VB.NETですが、
趣味でアプリケーションを作成しています。
下記のコードで処理を実行させています。

Call Shell("C:\aaa.exe c:\test.txt c:\test2.txt", AppWinStyle.Hide)

(A)

Dim sr As New System.IO.StreamReader("c:\test2.txt", System.Text.Encoding.Default)
Dim sb As New System.Text.StringBuilder(CInt(Microsoft.VisualBasic.FileSystem.FileLen("c:\test2.txt") * 1.1))

'ファイルの最後までループ
Do Until sr.Peek = -1
sb.Append(sr.ReadLine & vbCrLf)
Loop
sr.Close()


"aaa"はtest.txtを加工してtest2.txtとして出力するプログラムです。
その後、test2を最後まで読み出しているのですが、
どうもプログラムaaaが処理を終了する前に
次の読み出し処理に移ってしまっているようなのです。
そこで、素人なりに上記(A)の部分に

For i = 0 To 2000000000
Next
For i = 0 To 2000000000
Next

とForループを加えて時間稼ぎしているのですが、
状況によって時間稼ぎがうまくいかない場合があります。どのように問題を回避すべきでしょうか?
aaaはDLLでも組み込み可能になっているプログラム
なのですがDLLで実行させると何らかのメリット
があるのでしょうか?
その点を教えていただけると助かります。
回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Dim hProc As System.Diagnostics.Process



'プロセス作成
hProc = System.Diagnostics.Process.Start("C:\aaa.exe c:\test.txt c:\test2.txt")
'プロセス終了待機
hProc.WaitForExit()
hProc.Close()
hProc.Dispose()

Dim sr As New System.IO.StreamReader("c:\test2.txt", System.Text.Encoding.Default)
Dim sb As New System.Text.StringBuilder(CInt(Microsoft.VisualBasic.FileSystem.FileLen("c:\test2.txt") * 1.1))

'ファイルの最後までループ
Do Until sr.Peek = -1
sb.Append(sr.ReadLine & vbCrLf)
Loop
sr.Close()

これでどうでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お返事遅れました。
プロセスの終了まで待機すればよいわけですね。
プログラムの動作確認ができました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/24 11:00

shell関数の第3引数が省略されていると、終了を待ちません


trueを指定すると終了を待つようになります。
呼び出したプログラムがハングアップする可能性がある場合には、第4引数でタイムアウト時間をミリ秒で指定することができます。(integerの範囲で)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お返事遅れました。
第3引数があるとは思いませんでした。
動作確認したところうまくいきました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/24 11:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お返事遅れました。
#1さんの方法と同じ方法ですね。
プロセスの終了まで待機すればよいわけですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/24 11:03

VBはVer6までしか触ってないので、.NETでどうなるかは自信がありませんけど。



同期/非同期の問題ですね。
shellは、確かに結果を待たずに次行を実行します。

そのため、結果を待つ処理が必要になります。

このカテゴリで「同期」で検索してみてください。
下記、過去問の#2さんの回答が適用できそうに思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=325703
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お返事遅れました。
VB6の方法のように思いますが、、、、。
よくわかりませんでしたので、
動作確認してません。
でもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 11:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDoEvents関数って何?

こんにちは。

VBAやプログラミングに詳しい皆様に
教えていただきたい質問があります。

cells(1,1)からcells(5000,1)までの値を消去するときに
処理の進行状況を表示するためにuserform上にプログレスバーを表示したいと思います。

そこで下記のようなコードを入力しました。

userform1.show
for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
next i
unload userform1

しかしこれだとuserformの背景が真っ白になってしまい
ラベルの文字も消えてしまいます。
そこで「EXCEL VBA パーフェクトマスター」という本を見たら

for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
DoEvents
next i
unload userform1
と入力すれば解決することがわかりました。

しかし「DoEvents」についてあまり詳しく書いていなかったのでDoEvents関数をヘルプで見ると、
「発生したイベントがオペレーティング システムによって処理されるように、プログラムで占有していた制御をオペレーティング システムに渡すフロー制御関数です。」

と書いてあるのですが正直、書いてあることがよくわかりません。

どなたかDoEvents関数について、
もう少しわかりやすく教えていただけませんか。
それから、最初に書いたコードで実行すると
ユーザーフォームの背景が真っ白になってしまう原因も
教えていただけませんか?

よろしくお願いいたします。

こんにちは。

VBAやプログラミングに詳しい皆様に
教えていただきたい質問があります。

cells(1,1)からcells(5000,1)までの値を消去するときに
処理の進行状況を表示するためにuserform上にプログレスバーを表示したいと思います。

そこで下記のようなコードを入力しました。

userform1.show
for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
next i
unload userform1

しかしこれだとuserformの背景が真っ白になってしまい
ラベルの文字も消えてしまいます。
そ...続きを読む

Aベストアンサー

簡単に言うと、
OS に制御を渡すってことです。(ヘルプそのまんま)
時間が掛かるループ処理などの場合、ループが終わるまで制御は独占されてしまいます。
ですのでループ中は OS や Excel そのものにも再描画をさせる暇さえ与えません。
途中に DoEvents を入れると制御が OS に渡るので、OS は溜まっていた処理をそこで行うことができます。
結果、フォームの再描画などが行われることになります。

注意点ですが、
Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim i As Long

  For i = 1 To 50000
    DoEvents
    Cells(i,1) = ""
  Next i
End Sub

Private Sub CommandButton2_Click()
  MsgBox "hoge"
End Sub

っていうフォームのコードがあった場合、
DoEvents を入れることによって、ループ中にユーザーがCommandButton2 を押すことによって CommandButton2 のクリック イベントも動いちゃいます。
CommandButton1 のクリック イベントではループの前に
CommandButton1.Enabled = False
CommandButton2.Enabled = False
を書いてフォーム上の CommandButton を無効にしておき、ループが終わったら
CommandButton1.Enabled = True
CommandButton2.Enabled = True
と書いて CommandButton を有効に戻してください。

これを工夫すれば、CommandButton2 で CommandButton1 のループを途中キャンセルする処理もすることができます。

Private Canceled As Boolean

Private Sub CommandButton1_Click()

  CommandButton2.Enabled = False

  Dim i As Long
  For i = 1 To 50000
    DoEvents

    If Canceled = True Then
      MsgBox "キャンセルしました"
      Exit Sub
    End If

    Cells(i, 1).Value = ""
  Next i
End Sub

Private CommandButton2_Click()
  Canceled = True
End Sub



コードの行頭にあるスペースは見易さのために全角スペースで作成していますので、これをこのままコピペするとエラーになるかもしれません。
コピペするなら行頭の全角スペースを半角スペースに直してください。

簡単に言うと、
OS に制御を渡すってことです。(ヘルプそのまんま)
時間が掛かるループ処理などの場合、ループが終わるまで制御は独占されてしまいます。
ですのでループ中は OS や Excel そのものにも再描画をさせる暇さえ与えません。
途中に DoEvents を入れると制御が OS に渡るので、OS は溜まっていた処理をそこで行うことができます。
結果、フォームの再描画などが行われることになります。

注意点ですが、
Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim i As Long

  For i = 1 To 50000
...続きを読む

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

QEXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

EXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

C:\経理\予算.xls

D:\2005年度\予算.xls

EXCEL97ファイルがあります。

VBAで
  カレントフォルダ名
(C:\経理\,D:\2005年度\)
を取得する事は可能でしょうか?

CURDIRでは上手い方法が見つかりませんでした。

Aベストアンサー

こんばんは。
Excel97 でも、同じですね。以下で試してみてください。

Sub test()
'このブックのパス
a = ThisWorkbook.Path
'アクティブブックのパス
b = ActiveWorkbook.Path
'Excelで設定されたデフォルトパス
c = Application.DefaultFilePath
'カレントディレクトリ
d = CurDir
MsgBox "このブックのパス   : " & a & Chr(13) & _
   "アクティブブックのパス: " & b & Chr(13) & _
   "デフォルトパス    : " & c & Chr(13) & _
   "カレントディレクトリ : " & d & Chr(13)
End Sub

Q【Excel VBA】マクロでExcel自体を終了させたい

環境:WindowsXP、Excel2003

マクロでエクセルを終了(ブックを閉じて、アプリケーション自体も終了)させたいのですが、以下のコードではアプリケーションが閉じてくれません。

ThisWorkbook.Close
ExcObj.Quit
Application.Quit

どこか悪いところはありますでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通に考えれば質問者のコードで上手くいきそうですが
hana-hana3さんの回答にもあるようにThisWorkBook.Closeでコード終了となりますので
Application.QuitをThisWorkBook.Closeの前にもってこないといけません。
Application.Quitはそれがあるプロシージャのコードが全て終わるまで
その実行を保留するちょと特別動作をします。

'-------------------------------------
 Application.Quit
 ThisWorkbook.Close
'-------------------------------------
 
 

QShell関数からバッチファイルを起動後に、バッチファイルが終了するまで待ちたい。

はじめまして。
掲題の通り、VB.netからshell関数を用いてバッチファイルを起動します。
その後、そのバッチファイルが終了してログファイルの出力を完了した後に、
ファイルを開いて確認したいのです。
thread.sleepなどで大体このくらいかなという時間を待ってみる、
などのやり方しか今は思いつかないのですが、
何か明確にバッチファイルの終了を受け取れる方法は無いものでしょうか。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教授ください。

Aベストアンサー

Shell関数より Processクラスで実行したほうが簡単に待てますよ

Dim oPro as Process
oPro = Process.Start("..\..\a.bat")
oPro.WaitForExit()
MessageBox.Show("Hello")

といった具合です

Qマクロで、次のコードへ行く前に時間をおくにはどうしたらいいのでしょうか?

いつもお世話になっております。
早速質問なのですが、ADOで一旦データベースの内容を取り出した後、別のワークブックへコピーするというマクロを作っています。
問題は、データベースの内容を取り終わる前に別のワークブックへコピーする処理が始まってしまい困っています。

マクロの処理だけを一定時間止める方法、またはADOの処理が終わるのを待って次の処理へ進む方法はないものでしょうか?

ご存知の方がいましたら、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

>ADOの処理が終わるのを待って次の処理へ進む方法はないものでしょうか?

【クエリの更新が終わるまで次の処理に移行しない】
ということであれば、

 .Refresh BackgroundQuery:=True

としている部分を、

 .Refresh BackgroundQuery:=False

とすれば良さそうに思うのですが…?

ご参考まで。

QVB6でのファイルコピーの終了検知について

FileCopyステートメントがありますが、FileCopyステートメントで大きなファイルをコピーしたり、ネットワーク上の別のPCにコピーしたりするとします。
コピーされた後のファイルをさらにコピーしたいのですが、コピーが完全に終了していないせいか、うまく動作しません。
ファイルのコピーが完全に終わったと検知する方法があるのでしょうか?
また、ファイルの削除に関しても同様に、完全に削除し終えたと検知する方法があるのでしょうか?
どなたか知っておられる方がおられましたらよろしくお願い致します。
FileCopyやKillなどのステートメントにはこだわっていません。
APIなどでもかまいませんのでよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

FileCopyやKillが、実際の処理を終了する前に戻っているという主張は、にわかには信じられません。どうしてもプログラム自体に問題があるのではないかと考えてしまいます。

現在正常に動作しないそのプログラムで、FileCopyやKillを行った後にMsgBox等を入れて十分に待てば正常に動作するのでしょうか。まずはそこから確かめてみてください。

QEXCEL VBAでApplication.waitを使わずに一時停止させたい

マクロの実行中に、その処理を、条件分岐によってある一定時間だけ止めて、また再開させるようなプログラムを作りたいと考えています。
Application.Waitを使えば、可能というとこまではわかったのですが、それだとマクロ停止中にEXCEL上での一切の操作(たとえばスクロール)ができなくなるので、マクロだけ停止させておいて、他の操作はできるようなやり方はありませんでしょうか?
ちなみに、当方の使用OSはXP、EXCELは2007です。VBAは、はじめて取り組む超初心者で、以下のコードもネットやこちらのサイトを探しまくって、ようやくここまでできました。
なお、本マクロで具体的にやりたいことは、楽天証券のRSSというアプリケーションから、EXCELの特定の列に、1行目から順番に、リアルタイムで株価が書き込まれていきます。その株価を監視して、ある一定以上になったら、音で知らせるということをやりたいのです。その際、株価が書き込まれていく間隔は、数秒~数分です。
長々と書きましたが、ご教授いただけると助かります。
<参考:現在のマクロ>
Sub Test()
Dim waitTime As Variant
Dim 繰り返し As Long
For 繰り返し = 1 To 10
If Cells(繰り返し, 1).Value >= 10000 Then
Shell "mplay32.exe /play /close C:\WINDOWS\Media\notify.wav"
ElseIf Cells(繰り返し, 1).Value = Empty Then
waitTime = Now + TimeValue("0:00:05")
Application.Wait waitTime
End If
Next 繰り返し
End Sub

マクロの実行中に、その処理を、条件分岐によってある一定時間だけ止めて、また再開させるようなプログラムを作りたいと考えています。
Application.Waitを使えば、可能というとこまではわかったのですが、それだとマクロ停止中にEXCEL上での一切の操作(たとえばスクロール)ができなくなるので、マクロだけ停止させておいて、他の操作はできるようなやり方はありませんでしょうか?
ちなみに、当方の使用OSはXP、EXCELは2007です。VBAは、はじめて取り組む超初心者で、以下のコードもネットやこちらのサイトを...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

Microsoft のサポートには、そのものズバリの内容がありますが、少し古い内容です。実際、以下のプロパティで、楽天RSSの前バージョン(約2年前)では私は成功していますが、現行ツールでは知りません。RSSは、バージョンがあがりました。

http://support.microsoft.com/support/excel/content/onevent/onevent.asp?SD=gn&LN=ja&gssnb=1#ondata

それから、外部ツールを使って、音を鳴らすのはあまり賛成しません。一応、書いておきますが、本来は、内部コマンドのBeep やパターンの色付けでよいと思います。

1番目の場合は、最初に、Auto_Open を実行してください。一旦、ファイルを閉じて、再び開いても自動的に設定されています。

なお、Microsoft サポートの注にも書かれていますが、DDEやOLEではない場合に、ハンドラーが取れないこともあります。その場合は、OnEntry や Change イベントを使用してください、と書かれています。つまり、1番のマクロは、データがインポートされたときにのみ、起動するマクロです。ともかく、最初のマクロだけでも試してみてください。まだ、そういう古い方式が可能なのか、こちらでも知りたいのです。

-----------------------------------------
'標準モジュール
'Option Explicit

Private Declare Function mciSendString Lib "winmm.dll" Alias "mciSendStringA" _
(ByVal lpstrCommand As String, ByVal lpstrReturnString As String, _
ByVal uReturnLength As Long, ByVal hwndCallback As Long) As Long

'一旦、閉じて開くか、最初に実行してください。
Sub Auto_Open()
 '実際のシート名を入れてください。
 Worksheets("Sheet1").OnData = "Test1"
End Sub

Sub Test1()
  Dim i As Long
  Dim rt As Long
  Static j As Long
  Const sSOUND As String = "C:\WINDOWS\Media\notify.wav"

  i = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
  If i <> j Then
    If Cells(i, 1).End(xlUp).Value > 10000 Then
      rt = mciSendString("Play " & sSOUND, "", 0, 0)
      'Beep 'ビープ
      'Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Interior.ColorIndex = 34 '色づけ
    End If
  End If
  j = i
End Sub

-------------------------------------

OnTime メソッドを使う場合は、LastTime を数秒の間の設定をしたほうがよいです。LastTime を入れないと、待機状態の後に、立て続けに、マクロの起動をしてしまい意味のないものになってしまいます。また、行数が単にインクリースしても、そこにデータがなければ、意味のないチェックになってしまいますから、必ず、実際に存在するデータに連動していなければなりません。また、データが増えなければ、チェックはしません。

以下の場合は、ワークシートの作業中とマクロのデータチェックがぶつかった場合は、作業のほうが必ず優先しますが、その待機状態は、数秒間しかありません。その時に無視したデータは、次のマクロで必ずフォローするように出来ています。なお、色づけとBeep という方式になっていますから、色づけが嫌いなら、コメントブロック(')を入れてください。

一列の最後尾に、文字「Q(大文字・小文字共通)」を入れれば、それで終了します。

------------------------------------------
'標準モジュール
'Option Explicit

Sub TimerMacro()
  Dim i As Long '行
  Dim n As Long
  Dim myTime As Date
Static j As Long
  '----------------------------------
  'チェックする値を以下に入れてください。
  Const MYLIMIT As Long = 10000
  '----------------------------------
  i = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
  '終了は、Q を入れる
  If StrComp(Cells(i, 1).Value, "Q", 1) = 0 Then
   MsgBox "終了しました。", 64
   Exit Sub
  End If
  If i > j And j > 0 Then
    For n = j To i
      '上限を超える場合
      If Cells(n, 1).Value > MYLIMIT Then
        Cells(n, 1).Interior.ColorIndex = 34 '水色
        Beep '音
      End If
    Next n
  ElseIf j = 0 Then
       If Cells(i, 1).Value > MYLIMIT Then
        Cells(i, 1).Interior.ColorIndex = 34 '水色
        Beep '音
        End If
  End If
  j = i
  myTime = Now + TimeSerial(0, 0, 5) '5秒
  Application.OnTime myTime, "TimerMacro", myTime + TimeSerial(0, 0, 2) '待機2秒
End Sub
----------------------------------------

こんばんは。

Microsoft のサポートには、そのものズバリの内容がありますが、少し古い内容です。実際、以下のプロパティで、楽天RSSの前バージョン(約2年前)では私は成功していますが、現行ツールでは知りません。RSSは、バージョンがあがりました。

http://support.microsoft.com/support/excel/content/onevent/onevent.asp?SD=gn&LN=ja&gssnb=1#ondata

それから、外部ツールを使って、音を鳴らすのはあまり賛成しません。一応、書いておきますが、本来は、内部コマンドのBeep やパターンの色付けで...続きを読む

Qエクセル マクロで指定フォルダを開く

エクセルにて
指定フォルダを開く、マクロがあれば教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

こういうものですか?
開くフォルダを変えたいときは targ に与えるパスを変更します。

Sub OpenFolders()
Dim targ As String
targ = "C:\"
Shell "C:\Windows\Explorer.exe " & targ, vbNormalFocus
End Sub

QEXCEL VBAで計算値を四捨五入、切り上げ、切捨てする方法

ネットで探してみたのですが、計算結果を四捨五入して特定のセルを
返すにはどうしたらいいのでしょうか?

Sub hokangosa()

Dim ZPS As Double
Dim ZPOS As Double
Dim DMN As Double
MsgBox (" >>> 補間誤差自動計算 <<< ")
MsgBox (" >>> 初期値入力します <<< ")
ZPS = InputBox(">>> ステップを入力してください<<<")
ZPOS = Sheet1.Cells(22, 4).Value
DMN = ZPOS / ZPS
Sheet1.Cells(23, 6).Value = DMN
End Sub

ここでDMNの値を四捨五入したいです。

またこれとは別に切上げ、切捨ても教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

DMN = Application.WorksheetFunction.Round(ZPOS / ZPS, 0)
で、四捨五入
DMN = Application.RoundDown(ZPOS / ZPS, 0)
で切り捨て
DMN = Application.RoundUp(ZPOS / ZPS, 0)
で切り上げです。

引数で、対象桁を変更できます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング