WMD(MDからMDにダビングできる)のコンポってなぜビクターのものしかないのでしょう?今使ってるビクターのWMDシステムが故障が多いので新しいのが欲しいんですけど、前に持ってたビクター製のものも故障が多かったのでもうビクター製は買いたくないんですよね。他のメーカーはそんなに作るのが難しいのでしょうか?それとも何か理由があるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以前は他社上位機種にいくらか、用意されていました。

ただ、価格も相応に高価だった、コピー管理システムのためデジタルコピーができないなど、シックリ来ない部分もあり、今ひとつ普及しなかったようです。

よってW-MDデッキの全てがデジタルをアナログに変換→アナログを再度デジタルに変換してのダビングとなっていました。(SONY MDS-W1は元のディスクから曲を消す「移動」ということでデジタルダビングに対応していました)

まあ、大多数の要求がCDをとりあえずMDに録音できればOK!ということだったんでしょうね。

手軽にMD同士のコピーをしたいという、ニッチな市場にビクターが廉価機種を投入で独占状態・・・といったところでしょうか?

参考URL:http://www.kenwood.com/j/news/nr_kenwood980925_1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、昔はあったんですね。最近はビクターのWMDが常に売上げ上位にあるので他メーカーも再参入してほしいです。

お礼日時:2005/04/12 21:18

作るのが難しいと言うより、あまり需要が無いからだと思いますが。

MDを2個乗せるより、CDとMDを1つづ乗せた方が、安上がりですし、一般的です。MDを2個とCDを1個だとそれだけ値段が上がってしまいますし。
普通は、MD->MDのダビングよりCD->MDのダビングの方が遙かによく使いますし。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング