【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

サザエさんって原作とアニメはほぼ別物ですか?原作は4コマ漫画ですし。

A 回答 (5件)

そうですね。

原作は四コマ漫画です。
その話を膨らまし脚色して、アニメが出来上がっているようですね。

しかし、サザエさんのアニメも進化してます。
最初の頃は、正直全くのギャグアニメだったですからね。
今でいうところ(というほど今でもありませんが)天才バカボンのようなアニメだったですからね。

今はほのぼのとしたホームドラマのようなアニメになってます。
四コマ漫画そのものが残っているのは、エンディングのときに流れるいくつかのエピソードぐらいでしょう。

唯一昔のギャク感が残っているのは、タマが果物などから飛び出して踊るところと、エンディングの最後に、家族がバンガローのような家に飛び込むときの家のギャグ的な動きぐらいですかね。
    • good
    • 0

原作の方のワカメちゃん、動作も鈍いし、頭も少し悪い感じ。


アニメ化で、ふつうの女の子にされた箇所。
その分、カツオの腕白ぶりがパワーアップ
    • good
    • 0

基本は原作の4コマ漫画に、最近の話題などを加えてストーリーを膨らませており、中には10回以上使われたストーリーもあるそうです。

ストーリーはエイケンの文芸部の方が作っています。

テレビはブラウン管だし、スマホどころか携帯も出てこないし、サブちゃんのような御用聞きは全滅ですね。
    • good
    • 0

少なくとも平成以降のアニメが原作に基づいていないのはたしか。


それ以前のはあまり見ていないから分からないけど。

2番が時事ネタと言っていたけど、昭和の貧しさがその典型。
こんな話がある。

〇毛布を焦がしてしまったクリーニング屋
サ「あなた(ク屋)ねえ、いま木綿は800円するのよ」
フ『値段を吊り上げるようなことを言うのはやめなさい』
サ「シーツ焦がしちゃったのよ」
フ『あんた(ク屋)!いま木綿は900円はするわよ!!』

〇箱ミカン
(また物価値上がり)
サ「!」
サ「これが家計にどう響くか・・・」
カ「こう響く!」
カ「出し惜しみしてるからまた腐っちゃったよ!」
(怒りながらかびたミカンを放り出しているワカメ)
    • good
    • 0

原作とアニメの違いは、新聞の連載だったことが大きいと思います。

つまり、時事ネタが多いのです。サザエさんの連載が終了したのは1974年で47年前です。現代のアニメとはできごと、価値観などが大きく違うのは当然でしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング