「フルオーケストラ」という言葉をよく聞きますが、具体的な定義はあるのでしょうか?例えば、何管編成以上とか、何人編成以上とか。
あるいは、特に決まりはなく、豪華な雰囲気を演出するための言葉かという気もするのですが。
(吹奏楽・管弦楽での演奏経験はありますので、回答の際には、一般的な音楽用語は使っていただいて結構です)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一般にオーケストラで弦楽器が1stバイオリン18人、2ndバイオリン16人、ビオラ14人、チェロ12人、コントラバス10人、管楽器(木管)がそれぞれ2人(ホルンは4人)、トランペット2(3)人、トロンボーン3人、チューバ、ティンパニ他の打楽器群といったところがフルオーケストラで人数も100人近くになります。


プロのオケは大体この人数でやっていると思います。
特に弦楽器の人数が少ないとチェンバー(室内)オーケストラと呼ばれることがあります。これはホールの大きさの関係で人数が載れないので編成を小さくしたものやアンサンブルを重視したために厳選したメンバーで編成したために人数が少なくなったためです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

知人が、音楽之友社の音楽辞典の「管弦楽」の項目を見せてくれました。(^_^;)
ほぼこのようなことが書いてありました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/12 22:04

こんにちは。

アマチュア経験者です。
まず,定義があるか,というご質問に対しては,「ない」ということになると思います。(専門の方で,定義があるとされる方がいらっしゃいましたら,訂正よろしくお願いいたします)
以下,一般論,というか,私の個人的考えですが。
「室内オーケストラでない」という意味で用いる場合,#1さんがおっしゃっているのが妥当な定義でしょうね。また,「これだけいればだいたいの曲はこなせる」という意味だと考えると,#2さんがおっしゃる程度の人数だろうと思います。
ただ私も,「フルオーケストラ」という言葉は,質問者さんがおっしゃるように雰囲気を示すものなのかな,と思います。例えばベートーベンの「英雄」は私にとっては「フルオーケストラ」ですが,2管編成でもトロンボーン,チューバ,それからティンパニ以外の打楽器がありませんね。ごくごく個人的にはこのあたりが下限かな,と。せめてチャイコフスキーくらいでないと,というならば,めでたくこれらの楽器も仲間入りですね。
以上,個人の意見ばかりでごめんなさい。
    • good
    • 1

参考URLのよれば、「弦楽器、木管楽器、金管楽器、打楽器の4種類の楽器が全て揃っているオーケストラ」のことだそうです。



参考URL:http://ag5.net/~ynuorch/new/faq.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一管編成、小編成オケでも演奏可能なクラシック音楽

弦楽五部と木管各1本づつで演奏可能なクラシック曲を教えて下さい。
木管は全パート揃わない曲(=例えばフルートとクラリネット1本づつ等)でも構いません。
編入楽器はナシとさせて下さい。

編成は2管でも、組曲等の曲目によって1管でも演奏できるものも可です。

ただし、現代音楽のカテゴリーに入るものは除外して下さい。
最低でも弦楽五部(また四部)は居るものとして下さい。
また、「編曲すれば可能」という部類の回答も御遠慮願います。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 奇特な方が、いろいろな管弦楽作品の編成を表にまとめてくれています。
 下記サイトから、PDFファイルでダウンロードできます。

http://www.philharmonic.jp/henseihyo/

 そもそも、上記ファイルを見ても、「木管各1本」というのは極めて少ないです。

 「木管各1本」ということは、ホルンは含まないのでしょうか。

 ホルン1本が入っても良ければ、オネゲル作曲「夏の牧歌」などがありますが・・・。
 ホルン3本がOKならプロコフィエフ作曲「ピーターと狼」、クラリネット2本・ホルン2本でよければワーグナー作曲「ジークフリート牧歌」とか・・・。
 また、ピアノが入っても良ければ、コープランド作曲「アパラチアの春」原典版(1stVn、2ndVn、Va、Vcが各2人、Cb、Fl、Cl、Fg、ピアノの13人編成)というのもあります。

 また、弦5部が各々1人なら、室内楽になりますが、次のものがあります。

  ベートーヴェン作曲「七重奏曲」Op.20(Vn、Va、Vc、Cb、Cl、Fg、Hr)
  シューベルト作曲「八重奏曲」D.803(2Vn、Va、Vc、Cb、Cl、Fg、Hr)
  シュポア「九重奏曲」Op.31(Vn、Va、Vc、Cb、Fl、Ob、Cl、Fg、Hr)

 いずれにせよ、選択肢はかなり少ないですね。

 奇特な方が、いろいろな管弦楽作品の編成を表にまとめてくれています。
 下記サイトから、PDFファイルでダウンロードできます。

http://www.philharmonic.jp/henseihyo/

 そもそも、上記ファイルを見ても、「木管各1本」というのは極めて少ないです。

 「木管各1本」ということは、ホルンは含まないのでしょうか。

 ホルン1本が入っても良ければ、オネゲル作曲「夏の牧歌」などがありますが・・・。
 ホルン3本がOKならプロコフィエフ作曲「ピーターと狼」、クラリネット2本・ホルン2本でよ...続きを読む

Qフルオーケストラの曲の作曲について

長い間、疑問に思っていたのですが・・・・。
Beethoven や Mozart などのフルオーケストラの曲を作曲するときって、彼らはどうしたのでしょうか。 あれだけの、さまざまな楽器があるわけで、現在のように トラックに分けて演奏を保存し、音を重ねていくことは 昔はできなかったはずです。

作曲家の頭の中で 数十にわたる 楽器の音がどのように響くのか作曲するときにイメージできたのでしょうか?
そうだとしたら、もはや 天才ですよね?

Aベストアンサー

こんにちは。クラシックの作曲家です。オーケストラの曲も書いています。

一般の方は、こういう疑問をよく持たれるようですね。それを一番痛感したのは、例の佐村河内氏の事件です。音を一切聞かず、ピアノも使わないで作曲することが、すごいことのように思われるようです。

しかし、プロの作曲家を目指す人は、すべてそういうことができるように訓練します。そもそも、音楽大学の作曲科の入学試験で作曲をするときは、数十人の受験生が一つの部屋へ押し込まれて、ピアノも使わず、歌うことも許されず、すべて頭のなかだけで創作しなければなりません。オーケストラの曲を書く場合も同様です。まさか、作曲するたびにオーケストラを雇って試演するわけにはいきません。頭のなかだけでイメージできるようになるようにちゃんと学習するので、天才とはほとんど関係がないのです。

オーケストラの作曲をするためには、まず、管弦楽法という科目を勉強することになります。各楽器が演奏できる音域や、それぞれの音域の特性、例えば、この音域では大きな音が出せるが、別の音域の音は弱いので、ほかにたくさんの楽器が鳴っているときは聞こえなくなる、などのことを学んだり、指使いによる演奏の可、不可、また、どの楽器とどの楽器を重ね合わせるとどういう響きになるか、ということを、過去の作曲家の作品から例を取りながら学習したりしていくことになります。それと同時に、過去の優れたオーケストラ作品の録音を聴き、オーケストラのスコアを隅から隅まで読み込み、どう書いたらこういう音が出るのかを経験的に蓄積していきます。ですから、ヴァイオリンとフルートがユニゾンで同じ旋律を演奏したときにどんな音色になるか、あるいは、フルート、オーボエ、クラリネットが3本ずつ、計9本で同じ旋律を演奏したらどう響くか、金管楽器の和音に弦楽器のピチカートを加えるとどのような効果が出るか、というようなことは、完全に響きとして記憶されています。その引き出しを開けながら書いていくわけですが、いくら蓄積があっても、引出しの中に見当たらないような自信のないケースもありますし、今まで人がやったことのない音色を作ってみたいと思うことも当然あります。そういう場合も、一応それまでの蓄積を応用して、自分で考え出すしかありません。あとは、実際に演奏されたとき、自分の計算通りの音になったかどうかを確認して、ダメだった場合は原因を考え、修正します。そういう経験を積んでいくと、自ら新しく考えたオーケストレーションも成功する確率が大きくなります。ただ、これは一生の勉強です。熟練した作曲家でも、一度書いたオーケストラの曲を何度も改訂しなければならないケースは多いです。

モーツァルトやベートーヴェンの時代は、今のように録音がありませんでした。しかし、当時は作曲しかやらないという人はまれで、普段からオーケストラと一緒に仕事をしていたわけです。ですから、生の音を毎日のように聞く機会もありましたし、楽器の奏法についてわからないことがあれば、直接奏者に聞くことができます。それに、自分の曲が演奏される機会も今よりは多かったと思います。今日でも、ヨーロッパの作曲家のなかには、オーケストラで楽器を弾いている人もかなりおりますので、毎日古典の作曲家の曲を演奏することで、オーケストラの書き方や響きを毎日習得できる理想的な環境にいるわけです。また、録音のない時代の作曲家たちは、とにかくたくさんのオーケストラの楽譜を常に貪欲に読み、研究していました。私事で恐縮ですが、私が通った高校には幸いオーケストラ部がありました。最初はチェロを弾き、すぐ指揮者になりました。学校の催し物などの折、映画音楽などを自分の手でオーケストラに編曲し、自らの指揮で演奏させました、それ以前に、古典的なオーケストレーションは独習済みでしたので、大体予想した通りの音になり、修正はほとんど必要ありませんでした。しかし私は天才ではありませんので、勉強すればだれでもできると考えます。

なお、大編成のオーケストラ作品を書く場合、最初からオーケストラのスコアを書くことはできないので、まず、ピアノ譜のような2段の五線や、曲の複雑さに応じてもう少し多く、6段、8段といった五線紙上で、まず音楽そのものを作曲します。これをスケッチと呼びます。このスケッチを作成している段階で、今書いている音を最終的に何の楽器で演奏させるかというイメージを明確に持っていなければなりません。そして、スケッチの中に、使用する予定の楽器の名前をメモしていきます。スケッチで音楽の作曲が終了したのち、初めてオーケストラ用の段数の多い五線紙を出してきて、曲の冒頭から改めて書き直していくという作業になります。

なお、最近はパソコンを使った作曲も行われていますが、私たちクラシックの作曲家は、楽譜制作ソフトのプレイバックや、DTMにはあまり頼れません。私は今Finaleを使用しており、ヒューマンプレイバックという、実際の楽器にかなり近い音が再現できますが、これまでの経験から、このような音になるはずはない、と考えるケースが多いので、あくまでも参考程度にとどめ、基本的には自分の体験蓄積により判断します。

以上、御参考になれば幸いです。

こんにちは。クラシックの作曲家です。オーケストラの曲も書いています。

一般の方は、こういう疑問をよく持たれるようですね。それを一番痛感したのは、例の佐村河内氏の事件です。音を一切聞かず、ピアノも使わないで作曲することが、すごいことのように思われるようです。

しかし、プロの作曲家を目指す人は、すべてそういうことができるように訓練します。そもそも、音楽大学の作曲科の入学試験で作曲をするときは、数十人の受験生が一つの部屋へ押し込まれて、ピアノも使わず、歌うことも許されず、すべて...続きを読む

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Qうろ覚え?うる覚え?どちらでしょうか!?

私はずっと「うろ覚え」と使っていたのですが

最近ネット上で「うる覚え」という表現を見かけるようになり
どちらが正しいのかわからなくなってきましたぁ~!

どちらが正しいのでしょうか?

※ちなみにCD-ROMの辞典で調べると「うる」は出てこなかったんです・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えが正解です。

過去にもありましたね、この質問。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=167373

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Qチケットでいい席を取るには?

イープラスというチケットを買うサイトで、
先行予約でチケットを買おうと思っています。
先行予約でチケットを買うと、必ず良い席になるのでしょうか?
それとも、一般発売でも良い席を取ることは可能なのですか?
席順って、チケットを買った人順から決められるのでしょうか?
たとえば、一番にチケットを買った人が一番前の席、とか…

文章が雑でごめんなさい。

とにかく、チケットの席順は一般でも先行でも関係なく抽選なのか、
先行予約で買った人が優先的に良い席になるのか、それが知りたいです。

回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

チケットの席は気になりますよね。

先行予約に申込むと必ずよい席なのか

残念ながらNOです。
「先行予約」とは「一般発売」に先駆けてチケットを販売しますよ、という意味。早い者勝ちの「先行」ではありません。イープラスは自分も利用するのでよくわかりますが、「プレオーダー」システムがそれに当たります。一般発売よりかなり前に1週間程の期間を設けて、その期間中にチケット希望者はウェブサイトからチケット申込をするわけですが、この時登録順位は関係ありません。指定期間内に登録を行った者の中から「抽選で」チケットを割り振っていきます。だから登録期間がスタートして直ぐに申し込んでも、よい席どころかチケットが手に入らない(落選)可能性もあります。

でも自分は一般発売の電話予約よりは格段に入手率は上がりましたよ!でも良い席だった事はほとんどないなあ~ 悪くないっていうレベルが2回ほど…(笑)


問題は、「良い席」がどこに流れているか、です。自分も色々本を読んで調べたりしたんですが、やはり良い席のほとんどが「ファンクラブ」に流れているようです。そういう事って主催者がイベンターとかプレイガイドとかと相談して決めるらしいですよ。
きっと「この辺の席はAチケット、こっちはBチケット…」みたいな。どこのプレイガイドでとってもスタンド席に当たった事があるので、極端な偏りはないでしょう(ファンクラブでスタンドってのも経験あり)

ただ、どこでも一般発売の先着順なら、今もっている席の前の方から埋めて行くのは当たり前じゃないでしょうか?


要は「良い席は運次第」って事ですよ!自分もかなりの回数LIVEに行ってても一番前は1回だけ…

LIVEはステージに近い遠いより、いかに楽しむかがカギですよ!

こんばんは。

チケットの席は気になりますよね。

先行予約に申込むと必ずよい席なのか

残念ながらNOです。
「先行予約」とは「一般発売」に先駆けてチケットを販売しますよ、という意味。早い者勝ちの「先行」ではありません。イープラスは自分も利用するのでよくわかりますが、「プレオーダー」システムがそれに当たります。一般発売よりかなり前に1週間程の期間を設けて、その期間中にチケット希望者はウェブサイトからチケット申込をするわけですが、この時登録順位は関係ありません。指定期間内...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「今日も今日とて」の意味を教えて下さい

「今日も今日とて」の意味を教えて下さい。
前後の文章から、単純に「今日も」という事かなと思ったのですが、「今日とて」がひっかかります。
「今日」は「キョウ」でいいんですよね?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

同じ意味の重ね合わせで、強調してるのです。

「今日も」、今まで通りなんだ、
「今日とて」明日になれば変わるかも希望をもっていたとしても、「今日とて」変わらない。という事ですね。

音を踏んで、何も変わらない事を強調表現しているのです。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報