ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

子供の時打撲したとき等に父より「猿沢の池の大蛇が身を焼いて....」との、おまじないを聴いておりましたが、父が早世したため、よく分からず、かねてより気にかかり、今回教えてgooを、知りましたので質問する次第です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

お礼を有難うございます。

#2です。

zensanzenさんのお礼を見て、ふと気になって色々調べたところ、どうも私の記憶が違うみたいで、本当は「ウンソワカ」ではなく「アビラウンケンソワカ」のようですね。

http://www.city.komae.tokyo.jp/index.cfm/11,3360 …

猿沢の池の大蛇と言うと、能の春日竜神を指すのでしょうが、特に身を焼くような話もないのですが・・・
多分のお話ですが、竜神は水の神様だから、火で出来た怪我を治してくれるご利益がある・・・と考えられたのではないでしょうかね。
「アビラウンケンソワカ」については、かなり沢山のおまじないがあるようですね。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rls=GGLD%2C …

大日如来の真言だと言うのは知っていたのですが、怪我から虫刺され、火傷に火事避けまで、 こんなに沢山の意味がある便利なおまじないのようです(^_^)

何となく漠然としていて、元のおまじないの文句からは外れてきてしまいましたが・・・ご考察のお手伝いになれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有り難うございました、これから先は自分自身で調べてみます、誠に有り難うございました。

お礼日時:2005/03/10 16:20

 #1です。

これは文献等でなく、私のメモに書いてある呪い(歌?)です。昔から竜神に縁があり(子供の頃岡崎に居りました)、竜好きが高じて竜に関する事を調べておりました。
 愛知県額田郡本宿村(現:岡崎市本宿町)に伝わる迷信で、「猿沢の池の大蛇が火傷をして、伊勢・熊野へ参詣すると、三唱して火傷の跡を吹けば痛みが去る。」というものがあります。
 この時に唱える呪い(歌?)が「猿沢の 池の大蛇が焼け焦げる その火をもどす 芹の露々」と教えて貰いました。また、子供の頃でもあり、出典等まで調べておらず、教えて貰った相手も学校の先生だったかな?くらいにしか覚えておりません。
 はっきりとした出典等がなく、説明が半端になってしまい申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有り難うございました、これから先は自分自身で調べてみます、誠に有り難うございました。

お礼日時:2005/03/10 16:16

こんばんは。



学生時代に関東出身の友人が火傷をした時に、「猿沢の池の大蛇が火傷して水なきときはウンソワカ」と言っていて、面白がって仲間内で使っていました。

でも、#1さんとも違うし、zensanzenさんは打撲ですが、こちらの方は火傷だし・・・色々なパターンがあるのかも知れませんね。

取敢えずご参考までに・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、考えてみますと、火傷をしたときかもしれませんので、(小さいとき大火傷しました)「水なきときはウンソワカ」の意味が少しでも分かれば嬉しいのですが、何方か分かりますか?
#1さんともどこかで関係があるかもしれません。
御礼かたがたもう少し分かれば嬉しいのですが。

お礼日時:2005/03/10 10:47

 こんにちは。


 「猿沢の 池の大蛇が焼け焦げる その火をもどす 芹の露々」
 ではないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご教授有り難うございます、他の方のご回答を頂きましたが、一番近いようなのですが、この言葉の発祥は、何処から出ているのでしょうか、「文献?」等お知らせいただければ幸いです。
遅くなりましたが、御礼申し上げます。

お礼日時:2005/03/10 10:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお寺で住職に注意されたのですが

4年ほど前、京都の紅葉で有名なお寺に行った時の事。
お茶を飲みながら庭の紅葉を十分に堪能して帰ろうとした時、どういう流れかは忘れましたが真言の話を同行者とすることになりました。
(おそらく住職の話に出たか、寺の掛け軸にあったか)
で、軽い気持ちで「昔、猿飛佐助のアニメがあって、主人公のサスケが『オン キリキリバサラ ウンハッタ』と唱えて色々な術を使っていたよ」
という話をしました。
また「孔雀王という漫画で『アビラ ウンケン ソワカ』なんても言ってたな」とも。

すると遠くでそれを聞いていたご住職がとんできて
「そういう言葉をみだりに発してはいけない」
という話を15分ほどされました。

そのお寺は紅葉のライトアップなどをしていて、観光地のお金儲けという様相が強かったので、そういう寺の住職が説教するとはよほど重大なあやまちを犯したのかと怖くなってしまいました。

それらの言葉はどんな意味があるのでしょうか。

Aベストアンサー

真言は、正しい時に正しく発音すれば言葉が実体化すると信じられているものです。

で、発音した言葉は正しくは無いのですが、言葉の意味を知らないものがむやみにマントラの類の音を発音するのはよくないと言いたったんじゃないか と。
間違えて発音しちゃって、それが時が合致していたら、その間違えた発音のことが現実化すると信じられているからじゃないかと。


だから、天皇は公の場で、ゆっくり文字を読み上げるんです。
天皇が発する言葉は神が発する言葉とし、「国民の幸福を」のはずが、「国民の不幸を」なんて間違えてしまったら、その通りになってしまう という感じ?



表は観光地化していても、仕事上みんなの幸せを願う呪文を毎日お仕事として唱えてはいるんじゃないかと。



日本人は映画を観て「サノ〇ビッチとか」「アス〇ール」「ファ〇クユー」とかみだりに言いますが、それをもしアメリカ人に言ったら、ただじゃすまされない事態になってしまいます。
そういった禁句を、日本人がみだりに唱えているのを見て、アメリカ人は複雑な気持ちなんじゃないかと。
知らないからみだりに言えるわけで、時があっていたら、床に叩きのめされてしまうでしょう。

これが言葉の力の恐ろしいところ。


良い呪文であっても、厳かな言葉をみだりに使うってのは、価値を認めていないってことになり、、、、
例えば古代バビロニアあたりでは、神の名をみだりに唱えてはならなかったので、エルとかエールって神を代名詞で呼んでいたんですね。
意味は「我が主」。

ユダヤ人もそれにならって、エルと表記していたのですが、大贖罪をするときは大祭司は神を呼び出すために、神の真名を唱えていたらしいです。
7年に一度後継者に神の本当の名前を教えていたのだそうです。

一般人や他の聖職者にどうして教えなかったのかというと、その言葉をみだりに使われないためと、敵に名前を知られると、神が呪術で呪われてしまうから。



日本も昔<諱>というものがあったそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%B1

<これはある人物の本名はその人物の霊的な人格と強く結びついたものであり、その名を口にするとその霊的人格を支配することができると考えられたためである。>

遠山の金さんは、遠山金四郎景元が本名で、景元が諱。つまり景元が本人の本質を表した文字なので、親とか上司しか知らなかったってわけです。
敵に知られると、呪術で支配されてしまうと信じられていた。


ってことで、この文化の人たちが信じていることを部外者の人がみだりに使うって、よくないんじゃないかと。
例えば、日本人は子供をみて「かわいいなぁ」と左手でなでたりしても問題ないですが、インドでそれやったら、親は烈火のごとく起こる。
文化の違いで、あっちではとんでもないことになるわけです。

真言は、正しい時に正しく発音すれば言葉が実体化すると信じられているものです。

で、発音した言葉は正しくは無いのですが、言葉の意味を知らないものがむやみにマントラの類の音を発音するのはよくないと言いたったんじゃないか と。
間違えて発音しちゃって、それが時が合致していたら、その間違えた発音のことが現実化すると信じられているからじゃないかと。


だから、天皇は公の場で、ゆっくり文字を読み上げるんです。
天皇が発する言葉は神が発する言葉とし、「国民の幸福を」のはずが、「国民...続きを読む


人気Q&Aランキング