どっちが正しい日本語ですか?
また、このように間違いやすい言葉と正しい使い方を教えてくれるようなサイトがあれば教えてください。
例えば「なおざり」と「おざなり」とか。

A 回答 (2件)

「士気にかかわる」


が正しい用法です。
 
「なおざり」と「おざなり」は両方正解です。
 
疑問に思ったら、
ヤフーやgooの辞書を使っては如何?
       

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%A4%AA%A4%B …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
辞書で調べたんですが、文例までは出ていなかったもので…。
係る、関わる、難しいですよね。

お礼日時:2005/04/01 17:54

士気は「かかわる」ですね。



でも、
>「なおざり」と「おざなり」
は「両方正しい」んですけど・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
「なおざり」と「おざなり」が両方正しいのは知ってるんですが、混同しやすくないですか?

お礼日時:2005/04/01 17:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体育大会などの学級旗が映える士気があがるような四字熟語募集

体育大会・運動会・球技大会などの学級旗が映える、集団の士気があがるような、そしてカッコいい四字熟語はありませんか?できれば意味もそえてください。お願いします。

Aベストアンサー

旭日昇天 威風堂々 意気軒昂 意気衝天 意気揚々 一意専心 一気呵成 一心不乱 一刀両断 一網打尽 雲外蒼天 英姿颯爽 快馬加鞭 乾坤一擲 気炎万丈 協心戮力 緊褌一番 金剛不壊 堅如磐石 堅忍不抜 捲土重来 元気溌剌 鼓舞激励 攻城略地 浩然之気 行不由径 剛毅果断 獅子奮迅 七転八起 質実剛健 実践躬行 縦横無尽 進取果敢 迅速果敢 迅速果断 専心一意 大胆不敵 直往邁進 鉄心石腸 電光石火 闘志満々 抜山蓋世 百発百中 不撓不屈 奮励努力 粉骨砕身 磨斧作針 勇往邁進 勇猛果敢 力戦奮闘 連戦連勝 傲然屹立 闊達自在

Q正しい日本語はどっちですか?

先日、友達と意見が分かれた日本語の使い方について教えてください。

「夜が明けるか明けないうちに我々は出発した」

と言う文章があった場合、
「明けないうちに」か、「明けないかのうちに」
のどっちが正しいかで意見が分かれました。
私は前者が正しいと思っているのですが、実際はどちらでしょうか?
なにか、この謎が解ける(この言葉の使い方が載っている)ホームページかなにかあったら教えてもらえないでしょうか?また、皆さんは、どちらだと思いますか?
長くなりましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1回答におおむね近いのですが,
1.原文の,「~うちに」を生かすとしたら,
「夜が明けないうちに…出発した」が適当だと思います。ただし,この文だと夜明け時刻の直近に出発したニュアンスは伝わりません。
「夜が明けないうちに」は,「いずれは夜が明けるが今はまだ明けていない。夜が明ける前に」という意味になると思います。当然「夜が明けるうちに」は成り立ちません。

2.この文の問題の部分はある行動(出発)を行った時点が何時なのかという「とき」を表していますが,
もし,「AかBか」という二者択一の形とするならば,「~うちに」ではなく,「夜が明けるか明けないかの頃,…出発した」となると思います。わたしなら「夜が明けるか明けない頃,…」もOKしてしまいます。

3.(1と矛盾するのですが) 動作や現象の,ときやところがある境界点の直近で(たぶん未到達で)あることを示すなら,これは二者択一とは違う表現なので,
「か」抜きで,(No.2回答の例文を借りますが)
「終わるか終わらないうちに電話がなった」
「年が明けるか明けないうちに病気になった」
「100m行くか行かないうちに転んだ」
も許容できると思います。
※ということは,「夜が明けるか明けないうちに我々は出発した」が誤りではないということになる。

No.1回答におおむね近いのですが,
1.原文の,「~うちに」を生かすとしたら,
「夜が明けないうちに…出発した」が適当だと思います。ただし,この文だと夜明け時刻の直近に出発したニュアンスは伝わりません。
「夜が明けないうちに」は,「いずれは夜が明けるが今はまだ明けていない。夜が明ける前に」という意味になると思います。当然「夜が明けるうちに」は成り立ちません。

2.この文の問題の部分はある行動(出発)を行った時点が何時なのかという「とき」を表していますが,
もし,「AかBか」と...続きを読む

Qファミスタで、LV4から出来る方法はありませんか?

ファミスタで、LV4から出来る方法はありませんか?

Aベストアンサー

なくは無いけど、ここでは禁止事項にあたるので質問も不可です。

Q正しいのは?日本語言葉遣い「こちらから連絡致します」「こちらからご連絡致します」

こんにちは。
どちらが正しいのか教えてください。
シチュエーション;会社にて。お客様から問合せの電話があったが、担当者不在なので、こちらから後ほどお電話をさせて頂くとき。

a;「こちらから『連絡』致します」
b;「こちらから『ご連絡』致します」

以前東証一部の企業に勤務していたとき、そこの部長から、
「こっちからお客様に『ご連絡します』というのは日本語としておかしい。「ご」は自分たちの行為にはつけない。『連絡します』が正しい。お客様が弊社に『ご連絡』する、というのであれば正しい使い方だ」といわれました。

しかし、いろいろな会社の人が、「こちらからご連絡させて頂きます」といっていることに気づきました。

いったいどちらが正しいのでしょうか?

※※ちなみに、先日、「もうご挨拶は済ませましたっけ」と取引先の会社の人がいわれていたことも、ひっかかりました。自分の行為をいうのだから、「もうご挨拶…」ではなく、「もう挨拶…」なのではないか、と。

Aベストアンサー

>どっちが正しいのか…

はっきりしてます。部長さんは完全に間違ってます。

>そんなこと、本当はどうでもいいのかもしれませんね…

どうでもいいことではありません。敬語でしくじるのは社会人として常に恥であり失点です。

>間違った言葉遣いが、主流となれば、やがてそれが正しくなる…

それはまあそうです。でもすべての誤用が多数派にならないのは自明でしょうし、それはなぜか、考えてごらんになってはいかがですか。

>私の部長は、そんなに年をとってもないし若くもないのですが、ちょうど、「連絡」と「ご連絡」が世代交代する前の段階で、正しい言葉遣いを認識されたのかもしれませんね。

違います。「ご連絡」がいかんなどということは絶対にありません。ここで「ご」を付けてはいけない、などという感じ方が広く生じつつあるなどということは決してありません。首を賭けてもよろしい。部長さんが単にアホなのです。「ご案内申し上げます」とか「ご招待いたします」とか、耳に馴染みきった表現じゃありませんか? こういうのが想起されない頭脳というのがどういうものか、まことに妙なものが地上には存在すると言うほかありません。それに辞書で「ご」をひけば「行為の及ぶ他人を敬って、自分の行為をへりくだって言う(大辞林第二版)」とかなんとか、必ず記載がありますよ。

ついでに言うと「~させていただきます」が敬語として間違っているなどということは絶対にありません。同じ言い回しを連発するのはなんであれ聞き苦しいというだけのことです。「冥福を祈る」が誤用だというのも初耳です。この単純な二語の結びつきがどうして間違いなのか見当もつかない。よろしければ教えていただけませんか#1さん。

それから「ご丁寧」がやばそうに感ぜられるのは皮肉(反語)で極めて頻繁に使われるからです。やばいと言えばやばいけれども、本来はいたってまともな言い方です。

>どっちが正しいのか…

はっきりしてます。部長さんは完全に間違ってます。

>そんなこと、本当はどうでもいいのかもしれませんね…

どうでもいいことではありません。敬語でしくじるのは社会人として常に恥であり失点です。

>間違った言葉遣いが、主流となれば、やがてそれが正しくなる…

それはまあそうです。でもすべての誤用が多数派にならないのは自明でしょうし、それはなぜか、考えてごらんになってはいかがですか。

>私の部長は、そんなに年をとってもないし若くもないのですが、ちょう...続きを読む

Qカオスとはどういう意味なんですか? 分かりやすく教えて下さいm(__)m

カオスとはどういう意味なんですか?
分かりやすく教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

混沌としているって意味です。

Qそれ以上でもそれ以下でもないという言葉は日本語表現として正しいのでしょ

それ以上でもそれ以下でもないという言葉は日本語表現として正しいのでしょうか。
上のような言葉が使われる場合は、まさに【それそのもの】だということを言いたいんだということはわかるんですが、実際に以上・以下という単語の意味を考えると【それそのもの】についても否定してしまっていますよね。
例えば数学的に考えると、例えば1以上でも1以下でもないという数字は実数では存在しないように

しかし「敷居が高い」だとか「役者不足」だとかいう慣用句の間違った用法がテレビ番組や書籍でめちゃくちゃに叩かれているのに、それ以上~がおかしな日本語だという話は聞いたことがありません。

もし仮に上の日本語が間違っているとするなら、それより上でもそれより下でもないというのが正しい言い方だと思うんですが、なんかもっさりしていて格好悪いですよね
数学の X<1 を言葉で表すとXは1未満というスマートな表現がありますが、X>1でスマートな表現はなにかないんでしょうか

過満とかどうですか?
それ過満でもそれ未満でもないって格好良くないですか?

Aベストアンサー

あなたの考え方はある意味正解です。

ただ、ここでは多分論点が違うのです。
(それ以上のもの)というのは、この場合、それよりもよいものである可能性をもっている、と言うことです。

何と言うか、範囲を比較しているのです。

「対象」をxとしますと。

x≧0
x≦0
x=0

はいずれもx=0の状態を示す範囲です。しかし、今扱ってるのはxが特定の値の話ではなく、上記それぞれではxの取りうる範囲が異なるということが大事なのです。

「x=0では無い可能性」は無い状態である、と言うことを言う表現と言うことになります。

「xは0以上でない」かつ「xは0以下ではない」と言うことではなく。
「xが非負ならxの範囲は0以上では無く0」かつ「xが正でないならxの範囲は0以下ではなく0」ということです。

厳密に言うと細かいですが、意味としてはこうでしょう。

ちなみに以上のうちイコールを含まないものは「超」と言うのが一般的なようです。

Qあまのじゃくってどういう意味ですか?

あまのじゃくってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

かっこつけたり、恥ずかしがったりして、自分の感情や思いをうまく表現できないこと。天邪鬼。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8F

Q接続が文末とはなんですか 日本 日本語日本語日本語古典

接続が文末とはなんですか

日本 日本語日本語日本語古典

Aベストアンサー

No.1、補足です。
終助詞は、文末に置いて主に詠嘆・疑問・禁止などを表しますが、接続活用形を特定できないこともあり、様々な品詞に接続する事もあります。これを網羅するのは困難なので、単に「文末」としてあるのです。

Q2025年までに定年65歳 定年と働く意味ある?

そのうち、70,75,80,、、100歳になりそう。

それだったら、定年という制度は意味あるのだろうか?

働きたい老人が、若者の仕事を補っている。

仕事の総量は一定で、日本人全員に仕事があるわけじゃない。

別に、1人が働かなくとも、仕事を募集すればわんさか人が集まってくる。
それなら、定年も伸びるし、若者も経験を得られないし、益々経験者=老人の仕事の価値が高まる。

何もしなくとも、他の人が勝手に仕事をやるのだから、仕事をする、働く意味って、ほとんどないのでは?
そもそも、産業革命で機械が人の代わりに働いているのに、日本人全員が働かないと生活できないのって異常では?
また大昔のように全員で農作業でもするのなら別ですが。それなら、生きるための食べ物を作るという名目はできる。

現状はまさに仕事の奪い合い。戦国時代と現代がどう違うのか?

Aベストアンサー

雇用について

改正高年齢者雇用安定法
2006年4月施行されました。

内容としては、
65歳までの段階的な雇用確保措置が企業に義務づけられました。
また、企業の求人・採用の年齢制限が原則として禁止になりました。


しかし、企業は給料が安く使い安い若者を採用したいのが本音。
それで国は、試行的に採用する企業や、定年引き上げをする企業に奨励金や助成金を出している。


なぜ国は、そのようなことをするのか。

建て前は、少子高齢化、人口減少化の社会状況の中で将来予想される労働力不足への対応策。

しかし実際は、団塊世代の大量退職時代を迎えて、年金制度の崩壊。

だから年金の支給開始年齢を引き上げて、できるだけ払わずにすむよう頑張っている。


社会保障への信頼は地に落ちた…

この国は、自分の老後生活は、自分で何とかしなさいと丸投げです。

Q「恵めまれる」って日本語は正しいですか、またよく使いますか?

「恵めまれる」って日本語は正しいですか、またよく使いますか?
ウェブでそう書いてる人がいて、「恵まれる」の間違いだろうと指摘する前にウェブで検索したら「恵めまれる」が大量に出てきてびっくりしました。辞書にはこのような言葉はないので正しい日本語ではない気がするのですが、よく使う言葉でしょうか?

Aベストアンサー

正しい日本語ではありませんね。

ANo.1さんが指摘されたように「恵めまれる」で検索するとgoogleで12件しかヒットせず、そのうち10件はこのご質問です。
おかしいなと思って「恵めまれ」で検索し直すと、なるほど大量に見つかしまりた。(検索語は正しく書きましょう)

さて、誤用がこんなに多いとは!とビックリしましたが、念のため正しい用法とヒット件数を比べてみると、
「恵めまれ」……457件
「恵まれ」……35,600,000 件
でした。
誤用は(今のところ)圧倒的少数なのでホッとしました。
したがって全体的に比較すれば「よく使われている」とは言えないでしょう。
ただしネット検索で何十ページ分もヒットすると言うことは、その意味では充分よく使われている、とも言えるかもしれません。困ったことに。

「恵まれ・る」の言葉を「めぐまれ・る」ではなく、「めぐめまれ・る」と誤って覚えてしまっている人が結構いるもんだな、と判りました。


人気Q&Aランキング