プロが教えるわが家の防犯対策術!

環境保護団体が美術品を攻撃してる件について 気象現象の問題に対応できていないからといって美術品を集団で破壊する人たちがいます。過激な環境保護団体をかたる集団です。今まで、いろんな芸術作品をみてきましたが、素晴らしい芸術です。そういうものにケーキをわざわざぶつけたり、黒い液体をかけたり、実際に取る手段が非常に幼稚でアホみたいです。モナリザや最後の晩餐など、ガラスで作品が保護されているものもありますが、実際、液体をかけたりして芸術品や美術品などの器物を破損する行為はその国ではもちろん犯罪ですが、所有してる財団や国からさらに提訴されたりするんでしょうか。これからこういう犯罪に対して厳罰化していくと思われますか。意見を書きたいです。

A 回答 (4件)

一般の良識ある人たちは離れていく、もしくは反発するでしょう。


何が目的かは分かりませんが、手段が異常・ヒステリックすぎます。
単に「マスコミ、メディアに注目される」ことしか考えていないのでしょうか。

その意味で、捕鯨禁止を訴えて捕鯨船に体当たりしたり危険な薬品を投げつける「シー・シェパード」と似たような集団だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ヒステリックに行動する人は恐ろしいですね。

お礼日時:2022/11/16 18:59

そもそもですが、温暖化が人間の


営みに起因するモノなのか、よく
判っていません。

それなのに、こういう行動に出る人が
いるんですね。

目的が正しいから、手段を選ばなくて
良い。

そういう考え方なんでしょう。

だから、環境テロリスト、なんて
言われるのです。




所有してる財団や国からさらに
提訴されたりするんでしょうか。
 ↑
こういうのは、
提訴すると、世間の注目を更に集めるので
かえって喜ぶ、という面があります。
そこら辺りを計算しているんだと思いますが
そのうち、キレて提訴するところが
出てくるんじゃないですか。



これからこういう犯罪に対して
厳罰化していくと思われますか。
 ↑
厳罰化すべきですね。
絵画に何の罪があると言うのですか。
死刑は無理としても、
懲役10年、ともなれば、さすがにビビるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

環境テロリスト、いなくなってほしいですね。

お礼日時:2022/11/17 11:45

展示品はガラスで保護しているので実害はない。


あったとしてもキャンバスとガラスくらいのもの。
その交換費用を請求することはできるかもしれないが
「おれたちのおかげでニュースにな来館者が増えたではないか」と言い返されるかもしれない。

国によっては公共の場で騒ぎを起こすこと自体が処罰の対象になることがある。
ただ自由主義国家ではその適用は慎重に行われる。
こういうところから国権が拡大してゆくからである。
行き着く先は香港の惨禍の再現である。

厳罰化すれば済む問題ではない。
噴火口を塞げば出口を失ったマグマは別の場所から噴出する。
何十年もかけて貯まったマグマである。
ガスを抜くのも一朝一夕には済まない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。実害がないからギリギリのところでやってるってことですか。

お礼日時:2022/11/16 19:35

かまってちゃん、なんで粛々と取り締まるしか無いでしょう。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱりかまってちゃんなんですね。

お礼日時:2022/11/16 18:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング