最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

飛行機機内食について
飛行機の機内食の回数ってどうやって決めてるのですか?例えば日本からニューヨークまでの路線の場合で教えて欲しいてなす。飛行機によってエコノミークラスでも機内食のメニュー配ってるとこもありますか、どんな路線や、どの会社で取り入れてますか?

A 回答 (4件)

基本的には「国際線フライトには必ず食事を一食以上提供しなければならない」という古い決まり(守らなくてもいい)があるので、たとえば日本-韓国のような国内線と同じぐらいの飛行時間の路線でも原則食事が出ます。


ただしLCCは機内食を提供しませんが、最低でも水は出すことになっています。

機内食の提供は概ね6時間までが1食、6時間を超えると2食、12時間を超えると3食提供するようになります。12時間までは食事が2食しかでないのは、時差ボケ解消のためにほぼ睡眠時間に当てられているからです。
 なので日本-NYだと2食が普通、ただし深夜食としてカップラーメンなどをリクエストすると用意してくれることが多いです。

>飛行機によってエコノミークラスでも機内食のメニュー配ってるとこもありますか、どんな路線や、どの会社で取り入れてますか?

昔は6時間以上飛行するなら必ずと言っていいほどメニューがありましたが、最近は無いことも多いです。

6時間以下だとメニューが無いことも多いです。これはドリンクサービスをしてメニューを選んでもらってサービスすると時間が足りないからです。
    • good
    • 1

国際線の場合は、今飛行機が飛んでいる現地時間で食事だろう時刻で出します。



だから、12時間で5回とか、12時間で1回とかも有ります。
    • good
    • 0

一般的には 離陸後1時間で一食目 到着2時間前で二食目かな


どちらがメイン食かは 時間帯にもよるが 一食目がメイン食の場合が多い
    • good
    • 2

日常の3食、合間のおやつ、この時間間隔で決めます。


後は、随時、飲み物が提供されています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング