小中高生の少年少女が主役、または多くでている作品のオススメを教えてください。

図書館で借りてきたり書店で買ったりしているのですが
どうも自分好みの作品があまり見つかりません。
借りたものはいいんですが、買ってからしまった~
なんてことになると金銭的にかなりイタイです・・

いままで読んで面白かったのは
宮部みゆき ステップファザー・ステップ
清水マリコ 君の嘘、伝説の君
早見裕司  Mr.サイレント シリーズ
太田忠司  3LDK要塞山崎家
      狩野俊介シリーズ
岡崎純子  D・N・ANGELシリーズ
小林めぐみ お捜し人シリーズ
などです。
子供達がワイワイやっているのとか、思春期特有の感情?なんかの描写があるのとか、大人達に混じって活躍してるのとか・・・・ジャンルはフィクションであればSF、ファンタジー、現代(日常、非日常)でも なんでもかまいません。

分かりにくいかもしれませんが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

小野不由美さんの「くらのかみ」はいかかでしょう?


子供向けらしい、ハードカバーで箱入りの、文字の大きな本ですが、大人も十分楽しめました。
内容は、小学生の子供たちが、親戚の旧家で謎解きをするライトホラーミステリーです。
    • good
    • 0

ロバート・コーミア(アメリカ)の著書をおすすめします。


アメリカでは“ヤング・アダルト文学”というジャンルが広く根付いているようですが、ロバート・コーミアはそのジャンルで確固たる地位を築いている作家です。
登場人物(主人公)は小学生~高校生の物語りばかりで、私は翻訳された作品は全て読みましたがハズシの作品は一つもなかったです。
ただ、どれもハッピーエンドではありません。
子どもには子どもなりの辛い現実というものがあるものですが、そこらへんの事が実にリアルに描写されています。

まずは児童文学として発表された『ぼくの心の闇の声』(徳間書店刊)が手に入れやすいと思います。(残念ながら廃刊、品切れの本も多いです)
この作品は11歳の少年が主人公です。
『少年が初めて「悪」に直面し、たった一人で切り抜けていく姿を描く、息詰まるような迫力の物語』(本書カバーの解説より)です。

最後にある作者からの「日本の読者のみなさんへ」というメッセージと、翻訳者の原田勝氏のあとがきがとても感動的な内容でした。
    • good
    • 0

はやみねかおる「夢水清志朗シリーズ」


「虹北恭介シリーズ」
 両方とも、ミステリ。子供たちが奮闘しています。
 前者は、主人公は子供ではないです。

長野まゆみ「少年アリス」「野ばら」
 静かなお話なので、
活躍というと違うかもしれません。
この作者の最初の方の作品は、
主人公が少年の話が多いです。

またミステリかよといった感じですが、
講談社から出ている「ミステリーランド」という
企画で出されている本もオススメです。
有名な作家人が、
子供向けにミステリを書いています。


自分の趣味に偏った選択ですみません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまって申し訳ありません・・・
虹北恭介シリーズがよさげです!こういうほのぼのしたのも好きなんですよ~
是非読んでみます。


実を言うとイラストが少し好みじゃないですが(笑)

おすすめありがとうございました。

お礼日時:2005/03/03 21:51

小中高生が主人公なのというとコバルト文庫を思い出してしまいます。


下にも出ていますが氷室冴子とか、藤本ひとみのマリナシリーズ、久美沙織「丘の家のミッキー」とか、島村洋子とか山本文緒とか。
中でも図子慧の「ピュアミント'88」は良かったです。両親が離婚しようとするのを引き止めつつ学校でドタバタコメディを繰り広げるボーイッシュな少女の話で。
大人と子供の確執を軽いタッチで、しかしリアルに描いていました。
これらのコバルト出身の人は今は大人向けの小説を書いて成功してらっしゃいますが、コバルト時代の中高生向けのものも結構良かったりします。

そういうコバルトとかじゃなくて、というといの一番に#7の方も書いてらっしゃる「バッテリー」をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまって申し訳ありません・・・

コバルト文庫周辺のコーナーは図書館も書店もちょっと近づけません。
ダ~ンと全裸で男同士が抱き合ってるイラストとか多くて・・・・

バッテリー、読んでみます(^^)

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/03/03 21:39

宮部みゆきさんのほかの作品では


「今夜は眠れない」
「夢にも思わない」
「東京下町殺人暮色」
「パーフェクト・ブルー」
「龍は眠る」

「ステップファザー・ステップ」に雰囲気が近いのは
「今夜は眠れない」「夢にも思わない」のシリーズと
「東京下町殺人暮色」かな。


恩田陸さんの作品にも中高校生が主人公のものがいくつかあります。

「夜のピクニック」
「六番目の小夜子」
「ネバーランド」
「麦の海に沈む果実」
「黄昏の百合の骨」
「蛇行する川のほとり」
「ロミオとロミオは永遠に」

恩田さんの作品については、下記の質問の回答が参考になるかと思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1056931

他の作家の作品では

北村薫「街の灯」
(昭和初期、お嬢様学校に通う士族の令嬢と美貌の女性運転手が
日常生活で出遭った謎を解くというミステリー)

柏葉幸子「霧の向こうのふしぎな町」
(ファンタジー。小学生のリナがふしぎな町で過ごすひと夏の物語。「千と千尋の神隠し」もこの作品の影響を受けているそうです。)

氷室冴子「クララ白書」
(学校とその寄宿舎を舞台にした学園コメディ。中高校生の頃読んで面白かった覚えがあります。最近コバルト文庫で復刊されたようです。)

京極夏彦「ルー・ガルー~忌避すべき狼~」
(近未来SF。14~15歳の少女だけを標的にした連続殺人事件が発生。同級生の足取りを追う少女たちはやがて事件に巻き込まれて・・・。)

思いついたのはそんなところです。
好みの作品が見つかるといいですね。(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまって申し訳ありません・・・
今夜は眠れないは先月の末に読んでみました。
よかったです。大当たりでした(^^)

たくさんのおすすめありがとうございました。

お礼日時:2005/03/03 21:36

いくつかご紹介を



『六番目の小夜子』恩田陸・著(新潮社・文庫済み) 現在NHK教育テレビにてドラマ再放送中、地方伝承

『舞姫通信』重松清・著(新潮社・文庫済み)自殺

『素数の年齢』松永里香・著(新潮社)演劇部

『ターン』北村薫・著(新潮社・文庫済み)時と人3部作の1作目、17歳少女が42歳主婦兼教師に…

『ステゴザウルス』岩瀬成子・著(マガジンハウス)捨て子

『タイム・リープ』高畑恭一郎・著(電撃文庫・上下巻)『時をかける少女』へのオマージュ的作品、佐藤藍子主演で映画化済み

まだまだ語り足りませんがこの程度に留めておきます

気に入ってくれたら幸いです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまって申し訳ありません・・・
レビューやあらすじを読んでみたところステゴザウルスが好みな感じなので読んでみます。
おすすめありがとうございました。

お礼日時:2005/03/03 21:31

『バッテリー』(あさのあつこ)なんかどうでしょう?


結構人気なので、もしかしたらもう読んでいらっしゃるかな…とも思いますが。

小~中学生の頃の、言葉で言い表せないもどかしさや切なさが溢れています。
何度も何度も読み返して、カバーがちょっとボロボロになるくらい読みました。

#4の方が紹介されている『ふたり』もいいですよ!

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043721 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バッテリー面白そうですね。
図書館に有るみたいなので
借りて読んでみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/24 15:46

 以前に回答した、こちらの質問は参考になりますでしょうか?主として学生寮を舞台にした作品について、解答していますので、お探しの作品に近いかと思います。


 また、この質問も参考になると思います。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=723140

 上記では、タイトルしか御紹介していませんが、「東京S黄尾探偵団」も、「東京ANGEL」も、わけありの高校生が、いろいろと活躍するお話です。

 「サイケデリック・レスキュー」も、大人たちに混じって活躍する高校生が登場します。

 日本のお嬢様学校を舞台にした「マリア様が見ている」も、お薦めです。(こちらは、日常生活を描いています。)

 取り急ぎ御紹介しましたが、お気に入りのものが見つかればうれしいです。これで失礼します。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1220545
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
サイケデリックレスキューが面白そうなので
読んでみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/24 15:44

宮部さんの「今夜は眠れない」



石田衣良さん「14TEEN」「うつくしいこども」

赤川次郎さん「子子家庭は危機一髪」(題名少し自信なし)他、学生が主人公の話多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レビューなどをみると
今夜は眠れないと子子家庭は危機一髪がビンゴです!
子供たちが奮闘する系がやっぱり好きみたいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/24 15:38

他の方も紹介されていますが、ヴェルヌの「十五少年漂流記」は面白かったですね。


有名なのでご存知かもしれませんが、もし未読ならばぜひ。

赤川次郎「ふたり」
最近読んだのですが、よかったです。これもそれなりに有名だと思うので、すでにご存知かもしれませんけれど。

とっさに思いつくものがこれくらいしかありません。少しでも参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

赤川次郎のふたりは未読なので
是非読んでみようと思います。
おすすめありがとうございました。

お礼日時:2005/02/24 15:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの中学生の問題なんですけど、どうして7(X-6)になるのか、教えてください

この中学生の問題なんですけど、どうして7(X-6)になるのか、教えてください

Aベストアンサー

落ち着いて考えたら、解ると思いますが。

箱の数を X とします。
「5箱余り、一つの箱には3個だけ入った」と云う事は、
7個入った箱は (X-6) ですよね。

チョットひねくれて、
「7個づつ入れると、空の箱が5箱出来、一箱は4個足りなかった。」と解釈して、
6X+10=7(X-5)-4 としても、同じ答えにはなりますが。

Q宮部みゆき「茂吉」のでてくる作品は?

「初ものがたり」を読んでこの茂吉の出てくる
シリーズが他にあるなら読みたいと思いました。
ご存知の方いらっしゃったら作品名と出版社を
教えて下さい!宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

丁度手元にあったので確認しましたが、
回向院の茂七親分のことで宜しいでしょうか?
でしたら、
『本所深川ふしぎ草紙』(単行本:新人物往来社、文庫版:新潮文庫)
に出てきています。
ちなみに、『本所…』の方が『初ものがたり』より先に出版されています。

他はわかりません。ごめんなさい。

Qe-girlsに入りたいんですが、EXPGに入らないといけないんですよね? 中学生からでも、遅くは無

e-girlsに入りたいんですが、EXPGに入らないといけないんですよね?
中学生からでも、遅くは無いんでしょうか?
どうか教えて下さい

Aベストアンサー

まあ外部から入る可能性もゼロではないでしょうけれど、
EXPGに入るのが一番正攻法ではありますね。
一応、組織としてピラミッド形になっていますし、
内部オーディションもあるとのことですから。
(それに受かるまではただの受講生)

中学生で遅いってことはないでしょう。
あとは才能と努力でしょうか。
ま、スクールも安くはないですし、親御さんとよく相談してくださいね。

Q宮部みゆき作品について

宮部みゆき作品について

「長い長い殺人」・「魔術はささやく」・「龍は眠る」を見ました。

人の描写やストーリー展開が面白くてどんどん読まされてしまうのですが、事件の真相を聞いたときに「う~ん、スッキリしない」と思いました。「おしい!」と。

他の作品でラストが「すごい!」と思った作品ありましたか?ジャンルは特に問いません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わかります。「長い長い殺人」は惜しいですよね(笑)
私的には「理由」と「模倣犯」も惜しかったです。
ただ、模倣犯は途中の展開は素晴らしかったように記憶しています。

飛び抜けて「すごい!」と思ったのは、何と言っても「火車」です。
題材が今となっては古い社会問題ですが、ラストの、息が止まるような緊張感はなかなか読書で味わえるものではありません。

「蒲生邸事件」もお勧めです。「ラストがすごい!」というのはありませんが、読後の余韻が深いです。
余談ですが、ドラマ化されましたがキャストがいまいちでした。山田孝之君あたりでやってくれないかな・・

Q中学生です。間違えて、有料アダルトサイトに登録してしまったようです。好奇心で動画を見ようとして、

中学生です。
間違えて、有料アダルトサイトに登録してしまったようです。
好奇心で動画を見ようとして、クリックしたら、登録完了の文字が出てきました。今日までに払わなければいけないとのことです。登録料金(別途データ料金)は59.800円です。
サポートセンター?にメールしたら、エラーが起こり、電話をすれば、通話終了になってしまいます。
まだ中学生だし、親にも怖くて相談できず、お金もありませんし...
どうすれば宜しいのでしょうか?今日中に答えて貰えると幸いです。

Aベストアンサー

ワンクリック詐欺です。
ですから初めから登録などされていません。
そうやってメールや電話をさせることで個人情報を集めています。
相手が未成年だと分かると、警察に通報する、などと言い出して脅すこともあります。

ですから、メールをしているならお金の請求メールを始め、さまざまな迷惑メールが届くことになりますが、今後は一切無視するだけです。
もしくは変えられるならメールアドレスは変えておくだけです。
また、電話をしてしまったことで電話番号を知られてしまっていますから、同じように様々な迷惑な電話、セールス電話、なりすまし詐欺などのリスクがありますから、知らない番号には絶対に出ない、出たとしても話を聞かずに切る、その上で着信拒否をしていく形を取りましょう。

ワンクリック詐欺の正しい対処法は無視することです。
ですからどんなに脅されるようなことがあっても、絶対に相手にせずに無視してください。
少なくとも漏れている個人情報はメールアドレスと電話番号だけです。
それだけであなた個人にたどり着くことはありませんから、徹底的に無視することが大事になります。

Q宮部みゆきの本について

初めて宮部みゆきの本を読もうと思って模倣犯を借りたのですが、初めて読むにはちょっと長いかなと思ってます。

割と短めで、オススメの本があったら紹介していただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
わたしがいちばんハマったと思う宮部作品は、
今だに『火車』新潮文庫(山本周五郎賞受賞)です。
短くはないですが1冊の本ですし、
何より読んでて止まりませんでした!
読んでいる途中でしおりをはさもうと思っても、
続きが気になって気になってしかたなく、
まさに一気読みしてしまった本です。

宮部みゆきの長編(現代)サスペンスは、
現代社会に潜む社会問題が基本テーマになっていることが多いです。
でも堅苦しくなく織り込まれていて、読み手のテンポを遮りません。
ムズカシイ話が苦手な人でも、興味深く楽しんで読めると思いますヨ。

Q中学生です。 間違ってアダルトサイトに入ってしまって 動画再生完了とわけもわからず↓のがでて 急に電

中学生です。
間違ってアダルトサイトに入ってしまって
動画再生完了とわけもわからず↓のがでて
急に電話が発信されて相談しましたが
自分は親に誤解を招くと、親に相談もできず
電話を掛けてみましだが親に代わってと言われて怖くて代われませんでした
どうすれば良いですか?

Aベストアンサー

請求は来たりしないので大丈夫ですよ(^ ^)
見なかったことにしてそのページを閉じましょう。
不安で焦っていると思いますがそれは詐欺です。
本当は電話をしない方が良かったですね…出来れば電話番号を変えた方がいいです。
番号を変えないとまた電話がかかってくる場合があります。
こういったページが出た時は見なかったことにしてページを閉じるのが一番いいです。
私も以前同じようなページが出て不安で焦ったことがありましたが、1年経った今でも請求は来ていません。

誤解を招いてしまうかも知れませんが親に相談して下さい。実際に電話を掛けてしまった訳ですから親に相談するべきです。自分ではどうにも出来ないことはあります。
親も分かってくれると思います。1人で悩まず相談して下さい。

Q宮部みゆきさんの模倣犯 文庫本と単行本

こんにちは。
宮部みゆきさんの模倣犯という作品は、単行本だと上下2巻。文庫本だと1~5だそうですが、

単行本の上=文庫本の1~3巻。
単行本の下=文庫本の4・5巻。

なのでしょうか。それともきっちり2巻の半分で上下に別れているのでしょうか。古本屋さんで1、2巻だけ買ってしまったものの・・・その後の購入で迷っています。本屋さんが遠く確認できないので、どなたかご存知でしたら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

模倣犯、文庫本で読みました。

単行本との分け方の違いは分からないのですが・・。
文庫本の2巻・・第2部 1~12
文庫本の3巻・・第2部 13~26
文庫本の4巻・・第3部 1~14
となっていました。

Q昨夜、エロ動画を視ているところを中学生の娘に見られたようです。私も娘も

昨夜、エロ動画を視ているところを中学生の娘に見られたようです。私も娘も気が付かない振りをしていますが、今朝、娘と顔を合わせたのですが、私の顔を見てくれず態度がぎこちなく話をしていません。今までは、宿題など解らないことがあれば何かと聞いて来てくれる良好の関係でした。このことで娘に軽蔑されていると思います。これからは、どのように接したら宜しいでしょうか。

Aベストアンサー

下ネタタブーという感じの環境で育った31歳女です。


中学生の頃、親のタンスからHビデオやコンドームを発見したことがありますが、「うちの親もやっぱり持ってるんだ」くらいで父親をそれが原因で軽蔑したことはありません。
何度か「まだあるかな…」とタンスを開けたことがあります。


ただ私が見つけたのがバレたのかある日置き場所が変わった時にとても気まずくなり、どう接したらいいのかと悩みましたが父は知らないふりを通して普段通りに接してきたので私もそうしました。


こういうのって見られた方も気まずいでしょうけど、見た方も気まずく、気を使うんですよね。


私の感覚だとお父さんのぎこちなさが伝わってきて余計に恥ずかしくなってしまったのではないかなと思うのですが。


とりあえず普段通りに接してみて、それでも娘さんがぎこちないようならば少し距離を保つのがいいかなと思います。
あくまでも普段通り。変に気を使ったり、下手に出ないことです。
父親のオドオドした姿こそ情けないものはないです。

思春期なので父親から離れようとするのはある意味健全です。


私も思春期、父親が大嫌いになりましたが、社会人になってからは父が好きになりましたし、子供が生まれてからは父の喜ぶ顔が見たくて孫を見せに行ったりしています。

下ネタタブーという感じの環境で育った31歳女です。


中学生の頃、親のタンスからHビデオやコンドームを発見したことがありますが、「うちの親もやっぱり持ってるんだ」くらいで父親をそれが原因で軽蔑したことはありません。
何度か「まだあるかな…」とタンスを開けたことがあります。


ただ私が見つけたのがバレたのかある日置き場所が変わった時にとても気まずくなり、どう接したらいいのかと悩みましたが父は知らないふりを通して普段通りに接してきたので私もそうしました。


こういうのって見られた方...続きを読む

Q富士見二丁目交響楽団シリーズについて&なぜシリーズ小説の挿絵が途中で変わるのか?

だいぶ前に買った小説です。
著者秋月こお、ルビー文庫、富士見二丁目交響楽団シリーズなのですが、第4部から挿絵が変わってますよね?私は第1部しか持ってないのでわからないのですが、なぜイラストレーターをかえたのでしょうか?このイラストレーターの大ファンなのでがっかりです。

この小説にかぎらず、シリーズもので途中で絵が変わってしまうものってありますよね。ああいうのは何ででしょう?読者としてはイメージが崩されとてもいやなのですが・・・。私の場合、絵を書いてる人のファンでその人のものはつい買ってしまって、小説にもはまるってことがあるのでショック倍増です。
理由ご存知の方、同じように不満を持っている方ご意見ください!
ちなみに絵が変わってがっかりって小説自体も良かったら教えてください。
ちなみに私は「富士見シリーズ」と、「炎のミラージュ?シリーズ(もうなれましたが、最初は嫌でした)」
でした。両方ともだいぶ前に挫折しましたが・・・(絵のせいもあるけど、長すぎて・・)。

Aベストアンサー

 変わる場合について、作者の方のあとがきなどによると・・・・

 1,留学その他で、仕事を引き受けられない事情がある場合
 2,イラストレーターが挿し絵を引き受けたがらなくなる
 3,出版社やレーベルの変更に伴って交代する
 4,特別事情説明なしで不意に変わる

 が、思い当たります。

 1の場合は、引き受けられるようになると、また引き受けられることがあります。(再び、書かれることはごくまれですが・・)藤本ひとみさんの「花織」シリーズが、これに当たります。もっとも、藤本さんも思い入れがあったらしく新作は出ず、「新花織」として、舞台以外を一新して再開されました。

 2の場合で、有名なのは天野喜孝さんでしょうか?アメリカ移住後は、挿し絵や表紙はほとんどされていません。以前からのシリーズもよほど懇意な作家でない限り、新しい方になっています。
 「グイン・サーガ」シリーズは、最初の方が亡くなり(違ったかな?)、2番目の天野さんから現在は3人目か4人目の方が書かれています。(少なくとも二回代わっています。)

 3の場合、田中芳樹さんの「アルスラーン戦記」が、挙げられると思います。以前は角川書店から天野さんのイラストで出ていましたが、今は新しい出版社とイラストレーターで出版されています。

 4は、今月新作がでた、風見潤さんの「幽霊事件」シリーズですね。全く説明がないのでびっくりしました。
 藤本桂介さんの「宇宙皇子」も最初は全ていのまたむつみさんのイラストでしたが、いつの間にか表紙だけになり、最終的には表紙も違う人になっていました。

 例外として、菊池秀行さんの「魔界都市・新宿」を舞台にした小説があります。舞台や登場人物は基本的に大きく変わらないのですが、シリーズがいくつかあり、また同じシリーズでも出版社が違ったりするため、イラストレーターが複数になります。一番有名な登場人物の一人、「メフィスト」を、5人か6人ぐらいの方がイラストとしてかかれています。ですが、似た雰囲気の方で、なおかつそれぞれに個性的なイラストを描かれているので、どれを読んでも違和感を感じることはありません。

 以上、取り急ぎ知っている理由について書き込みました。参考にしてくださいね、これで失礼します。

 変わる場合について、作者の方のあとがきなどによると・・・・

 1,留学その他で、仕事を引き受けられない事情がある場合
 2,イラストレーターが挿し絵を引き受けたがらなくなる
 3,出版社やレーベルの変更に伴って交代する
 4,特別事情説明なしで不意に変わる

 が、思い当たります。

 1の場合は、引き受けられるようになると、また引き受けられることがあります。(再び、書かれることはごくまれですが・・)藤本ひとみさんの「花織」シリーズが、これに当たります。もっとも、藤本...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報