私は最後に主人公が死ぬ映画が嫌いです。
いろいろあると思いますが、ペイ・フォワードは原作本と批評を読んだだけで、もう本編など観たくないくらいです。だいたいあの子は最後に死なす必要があったのでしょうか?殺す事で号泣物にしようだなんて、その考え方が許せない。その前までの物語自体十分いいものなのに、それをよりいっそう引き立てようとして「死ぬ」という道具を使うなんてなんかおかしいです。「死ぬことで今まであった感動がさらに高められる→涙の感動物語になる」というのではなく、「主人公の死の意味を観客に考えさせる」映画にしてほしい。きれい事かもしれませんが。
パーフェクト・ワールドは小学生のときレンタルビデオで観たんですが、私はそのラストからのショックで長い間立ち直れませんでした。その映画自体が持っている素晴らしさとか、2人の旅のエピソードとか、そういうものが全部吹き飛んでどっかに行ってしまいました。
皆さんは主人公が最後に死ぬ映画をどう思いますか?
私は別に不治の病が治ったり、銃弾が飛び交う中に飛び込んでいってもなぜか怪我がなかったり、といったようなあからさまな無理やりハッピーエンドな映画を作れとかそういうことを言ってるんじゃないんです。ただこれから死ぬ面影も何もない主人公をとってつけたように殺して(人生何があるかわからないとはいいますが・・)、観ている側を泣かせて、それでいいのかっていう事を訊きたかったんです。
「死ぬことで感動させるんだ」とかなんとか自慢げに言っている監督がいたらごみバケツを振り上げてぶん殴りたいくらいの衝動に駆られます(まだ見た事ないけど)。
たくさんの批判意見を覚悟して書きました。
とても長くなりましたが、ここまで読んで下さった方どうもありがとうございます。最後に死ぬとか、まだその映画を見ていない方、ネタばれしてしまって本当にすみませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 ごもっとも。

まったくの同感です。わたしもラストのホンの5分前までは素晴らしい作品だなぁと思って観てても、主要人物が思いがけずに死んでしまったりするともうショックというか興ざめというか、いままで夢中になってたのに「なんてことをするんだい!!」と製作スタッフを怒鳴りつけたくなることがあります。
 確かに、必要以上の悲しみや苦しみや死という蛇足をつけた映画には一種の裏切りにも似た不快感を感じることもあります。しかし、こういう作品から最近学ぶものもあることを知りました。というのも、仮に映画や小説を1人の人間の人生と考えた場合、順風満帆でバラ色の人生よりも、楽しいこと、悲しいこと、感動すること、辛いこと、等々いろいろあった方が人生に深みが出て充実するのではないかと思い始めたのです。そして、あらゆる作品の中で主要人物が迎える「死」はその主人公にとってではなく、それを観る私たち観衆の心の中に深く刻まれます。忘れられない、いや、掛け替えのないものとしていつまでも残ります。その主人公の「死」によって失われるものは映画全体に対する個人的な理想ですが、でもその「死」はそれ以上の深みや感慨深さもまた与えてくれます。
 自分の人生を振り返って見たとき、もしも受験、就職、恋愛などの全てが思い通りに上手くいっていたら、今ごろこんな生活なんかしていないと思います。でも、あの時失敗したから、あの時失恋したから、いまのわたしがあるのも事実です。
 そのように映画の「死」から受ける印象も全体を台無しにするようなマイナス面ではなく、その「死」からもっと深い意味や意義を感じ取りたいと、最近は思うようになったのです。
 大変えらそうな事を言ってしまって恐縮してますが、お涙頂戴の三文芝居やお約束の感動映画には私も「いいかげんにしろ!」と思いますが、全てがそのような安物でもないのではないかと、最近は思っておる次第なのですよ(笑)。
 あと、一つ技術的にも難しいのは、どこかに主人公の死や悲しいシーンを入れないとなかなか不朽の名作として残り難いそうです。そのような手法を一切用いずに不朽の名作として残っている三島由紀夫の小説をひとつ知っていますが、やはり他には少ないようです。
 今後も「死」に意味のある素晴らしい作品に出会っていきたいとは思っていますが、でもやっぱりハッピーエンドが一番好きですね。
 なんだかいろいろ書いちゃってごめんなさい・・・。
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

minojunさん、ありがとうございます。いろいろ書いてくれちゃっていいです!嬉しかったです!
それから御礼文が遅くなってしまいました・・・すみません。
今まで思いいれてきた主人公にどうでもよく死なれると、裏切られた感じが私にもしました。
なんかこう、スパっと道を絶たれたみたいな。
でもそうですね、生き物って今までいろんなことがあって、今の自分がいるんですよね。
minojunさんに言われて、私のそういう映画に対しての怒りが少し和らいだと思います。ありがとうございます!
確かに主人公が最後に死んでしまう映画は、名作として多く残っていますよね。
やはりその方が観る側にも大きな衝撃を生み出せるからでしょうか?
主人公を無理やり死なせることなく、観客に大きな感動を与え、不朽の名作となった作品は・・・
やっぱりそっちの方が私としてはいいです。
主人公の死は、上にも書きましたが見る側に驚き、悲しみ、感動など、何らかの衝撃を与えます。minojunさんのおっしゃるとおり、
その死によって何かを深く考えたり、そこから得られるものを吸収したり、
そういうことも考えてみたいなぁと私は思うようになりました。
しかし、その技法を使わずに、観る側に驚き、悲しみ、感動(喜びなどいろいろ)などを与え、
観終えたあとも考えさせられるような映画は監督や脚本家たちの腕の見せ所ですよね!
そのような「名作」を観るのが、なんか楽しみになってきちゃいました。
私の映画批評は死ぬ映画を中心に回っているわけではないのですが、なんかその要素もひとつ加わってしまいそうです。

お礼日時:2001/09/01 15:01

今ごろ回答しても、もう回答をチェックしてないかもしれませんが、私も常々、同じことを感じていたので、どうしても言いたくて投稿します。


人が死ぬ映画は、見終わった後の感触が何かほかの映画と違いますよね。ペイフォワードにしてもパーフェクトワールドにしてもタイタニックにしても、不満感に近いけど少し違うような、変な感覚が残りました。どちらかというと不満。というところでしょうか。なぜわざわざそんなストーリーにするのかな、と思っていました。
それで、特にペイフォワードに関してですが、映画のラストの「死」は、「永遠」を表す手法として一番手っ取り早い方法なのでは、と思うのです。ペイフォワードのハーレイ君は、死ぬことによってまさしく「天使」になった。と考えれば、少しわだかまりも落ち着いて、清い気持ちになれるのでは、と思うのです。どうでしょうか?私は決してペイフォワード大好きではありませんし、ややせこい手法だなとは思いますが、彼が生きていて終わっていたら、彼と天使をダブらせる気持ちにはあまりならなかったと思うのです。
ただ、主人公が病気で死ぬ場合はまた別で、その場合は死までの過程に重点が置かれます。死を見つめる者の気持ちや視界を体験するのだと思います。こちらはかなり疲れますね。
ちょっと深読みしすぎでごめんなさい。でも、その死が「とってつけた」ものではない、という可能性を考えてみたら、もっと楽しめるのではないかな、と、自分の体験からです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
>>その死が「とってつけた」ものではない、という可能性を考えてみたら、もっと楽しめるのではないかな
これは私の今まで出会ったことのない、あたらしい考えです。
私は「ペイ・フォワード」の原作は読みましたが本編は見ていないんですが、
映画ではトレバーが「天使」と重ね合わせて演出されていたんですか?
でもあの子は人間の子供です。天使にはならずに生き抜いてほしかったなあ・・・。
ああ、どうして私ってhsxさんがせっかく提案してくださったのに、わざわざひねくれた方向に向かっていくんだろう・・・。
ごめんなさい、hsxさん。でもこれからはあなたのアドバイスにできるだけ従おうと思います。
映画は心地よい気分で観た方がいいですもんね!!

お礼日時:2001/09/23 20:05

人が死ぬ映画はあまり見たことがないんですが、


わたしもそのような映画は好きにはなれません。
映画の設定として、病気に苦しんで生きている主人公だったり、または
舞台が病院、などというのはまだわかりますが、
そのようなこととはまったく関係がなく、主人公が死んでしまう、
という映画は納得がいきません。
人を死なせることで客に感動を与える、と考えるのは
少し違うと思います。
命の大切さをわからせる、という事もわからなくはないですが、
本来、人はそのようなことがなくても人の命の大切さというものを
知っていなければならないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。お礼が遅くなり、すみません。
で、もうまったくそのとお~~~~~りです!!
私の言いたい事をtyamioさんがすっきり語ってくれて、なんか私のほうがすっきりしてしまいました。
>>本来、人はそのようなことがなくても人の命の大切さというものを 知っていなければならないと思います。
そうです。tyamioさんに教えられ、今初めて気付きました。

お礼日時:2001/09/23 19:48

映画の子どもには二通りの書き方があります。

ひとつはヨーロッパ映画などに見られるような自らの力で人生を切り開く子ども像です。そしてもうひとつは、ハリウッド映画などの無垢で純粋な存在としての子ども像です。

「ペイ・フォワード」は私も見ましたが、ここに登場する少年は当然、無垢で純粋な象徴です。それゆえに死ななければ話が完成しません。死ぬ(自己犠牲)ことによって、純粋さが強調されるのです。もしあれで死ねなければ、その方が今までの話はなんだったんだと思ってしまいます。充分に主人公が死ぬ意味を観客に問いかけているように思えます。似た映画としては、「マイフレンド・フォーエバー」とかがありますが、この手の映画はハリウッドの定番です。

ただ、私は個人的に、このどちらもすきではありませんが。同じテーマならむしろ、少し古くなりますが、「禁じられた遊び」とか、「汚れなき悪戯」の方が好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。御礼が大変遅くなりどうもすみませんでした。
「ペイ・フォワード」、私は映画は観ていません。原作を読んだだけなんです。fuchikomaさんは原作はお読みになりましたか?
原作は何の前触れもなしに、「え?え?」という間に死んでしまいます。
映画ではどうなんでしょうか?”死ななけれは話にならない”というふうな感じの作品だったのでしょうか?
でも、「ああなるとは思わなくてびっくりした」という意見を多く聞きます。
「ペイ・フォワード」以前に、純真無垢な子供が出てくる映画はその子供が死ななければ完全なものではないという考えは
間違っていると私は思います。
あくまでもこれは私個人の意見です。
それに「ペイ・~(原作)」と「マイフレンド・~」は全然違います。
「マイフレンド・~」はどちらかといえば「スタンドバイミー」的な要素が多くて、エイズの男の子が病院で亡くなる時は、
それがその映画のごく普通の一部として成り立っていると思えるのです。
別にびっくりもしませんでした。静かに受け入れられたのです。(fuchikomaさんは「ペイ・~」の最後をご覧になっても
びっくりはしなかったんですよね・・・。)
ここまで生意気なことを言っておいて、映画そのものは観ないのか、とお怒りになっているでしょうね・・・。
でも本当に勇気がないんです・・・。お許しください。

お礼日時:2001/09/23 19:24

「ペイフォワード」は観ていませんが、私も同感です。

無理矢理人を死なせたり、引き離したりするような作劇は感心しません。人を死なせるというのとは、ちょっとずれますが、最近の日本映画でよく見られるのが、妻が精神を病んでいるという設定です。これも納得できる設定ならいいのですが、ただ雰囲気に流されているような例も見かけます。反対に主人公が死んでも納得できて感動的な映画もあります。黒澤明監督の「生きる」はその代表的な例だと思います。ご覧になった方は多いと思いますが、まだの方のために詳しくは書きませんが、黒澤明をはじめとしたこの時の脚本家たちは、主人公の渡辺勘治が胃ガンで死ぬと判ってから死ぬまでの真摯な行動を説得力を持って見せるために、どういうストーリーの展開にしようかとさんざん悩んだ末に、ある大胆な設定を思いつきました。そういう緻密な脚本構成があるから、我々は感動するのです。ただ人を死なせればいいなんていうもんじゃないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ojiqさん、同感してくださってありがとうございます。御礼文が遅くなり、すみません。
そうですよ!ただ人を死なせればいいなんていうもんじゃないですよね!!
「生きる」はまだ観たことはないと思います。 是非観たいです。
主人公を最後に死なせてしまうのは、その映画にとって、一番の重大なことになるのだろうと思います。
だからこそ、脚本と作るときにそれまでをどうするのか悩んだり、監督らと入念な話し合いをしたり、
そういうことは私も絶対に必要だと思います。
私もそのような映画で感動してみたいものです。

お礼日時:2001/09/01 14:56

むかしポセイドンアドベンチャーという映画でジーンハックマン演じる牧師が


みんなを励まし・・・最後には、亡くなってしまうのですが、涙を誘う
意図的なものでないと思えましたが、  最近は、タイタニックにしても
プライベートライアンにしてもやたらと主人公が最後に亡くなる
映画が、多くなったと私も感じていました。
 ただ、物語のながれからその主人公を亡くすことでこめられたメッセージが
強くなると思います。 たいがいそのての映画は、亡くなった後の
人間がどう生きねば成らないかをその人間から学び強く歩みだしていく
そのようなメセージがある。と思います。

「海の上のピアニスト」という映画で、トランペットを吹くことを
あきらめた男が、昔の友人と再びかかわり彼の死を通して陸で
生きていこうと決意して幕を閉じます。

あの「タイタニック」で、ジャックを失ったローズは、放心状態で
 ☆自由の女神☆を眺めます。階級社会により縛られていたローズを
開放させてくれたジャックがいなくなった後のシーンとして
使う事ですごい意味があり、なかなか練られたシナリオだと後になって感じました。 その後ローズは、飛行機に乗ったり、乗馬をしたり、そんなことは、
絶対にできないと以前考えていた事をやり、そしてあのラストの終わり方
かつてのあの場所で・・・エスコートしてくれるジャックの姿  あの時の
タキシード姿ではなくふだんぎのままのジャックの姿に彼が、亡くなった後の
ローズの生き方を語っているのだと思います。
階級に縛られない 
自由であなたのそのままでいいんだ

私たちは、誰もがいつかは、この世を去るときが来ます。
亡くなった人に悲しむ事も大切でしょう。が、最近のメッセージは、むかしとは、
明らかに違うと感じます。残された人がその死を通して
これからどう生きていくか。
ライアンが、墓地の前で「悔いのない生きかただったろうか?」と
夫人が「そうだった。」と答える
トムハンクス演じた軍人の最後(亡くなる前)のことばが
「悔いなく生きろ」だった。自分のために何人もの部下を失いそういわれ
彼らに、はじない生き方をしようと決めた。これが、プライベートライアンという
映画を通じてうったえたかったのでは・・・・・・
これから、わたしたちのまえには、いろいろな事が待っている
親しい人が亡くなることだってあるけど、くじけないで強く
生きていきなさい。      そう最近の映画は、語ってる気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

inobaさん、ありがとうございます。
「ポセイドンアドベンチャー」、「プライベートライアン」のことは書こうと思ったら文字数限度が超えていて削りました。
質問は800時以内に抑えなくちゃならないんですね(笑)
「プライベート~」は例外的に好きな作品です。でもやっぱり見終えた後は放心状態になりました。
でもこの作品は私が質問で書いたような「何の意味もなく」って言うのじゃないですよね。
(でも最初は「あのライアン野郎を助けなければ・・・」と心の中でふつふつと・・・・)
ミラー大尉はライアンを助け、みんなを助け・・・とても立派だったと思います。
それにアパムが以前はできなかったことをなんなくした。という伏線にもなっているのかな~とも思いました。
「ポセイドン~」は悲しいというよりも驚きが・・・・「え?今まで一緒にがんばってきたのはなんだったの??」と。
どうせなら戻って来いよ!!それよりか小さかった私は、
どうしても戻れないというシュチュエーションをもっとわかりやすく見せてよ!!と思いました。
やっぱり納得いってないんだな・・・・。
inobaさんのおっしゃるとおり、人間がどう生きねばならないかをその人間から学べるような、
そんな映画が増えていくことを期待しています。
御礼文が遅くなりました。すみません。

お礼日時:2001/09/01 15:04

同感です。

私も主人公が死んでしまうような映画はあまり好きではありません。「スペーストラベラーズ」や「パーフェクト・ストーム」なども最後でがっかりさせられました。やたらノーテンキにハッピーエンドという映画もどうかと思いますが、やはり映画は「娯楽」でありたいと思います。怖くてもヒヤヒヤさせられても最後にはいい気持ちで映画館を出たいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

may23さん、ありがとうございました。御礼文が遅くなってすみません。
そうですよね~。「スペーストラベラーズ」なんかわけのわからないうちに終わってしまって、
「え?え?なんなのー!!?」って感じでした。
>怖くてもヒヤヒヤさせられても最後にはいい気持ちで映画館を出たいものです。
まったくそのとおりです!
内容もきちんとした構成してなくて、ラストで???な終わり方だったら、
それこそ金返せ物ですよね!あくまでも私ひとりの意見なんですけど。
「パーフェクト ストーム」は、実話らしいですね。だからラストは事実に忠実にしたんでしょうね・・・。

お礼日時:2001/09/01 15:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「ペイフォワード」の元ネタ(理論や運動)や影響された地域運動はありますか?

映画「ペイフォワード」のような善意ある活動は
多くの人の感動や関心を呼んだと思いますが
その元ネタとなった運動やこの映画に影響されて
はじまった地域運動、社会運動などがありましたら
教えてください。

インターネットで調べたのですが、BBSくらいで
根付いている運動は見つけられませんでした。

Aベストアンサー

> その元ネタとなった運動…

映画の原作はCatherine Ryan Hydeが書いた小説だそうですが、彼女のホームページにこの小説を書くきっかけとなった彼女の経験が書かれていました。
http://www.cryanhyde.com/faqs.htm

昔、彼女がロサンゼルスの治安の悪い地域を夜一人で運転していたところ、高速道路を降りてすぐに彼女の古い車が煙をだしてとまってしまったそうです。かけつけた二人の男の人は、車が爆発する危険も顧みずエンジンの火を消しとめ、彼女がお礼をしようとしたときにはすでに去っていたそうです。この事件のあと彼女は、この二人にお礼ができないかわりに、その夜の自分のように困っている人を助けることを考えたそうです。

> この映画に影響されてはじまった地域運動、社会運動など...

英語ですが、以下の“Pay If Forward Foundation”のホームページの ”Existing Programs”に実際の運動がいくつか紹介されています。

http://www.payitforwardfoundation.org/

> その元ネタとなった運動…

映画の原作はCatherine Ryan Hydeが書いた小説だそうですが、彼女のホームページにこの小説を書くきっかけとなった彼女の経験が書かれていました。
http://www.cryanhyde.com/faqs.htm

昔、彼女がロサンゼルスの治安の悪い地域を夜一人で運転していたところ、高速道路を降りてすぐに彼女の古い車が煙をだしてとまってしまったそうです。かけつけた二人の男の人は、車が爆発する危険も顧みずエンジンの火を消しとめ、彼女がお礼をしようとしたときにはすでに去っていたそうです。...続きを読む

Qタイトルがわかりません(最後に主人公が骨折する映画)

洋画です。主人公は、老人の男性だったと思います。
主人公は、マンションに住んでいて、そのマンションの窓を見下ろせば、他のマンションの窓の生活が見えるんです。
そしてその老人は、よく他の家の窓の中を望遠鏡を使って(記憶があやふやです)、向かいのマンションを覗き見しているんです。自分の家の明かりを消して。
そして、たまに下に行くと、白い犬?がいたりして。
クライマックスのほうでは、その老人の妻のおばあさんも出てきてました(記憶があやふやです)
そして、最後に、主人公は足を骨折してしまいました。
足にグルグル白い包帯を巻いた姿で、この映画は終了しました。

この映画をもう一度見たいと思っています。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ヒッチコックの「裏窓」は最初から骨折してるよなぁ。

Q「ペイフォワード」の曲

映画「ペイフォワード」の冒頭で、主人公トレバーが初めて中学に登校する場面があります。学校に入るときに金属探知機を通り抜けるのですが不良のリーダーがナイフを機械の間から滑り込ませて探知機をクリアしてしまう。それを見ていたトレバーを睨み付けるというシーンでBGMに流れていた曲が気になり耳についてしまいます。
誰の何という曲かご存知でしたら教えてください。
ちなみにサントラCDには入っていませんでした。

Aベストアンサー

このページ
http://movies.yahoo.com/movie/1802813196/cast
のMusicのところにあるかもしれません。

Q感動的な死に方、悲しい死に方などなど教えていただきたい

アニメやドラマ、どちらでも構いません

感動的な死に方、涙出るほどの悲しい死に方、など自分が好きな死に方を教えていただきたいです

Aベストアンサー

趣旨とは異なりますが、
「進撃の巨人」ですね。

ある程度、それに登場した人物が
死ぬときはそれなりの死の場面が
用意されてたりしますが、
進撃~ではあっさり死んでいきます。

「世の中は残酷だ」をテーマにして
書いてるからか残酷過ぎるほど、
あっさりと死んでいきます。
皆が皆が綺麗な死に方をするわけではない、
というところは現実もそうだと思うので、
影響はありました。

ただ最近、死ななくなりましたけどね。

Qペイフォワードで使われてる曲について♪

ケビンスペイシー、ヘレンハント、ハーレイジョエルオスメントが出演している感動作「ペイフォワード」で、最初のシーンで女性が踊ってるバーでヘレンハントが青いカツラとビキニを着たウエイトレスとして働いている時に、バックで流れていた曲名を教えてください。
かなりビートがきいてて女性のカッコいいボーカルが印象的で、映画の最後のテロップで曲名を探したのですがどれかわからず、また、サントラには入ってないようで・・(泣)
気になって気になってしょうがないです。
どうか、お願いします、すっきりさせてください^^。

Aベストアンサー

今晩は
下記アルバムに収録されている「Because I Got It Like That」という曲でしょうか?↓

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=307680

もし違ってたらごめんなさい。

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=307680

Qここ一年の映画で観たほうがよい映画、オススメ映画

昔映画は月一のペースで観てました。歴代受賞作、話題作などはだいたいみてます。・・・が、ここ一年忙しくてすっぽり抜けていて、急いで取り戻したいのです

(1)ここ一年の映画で話題になった映画のタイトル
(2)今上映されている映画(製作会社別じゃないところ)が一覧になっているサイト
(3)これいいよ、と言うと通だなと思われそうなここ一年内に上映された映画

を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
個人的な意見なので参考になるかわかりませんが。。

(1)
*ラストサムライ
*キルビル
*ハリーポッター   
*ロードオブザリング
*世界の中心で愛を叫ぶ
*黄泉がえり
*座頭市
*マトリックス
*踊る大捜査線
(2)
http://www.cinecomi.com/
http://movie.goo.ne.jp/
http://eee.eplus.co.jp/ss/cinema/index.asp
(3)
個人的には、
「ミスティックリバー」&「パッション」です。
脚本がよくできるなーと思いました。

参考URL:http://www.cinecomi.com/,http://movie.goo.ne.jp/,http://eee.eplus.co.jp/ss/cinema/index.asp

Qペイ フォワードの著者を知っている方

ペイ フォワードの著者が知りたいので、誰か教えてください。

Aベストアンサー

Catherine Ryan Hyde

映画になったやつですよね?
多分この人で合ってると思いますが

Q”映画A”の映画のチケットで”映画B”を観ることが出来ますか?

先日、懸賞でパイレーツオブカリビアンの全国共通映画チケットが当たりました。

この映画は、既に観てしまっていたので
他の映画を観たいなと思うのですが

可能なのでしょうか?
ご存知の方いましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

映画会社で働いているものです。

「パイレーツオブカリビアン」の全国共通券を使用し、他の映画を鑑賞する事は残念ながら出来ないです。

全国共通券は、各劇場に着券後、それぞれの配給会社等の請求先に着券とともに、ご請求します。他の映画に「パイレーツオブカリビアン」のチケットでご請求することが出来ないという都合上、仕様が無いと思います。

金券ショップに売ったり、お友達にお譲りになるのもいいかもしれませんね!

QDVDについて

今日TSUTAYAでペイ・フォワードのDVDを買ったのですが
スーパーハリウッドプライスとかいうので1500円になっていました。
少し前はハリウッドプライスで2500円だったのですが
私が買った1500円のものと、前に売ってた2500円のものって
全く同じものでしょうか?
中を開けてみたら、本当に簡単な説明書きの紙しか入ってなかったし
ケースもそんなに良い物とは思えないシンプルなものでした。(不満ではありませんが)

ペイ・フォワードに限らず、値段が後から下がったりするDVD作品は
値段が下がる前のものとどれも同じものなのでしょうか?

というか、どうしてこのように値下げがあったりするのでしょうか?

教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

何本かそのようなソフトを持っていますが、中身はまったく同じです。
やはり安くしてでも売れた方が儲かるからだと思います。
追加分はそんなにコストが掛からないし簡単に量産がききますからね。

Q感動した映画・笑える映画

ようやく休みが取れたので、
ゆっくり家で映画でも見ようと思います。
レンタルしようと思うのですが、
今まで見て感動した映画や笑える映画を教えて下さい。
邦画・洋画は問いません。
「これはオススメ!」というものを教えて下さい!

Aベストアンサー

サマーストーリー(88英)一夏の恋と、その悲しい終末を描いた傑作です。

マイライフ・アズ・ア・ドッグ(85スウェーデン)少年の一夏の成長を描いた切ない話です。

さらば、わが愛 覇王別姫(93香港)文化革命時の中国を舞台に、男女3人の悲しい愛の物語です。

ライフ・イズ・ビューティフル(98伊)第二次大戦時、ナチスの強制収容所で繰り広げられる父親と息子の感動のストーリー。

レインマン(88米)兄弟の絆を描く感動の作品です。

フォレスト・ガンプ 一期一会(94米)ダウン症の青年の奇跡と愛の超感動作。

ショーシャンクの空に(94米)無罪にもかかわらず刑務所に入れられた銀行マンが絶望から立ち直り、人生を切り開いていく感動作。

スタンド・バイ・ミー(86米)少年時代の思い出を描いた名作。

パーフェクト・ワールド(93米)ある犯罪者の悲しいストーリー。

テス(79伊・仏)美しい背景を舞台に愛と悲しみのストーリーが描かれます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報