、どのような技法を用いてどのような機序で患者は治るのか

全然専門家でもないし勉強したわけでもないのですが、
日本風になったユング心理学であれば、河合隼雄さんの本が参考になると思います。お読みになっているでしょうか。

ユング心理学のキーワードは、「元型、集合的無意識、シンクロニシティ、夢、神話、物語」というような感じかなあ、と素人的には思いますが、勉強している方からするといかがでしょうか。
治療するときにはイメージや創造性を大切にして、「その人の」...続きを読む

Q言語心理学・文章心理学・創作心理学の最近の研究はありますか

最近、言語心理学の本を読みました。(言語心理学入門 芳賀純著 有斐閣双書)この本は、1988年に初版されていますが、関係する本で、現在本屋に並んでいるものはありません。
そこで、この分野の最近の研究はどのような状況なのでしょうか?その他、興味があるものは、文章心理学、創作心理学(以上波多野完治氏著あり)というものです。こちらも、その後の研究というものはどのように発展しているのでしょうか?私は、心理学にはまったく門外漢で、単なる興味だけなのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

昔、大学で心理学を専攻していた者です。
言語心理学やおっしゃっているような系列の心理学の分野は、認知心理学や心理学から離れて言語学の分野に行っているような感じです。
途中記号論が流行ったときにも、これらの心理学と混交して、また派生すると言う繰り返しで、心理学の一分野として一定数の研究者を擁していると言うところまで行ってません。
もし、もう少し進められるのでしたら、心理学の専門書のコーナーで「心理学の基礎知識」のような本に現在の心理学(心理学界)の状況が著されていますので、そこから当たられるのも良いかと思います。
また、専門的ですが、ノーム・チョムスキーという有名な言語学者がいますので、そこからアプローチされるのも面白いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報