標記について、私の勉強不足でわかりません。
9月11日の日経流通新聞15面を読んでいて、
「物価弾性値」・「名目所得弾性値」なる表現が出てきました。

「弾性値」の意味がわからず、
弾性値というのが
Y=a+blogX
のような形であらわされ、1%の伸びがb%の需要の伸びを表すというようなふうに理解したのですが、この考えで正しいのでしょうか?
 例で上げた記事では、例えば総務省「家計調査」「消費者物価指数」などから、
食料費の推計期間1995-2000年の物価弾性値が0.8%くらい、名目所得弾性値というのが0.7%くらい(新聞記事のため細かい数値が出ていません、表の見た目で書きました)で表にプロットされていますが、これはどう理解すればよろしいのでしょうか?
また、このような値の結果を導出するためには、エクセルなどの関数を用いて算出するのでしょうか? それとも、何か対応表みたいなものがあってそれを用いて計算しているのでしょうか?
 このような数値の計算過程もわかれば幸いです。

 「弾性値」という言葉をはじめて耳にし、いろいろ調べてはいるのですが、物理学のページにヒットしたり、「弾性値」の値だけのっていて、算出式が乗っていなかったりと、なかなか理解にいたりません。
 また、「弾性値」という表現の近くには「弾力性」という言葉もよく出てくるのですが、「弾性値」と関連が深いのでしょうか?
 
 質問が多くなってしまいましたが、なにとぞご教授お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

AのB弾性値とは、Aが1%増加したときにBが何%増加するかと言うものです。


1を超えると弾力性が高い。1を下回ると弾力性が低いといいます。
食料費の物価弾性値が0.8というのは物価が1%増加しても食料費は0.8%しか増えませんでしたという意味。また、名目所得弾性値0.7というのは名目所得が1%増加しても食料費は0.7%しか増えないという意味です。
つまり食料費の弾力性は低いのです。
これは、物価や所得が変動しても、食料費はそんなに変動しないということを示しています。
そりゃそうですよね。物価が2倍になっても、所得が半分になっても、食べる量を半分にすることはできませんよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。そういうふうに読めばいいのですね。
私って、まだまだ経済の勉強が足りないみたいです、、、
どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/09/12 13:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHTML→PHP フォームの値の受け渡しができません

PHPをはじめたばかりの初心者です。
ネットでいろいろ調べましたがわからず困っています。
お助けくださいm(_ _)m

<内容>
フォームの入力内容をPHP側で参照できません。
具体的には、
<form method="post" action="test.php">
<select name="BirthDay" size="1">
<option value="1">1月生まれ</option>
<option value="2">2月生まれ</option>
<option value="3">3月生まれ</option>
</select>
<input type="submit" value="決定">
</form>
で飛ばした値を、
print($BirthDay);
で表示させようとしています。
しかし、$BirthDayには何も入ってきません。
ただ、できないのはローカル環境だけで、
実際、他のサーバーにアップしてやると正常に
動作します。
ローカル環境は
Win2000SP4+PHP4.4.1+Apache1.3.34
です。
httpd.confを見直しましたがわかりませんでした。
ぜひアドバイスをお願いしますm(_ _)m

PHPをはじめたばかりの初心者です。
ネットでいろいろ調べましたがわからず困っています。
お助けくださいm(_ _)m

<内容>
フォームの入力内容をPHP側で参照できません。
具体的には、
<form method="post" action="test.php">
<select name="BirthDay" size="1">
<option value="1">1月生まれ</option>
<option value="2">2月生まれ</option>
<option value="3">3月生まれ</option>
</select>
<input type="submit" value="決定">
</form>
で飛ばした値を、
print($BirthDay);
で表示させようと...続きを読む

Aベストアンサー

そういうときは

$_POST[BirthDay] で受け取ります
GETの場合は
$_GET[]です

Qインフレ率0.7% 絶体絶命 日銀首脳部

生鮮食品を除く総合で消費者物価指数が2014年11月、2.7%となりました。
http://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-z.htm

消費税の影響は日銀試算で2%なので、消費税の影響を除くと 2.7-2=0.7% となり、2015年中のインフレ率2%(消費税の影響除く)の日銀の公約は非常に難しい状況になってきました。この0.7%は追加緩和の後の数字です。

黒田総裁は「何が何でも目標を達成する」といい続けてきていますので、当然、さらなる追加緩和が予想されますが、どう思いますか?

岩田副総裁はインフレ2%が達成できなかった場合、辞任するといっていましたが、これでは辞任まぬがれないと思いませんか? 

実際には、2014年3月では1.3%インフレで日銀は絶好調だったのですが、日銀は消費税増税の影響を完全に見誤ったのではないでしょうか?

Aベストアンサー

"さらなる追加緩和が予想されますが、どう思いますか?"
   ↑
やるでしょうね。そしてやるべきだと思います。
このチャンスを逃したら、失われた30年、50年に
なるやもしれません。
その先は途上国です。
是非とも、ここで何とかして欲しいです。

ワタシ的には、消費税減税をすべきだ、と思って
いますが、現実には無理でしょう。


”これでは辞任まぬがれないと思いませんか?”
     ↑
辞任するかもしれませんね。
実務家、というよりは学者です。あの人は。


”日銀は消費税増税の影響を完全に見誤ったのではないでしょうか?”
    ↑
世紀の大ミスです。
そもそも失われた20年は、少し景気が上向くや利率を
上げてきた日銀の愚策が原因です。
それと同じことをやってしまった訳です。
ああいうエリートは、生活の苦労など経験していない
でしょう。
だから、たかが3%ぐらい、と判断を誤るのです。

Qhtmlからphpへの値の受け渡しについて

いつも助けてもらってます。
今回も宜しくお願い致します。

現在、複数のhtmlページから一つのphpを呼び出しているのですが、
phpのselect文の中で各ページの持つ定数(変数?)を使用したいと考えています。

phpのselect文
SELECT
*
FROM
ITEM
WHERE
ITEM_DIV = 各ページの定数(文字列)


各ページの定数は、必ず同じ物です(ダイエット、食品etc..)
グーグルなどで調べた結果、
POSTやSESSION、FORMで出来そうな感じだったのですが、

渡すものがいつも決まっていて、かつ一つなので
もっと簡単に渡せるんじゃないかな?と考えて投稿させてもらいました。

宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

php側で、どのhtmlからリンクされたかが分かればいいと思いますので、
サーバ環境変数の $_SERVER['HTTP_REFERER'] で可能かと思います。

参考URL:http://lib.stwing.jp/archives/2005/09/php_server.html

Qインフレ率1%上昇すると物価も1%上昇する?

インフレ率1%上昇を目指すと言っていますが、実際に僕らの生活にあてはめると物価はどのくらい上がるのですか?例えば100円のものが101円になると考えていいのですか?

Aベストアンサー

すんごく簡単にいうとその通りです。
 尚全部が上がりますので、貴方の給料もあがります

Qhtmlファイルからphpファイルへの値の受け渡し

表を使った問い合わせフォームを作成したのですが、データを受け渡す方法がわかりません!!

初めの問い合わせページは以下のようにhtmlファイルで記述しました。

この場合、次のページにデータを引き渡すphpファイルには、どうのような記述をしたら良いのでしょうか?

<form method="post" action="info.php">
<table class="table margin01" width="592" border="0" cellpadding="0" cellspacing="0">

<tr>
<td width="190" align="left" bgcolor="#FFF09D">お名前 <span class="tabletext1">※必須</span></td>
<td><input name="name" type="text" class="form01" id="name" /><br />
入力例:山田 太郎
</td>
</tr>

<tr>
<td align="left" bgcolor="#FFF09D">メールアドレス <span class="tabletext1">※必須</span></td>
<td><input name="mail" type="text" class="form01" id="mail" /><br />
入力例:●●●●●●@yamada.co.jp
</td>
</tr>

<tr>
<td align="left" bgcolor="#FFF09D">メールアドレス(確認) <span class="tabletext1">※必須</span></td>
<td><input name="mail2" type="text" class="form01" id="mail2" /></td>
</tr>

<tr>
<td align="left" bgcolor="#FFF09D">お問い合せ内容 <span class="tabletext1">※必須</span></td>
<td>
<select name="list" id="list">
<option>お問い合せ内容をお選びください</option>
<option>事業内容について</option>
<option>求人について </option>
<option>その他</option>
</select>
</td>
</tr>

<tr>
<td align="left" bgcolor="#FFF09D">内容 <span class="tabletext1">※必須</span></td>
<td><textarea name="content" id="内容" cols="45" rows="5"></textarea></td>
</tr>

</table>

<p align="center" class="margin01">
<input type="reset" value="クリア" />
<input type="submit" value="送信内容を確認する" />
</p>
<input type="hidden" name="test" value="cloud" />
</form>

表を使った問い合わせフォームを作成したのですが、データを受け渡す方法がわかりません!!

初めの問い合わせページは以下のようにhtmlファイルで記述しました。

この場合、次のページにデータを引き渡すphpファイルには、どうのような記述をしたら良いのでしょうか?

<form method="post" action="info.php">
<table class="table margin01" width="592" border="0" cellpadding="0" cellspacing="0">

<tr>
<td width="190" align="left" bgcolor="#FFF09D">お名前 <span class="tabletext1"...続きを読む

Aベストアンサー

ここが参考になりますかね。


http://www.phppro.jp/school/phpschool/vol6/1


postの処理をどう判定するのかどうか書いてあります。

若干異なるのは、質問者さんは次の画面で入力チェックを行いたいと言う事ですが、
参考サイトは遷移前で入力チェックを行っています。
入力するたびに次画面に遷移してエラーであれば戻ると言うのは
あまりよろしくないかと思いますが…。

Q物価上昇2%で日本の借金は幾らまで減りますか?

物価上昇2%で日銀と政府が合意したとの報道です。結局これは円を印刷して日本の借金1000兆円を減らすということだと思いますが、いくら位まで減りますか?
(一国民として100兆円もの借金があるということは精神的にとても苦痛です。)

Aベストアンサー

>いくら位まで減りますか?

残念ながら減りません。

ドーマー条件と呼ばれる考え方があります。基礎的財政収支が赤字でなく、名目経済成長率が利子率を上回っていれば問題ない。分かりやすく言うと要するに、給料の伸びが借金の金利より高ければ、新たな借金を作らないかぎり借金は減っていく、という考え。計算式はこれ↓です。


政府債務の変化額 = 基礎的財政収支赤字額 - ( 経済成長率 - 利子率 ) x 政府債務


この数式に、次の通り日本の経済状況を代入。

     基礎的財政収支赤字額: ▲43兆円
     経済成長率: 2%
     利子率: 1%
     政府債務: 1,122兆円
     名目GDP: 475兆円

<1年目>
債務増加: (43 + 10) - ( 0.02 - 0.01 ) x 1,122 = 41.78兆円
政府債務対GDP比: (1,122 + 41.78) ÷ (475 x 1.02) = 240.2%
(注:緊急経済対策の10兆円を債務増加額に加算しています)

<2年目>
債務増加: 43 - ( 0.02 - 0.01 ) x (1,122 + 41.78) = 31.36兆円
政府債務対GDP比: (1,122 + 41.78 + 31.36) ÷ (475 x 1.02 x 1.02) = 241.84%

・・・・・・

<10年目>
債務残高:1,435兆円
GDP: 579兆円
政府債務対GDP比: 1,435 ÷ 579 = 247.83%



したがって計算の結果、

・経済対策は今回の緊急経済対策10兆円のみとする。
・政府支出を絶対にこれ以上増やさない(=基礎的財政収支赤字を悪化させない)。
・毎年必ず2%の経済成長を続ける。
・債務の実効利子率はこの先もずっと1%のまま。

という非常に厳しい条件を実現できたとしても、政府債務の対GDP比率は悪化の一途をたどります。そして10年目に政府債務残高は1,435兆円に達し、日本の個人金融資産額を超えます。

この超厳しい条件を10年目以降も守り続ければ、14~15年目頃から政府債務の対GDP比率は改善に転じます。しかし、あまりに条件が厳しすぎるので無理でしょう。政府支出拡大の甘すぎる姿勢を一刻もはやく改めて赤字を削減し、なおかつ、政府支出を増やさずに、あるいは削減してでも経済を成長させるような手を打たなければなりません。

>いくら位まで減りますか?

残念ながら減りません。

ドーマー条件と呼ばれる考え方があります。基礎的財政収支が赤字でなく、名目経済成長率が利子率を上回っていれば問題ない。分かりやすく言うと要するに、給料の伸びが借金の金利より高ければ、新たな借金を作らないかぎり借金は減っていく、という考え。計算式はこれ↓です。


政府債務の変化額 = 基礎的財政収支赤字額 - ( 経済成長率 - 利子率 ) x 政府債務


この数式に、次の通り日本の経済状況を代入。

     基礎的財政収支赤字額: ▲43兆円
 ...続きを読む

QHTML データ受け渡し

HTMLのデータ受け渡しをしたいのですが

例えば

・担当者_HTML

担当者選択
A        ←Aを選択(Aという値を年齢_HTMLに転送)


・年齢_HTML

年齢選択
20代     ←20代を選択(20代という値とBという値を実行ファイルに渡したい)
30代

Aベストアンサー

これだけのデーターだとすると、自作自演。

このような事をしたいと思うということは、この手の事をしていないと、この発想をしない。

とりあえず、候補を挙げておくが。

基本的なところから

http://reference.ascii.jp/html/form

ServerSideScriptを使う。POSTなのかGETなのかがポイント。

次にGETの応用

URL#HTML Object Element Name(ID)

これにイベント属性との組み合わせ。

JavaScriptなどを使った、ClientSideScriptで選択した結果を処理し、最後にFORMで送信。

ASPXやJSPなどを使えば、バインドしたHTMLタグを使える、

やり方は、さまざまあるので、基本的な事をまなんでから、何ができそうだから、何を使ってやる場合。などと、再度質問してください。

Qマクロ経済について質問です。 「もし物価がこの10年間に20%下落していたらどうでしょう?10年前に

マクロ経済について質問です。
「もし物価がこの10年間に20%下落していたらどうでしょう?10年前に500万円で買えたものが、今や400万で買えるわけですから、600万円の所得で、10年前の1.5倍のモノが買えることになります。つまり、実質的な所得は、50%増加していることになります。」
とあったのですが、なぜ実質的な所得が50%増加していると分かるのですか?
もしよければ、解き方を教えていただきたいです。

Aベストアンサー

「600万円の所得がある人が、10年前には500万円支払わなければならない物を購入する際に、今では(物価の下落のおかげで)400万円で購入出来る、すなわち実質賃金が50%増加している」
と言う意味では、その計算式であっています。

追記:高校の勉強か大学の勉強かは分かりませんが、テキストもずいぶん極端な例で解説しますなぁ…。

まぁ、現実的な数字よりも、極端な方が「本当に実質賃金のことがわかっているか」が試されるためなんでしょうね。

Q値の受け渡しについて

JavaScriptを使用しa.htmlからb.htmlへ
値の受け渡しについて分らない事があります。

やりたいことはa.html内にある
<a href="b.html">あああ</a>の「あああ」の値を
b.html内にある<INPUT>に入れたいのです。

現在記述しているコードを下記記しますので
何方かご教授お願いします。

■a.html
<html>
<a href="b.html" onclick="this.href=this.href+'?'+encodeURIComponent(this.innerHTML)">あああ</a>
</html>
■b.html
<html>
<script type="text/javascript">
query = decodeURIComponent( location.search.slice(1,1000) );
document.getElementById('in_name').value = query;
</script>
<form>
<INPUT type="text" id="in_name" name="in_name" value="">
</form>
</html>

JavaScriptを使用しa.htmlからb.htmlへ
値の受け渡しについて分らない事があります。

やりたいことはa.html内にある
<a href="b.html">あああ</a>の「あああ」の値を
b.html内にある<INPUT>に入れたいのです。

現在記述しているコードを下記記しますので
何方かご教授お願いします。

■a.html
<html>
<a href="b.html" onclick="this.href=this.href+'?'+encodeURIComponent(this.innerHTML)">あああ</a>
</html>
■b.html
<html>
<script type="text/javascript">
query = decodeURIComponent(...続きを読む

Aベストアンサー

document.getElementById('in_name').value = query;



window.onload=function(){
document.getElementById('in_name').value = query;
}

としてください

Q消費者物価上昇2%は達成されますか?

安倍内閣の大目玉、消費者物価上昇2%は達成されるのでしょうか?


どのように達成されていくと考えられるのでしょうか?



100円のものが2%アップの102円となるというところをみると、たいしたことなく行えて、問題ないようにみえます。

当然、高価なものになりますと、その2%アップは大きなものになってきます。


これはまるで消費税がアップしたかのように思われるかもしれません。



それだけだと、国民は騙されたかのように捉えてくると思われます。



問題は給料の面でありますが、ここも2%アップ単純にできるものでしょうか?

そこまで単純にと申し上げるのであれば、政府から直接2%アップ分を先に国民のみなさまにお渡しし、それから各会社企業から2%を巻き上げれば済むのではないでしょうか?


富裕層への増税を厳しくし、低所得者層を活気づける策略も考えているようでありまして、とても愉快に感じる方も大勢いるとの観測がでています。


なかなかうまく計算もされているようでして、毎年13兆円の追加予算を組めるようなシステムに形式上してあるのだそうです。


官民ファンドでうまくまわして毎年13兆円の追加投資ができるしくみを考え出したと天才的な英知を集めて施行してきていますが、国民レベルではこれは感覚としては捕えられないものと感じます。

公共投資し、道ができればそこにお店も建てられるというしくみで、経済成長をしていけるのでしょうか?


まだ眠れる資源などを開発するのに、手間がかかりますからこのためにも毎年の13兆円の追加投資ができるしくみというものには安心感を与えるものがありますが、同時にそんなことできるんかいな?という天文学的な疑問を持つ方面も多いと感じます。

震災復興、原発修復、廃炉、新エネルギー開発、採掘、天然ガス探鉱、中国との軋轢修復、戦略的互恵関係、自衛隊特措法などやらねばならぬ事業がたくさんひしめきあっています。


やることは山積しているのに、詰まったうんこがなかなか出ていかないのはなぜなのでしょうか?


でもこれから動き出すのでありましょうか?

みなさまのご意見ご考察をたまわりたいと存じます。

安倍内閣の大目玉、消費者物価上昇2%は達成されるのでしょうか?


どのように達成されていくと考えられるのでしょうか?



100円のものが2%アップの102円となるというところをみると、たいしたことなく行えて、問題ないようにみえます。

当然、高価なものになりますと、その2%アップは大きなものになってきます。


これはまるで消費税がアップしたかのように思われるかもしれません。



それだけだと、国民は騙されたかのように捉えてくると思われます。



問題は給料の面でありますが、ここも2%ア...続きを読む

Aベストアンサー

”安倍内閣の大目玉、消費者物価上昇2%は達成されるのでしょうか”  
     ↑
これは、予想が難しいですね。
(1)過去、例が少ない、というか無いのでは。
 インフレを抑えるためのインフレターゲットはありましたが
 デフレからの脱却というのは、例がなかったと記憶しています。
(2)そもそも経済理論ほど信用できないものはありません。
 経済の専門家ができるといっても信用できないし
 できない、といっても信用できません。

”これはまるで消費税がアップしたかのように思われるかもしれません”
      ↑
ひとつの方法として、来年から消費税を1%上げるぞ、とすれば
今年の消費は増えます。
再来年も同じことをすれば、来年の消費も増えます。
だから、インフレになることが確かなら、消費はあがるはずです。

”問題は給料の面でありますが、ここも2%アップ単純にできるものでしょうか”
     ↑
インフレターゲットが成功して景気が上向けば、
給料も上がるでしょうが、タイムラグがあります。
通常は、景気が上向いてから2~3年はかかるといわれて
います。

”でもこれから動き出すのでありましょうか”
    ↑
安部さんの狙いは、参議院選挙にあります。
それまでに何とか格好をつけて勝利しようと
しているのでしょう。
経済さえよくなれば、ほとんどの国内問題は解決
します。
このまま、沈むのか浮き上がるのか、今まさに
分水嶺にあるのだと思っています。













 

”安倍内閣の大目玉、消費者物価上昇2%は達成されるのでしょうか”  
     ↑
これは、予想が難しいですね。
(1)過去、例が少ない、というか無いのでは。
 インフレを抑えるためのインフレターゲットはありましたが
 デフレからの脱却というのは、例がなかったと記憶しています。
(2)そもそも経済理論ほど信用できないものはありません。
 経済の専門家ができるといっても信用できないし
 できない、といっても信用できません。

”これはまるで消費税がアップしたかのように思われるかもしれません”
 ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報