ヒイラギの生垣(長さ約8m、樹高140~150cm)に昨年のこの時期からヘリグロテントウノミハムシが大発生し、新芽のほとんどが被害を受けました。
今年もそろそろ成虫がちらほら出始めています。被害にあった新芽の摘み取りを考えると、気が遠くなります。もっと早い時期に予防策を講じれば良かったのでしょうが、これからで、最も効果的な予防・駆除対策はどんな方法でしょうか。株元への浸透移行性および、葉面散布タイプの2本立てが良いのでしょうか。どんな薬剤が良いでしょうか。どうぞよろしく。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 わたしの経験上から薬剤散布での駆除は一時的で解決にはならないと思いますよ。


 あくまでも予防が大事です。 つまり健全な樹木を育てる努力をすることです。
そこで質問。
*肥料はやっていますか
*適度に剪定・枝すかしはしていますか
*下草の除草は適度にやっていますか
 害虫は健全な植物にはつきません。 風通しが悪く本来育っている環境とは異なる育て方をしていると木は弱くなります。
 その樹力が衰えたところを見つけて虫は寄ってきます。

<対策>
1.目隠しの為の生垣という発想を取り払ってヒイラギ本来の樹姿がみえるように枝透かし・剪定をしましょう。

2.下草の除草をしてのち完熟腐葉土を10cm程度、ヒイラギの根元に敷き詰めましょう。  ところどころに肥料もいれましょう。

3.以上完了後は竹酢液か木酢液を全体に規定倍率で散布します。
 この散布を定期的に行いましょう。  この作業を2.3年繰り返してください。 どんな植物も大事に手入れしているうちに被害は少なくなるはずです。(我が家はほとんどこの方法でチャドクガをはじめ一切の害虫が大量発生するのを防いでいます。多少の発生は自然ですので無視?します。)
 あなたはやはり薬剤ですか?
 
    • good
    • 6
この回答へのお礼

hotaluchiさん、早速のご回答感謝です。健全に育てる努力もせずに、薬剤を多用して害虫駆除に走るのは、本末転倒ですね。できる範囲でアドバイス頂いた対策を実行しつつ、目の前に迫りくる敵に対して、今年は最小限の薬剤も併用してみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/12 09:36

こんにちは。



予防、駆除なら薬剤散布でまだ間に合います。
見かけ次第、接触毒と食毒作用のあるスミチオン等を散布しましょう。

スミチオンなら手に入りやすいと思いますが、被害が大きいようでしたら接触毒と持続的食毒作用のあるカルホスやEPNをお薦めします。
カルホスやEPNなら月2回で予防も出来ます。

展着剤のグラミン等も混ぜると雨の多い時期も流れづらく、効果的です。

がんばって駆除してください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

kaishain110さん、早速の回答に感謝です。
具体的なアドバイス大変助かります。薬剤散布の経験がないので、おっかなびっくりですが、チャレンジしてみたいと思います。
またお世話になることもあるかもしれません。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/12 09:23

下のURLに行って、3月という所を見てみてください。


駆除の仕方が書かれていますよ。

参考URL:http://www.coppice.co.jp/oteire.htm
    • good
    • 4
この回答へのお礼

rik7717さん、早速の回答感謝です。
実は、私もご指摘のURLは見たのですが、より具体的な方法が知りたくてこちらのお世話になりました。
また助けていただくこともあるかと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/12 09:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木酢液の害虫駆除効果

 こんにちは。
 最近、ガーデニングで、木酢液がよく利用されているようです。
 そこで、木酢液が、ガーデニングの何に有効なのか、ご存知のかた、よろしくご教授お願いいたします。
 たとえば、葉ダニを退治してくれるとか、植物の発育促進に有効だったとか、毛虫が減ったとか、などを教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

まず、殺菌力はかなり強いことが言えます。熱帯地方の焼畑農法では森林を焼き払って畑地を作り出すと同時に木酢液によって土壌殺菌をしているのです。
次に殺虫ですが、線虫などの駆除は勿論、いろいろな虫の駆除ができます。木酢液を住宅建材に付けることにより、白アリやゴキブリを防ぐことができることも知られています。
ただし、液性は酸性ですので、植物の種類によっては発育に影響がでるかも知れません。
その場合、炭をもちいてもある程度の効果が期待できるので、そちらをお勧めします。

Q石灰窒素を畑に多く散布し過ぎました。中和する方法か、効果が無くなるまでどのくらいの期間が必要か 教え

石灰窒素を畑に多く散布し過ぎました。中和する方法か、効果が無くなるまでどのくらいの期間が必要か 教えて下さい。現在3か月たってますが、まだ影響が有ります。じゃがいもを植えたのですが、所どころしか出ていません

Aベストアンサー

今から土壌改良は遅いかも知れませんが、酸性肥料には硫安や硫酸カリ或は塩化カリが有ります。
種イモが芽を出すには、多少のアルカリ分が多くても問題ないと思われ、植え方に問題が有ったのではないでしょうか。
ペーハーを測る器具も有りますが、気に成るのであれば上記の肥料を水に溶かして散布されれば良いと思います。

Q害虫対策に木酢液を使っているのですが、全く効果がありません。アブラムシ

害虫対策に木酢液を使っているのですが、全く効果がありません。アブラムシです。説明には希釈してお使いください。とありますが、全く効かないので、原液のまま使っていますが、全く効果がありません。家庭菜園なので、農薬は使いたくないのですが、農薬じゃないと効き目がないのでしょうか?木酢+ニンニク+唐辛子+がいいとされていますが、効果はどうなのでしょうか?アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

私も菜園が趣味でいろいろしてみましたが 木酢 トウガラシは意外に効果が薄いです タバコを水に浸しておいてその水を霧吹きでかけても効果があります その他では収穫前日まで使える葉野菜用の農薬スプレータイプで1本1000円位  アブラムシでしたらマシン油の合剤(毒性はほとんどなし)がいいですねマシン油の合剤は葉野菜 キュウリには不向きですが良くききます 
岡山大学の農学部の菜園で聞いたのですが 農薬ゼロでの栽培は極めて困難と言ってました

Q猫の糞尿の被害で困っています。どう対策を?

最近猫が来ていて困っています。被害場所(自宅)の周りは一軒家が多く、家と家の隙間に細い子供なら入れそうなところが多数。あるサイトでねこは縄張り意識が強いということです。今は毎日水を撒いて対策しています。ただ水まきやめたらすぐ来るでしょう。水道代とか考えるとねこがいなくなるまで大変だし労力いるし・・・ねこの餌場が見つかったので、そこに張り込みたいのですが根気がいるし・・・・自宅のベランダから餌場見えるから高出力レーザーポインターで攻撃しようかな・・・・どか、餌場のある周辺住民で協力しておいだす・・・?あなたならどうしますか?教えてください。

※この質問と全く一緒なのがyahoo知恵袋にありますが、それも私が書いたものです。

Aベストアンサー

猫の糞は本当に臭いですからね。

我が家も困っております。
私の対策ですが 野良猫の通り道にホームセンターに180円とかで売っている網を置いておきます。
猫は手がないので網がからまったら外すことができません。

もがけばもがくほど網は絡まってきます。
そのうち カラスなどに見つかると つつかれます。

猫にしてみれば 死活問題です
だから 網は あるだけで そばに近づく事もしません

狭い通路なら 全面に貼らなくても そこに網をぐしゃぐしゃで置いておくだけで その道は通りません

Q部屋に木酢液を散布し、においがすごいです

ノミやダニがひどかったので、部屋に木酢液(2倍)を散布しすぎました。害虫は消えたのですが木酢液の木をいぶしたにおい(木タール?)がひどいんです。
 この木酢液は田舎の炭焼業者の直売店で購入したのですが、精製が荒いものかもしれません。ただ、上質な木酢液を見たことがないので断定はできないのですが・・そこで、このにおいは自然に消えるのでしょうか?消す方法はありますか?また、健康に被害はあるのでしょうか?
 よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

2倍というのはどうみても濃すぎます。ちなみにうちで使っている物で20~200倍ほどです。

>精製が荒いものかもしれません。ただ、上質な木酢液を見たことがないので断定はできないのですが・

精製だけではなくどの位の期間寝かしたかも重要でして最低でも半年は置いておくことが必要なんです。精製は低い物ほど黒く高くなると濃い琥珀色から最後には無色透明になります。

まず臭いぱなしとはならないはずです長くはなるとは思いますが臭い成分飛んでしまえば消えるはずです。体に害するかどうか炭焼きさんがどれ程の温度管理をしたか等で決まってきますので判断がつきません。

Q新築2年目にしてネズミの被害にあっています。どうもエアコンの室外機などの配線が外壁を通して内部に入る

新築2年目にしてネズミの被害にあっています。どうもエアコンの室外機などの配線が外壁を通して内部に入る穴に、隙間が空いておりそこら辺から侵入しているように思われます。よくねずみ駆除業者に頼んでそのような穴を塞ぐ作業をすると何万も費用がかかるようですが、工務店の責任でこのような穴を全てふさいでもらう事はできるでしょうか。隙間をパテで埋めるとか金属製の網で塞ぐと言うのは常識のような気がしますが、新築の段階で普通そのような事までは、工務店ではしないのでしょうか。

Aベストアンサー

普通に日曜大工センターで壁の穴を埋めるパテが売られています。200円もしませんよ。白い粘土のようなものなのでご自分でも施工出来ると思いますが。。

Q木酢液の効果について・・・

商品の説明書きを見ると、木酢液は土壌改良と害虫予防にも効果があると書いてありました。実際、木酢液を使用している方は効果がありましたか?買おうかどうか迷ってます。普段は普通の総合肥料を使用してます。

Aベストアンサー

害虫予防の効果は期待しない方が良いと思います
土壌改良の効果は未経験です

ドライブ途中の道の駅で見かけ求めて、使ってみましたが害虫予防に役立た思いはありません
使用説明書にはもっともらしく書いてありますがね

Q害虫駆除用の黄色LEDってアンバーと電球色とどちらが良いのでしょうか

庭ですが蛾が繁殖して困ります。
夜灯虫とかが、夜な夜な新芽を食い荒らしています。

黄色LEDって、まだあまり見かけてませんが、駆除用用途で、アンバーか電球色で、特定のケルビン値とかがあったら教えてください。高圧の蛍光ランプとかは、コンセント事情や電気代やで無理そうです。

Aベストアンサー

誘因作用のある波長の光が多く含まれているほうが良い。

対象の虫によって波長に差があるようですが、具体的な数値は失念。(カメムシにはコレ。蛾・蝶全般にはコレ…みたいな。でも調べるの面倒)
製品に有効な虫の種類が明記されてあるものを選んではいかがでしょう。


・・・余談・・・
ヤママユガとその仲間は許してあげて欲しいと個人的には思ってる。
あれは愛嬌があったり、模様が綺麗だったりしますから...。

↓ヤママユガ科オオミズアオ

Q柿の消毒に木酢液ではだめですか?

タイトル通りなのですが、害虫により柿の実が落ちるため、消毒に木酢液を散布しようかと思うのですが、無意味でしょうか?
柿の消毒薬を調べると、スミチオン乳剤などが良いらしいのですが、乳幼児が居るため強いものを散布する事をためらっております。(私は母親で、散布中でも必要に応じそのまま子供に触れる事になります)
なので、木酢液でも散布しようかと思ったのですが、全く効果がないのなら散布するだけ無駄ですし、柿の木が枯れてしまっては困るので散布出来ずにいます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>柿の消毒に木酢液ではだめですか?

             ↓
木酢液は、木炭を生成中の蒸留分を液化・固形化・粒状化させた物であり、散布や埋設、噴霧等にて→病害虫の除去や土壌の雑菌の一部に忌避&除菌効果があるとされております。
しかし、用途用法、希釈率や使用時期について万能薬でもなければ栄養剤でもありませんので過信、大量直接投与は効果がないばかりか、樹勢を弱めたり、成長を阻む事もあります。

既に、ご存知並びにお調べになっているとは思いますが、念の為に柿の病害虫についてのURLを貼付させていただきますので、ご参考にされます事をお薦めいたします。


Q:害虫により柿の実が落ちるため、消毒に木酢液を散布しようかと思うのですが、無意味でしょうか?

A:原因を観察、効果的な対策を・・・

*花後に半月ぐらいで落果→受粉が不十分、実が成り過ぎが考えられますので、自然落果の終わるまで辛抱する、摘果にて樹木の負担を減らし、枝の状況に即した数に絞込み丈夫な実を選ぶ。
枝に多くの実成をしますと、実が小さいままに落果したり、翌年に実がならないとか極端な不作(裏年)現象を起こします。

*ヘタムシ→大きな実が落ちる原因として6月・8月ごろに発生しますので、定期的に殺虫剤で駆除。<殺虫剤はホームセンター、園芸店で種類、使い方を含め、ご相談下さい>

*炭そ病→黒い斑点が出来、早熟して落果する病気ですが、これは石灰や硫黄の合成混合した薬剤がありますので、予防的に散布します。

木酢液は酢酸の一種ですので、その濃度を高めると、嫌酸性の病害虫には効果が期待出来るかもしれませんが、樹木に直接、高濃度な液を散布は良くありませんし、薄めると殆ど効果はアブラムシやハダニ程度に限定されます。

また、繰り返しの使用は、樹木を傷めたり、病害虫の耐性を助長し、予防や持続効果は殆ど期待出来ないor余り適切な対策にはならないと思います。

一般的な柿の病害虫に対しては、見つけたら捕殺、痛んだ枝や葉は早めに処分、多くの実成には摘果etc→我が家では、自然・柿の運命に任せ→症状や対象に合わせた必要最低限の対策(肥料・水遣り・栄養剤)か、割り切った自然&本能に委ねた抵抗力に期待し、出来た物だけをありがたく感謝して頂く。
そんな接し方もアリだと私の場合は覚悟しています。
<我が家では2本の柿の木を植えておりますが、多く出来れば、ジャムや子供達に送り、少なければそれなりに秋の風物、味覚として完食してます>




※参考URL
http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/zukan/kaju.htm
http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query=%8A%60&index=log&key1=2008&key2=01


maron1様に於かれましては、皆様方からの情報やアドバイスを参考にされ、安全安心な美味しい柿の生育と収穫に成功されますよう、心より祈念申し上げております。

>柿の消毒に木酢液ではだめですか?

             ↓
木酢液は、木炭を生成中の蒸留分を液化・固形化・粒状化させた物であり、散布や埋設、噴霧等にて→病害虫の除去や土壌の雑菌の一部に忌避&除菌効果があるとされております。
しかし、用途用法、希釈率や使用時期について万能薬でもなければ栄養剤でもありませんので過信、大量直接投与は効果がないばかりか、樹勢を弱めたり、成長を阻む事もあります。

既に、ご存知並びにお調べになっているとは思いますが、念の為に柿の病害虫について...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報