ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

最近レコードを再度聞き始めたのですが、
レコードを聞いていると、良く音が擦れたり、片チャンネルしか音が聞こえなくなったりします。色々原因を考えたのですが、多分レコードプレーヤーが原因だと思います。レコード針には寿命があると聞いたのですが、私はトータルで100枚以上のLPを聞いたのですが、これは針が原因で音が片方しか出なかったりするのでしょうか?

また、レコード針というのは、どのプレーヤーにも同じ針が使えるのでしょうか?予めプレーヤー、カートリッジ等によって使用できる針が決められているのでしょうか?

また、私の使用してきたプレーヤーは、昔の安物プレーヤーらしく、アームも固定されていて、全てプラスチック製で、カートリッジというのもアームと一体化されていて、取り外す事ができなそうです、針もどうやら固定されているものらしく、はずす事が出来ない感じなのですが、針の一般的な外し方というのはあるのでしょうか?
針も固定されている安物プレーヤーというのは、実際存在するのでしょうか。

このような寿命が来た?針を使用しつづけるのはレコード自体にも悪い影響を与えるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

引き続き#5です。



>このような寿命が来た?針を使用しつづけるのはレコード自体にも悪い影響を与えるのでしょうか。

もちろんです。また、安価なプレーヤーの針自体が新品でもレコードの溝を拡げてしまい、貴重なレコードを傷付けるのが早いのです。

もし、大切なレコードならプレーヤーも少し奮発して良い物を買ってあげて下さい。

当方は、12~13年ほど前に約13万5千円で購入したプレーヤーが今も元気に動いてくれています (^_^)

もし、ライン入力の付いたミニコンかラジカセをお持ちなら、見違えるような音で聞けますよ。

例えば、下記のくらいの物を、

DENON
アナログプレーヤー DP-500M
http://jmall.joshin.jp/servlet/emall.odr_wp?SHP= …

プレーヤーとミニコンやラジカセの間にフォノイコライザーという物をつないで下さい。

audio-technica
フォノイコライザー AT-PEQ3
http://jmall.joshin.jp/servlet/emall.odr_wp?SHP= …

交換カートリッジも、まだ色々と有りますよ。
http://jmall.joshin.jp/servlet/emall.odr_wp?SHP= …

カートリッジの交換で、色々な音色が楽しめます。
楽しいですよ。

資金が貯まったら、本格的なオーディオアンプを購入すれば目から涙が(笑)
    • good
    • 1

#5です。



補足を頂いたので、調べてみました。

すでに、#6/7/8の方の回答どおりカートリッジではなく針先だけを交換するタイプです。

ですが、本体の方に異常が認められるとの指摘が有りますので、大きな家電量販店で実物をご覧になった上、新しく買い替えの方がベストのようですね。

ジョーシンのウェブショップなら、税込みで5千円以上の買い物なら送料は無料です。

Joshin.web
アナログプレーヤー一覧
http://jmall.joshin.jp/servlet/emall.odr_wp?SHP= …
    • good
    • 0

 メーカーと型番がわかればこちらのサイトで適応するカートリッジやレコード針を検索できます。


 もちろん購入もできます。

参考URL:http://www.apis-jp.com/
    • good
    • 0

KD-4020であれば針交換はできるはずです。


針のついているプラスチック部分の両脇をつまんで斜め下へ引けば外れます。
取り付けはその反対ですから簡単交換できます。
    • good
    • 0

>アームも固定されていて、全てプラスチック製で、カートリッジというのもアームと一体化されていて



Rondaさんが書かれているようにポータブルタイプのプレーヤー(ポータブルでなくて据え置きでも其の方式のプレーヤーも存在しました)によく使われていた、クリスタルの針を使うものです。

この方式はカートリッジを使用するMM型やMC型と違って、出力が大きくPhonoアンプも必要としないため廉価なプレーヤーに使われました。

針はクリスタル針の場合、たいてい汎用で、針の根元のねじをはずして取り替えるものです。

ただしご使用のプレーヤーが片方しか音が出ないというのは針のせいではなく、針からアームを通ってる細い信号線の断線、あるいは其の先のアンプの故障かもしれません。
残念ですが針を交換しても直らないと思います。
    • good
    • 0

比較的最近(3~4年位)の物なら調べられると思いますので、メーカー名・型番は分かるでしょうか?



参考までに、下記URLのような低価格プレーヤーでも針は交換針として在庫の有る場合が多いです。

<オーディオテクニカ>
ステレオターンテーブルシステム AT-PL30
http://www.biccamera.com/bicbic/app/w?SCREEN_ID= …
交換針の型名は、「ATN-3600L」です。

上記のように、針先は交換できる場合が多いですから、販売店でプレーヤーのメーカー名・型番を告げると取り寄せてもらえると思いますよ。

ただし、8年以上たった物の場合は在庫の無い場合が有りますので、新規購入された方が良いでしょう。

レコード盤を傷つけない為にも。

安い物なら1万円以下で買えますよ。

この回答への補足

型番はケンウッド KD-4020です。
多分10年以上経過したモデルだと思います。
本当に見た感じ廉価なモデルのようで、針の調整や針圧調整云々できる機能を有したモデルでは到底ないようです。

今は、正常に音が出ていますが、酷いとしょっちゅう片側しか音が出なかったりします。不幸にもハードがレコードプレーヤーしかないので、他のソースでチェックできないのですが、やはりプレーヤーが原因だと思います。

上記リンクのプレーヤーの方がまだ高価にみえます。
そのプレーヤーの写真で先端が白くなっている部分がカートリッジっていうんですよね?(初歩的ですいません)。このモデルはカートリッジ交換できるのでしょうか?

どっちにしても、上記のような価格帯で安いプレーヤーを新規購入するか、ケンウッドに問い合わせてみようと思います。

補足日時:2005/04/20 20:55
    • good
    • 0

ご使用のプレーヤーは下記のようなポータブルタイプではありませんか?


その場合も針交換はできます。
ただし、ポータブルプレーヤーの場合はレコード盤に与えるダメージが大きいので、大切なレコードの場合はきちんとしたプレーヤーで針圧を管理して聴いた方がいいと思います。
ただ、この場合はカートリッジの出力電圧が低いのでイコライザーを内蔵したオーディオアンプ等が必要になりますから、いろいろと買い足さなければいけないかもしれません。

参考URL:http://denon.jp/products/GP3R.html
    • good
    • 0

針は取り替えるのがベターでしょう。

でも今回のトラブルは針そのものではありません。針を押さえているカートリッジに問題がありそうです。片チャンネルしか音がでないのは、針のせいではありません。
カートリッジで針はきちんと真ん中についていますか、ずれていませんか。真ん中についているなら、カートリッジそのもので聞こえないほうの磁石・コイルの動作がおかしくなったか、断線しています。
カートリッジ交換できる物なら、ねじを締めなおして見てください。
あるいは、プレーヤーからアンプの間で接触不良も考えられます。プレーヤーの接続口にCDプレーヤーをつないで左右から音が出ることを確認してください。
音量は0からすこしずつ上げてください。
古い針をいつまでも使うと、レコードの溝がほられて音質が悪くなってきます。
    • good
    • 0

まず片チャンネルしか聞こえなくなるというときは、配線の接触不良、もしくはカートリッジの接触不良、不具合の可能性があります、カートリッジに問題があれば、針を交換しても治らないかもしれません



レコード針はカートリッジ専用です、汎用はありません、メーカーで交換針が無いとカートリッジ本体を交換する必要があります
一体式でカートリッジが交換できないとなると、プレーヤーが使えないかもしれません
まずメーカーに相談することです

針が寿命になると音が悪くなり、レコード自体を傷つけることがあります
一定時間使ったら定期的に針を交換することをお勧めします
    • good
    • 0

>レコード自体にも悪い影響を与えるのでしょうか。



傷ついたら終わりなんですけど…(・・;)



参考URL:http://www.communet.co.jp/shop/nagaoka/hari.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレコードの音割れ

オーディオ初心者です。
レコードプレイヤーにアンプとスピーカーをつないでレコード鑑賞をしています。
最近、アンプとレコード針を取り替えました。
その結果、レコードをかけると音割れが目立つようになってしまいました。
レコードの種類によって音割れがほとんどないものから聞くに堪えないほど割れるものまで様々ですが、総じて交換前の状態よりはひどくなっています。
ラジオ等を聴く際には音割れしないので、スピーカーやアンプではなくレコードプレイヤーの問題と考えてよいでしょうか?
(アンプが以前よりよいものになったので今までは見過ごしていたノイズも拾ってしまうとか…そういうこともありえますか?)

ちなみに交換したレコード針は、前に使ってたものとまったく同じものです。単に壊れたから買いなおしただけで、ランクアップしてません。

せっかくまたレコードライフが楽しめると思っていたのに音割れに悩まされています…原因と考えられるものと対処法を教えてもらえると嬉しいです!

Aベストアンサー

原因としての可能性は。
1、針圧の不適正
2、針のつけ方の不適正
3、カートリッジ部の接触不良
4、イコライザの故障

1についてもし針圧の調整がわからなければ、針圧0にすることはできますか?
できれば0にして(針が少し浮く程度)カートリッジの上に一円玉2~3枚載せてくださいこれで針圧は2~3gになります。
試してみてください。これで割れなければ針圧の問題です。
正規の2.5gに調整しなおしをします。
2のケースですが、良くあるパターンなのでもう一度つけなしてみてください。つけ方が悪ければなおるはずです。
3も同じくよくあるケースです。ねじ部をよくつかんで締めなおしを試してください。
4はあまり考えられませんが、他の正常なプレーヤーをつないで確認するしかありません。

Qレコードプレーヤーによる音の違いはあるか

現在、デノンのDP-1300IIを使っています。

季刊アナログ誌によるとプレーヤーによって音が変わるとのことですが、納得がいきません。
音を決めるのはカートリッジのはずです。

勿論、1~2万円のプレーヤーでは難しいと思いますが、ある程度(DP-1300II)以上なら余程悪い環境でない限りは99%位はカートリッジが支配することになるはずです。

趣味としてガチガチのプレーヤーを使用することを否定するものではありませんが。

そんなにプレーヤーによって音が変わるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)は相当にばらつくものと思います。その観点からすれば、ご質問者のご意見には賛同します。
しかし、ココで重要な事は何かと言うと、趣味としての所有する喜びが、各々の機種にあるかと言う事です。特にアナログプレイヤーは手にふれる、調整するなど、趣味性の高い分野です。たとえば、SMEのアーム、ガラードやトーレンスなどのターンテーブルは触れる眺めるなどの点から、音を度外視してしまう魅力があります。
ハイエンドの世界ではダイレクトドライブよりベルトドライブに人気があるのは、音の違いよりもその構造から来る魅力であると言えます。違いが分かると言われる方もいますが、フェアなブラインドテストで行ったら全く違う結果が出る事を何度も経験しています。
ダイレクトドライブでもエクスクルーシブP3が別なのは、あの重量感とデザインが大きく所有感をくすぐるからです。マイクロの8000などもその部類ですが、マシーン的な外観が所有欲を注がれる人とそうでない人を分けると思います。
ご質問と違う話になってしまいましたが、DP-1300IIであれば、余り評価を気にせずにカートリッジの変化でいろいろな音を試されたらと思います。

評価から逃れる方法はただひとつ、良い音とか、自分の好きな音とかではなくて、そのプレイヤー本体にあなたが寄り添う事に尽きます。DP-1300IIにあなたが寄り添えるならば、もう何も必要ないでしょう。しかしご質問されている事自体から、寄り添うべきプレイヤーではないと言う事になります。
データ上の進歩はあっても、所有欲を満たすものと言うのは本当に少なくなりました。私であれば、アナログ全盛の時代のトーレンスやガラードにSMEやオルトフォンのアームを選択し、聴くと言う事以外に手入れや調整に楽しみを見つけます。ただこの場合は、アンプやスピーカーもそれに見合った物でないとバランスが悪いでしょう。このバランスと言うのは音の観点よりは、所有欲と言う事になります。低価格でも品位の高いアンプやスピーカーは新製品でもあるでしょうが、最近の日本製品には見当たりませんが・・・。マッキントッシュ(アンプ系)、クウォード(アンプ、コンデンサーSP)など、この辺りの程度の良い中古品で組みなおしてアナログを楽しめば、評価の呪縛から逃れられると思います。
そして、現代のオーディオにはPCオーディオをプラスする。PCオーディオは超デジタルゆえ、雑誌で言われるほどの音の差は出ませんし、出ていようがどうしようが、なんといってもアンプ、SPがそんな些細な違いを超えた世界を作ってしまいますから。

所有する喜び、その機器に自分が寄り添う事。この事でオーディオの世界が一変します。毎日手入れが楽しいですよ。

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)...続きを読む

QLPレコードの洗浄方法

LPレコードを楽しんでいますが、避けて通れないのがスクラッチノイズです。ノイズがひどい場合は洗面所のシンクに中性洗剤を入れ、スポンジで洗っていますが効果は今一です。超音波を使ったレコード洗浄機も市販されているようですが高価で手が出ません。市販の専用スプレーも試してはみているのですが、一長一短・・・・。どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

他の方が仰るとおり、スポンジでは音溝の奥まで
届かないと思います。
こんなクリーナーはいかがでしょう。
エクセルサウンドES-180
http://diskunion.net/acc/ct/detail/ACS-564
似たような製品(高いですけど)
http://diskunion.net/acc/ct/detail/ACS-879
この手のクリーナーで洗剤を使って丸洗いすれば、
音溝の底の粒子状のゴミもかなり取れると思います。

これらが手に入らない、または高いという場合は・・・・
デンターシステマ、歯ブラシです。
http://systema.lion.co.jp/product/systema_brush.htm?showNavi=1
かなり実績がありますし
http://www.asahi-net.or.jp/~zi2a-hsgw/(これのブラシ部分)
私も使って効果ありでした。
こんなの作っちゃう人もいます。
http://vyniljunkie.seesaa.net/article/6093642.html
(中程です)
丸洗い後の拭き取りは、化粧用のパフが良さそうです。

私は30年程前に、バキュームクリーナーを購入、
現在に至っております。こいつの同等品。
http://diskunion.net/acc/ct/detail/ACS-305
当時は\30000ぐらいでした。
大変優れ物なんですが、付属のブラシがヤワいんですね。
そこで、デンターシステマの登場なんです。
ここまでやってダメなら、あとはレコードの傷って感じです。

実はこの辺の情報は、2chで得られた物が結構あります。
ピュアAU板の「レコードのクリーニング」スレ。
アホなレスもかなり多いのですが、時に役立つ
情報もあります。
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1364565364/l50
ヒマがあればどうぞ。

他の方が仰るとおり、スポンジでは音溝の奥まで
届かないと思います。
こんなクリーナーはいかがでしょう。
エクセルサウンドES-180
http://diskunion.net/acc/ct/detail/ACS-564
似たような製品(高いですけど)
http://diskunion.net/acc/ct/detail/ACS-879
この手のクリーナーで洗剤を使って丸洗いすれば、
音溝の底の粒子状のゴミもかなり取れると思います。

これらが手に入らない、または高いという場合は・・・・
デンターシステマ、歯ブラシです。
http://systema.lion.co.jp/product/systema_brush.htm?s...続きを読む

Qアナログレコードを聴いているとサ行が濁る。(歪む?)

アナログレコードを聴いているとサ行が濁るように聞こえるの(シの場合シィッという感じです)ですが原因はなんでしょうか?これを改善する方法ありましたら教えてほしいのですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

レコードの洗浄方法、それでよろしいかと思います。
僕はちょっと強引な方法でカビ取りスプレーでカビを除去しました。レーベルに溶液が付着しないように注意して。

さて、あとチェックするところは針圧ですが、お使いのカートリッジは僕は全然知りません。

最適針圧+10% 程度上げてみてはそうでしょうか。
カートリッジがしっかりとヘッドシェルに取り付けられているか、ビスが緩んでいても歪のように聞こえます。

もうひとつチェックする箇所。
スピーカーの音を完全に絞って、レコードを演奏します。周囲を静かにして、ヘッドシェルに耳を近づけます。
このとき、かすかにでも音が聞こえてきたらヘッドシェルやカートリッジのハウジングが振動しているわけで、これが再生音に悪影響を及ぼします。

ヘッドシェルにグレードの高い製品を使いますとこの振動が聞こえなくなってきます。

僕の場合、オーディオクラフト製のヘッドシェルに交換してから、この音が全くと言っていいほど聞こえないところにまで追い込むことができました。ちなみに価格は10,000円ほど。

スタイラスクリーナーは下のURLから。
高価な製品は必要ありません。
(他にも「スタイラスクリーナ」で検索をかけてみてください)

付属のブラシに少しだけ溶液を“浸け”て、針先を根元から先方向に一方通行で、数回撫でるようにブラッシングします。
溶液は針先に“付け”すぎないように注意します。
溶液で洗浄した後は、普通のブラシで余った液体を取り去ります。
付けすぎたり、針先に液体を残したままにすると、本体部分に浸み込んでゆくので注意してください。

更に#4さんのアドバイスと併せて調整、メンテナンスを行ってください。

参考URL:http://www.cisco-records.co.jp/cgi/title/other/detail_78069.php

レコードの洗浄方法、それでよろしいかと思います。
僕はちょっと強引な方法でカビ取りスプレーでカビを除去しました。レーベルに溶液が付着しないように注意して。

さて、あとチェックするところは針圧ですが、お使いのカートリッジは僕は全然知りません。

最適針圧+10% 程度上げてみてはそうでしょうか。
カートリッジがしっかりとヘッドシェルに取り付けられているか、ビスが緩んでいても歪のように聞こえます。

もうひとつチェックする箇所。
スピーカーの音を完全に絞って、レコードを演奏しま...続きを読む

Qアナログカートリッジによる音の違いはどの程度?

オーディオ暦は30年ほどになりますが、当初から普段は録音したものかCDばかり聞いていて、アナログは経験も知識も乏しく、質問させて頂きました。
長年、デノン(当時はデンオン)の DL-301II を使っています。というか、もう何(十)年も使っていなかったのですが...
再生時間的にそろそろ交換してもいい時期でもあるのですが、それより長年の経年劣化が心配で、新調することにしました。(針圧に耐えられなくてグニャっといって大切なレコードを傷めないか心配で、レコードかけられません。笑)
レコードのデジタルアーカイブ化も、もういい加減に真剣に実施したいと思っています。

そこでDL-301IIのまま新調するか、いっそもう少し上のグレードのカートリッジにしてみるか、迷っています。しかし、カートリッジ交換でどれほど音が変わるのか見当が付かず、視聴もままなりませんし、皆さんにお聞きすることにしました。

◆質問◆
アナログカートリッジの機種やグレードによる音の違いは、どの程度のものなのでしょうか?

たとえば、オーディオ機器で(音調・音質ともに)一番音が変わるのはスピーカーだと思います。
他(アンプやDAコンバータ)は私の経験では皆そこそこで、変化の度合いとしては似たり寄ったりかと思います。どれもスピーカを変えた時ほど劇的な変化はしません。カートリッジはどうなのでしょうか? また今まではプリメイン内臓のフォノアンプしか使ったことがないのですが、専用のフォノアンプや昇圧トランスを使った場合の変化がどの程度のものなのかも教えて頂ければとも思います。
また目的は日常の鑑賞ではなく、アナログのデジタルアーカイブ化です。よって、録音には昇圧トランスだけを使ってフォノEQ回路無しの直結録音も検討しています。その場合は後でパソコン上でデジタルEQによるフラット化した観賞用WAVを作成することになります。

現用の(CD再生用の)私のシステムは、中古やプチ改造品の寄せ集めで具体的に何を使っているとは言えないのですが、まぁそこそこ音に自信はあるシステムです。4way(近々5way予定)のマルチです。(くれぐれも 4ch や 5.1ch じゃないですよ。2ch一直線です♪)
音の好み(希望)としては、音色付加が無く、ありのままをそのままに解像度よく再生してくれる物を希望します。

うまく文章をまとめられなかったのですが、よろしくお願いします。

オーディオ暦は30年ほどになりますが、当初から普段は録音したものかCDばかり聞いていて、アナログは経験も知識も乏しく、質問させて頂きました。
長年、デノン(当時はデンオン)の DL-301II を使っています。というか、もう何(十)年も使っていなかったのですが...
再生時間的にそろそろ交換してもいい時期でもあるのですが、それより長年の経年劣化が心配で、新調することにしました。(針圧に耐えられなくてグニャっといって大切なレコードを傷めないか心配で、レコードかけられません。笑)
レコードのデ...続きを読む

Aベストアンサー

正確な言い方とはいえませんが、スピーカーの音質の差を100とすれば、カートリッジは10から20程度、アンプは0.1程度(あるいはそれ以下)DACはもっと差異が少ないという感じでしょか。

かつてはサテンやFR、STAXなど個性的な製品が多くあって、レコードごとに合うものを換えながら聞いたものです。
例えばサテンは独特の高音でバロックにはぴったり、FRは絹のような繊細な音でしたが、あまりにも出力が小さくて苦労しました。でも今はそれほどの選択肢はないですね。

DL-301II も良いカートリッジだと思いますが、永久保存用にデジタル化するのならば、この際DL103に買い替えが良いかなと思います。
この製品はスタンダードといっても良いもので、殆どのジャンルの音楽を素直に再生してくれると思います。
私はDL103Sを長年使ってきました。いろいろな製品を使って最後に残ったのがこれでした。
が、これはもう廃番で針交換ができません。この次はDL103にしようと思っています。
最近時々新製品が出てるようですが、どれも異常に高価なものばかりで、そこまで出してアナログを聞くのかという疑問を感じます。
その点でも上記の製品は価格と性能のバランスがよい製品だと思います。

正確な言い方とはいえませんが、スピーカーの音質の差を100とすれば、カートリッジは10から20程度、アンプは0.1程度(あるいはそれ以下)DACはもっと差異が少ないという感じでしょか。

かつてはサテンやFR、STAXなど個性的な製品が多くあって、レコードごとに合うものを換えながら聞いたものです。
例えばサテンは独特の高音でバロックにはぴったり、FRは絹のような繊細な音でしたが、あまりにも出力が小さくて苦労しました。でも今はそれほどの選択肢はないですね。

DL-301II も良いカートリッジだと思いますが...続きを読む

Q安いレコードプレーヤーで大丈夫でしょうか?

アナログレコードをCDに焼くため、レコードプレーヤーを買おうと思っているのですが、
値段によって音はどの程度変わるのでしょうか。
1万円で買えるものと、数万円するものでは、CDにしたときに明らかに音が変わものでしょうか。
ちなみに、アンプにつなげますのでフォノイコライザーは不要です。

Aベストアンサー

NO2の回答者です。前回答でお伝えしたかったのはターンテーブルも音質に大きく影響するいうことです。

DENONのDF-37Fはフルオートマチックで使い易く、音質も大変よくてお勧めです。この上位機種に47Fがあり、製造中止になったばかりですので、新品がまだお店にあると思います。37Fは中古で求めるしかありません。
DENONの他ではビクターにも中古になりますが手頃な機種が多いようです。

名機については下記URLに過去の各種プレーヤーの紹介があリますので参照ください。ただ、名機と云われるものはマニア向でマニュアル式のものが多く、また大きく重くいのであまりお勧めできません。

参考URL:http://www.niji.or.jp/home/k-nisi/index.html

Q曲がったレコードを直す方法は?

すみません。
AV機器ではないのですが(どこで質問するべきかわからなかったので)。。。
直射日光でフニャ~っと曲がってしまったレコード。
直す方法ご存じの方いらっしゃったら教えて下さい。
「アイロンをかける」とか、どうでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

曲がりの程度にもよりますが、何かに挟めば平らになる程度の反りであれば、ジャケットに入れてレコードラックに垂直に入れ、両側を同じ大きさのレコードで隙間のない状態(ギュウギュウ詰め)にしてしばらく放置しておくのが一番です(期間は気の済むまで)。
お急ぎなら、厚めの透明なガラスに挟んで、天日に向けて放置するという手もあるようです。季節と日光の照射量によって放置時間を調節してください。またジャケットは日焼けするので内袋に入れた状態で挟むのがよろしいかと思います。
あとはズボンプレッサーを使うという手もあるみたいですが、これは温度に注意したいですね。
いずれも挟む場合には盤面に傷をつけないようにご注意ください。
以上参考にしていただければ幸いです。

Qレコード針のMC型とMM型。

レコード針のMC型とMM型について教えて下さい。
僕はレコードについて全くの初心者なので何もわかりません。
できるだけ詳しいてわかりやすい回答をお願いします。

Aベストアンサー

針の違いではなくカートリッジ(発電方法)の違いです。
MC型ムービングコイル型 コイルが動く

針にコイルがついています、その周辺にマグネット(磁石)が固定されています。
針に重いマグネットがないので軽い>針が動きやすい>高音が出やすい>繊細な音が得意
作りにくいので高価なものが多い。
発電量が少ないのでカートリッジ専用プリアンプもしくはトランスが必要。
カートリッジ>専用プリアンプor昇圧トランス>フォノイコライザーアンプ>プリアンプ>パワーアンプ
コイルと針が接着しているので針交換が難しくメーカーに出さないと交換できない。


MM型ムービングマグネット型 針にマグネットが付いています。
カートリッジにコイルが巻いてある。
MC型と双璧です
針にマグネットがついているので重い>低音が出やすい。
ダイナミックな音が特徴
作りやすいので価格が安い。
針交換が容易(自分でできる)。カートリッジ専用のプリアンプが不必要

カートリッジ>フォノイコライザーアンプ>プリアンプ>パワーアンプ。
シュア- V15TYPE(4) TYPE(5) あたりがお勧め。

針の違いではなくカートリッジ(発電方法)の違いです。
MC型ムービングコイル型 コイルが動く

針にコイルがついています、その周辺にマグネット(磁石)が固定されています。
針に重いマグネットがないので軽い>針が動きやすい>高音が出やすい>繊細な音が得意
作りにくいので高価なものが多い。
発電量が少ないのでカートリッジ専用プリアンプもしくはトランスが必要。
カートリッジ>専用プリアンプor昇圧トランス>フォノイコライザーアンプ>プリアンプ>パワーアンプ
コイルと針が接着して...続きを読む

Qレコードのクリーニングについて

最近から、レコードを聴くようになり、
中古レコードを買い集めたりしているんですが、
中にはプチプチといったノイズが酷い盤があり、
水洗いをして、タオルで拭いたりしてみたんですが、
あまり効果が無いようで、どうしようか、と考えています。
まず、タオルの繊維では溝の奥深くまで埃を掻き出す事はできないと思うのです。
あるサイトではティッシュやキッチンペーパーを使ったクリーニングを
薦めていますが、これは効果があるのでしょうか・・・?
ティッシュカスが溝に入り、逆にノイズが増えそうなんですけどね・・・。
ここは素直にバランスウォッシャー一式を買った方が良いのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も最近古いレコードを引っ張り出して聴いているのですが、同じようにほこりとノイズに悩まされていました。昔のクリーナーがあったのですが、硬くなったりカビが生えていたりで使えなくて悩んでいたところ、子供が100円ショップで買った高密度スポンジで遊んでいたので、ものは試し、と思い軽く絞った物と固く絞った物でやってみたところ思っていた以上に効果がありびっくりしました。最初の無音部分のプチプチのノイズや気になっていた部分が綺麗に聞こえた時は大喜びで30年ほど昔の初めて買ったコンポをドキドキしながら聴いたときの感動がありました。水分には気をつけないといけませんが、小さくきったものを3個くらい組み合わせてみるといいみたいです。専門家に言わせるとどうか知りませんがとりあえず私が聞いている分には問題ありません。もしよろしければお試しください。また、それはまずいとおっしゃる方がいられたらその理由を教えてください。

Qボーカルの「サ行」をきれいに再生するには?

 中古のアナログ・レコードを購入して、さっそく聴いてみたところ、全体的にはかなり盤質・音質がいい感じでした。
 しかし、ボーカル(とくに女性ボーカル)の、いわゆる「サ行」(とくに、サ・ス・ソ)の再生音が、キツイというか、耳障りなノイズっぽく聞えました。
 以上のような現象の「原因」と「対策」を、初心者向けに教えていただけると、とても有り難いです。

 ご参考までに、私の使用機器を書きます。
(アナログ・プレイヤー)テクニクス SL-1200 Mk4
(カートリッジ)    スミコ Pearl
(フォノイコライザー) オーディオテクニカ PEQ-3
(プリメイン・アンプ) 城下工業 SW-T10
(スピーカー)     ビクター SX-LT55

Aベストアンサー

通常、PAやレコーディングでさ行を抑えるエフェクトシステムにディエッサーというのがあります。
それを、フォノイコライザーとアンプの間に接続するというのはだめでしょうか?
当時のレコーディングではディエッサーを使っていないので、歯の間から漏れるさ行の子音を強調されたままの音源も数多くあると思います。
それも、アナログレコードの特徴ではありますが、どうしてもそれを何とかしたいのであれば有効な手段だとおもいます。
安価なものでは、13,000円くらいからあります。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181^MDX1600^^


人気Q&Aランキング