旅行代理店の方に聞いたのですが、旅行当日までにきちんと連絡を入れればキャンセル料は法律的には払わなくて良いと聞きました。
規約にキャンセル料を設定されてる場合がほとんどだと思いますが、キャンセル料を設定する規約は無効らしいです・・・。詳しいことは判りませんが、そういう規約は法律的に認められていないらしくバレるとその代理店は叩かれると言っていました。

このサイトでキャンセル料に関する問い合わせを参照してみましたが、事前にキャンセルの連絡をしてもキャンセル料を払わなくてはならないように皆さん回答されてますね・・・。

実際どうなのでしょうか?
仕事の都合でぎりぎりまで旅行の予定が立てられない為、上記のキャンセル料がかからないとなれば気軽に予約ができるので非常に助かるのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

キャンセル料も含め内容を了承して契約するんですよね。

契約=法的拘束力があるのですから、その契約を守らないということは法律的に許されません。

ちなみに、パッケージ旅行の場合、旅行当日といっても、出発前なら旅行代金の50%ですが、出発後なら100%(つまり、旅行代金全額=キャンセル料)がかかる会社がほとんどです。
    • good
    • 1

回答は下記で 懇切丁寧に説明されてますので、追記で。


気軽に予約してドタキャンされ しかも穴埋めできなければ、部屋代だけでもそれは立派に損害です!! もし仮に食事が用意(食材仕入等含む)してあれば尚更です。だからといい、埋まったら返すというものではありませんが。 
これは、交通機関でも席が埋まらなければ同じ事です。 それにもし、あなたがギリギリ迄とっていた為に予約が取れずあきらめた人にも迷惑がかかります。
そう考えれば何故必要か理解できるハズです・・ キャンセル料もらっても得しません、穴埋めとしては少ないからです。 何よりきちんと利用して下さり、サービスできる事の方が嬉しいと思いますよ。
    • good
    • 1

ホテルなどの宿泊の場合は、キャンセルの連絡をすればキャンセル料を請求しないホテルも多いですね。



これはその宿泊設備固有の問題ではないでしょうか?

特に、食事が含まれないホテルの場合、団体でない限りは前日までのキャンセルにはキャンセル料がかからないのが一般的です。旅館だと設定してありますね。

宿泊約款は、宿泊しないと見れないことが多いので、それを指して法律的には・・という話をされたのかなぁ。このあたりは詳しくないので良く判りません。

ただ、それでも旅行代理店を通して予約をしたり、インターネットの予約サイトを通した場合は、規定を印刷物で渡されたり、明示されていたりするので、キャンセル料は必要でしょう。口頭で予約して、そのときにキャンセル料の説明がなかった場合には、法律論としては払う義務は発生しないと解釈できる余地があるという程度で、白黒は裁判をしないとはっきりしないでしょう。キャンセル料は社会通念上慣習法として確立しているので払う義務があるという判決になりそうですが、中には変わり者の裁判官がいて、払う必要がないと言う可能性もあるかも
    • good
    • 1
この回答へのお礼

キャンセル料で裁判沙汰にはしたくないですね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/16 14:23

私も旅行業界に勤務しておりますが、


私の場合 下記の様に解釈していますので、
ご参考になれば良いのですが...(^^;

基本的に旅行会社で一番多く接する機会がある法律は、旅行業法です。
旅行業法に定めらた法規を遵守し、旅行者(消費者)の方と契約する際の
規則を定めたものが約款です。

約款も一応、旅行会社ごとに作成しても構わないのですが、
その場合は、国土交通省等の関係機関に事前に申請し、
認可を受ける必要があります。
ですが、一般的には「標準旅行業約款」が事前に指針的に設定されており
「標準旅行業約款」を自社の約款と利用すれば、事前申請→認可を
しなくて良い事になっていますので、
その様に運用している会社がほとんどです。

その標準旅行業約款ですが、基本的に旅行契約の場合、
「旅行条件を明記した書面」(キャンセル料とか明記した書面等)を
事前に消費者の方に渡す(web等の場合見せる)ことが義務となっています。

ですので、旅行条件書に記載された内容で契約すれば、
旅行条件に明記されたキャンセル料は発生します。

ちなみに、旅行条件(書)は一般的には、パンフレットの裏面とかに印刷されていることが
多いですね....(^^;

また、旅行業法や約款でも判断出来かねる様なトラブル等の場合は
民法等の判断となりまが....
(すみません。私の経験では旅行業法以上のトラブルは無いので
詳細は、不明です。)

ですので、あくまで契約時渡された(又は見た)旅行条件書に
キャンセル料が記載されていれば、キャンセル料は発生しますね....(^^;

ちなみに、平成17年4月1日以降は、旅行業法等の改正があり
「旅行会社の人が、見る様に言わなかった」
等の言い訳は出来なくなりました....。
見ようとしなかった消費者の方に責任があるとの判断の様です..(^^;

参考URL:http://www.jata-net.or.jp/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはりそうですか。
実際キャンセル料がかからないと聞いたときも半信半疑で「ホンマかいな?」と思っていました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 14:22

>旅行代理店の方に聞いたのですが、、、そういう規約は法律的に認められていない、、、



その情報の内容がどういうことをいっているのか解りませんが、現在各旅行社ではパンフの裏表紙辺りに「約款」を載せている筈であり、その中に取り消し料のことがはっきり記載されています。
その約款は旅行社によって若干の違いはあるかもしれませんが、ほとんどの旅行社は国土交通省の定めた「標準旅行業約款」に従っているのが現状です。
現在、一般に採用されているものは平成16年12月16日に国土交通省告示第1593号に定めたものです。

この国交省の定めた約款自体が法的に根拠が無いといわれるのでしょうか?
業者と消費者とのトラブルを解消するためにこうした規定が設けられているので、一定の期限を過ぎてからの取り消しに関して取り消し料が懸かるのは仕方ないのでは。

それとも貴方の聞いたのは別の話をされているのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仕事の関係で、たまたま旅行代理店の方に聞いた話だったのですが、詳しく聞いていないので勘違いかもしれませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 14:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチケット流通センターのキャンセル方法

チケット流通センターのキャンセル方法

ライブに行きたくてチケットをとったのですが、仕事が休めなくて行けなくなってしまいました。
周囲にも色々聞いたのですが行ける人がいなくて、チケット流通センターというサイトを使ってみることにしました。
購入してくれた方がいて発送しようと思ったら、弟が売ってしまっていて(弟に頼んだ時チケットを渡していて、ネットに載せたことは言っていなかった)チケットがなくなってしまいました。
焦ってダブルブッキングをしていたわたしのばかなミスなのですが、相手の方に本当に申し訳なく少しでも早くキャンセルして、代金の返金とキャンセル料の支払いをしないといけないのに、サイトにはキャンセル方法がのっていなくてどうしたらいいかわかりません。ヘルプから問合わせをしていますが返事がまだです。
(1)チケット流通センターのキャンセル方法について
(2)相手の方にどうお詫びしたらいいか
ご存知の方何卒ご教示お願い致します。

Aベストアンサー

・在庫確認(実券があると言う事なので)の後は、発送するだけなので、売り手側としてはキャンセル自体があり得ないので、キャンセル方法は記載がありません
・今回の場合、キャンセルが出来るのは買い手の方です・・利用規約の12条
 (もしくは、発送期限内に発送されない場合・・利用規約の10条)
>(1)
 ・発送期限までに発送しなければ、連絡が来ます・・最終的にキャンセルになり、キャンセル料の請求
>(2)
 ・買い手とは連絡出来ません・・センターの方でその旨を伝えるだけ
詳細は利用規約を確認して下さい(4条、10条)
http://www.ticket.co.jp/rule/rule.php

Q旅行会社の不手際によるキャンセル料について

大学生です。
某旅行会社で、3月9日から12日までのタイ旅行を友人と二人で申し込みました。
しかし、前日にパスポートの有効期限が足りないことが発覚し、旅行は急遽中止になり、全額の40%のキャンセル料をこちら側が負担することになってしまいました。

パスポートの有効期限は切れていませんでした。
タイへ入国するには六ヶ月間以上の残存期間が必要だったのですが、私のパスポートの期限が残り3カ月しかなかったため、タイへ入国出来ないとのことでした。

申し込んだ際の書類には、タイ入国にはパスポートの残存期間が六カ月以上必要だと書いてあると、旅行会社の担当の方に言われましたが、口頭で伝えられたのは旅行前日の電話が初めてでした。

出発の一週間前に、電話でパスポートの有効期限を教えてほしいと旅行会社から連絡がありましたが、その際には残存期間についての説明は受けませんでした。
その電話があった時、私はサークルの合宿中で手元にパスポートがなかったのですが、有効期限が切れていないのは事前に確認してあったので、帰ってから連絡すれば大丈夫と思い、安心していました。


これって私たちがキャンセル料を負担するべきなんですか?
完全に旅行会社側の説明不足だと思うのですがどうでしょうか。
旅行の予約を受け付けた時点で旅行会社側はパスポートの残存期間を確認すべきだったのではないでしょうか。
他の旅行会社では予約を受け付けたと同時にパスポートを確認するという話も聞きました。
一週間前の電話でも、一言残存期間について説明いただければ、家に連絡してパスポートの有効期限を確認出来たのにと、悔やまれます。


私たちはキャンセル料を払いたくありません。
これって旅行会社が負担するべきなのではないでしょうか?

大学生です。
某旅行会社で、3月9日から12日までのタイ旅行を友人と二人で申し込みました。
しかし、前日にパスポートの有効期限が足りないことが発覚し、旅行は急遽中止になり、全額の40%のキャンセル料をこちら側が負担することになってしまいました。

パスポートの有効期限は切れていませんでした。
タイへ入国するには六ヶ月間以上の残存期間が必要だったのですが、私のパスポートの期限が残り3カ月しかなかったため、タイへ入国出来ないとのことでした。

申し込んだ際の書類には、タイ入国にはパスポー...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

残念ですが、質問者様ご自身で払うしかありませんね。
余計なことかもしれませんが、質問者様の都合で旅行が取りやめになったのですから、
ご友人の分のキャンセル料も負担すべきところではないでしょうか。
少なくとも私ならそのように友人には申し出ますし、
今までもそのようにしてきましたし、他の友人もそうしてくれます。
(社会人になると直前にキャンセルしなくてはならないこともあるんですよ。)

口頭では説明がなくても、申し込み時の書類に記載があったわけで、
これは推測ですが、恐らく『お読みください』くらいの説明もあったことでしょう。
説明がなかったわけではありませんし、それを読まなかったのは質問者様ご自身です。

それから、ご旅行の一週間前にパスポートの有効期限を確認したところで、
今回のご旅行には間に合わなかったでしょう。
また、旅行の受付と同時に旅行会社がパスポートの残存期間を確認するのは、
旅行会社独自のサービスやトラブル回避のためであって、義務ではありません。
そういった旅行会社を希望されるなら、最初から他社を利用すればよかったわけですから、
今回キャンセル料を支払わなくてよい理由にはなりません。

空港まで行ってチェックインが出来ないなんてことになったり、
運よく?チェックインで見逃されて飛行機に搭乗出来たとしても、
現地で入国拒否に合うことだって考えられますから、
前日に発覚しただけでもよかったと思いますよ。ご友人のことを考えたら特に。

今回は高い授業料だと思って素直に支払いましょう。

ちなみに、多くの国が入国条件にパスポートの残存期間を設けています。
切れていなければいいわけではありません。
旅行に行く機会が多いなら、『6か月を切ったら入国できない国がある』
と覚えておかれるとよいと思います。

こんばんは。

残念ですが、質問者様ご自身で払うしかありませんね。
余計なことかもしれませんが、質問者様の都合で旅行が取りやめになったのですから、
ご友人の分のキャンセル料も負担すべきところではないでしょうか。
少なくとも私ならそのように友人には申し出ますし、
今までもそのようにしてきましたし、他の友人もそうしてくれます。
(社会人になると直前にキャンセルしなくてはならないこともあるんですよ。)

口頭では説明がなくても、申し込み時の書類に記載があったわけで、
これは推測ですが、恐...続きを読む

Qキャンセル方法

楽天booksで本を購入したのですが、その注文をキャンセルしたくて困っています。
私は楽天会員以外なので、会員が使えるキャンセル方法は使えません。
どうすればいいのでしょうか?
注文してから1日経過していますが、キャンセルできるでしょうか?

Aベストアンサー

NO1さんの意見について

受け取り拒否はショップに損害を与えます。
(一般的に送付返送、両方の送料がショップに発生します)

よって普通はやっては行けない行為です。
後から送料など発生した損害を請求される可能性もあります。
ブラックリストに入る可能性もあります。
(普通のショップなら確実ブラック扱いでしょう)

楽天がどのような体制で行っているかわかりませんが
まず楽天booksに連絡を取りましょう。
(内容によってはキャンセル不可の契約かもしれません)
注文内容にメールなど書いてませんでした。
そちらを確認されることをお勧めします。

Q旅行会社の連絡不備がある場合の、キャンセル料について

下記のケースで、当方の過失がどの程度あるのか、判断をお願いします。
二重で予約してしまい、キャンセル料が掛かるため困っています。
長文失礼します。

同じような内容のツアーを、旅行会社のA社、B社(どちらもあまり大手ではない)に空き状況確認&見積もり依頼しておりました。
A社の方が条件がよかったため、A社にメールで予約のお願い&予約可能なら電話で連絡欲しい旨を送りました。
なお、メールには予約が取れない場合の電話連絡は結構だとも書いておきました。
A社の営業時間外まで待っても電話連絡がなかったため、予約が取れなかったものと思い、B社に電話で予約をお願いしました。
ちなみにB社は向こうの方から朝一で電話があり、まだ空きがあることを教えていただきまして、さらに予約の時には、担当の方にはキャンセル料が掛かるので十分考えた上で…と念を押された上での予約です。

その後PCでメールをチェックすると、A社から予約完了しました!とのメールが…
当然キャンセルしようとするとキャンセル料が掛かってしまいます。

電話さえあれば、悩む必要もB社で予約する必要もなく…
また条件はA社の方がよいため、かなり損をした気分です。
・無料でのキャンセル
または
(・B社キャンセル料分旅行代金を値引き)←こちらの案はあくまでできるかな?というくらいの気持ちです。
は可能なのでしょうか?

正直キャンセル料はとても痛いため、A社に負担して欲しいです。
ただメールさえ確認できていれば…(しばらくできない状況でした)とこちらの不手際もあるため、どのように交渉していけばよいのだろうか、と大変困っています。
もし私が一方的に悪いのでしたら、授業料と思い諦めますので、みなさんお知恵を貸してください!!
よろしくお願いします。

下記のケースで、当方の過失がどの程度あるのか、判断をお願いします。
二重で予約してしまい、キャンセル料が掛かるため困っています。
長文失礼します。

同じような内容のツアーを、旅行会社のA社、B社(どちらもあまり大手ではない)に空き状況確認&見積もり依頼しておりました。
A社の方が条件がよかったため、A社にメールで予約のお願い&予約可能なら電話で連絡欲しい旨を送りました。
なお、メールには予約が取れない場合の電話連絡は結構だとも書いておきました。
A社の営業時間外まで待っても電...続きを読む

Aベストアンサー

元業界人です。「予約依頼」ではなく「空き状況問い合わせ」をしただけなら、取消料はかかりません。しかし、質問者さんは「A社にメールで“予約のお願い”」をしたと明言しておられます。つまり、A社にしてみれば、立派な「予約依頼」を受けたわけですから、当然、取り消す場合は、(規定に従った)取消料を請求できます。また、「予約が取れない場合の電話連絡は結構だとも書い」たそうですが、「予約が取れるなら、予約する前に電話連絡を必ずして」と書いておられませんので、A社は当然、「予約依頼に従って予約して構わない」と解釈します。逆に言えば、A社としては、依頼を受けた以上、「正式に予約していいのかどうかわからなかったので予約しませんでした。そうこうするうちに空きはなくなりました」なんてことになると大変なわけです。

さて、「A社から予約完了しました!とのメールが」来たとのことですが、メールが来てすぐに「あれは誤解だ。予約するつもりはなかった。取り消して、取消料は免除してくれないだろうか」と電話なさったのでしょうか? そうであれば、交渉の余地はあります。「誤解」なわけですし、時があまり経っていなければA社側にとってもダメージは少ないはずです。一方で、A社から連絡を受けてから、時が経てば経つほど、取消料免除は難しくなります。なぜなら、あなたのための部屋や席を抑えているあいだに、ほかのお客さんを逃しているわけですから。

いずれにしても、A社に言うだけ言ってみてはどうでしょう。A社はA社で、ホテルや交通機関や仲介業者から取消料を請求されるわけですが、ダメージが少なければ、ホテルや交通機関や仲介業者に免除してもらえるかもしれません。A社のHPやパンフレットに掲載されている取消規定についても、よく読んでみてください。社は「書いてあること」に従いますので、活字になっている取消規定に“法の抜け穴”があれば、質問者さんに有利に働くかもしれません。でも、出発日が近づいていたり、旅行の時期が繁忙期である場合は、免除が難しく、A社がサービスであなたに請求をするのを諦めたとしても、社が取消料をかぶることになるのです。

今後、旅行会社に連絡する場合は、「予約」なのか「空席状況」なのかを明確に。特に、旅行に限らず、何か買い物を検討していて問い合わせをする時、私は「問い合わせだけです」と念を押すようにしています。例えば、「空きがあるなら予約したいと思います…」は「空いていれば、即、抑えちゃってください」と解釈するのが自然です。問い合わせだけなら「空きがあるなら教えてください。改めて予約を検討します」です。お気持ちは分からなくもありませんが、A社側にしてみれば、質問者さんが都合の良いように解釈しておられると思うでしょう。言葉って怖いんですよ。

元業界人です。「予約依頼」ではなく「空き状況問い合わせ」をしただけなら、取消料はかかりません。しかし、質問者さんは「A社にメールで“予約のお願い”」をしたと明言しておられます。つまり、A社にしてみれば、立派な「予約依頼」を受けたわけですから、当然、取り消す場合は、(規定に従った)取消料を請求できます。また、「予約が取れない場合の電話連絡は結構だとも書い」たそうですが、「予約が取れるなら、予約する前に電話連絡を必ずして」と書いておられませんので、A社は当然、「予約依頼に従って予...続きを読む

Qエミレーツ航空のキャンセルの方法

GWに旅行を考えていてエミレーツ航空のWebサイトから直接航空券を購入しましたが、
キャンセルしようと思っています。
最も手軽でも簡単に確実にキャンセル出来る方法をアドバイスいただきたく
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

リファンドできないクラスの格安航空券ならば、搭乗時間までに空港に行かないのが一番簡単で確実なキャンセル方法です。

Qじゃらんnet キャンセル規約について

じゃらんnetである宿の予約をしたいのですが、わからないことがあったので質問します。
規約ではキャンセル料が「不泊100%、当日100%、…7日前10%」と書いてあるのですが、不泊とは予約を取り消したときにキャンセル料が100%かかるということでしょうか?
その場合、7日前10%とはいったいどういう意味なのでしょう?

Aベストアンサー

不泊とは何の連絡もなくキャンセルされたこと
その場合は100%キャンセル料をいただきますという事
7日前10%とは7日前にキャンセルの連絡をした場合は
宿泊料の10%をキャンセル料として支払っていただきます。
という意味でよいかとおもいます。

関連した過去の質問もありましたのでこちらも参考にどうぞ。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3474607.html

Qコンビニ決済のキャンセル方法

コンビニ決済のキャンセルはできるのでしょうか?

先ほど出会い系のPTを買おうと思い、スマートピットだかを購入したのですがお金がもったないと思いキャンセルをしたいなと思いました。

キャンセルできるならば、どういった方法がありますでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

間違えても出会い系なら、尚更キャンセル出来ません。又出会い系のPT購入は結構ですが9割以上は悪徳サイトです。サイト名で悪徳サイトか分かりますが出会い系のPT購入はオススメ出来ません。

Q宮古駅~盛岡駅の106急行バス乗車券について。 3月に岩手方面に旅行に行き、上記バスに乗るのですが、

宮古駅~盛岡駅の106急行バス乗車券について。
3月に岩手方面に旅行に行き、上記バスに乗るのですが、
106急行バスのサイトのよくあるご質問を見ると高速バスの乗車券については事前購入ができるとあるのですが、
ネットから購入は可能なのでしょうか?
それとも駅前などの券売機やバス内での購入となるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここですよね見られたサイトは?
http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/archives/1074/

宮古 - 盛岡 便は「予約不要」になっているではないですか?
「予約不要」というのは裏を返せばネットでの予約はできない(やらない)と考えて良いのかと。

レンタカーセットプランだと事前にネットでの申し込みが必要なようですが、
往復乗車券や乗り継ぎプラン、ホテルプランだとバスセンター等の営業所まで行って直接申し込み
することになっているようですね。

Q航空券キャンセルの方法教えてください!Condor

お世話になります。下記サイトで航空券を予約したのですが、キャンセルをしたいと思っています。しかしキャンセルページが見つからず、かといって電話もできず困っています。どなたか電話ナシでキャンセルできる方法を教えていただけませんか?サイトURL:http://www.condor.com/eu/index.jsp

Aベストアンサー

コンドル航空のサイトを覗いてみましたが、キャンセルの処理をするところが見当たりませんね。

コンドル航空の連絡先のページ
http://www.condor.com/eu/help-contact/contact.jsp
にあるメールアドレスに問い合わせてみてはいかがでしょうか。
reservation.en@condor.com
電話のほうが確実とは、思いますが。

ただ、FAQを見てみたところ、特別料金の場合は、キャンセル、払い戻しは出来ないとありますが、該当していないですよね。

Q旅行のキャンセル

先日旅行のキャンセルをしました。40日前ということでその時はキャンセル料が発生しなかったのですが、数日後キャンセル料を請求されました。この場合はキャンセル料を支払うべきなのでしょうか。
ちなみに解約する前に解約料は発生しないということを3度ほど確認してます。

Aベストアンサー

No3です

まず、旅行条件書(募集パンフレット)を入手してください。
その裏面などに虫眼鏡で読むような細かい字で旅行条件書(抜粋)が記載されています。

(1)募集型企画旅行であるかを確認してください。
「このご旅行はXXX旅行社(以下当社といいます)が企画・実施する旅行であり、このご旅行に参加されるお客様は当社と募集型企画旅行契約を締結することになります」
といった表記が冒頭部分にあります。
まずこれを確認してください。

(2)次に取消料の項目を確認してください。
出発の前日から起算してさかのぼってXX前に当たる日以降yy日目に当たる日まで・・・幾ら(あるいは何%)
といった表記があります。
この表記とyukikoba様が取り消し連絡をした日を照合してください。

ここまでで恐らく問題は解決すると思います。
ピーク期は40日前から取消料の対象になりますが、年末は通常12/20以降出発分からピーク期が適用になりますので、今日現在まだその取消料発生の対象期間に入っていません。
ということは取消料の対象になるのは30日前からですので、40日前に取消されたのなら、何ら問題はないはずです。

(3)いつ誰に取消連絡をしたのかを思い出してください。

「言った言わない」の水掛け論を避けるためには、「何月何日の何時ごろ、電話で山田花子さんに申し出た」というように3回分明確にわかるといいのですが・・・
メモがなければ仕方ないですが、今後はちゃんと記録に残すようにしましょう。
これは旅行だけでなく、社会に出てからも必要な知恵ですよ(余計なお世話?)。

ですが、そもそも「水掛け論」になった時に、一方的にお客様に負担を求めるのはおかしいですね。
お互いにはっきりしていないから半額というのであれば、まだわからないでもありませんが・・・

(4)申込の成立の確認をしましょう
旅行条件書に戻ってください。

割と最初のほうに契約の成立について書かれた項目がありますね。
「旅行契約は、(中略)申込金を受領したときに成立します」とあるはずです。

また、さっき見た取消料のところの冒頭にも、
「旅行契約成立後、お客様の都合で契約を解除する時は、(後略)」
とあります。

申込金は支払っていませんね?
学校がまとめて支払ってしまっているようなこともないですね?

あなたは申込はしたものの、旅行契約は成立していませんので、取消料も何も、そもそもはじめから何もなかったのと同じです。

出来れば、(1)~(3)までで話が済むといいですが、どうしても揉めるようなら最後の手段で(4)を切り出しましょう。


学内の旅行会社をA社としましょう。
さっき確認した旅行条件書の「XXX旅行社(以下当社・・)」はA社と違う会社だったら、また別に解決の道があります。

万一ですが、何か特殊な契約で特別な条件があるのであれば、具体的に細かく聞いてきて、またご連絡ください。

No3です

まず、旅行条件書(募集パンフレット)を入手してください。
その裏面などに虫眼鏡で読むような細かい字で旅行条件書(抜粋)が記載されています。

(1)募集型企画旅行であるかを確認してください。
「このご旅行はXXX旅行社(以下当社といいます)が企画・実施する旅行であり、このご旅行に参加されるお客様は当社と募集型企画旅行契約を締結することになります」
といった表記が冒頭部分にあります。
まずこれを確認してください。

(2)次に取消料の項目を確認してください。
出発の前日から...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報