dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

飛行機のX線検査、身体検査について質問です。

私は普段チェーンのスマホショルダーやイヤリングを見つけているのですが、それらは金属探知機の検査?などに引っかかってしまいますか?

手荷物検査とX線検査の近いがイマイチ分からないのですが、スマホ等は手荷物に入れて、そちらはそちらで金属探知機の検査などを行うのでしょうか?


飛行機初心者で、質問の内容もおかしいところがあるのかもしれませんが、検査等について教えていただければと思います。

A 回答 (3件)

まず、身に着けている物で金属探知機に引っ掛かりそうなものは検査場のトレイに置いてX線検査器を通します。


また、パソコン、タブレット、スマートフォンなどはカバンに入れたり身に着けたままではなく、トレイに乗せるよう促されます。(検査の際、搭乗券を読み込ませて保安検査済の紙を受け取る際に掛かりの方が1人、1人に口頭で促します)
なお、材質によるようですが、総じて腕時計や金属フレームの眼鏡、ベルトのバックルなどが反応することは少ないです。金属探知機を通ってチャイムが鳴ったら思い当たる物を外して(外した物はX線検査器を通します)再度通るよう促されるだけです。

参考まで。
    • good
    • 0

>手荷物検査とX線検査の違い


同じです。手荷物はX線で検査しています。
なお、人間は金属探知機を通過することになっています。

>スマホ等は手荷物に入れて
だめです。
日本国内の場合ですが、スマホ等は手荷物の中に入れたまま検査ができません。必ずバッグなどから出して、モノがなにか一瞥して分かる状態で機械に通します。

>そちらはそちらで金属探知機の検査
先述のように、手荷物類は全てX線検査です。金属探知機を通るのは人間です。
アクセサリーのチェーン類は身につけたままでは引っかかる可能性がありますので外しておくのが無難です。スーツ用のベルトのバックルで引っかかったことはありませんが、カジュアル用のバックルではほぼ引っかかるので毎回外しています。
    • good
    • 0

定刻20分前までに検査場でチケットスキャンしなけばならないので混雑すると万が一間に合わない場合があり乗り遅れる時があります、万が一20分以上前に並んでて間に合いそうにない時は、検査場に付近に使用航空会社のグランドスタッフがい居ると思うので先にスキャンだけお願いしてください


手荷物検査=X線検査スキャン体検査→手に何も持たないで金属探知ゲート通過

①検査場でバック、コート、ドリンク、上着、スマホ、充電器、鍵束など(PCはケースから出す)カゴに入れる尚、PC以外はバックに入れても良い
②チケットスキャンして手荷物をX線検査レーンに流す
③金属探知ゲート通過
②で引かったら警備員が対象品を言うのでそれを出して再度X線検査
③引っかかったら、自分で金属製品を出して再度金属探知ゲート通過か警備員がハンド金属探知機で調べる
③で引っかかると再検査に時間かるし客が見てる時があるから恥ずかしい

手荷物預け、JALの機内持ち込み関係リンクですが、手荷物機内持み以外は国内の航空会社は共通航空会社だと思いますが使用の航空会社のHPで調べてください
(例)JAL機内持ち込み、空港検査場などでヒットしない時は類似ワードで検索してください
不明な点は、航空会社のグランドスタッフか検査場の警備員に聞いてもいいです
https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/baggage/inflight/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!