ご存じの方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんなHPを見つけました。


他に数え方はないのでしょうか?
この数え方のことを「助数詞」というようです。

参考URL:http://www.alpha-net.ne.jp/users2/nabineko/kazu. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you !

お礼日時:2001/09/14 17:31

ここ↓では「個」としていますね。



参考URL:http://www.alpha-net.ne.jp/users2/nabineko/kazu. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you !
ポイントは先着順で付けさせてもらいました。

お礼日時:2001/09/14 17:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメンズのおしゃれな帽子が安く売っている場所教えて!

安くおしゃれなメンズの帽子の品揃えが多い店って東京都内にありますか?

つばのついた深い帽子を探しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

帽子の品揃えが良いということなら、何でも売っているデパートより専門店が良いでしょう。
http://www.ginza-toraya.com/map.htm
銀座と浅草にあります。

Qこのお話を知っている方、情報お願いします

NHK教育「おとぎの部屋」でやっていたお話です。
あらすじはこうです。

・あるところに、がやがやと騒がしいのが大好きな国民ばかりの国があった。

・その国の王様が一番うるさいのが好きで、ある日、世界一うるさい音というものがどういうものか聞きたくなって、○日の○時に、国民全員、大騒ぎするように、という命令を下す。

・国民もその瞬間がおとずれるのを楽しみにするようになるが、あるひとりの国民が、皆が騒いだら世界一大きな音がどういう音が聞こえない事に気づき、自分は黙って、その世界一うるさい音を聞こうと決意する。しかしその計画をうっかり友人に話してしまい、友人もその真似をしようとするようになり、そのまた友人も、、、という事でその輪が広がる。

・そしていよいよ世界一うるさい音を聞く瞬間になり、王様と国民が耳を傾けると、なにも聞こえない。
聞こえてきたものは、風の音や、小鳥のさえずる音など、自然の音だけだった。王様はその音にとても感動し、それ以降、その国は静かな音を好む国になった、、、、。

というようなお話です、長文でしかもうまく表現できずすみません。
私のつたない表現力では伝わりませんがなかなか考えさせられるお話でしたので、絵本になっていたら、手元に置いておきたいな、と思いました。タイトルや作者など、お心当たりありましたら教えて下さいm(__)m

NHK教育「おとぎの部屋」でやっていたお話です。
あらすじはこうです。

・あるところに、がやがやと騒がしいのが大好きな国民ばかりの国があった。

・その国の王様が一番うるさいのが好きで、ある日、世界一うるさい音というものがどういうものか聞きたくなって、○日の○時に、国民全員、大騒ぎするように、という命令を下す。

・国民もその瞬間がおとずれるのを楽しみにするようになるが、あるひとりの国民が、皆が騒いだら世界一大きな音がどういう音が聞こえない事に気づき、自分は黙って、その世...続きを読む

Aベストアンサー

「世界でいちばんやかましい音」とは違いますか?

参考URL:http://www.kogumasha.co.jp/shop/item/1352.html

Qメンズスーツに合う帽子ってあるのでしょうか?

メンズスーツを着ていて、スーツに合う帽子というのはあるのでしょうか?
見ていて形が限られてくるかなと思うのですが、
マナー、常識的にどうなのか詳しく知りたく質問させて頂きました。
年代は20代後半ですが、年代によって帽子等の合う合わない等が
ありましたら教えて頂けたら幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 本来スーツに帽子は必須の物なのですよ。つまり帽子がなければスーツスタイルは
完成しないのであり、周囲に対しても失礼でもあったのです。現代社会においては何か
と機能性が重んじられるようになり、また個性的なヘアースタイルが帽子よりも重要視
されるようになったり、さらに車社会となって帽子が被りにくくなったり、日本はもとより
欧米主要都市においてさえ帽子を被る方は減ってきてはいます。特に春夏においては。
 もし御興味おありでしたら、一見遠回りのようでも歴史ある専門店【銀座のトラヤ帽子店】
等にて、御店の方に帽子についての基礎的なことをしっかり聞いた上で帽子の世界に踏み
込んで行かれることをお薦めします。
 ただせさえ日本人の帽子の被り方は上手ではないのに加え、最近は無知な方々の
出鱈目が蔓延ったりしている状況で、テレビドラマでさえ俳優の被り方は全くだめです。
全ての習い事は基礎がしっかりしていな限り、”個性”が出ることなどありません。
 むしろ、日本の御年配の方の中に帽子を上手に被られている方が多いので(60歳前後の
団塊の世代ではダメ、80歳以上の方)もし近くにそのようなお年寄りがおられましたらお話
を聞かれるのも良いかと思います。
 一応、ドレスアップの場合であればホンブルグがありますが、現代ではフェドーラと呼ばれる
ソフトタイプのものがより被りやすいかと思います。(それでも多少勇気がいるかもしれません。)
 質問者さんからすれば昔の映画になるでしょうが、アラン・ドロン、J.P.ベルモント主演の
”ボルサリーノ”やマーロン・ブランドとアル・パチーノ主演の”ゴッドファーザー”、ポール・ニューマン
ロバート・レッドフォード主演の”スティング”などが近年の”帽子の映画”としてお薦めで、御覧に
なられると勉強になるかと思います。
 最後に、スーツがツイードやコーデュロイなどのスポーティなものであれば、所謂ハンチング帽
などでもOKです。

 本来スーツに帽子は必須の物なのですよ。つまり帽子がなければスーツスタイルは
完成しないのであり、周囲に対しても失礼でもあったのです。現代社会においては何か
と機能性が重んじられるようになり、また個性的なヘアースタイルが帽子よりも重要視
されるようになったり、さらに車社会となって帽子が被りにくくなったり、日本はもとより
欧米主要都市においてさえ帽子を被る方は減ってきてはいます。特に春夏においては。
 もし御興味おありでしたら、一見遠回りのようでも歴史ある専門店【銀座のトラヤ帽子...続きを読む

Q至急お願いします!!!! 俳句の宿題があります。 お題が「中尊寺」、「湯殿山」で必ず夏の季語を入

至急お願いします!!!!

俳句の宿題があります。
お題が「中尊寺」、「湯殿山」で必ず夏の季語を入れなければならいのですが、、、

・中尊寺
「緑陰に映ゆや金色中尊寺」

・湯殿山
「湯殿山こころ新たや滝の行」

という風に考えたのですがどうですか?アドバイスもしくは直し、よろしくお願いしますm(*_ _)m

Aベストアンサー

「緑陰に映ゆや金色中尊寺」 → 「緑陰に金色映ゆる中尊寺」 でも宜しいかと思います。金色と中尊寺が続いているところが・・・。

「湯殿山こころ新たや滝の行」 → 「湯殿山こころ新たに滝の行」 では如何でしょう。心新たにの方が新鮮かな。

いずれにしても、上手ですね。

参考までに。

Q夏は禿予防に帽子を被るべき?止めるべき?

夏は帽子を被らなければ日差しで禿げそうな気がします。
しかし帽子を被ると熱気で蒸れて禿げそうな気もします。
どっちが頭皮に優しいでしょうか?

Aベストアンサー

でも、無帽だと頭皮が日焼けして毛根細胞がダメージを受ける

通気性の良い帽子を着用するのが良い

Q日本語として添削してほしいと思います。よろしくお願いいたします。

外人です。今「日本語における女性語の解析」という論文を書いています。日本語として正しいかどうか、自信をもっていないのです。日本人に校正していただきたいと思います。
(二)女性語の起源
女性語の起源は室町時代の宮廷の女房詞にあるという主張がされ、定着していく。女房は昔、宮中に仕えた部屋もちの女官である。女房詞とは昔、宮中の女官の間で使われた言葉である。表(一)のように女官達は宮廷の食品、工具、日用品などの呼び名を柔らかな言い回しで呼んでいた。
表(一)
一般の呼び名詞 女房詞 一般の呼び名 女房詞
  そば   ほそもの 餅 かちん
江戸時代に至って、女房詞が宮廷から平民まで広がった。その時の女房詞の特徴は二つに分かれる。一つは接頭語「お」である。もう一つは接尾語「もの」「もじ」である。江戸時代以後、女性が集まる職業の中で多くの女性語が生まれる。職業によって女中言葉と郭言葉と二種類がある。今の女性が多く使う「ます」という言葉は郭言葉からの移り変わりである。
従って、女性語は室町時代、江戸時代にわたって生まれた言葉である。江戸時代までに「女重宝記」の記載により、女性語の数量は144の言葉がある。

外人です。今「日本語における女性語の解析」という論文を書いています。日本語として正しいかどうか、自信をもっていないのです。日本人に校正していただきたいと思います。
(二)女性語の起源
女性語の起源は室町時代の宮廷の女房詞にあるという主張がされ、定着していく。女房は昔、宮中に仕えた部屋もちの女官である。女房詞とは昔、宮中の女官の間で使われた言葉である。表(一)のように女官達は宮廷の食品、工具、日用品などの呼び名を柔らかな言い回しで呼んでいた。
表(一)
一般の呼び名詞 女房...続きを読む

Aベストアンサー

いくつか、専門用語のためかわからない記述もあるのですが、純粋に日本語だけを考えると:

> 女性語の起源は室町時代の宮廷の女房詞にあるという主張がされ、定着していく。
→(なんとなく不自然です。)
 女性語の起源は室町時代の宮廷の女房詞にあるという主張が通説である/~と言われている。

> 女房は昔、
→(日本語としてはおかしくありませんが、学術的な論文で「昔」という漠然とした言葉は不自然です。何時代、とか、いつごろかを明確にしたほうがよいのでは?)

> 女房詞とは昔、
→(この「昔」も同じです。)

> 宮廷の食品、工具、日用品などの呼び名を柔らかな言い回しで呼んでいた。
→(「呼び名を~呼んでいた」はおかしいです。)
 ~などの名を柔らかな言い回しで/表現で呼んでいた。

> 江戸時代に至って、
→江戸時代に入って/江戸時代になると

> その時の女房詞の特徴は二つに分かれる。
→江戸時代の女房詞の特徴は二つある/二つ挙げられる。

> 江戸時代以後、女性が集まる職業の中で多くの女性語が生まれる。
→日本語としては良いのですが、内容が異なるものとなっているので、段落を変えたほうが良いと思います。

> 職業によって女中言葉と郭言葉と二種類がある。
→職業によって女中言葉と郭言葉との二種類に分けられる/分類できる。


> 今の女性が多く使う…
→現代の女性が多く使う…
(「今」というのは口語的です)

> 「ます」という言葉は郭言葉からの移り変わりである。
→…郭言葉から来たものである/もともとは郭言葉であった。
(「移り変わりである」という表現はあまり使いません)

> 女性語は室町時代、江戸時代にわたって生まれた言葉である。
→女性語は室町時代、江戸時代にかけて生まれた言葉である。

> 江戸時代までに「女重宝記」の記載により、女性語の数量は144の言葉がある。
→(少し意味が図りかねるのですが…)
江戸時代までに「女重宝記」に記載された女性語は144語にのぼる/「女重宝記」には144語の女性語が記載されている。
(個人的には後ろの言い回しのほうが自然だと思います)


あくまで、私個人の直感で直させていただきました。
一部、好みや感覚の問題になるものもあると思いますので、参考までに。

いくつか、専門用語のためかわからない記述もあるのですが、純粋に日本語だけを考えると:

> 女性語の起源は室町時代の宮廷の女房詞にあるという主張がされ、定着していく。
→(なんとなく不自然です。)
 女性語の起源は室町時代の宮廷の女房詞にあるという主張が通説である/~と言われている。

> 女房は昔、
→(日本語としてはおかしくありませんが、学術的な論文で「昔」という漠然とした言葉は不自然です。何時代、とか、いつごろかを明確にしたほうがよいのでは?)

> 女房詞とは昔、
→(こ...続きを読む

Qこの春から夏にかけての高校生の(メンズ)トレンドを教えてください

この春から夏にかけての高校生の(メンズ)トレンドを教えてください

Aベストアンサー

http://clubd.co.jp/wp/post-24937#mokuji01

こうしたサイトで 文字と画像で参考になさってみてはどうでしょう

 流行ではなく、自分のスタイル 予算をみて決めたほうがいいですよ
  使いやすさだとか、着心地だとか機能性 

そうしたものを優先したほうが、空回りせずに 印象がよくなりますよ


眉毛をやたら細くするのは、女子からみて 以外と不人気です

都会→整える

田舎→剃りまくる

未だにほそ~い眉毛の人はいただけません(((・・;)
 ノンスタイル井上のようにならないでくださいね



イケメン 水嶋ヒロでも このキモさですからね
 この人も凛々しい眉毛してたのに もったいない

Qお神籤の解説をお願いしたく投稿させて頂きます。

お神籤の解説をお願いしたく投稿させて頂きます。
入力ミスで二度打ちになってしまい大変申し訳ありませんでした。

結果は、中吉で、
後の世も高くてゆかんわが山に
まことの道をつくりおくより

と出ました。

片思いについて占ったのですが、願望や待ち人欄は長びけどないし、遅けれど叶う・来ると
出ていたのですが、恋愛の項目がなく
古典に無知な私には読解ができずに途方に暮れてしまっております。
どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて頂けませんでしょうか?
よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

「ゆかん」はご承知の通り「行かない」ではなく「行こう」という意味です。
後の世も(この先の人生・将来) 高くてゆかん(高みを目指そう) わが山に(私の山に)

まことの道を(正しい道を・本来の道を)つくりおくより(作っておくから)

つまり「貴方の為に私が居る山に誠の道を作っておくから、これからも高い心で人生を送りなさい。そうすれば今すぐではないが善い人生が送れます」となります。
山というのは、神様が住んでいらっしゃる所、現世で言えば幸福の世界だし来世で言えば天国や極楽です。
つまり成功や祈願成就の道筋は出来ているのです。
但しソコに行くには「高くてゆかん」を達成せねばなりません。これは高い目標を立てるという意味ではなく、志を高くという意味です。
簡単に言えば苦労を惜しむな。楽を考えるなともとれますし、安易な方法を考えるな、真面目に進めとも取れます。
日常生活で、チョット楽をしようなどと考えますね。信号が赤だけど渡っちゃえとか、目標の学校は偏差値が高いから楽に入れる所を目指そうとか。、また例え一流が無理でもどうせ三流だからと卑屈になるのもいけません。
どんな時でも心の中を見れる神様の前に立てる人間性を持ちなさいという意味です。またこれが過ちをするなということでもありません。過ちや事故や失敗は誰でもありますが、これを素直に誤れない人、認めない人は高貴な心とは言えません。素直に非があれば詫びる姿勢も高貴な心の芦原れです。
そういう人生を送れば報われるという事を言っています。

まぁ、恋愛に直接関係はないけれど、良縁を得たいなら自分を磨きなさいと言うことでもあります。

「ゆかん」はご承知の通り「行かない」ではなく「行こう」という意味です。
後の世も(この先の人生・将来) 高くてゆかん(高みを目指そう) わが山に(私の山に)

まことの道を(正しい道を・本来の道を)つくりおくより(作っておくから)

つまり「貴方の為に私が居る山に誠の道を作っておくから、これからも高い心で人生を送りなさい。そうすれば今すぐではないが善い人生が送れます」となります。
山というのは、神様が住んでいらっしゃる所、現世で言えば幸福の世界だし来世で言えば天国や極楽です。
つ...続きを読む

Q夏フェスでかぶる帽子について

こんちには。

今度始めて夏フェスにいきます!

そこでかぶる帽子なんですが、やはり日よけを考えるとハットの方がいいでしょうか?
ハットを購入するつもりだったんですが、フェス以外でかぶることもなさそうなので
キャップを持っていることもあり、どうしようかと考えております。

また、フェスにおいて持っていったらいいものや、注意点などございましたらそれもお願いします!

Aベストアンサー

首の後ろや首周りを影にすることで、暑気疲れを軽減しますから、ハットのほうがいいです。

100円ショップで麦藁帽子が売っていますからアレが一番涼しいです(^_^;
嫌なら他のタイプを

虫除けスプレー(ティッシュで塗るタイプのシューするときに回りに迷惑かけないので良い)
虫刺されの薬
飲料水、多すぎると思うぐらいの水を用意しましょう

Q小学2年生向けのお薦めの童話集などありましたら宜しくお願いします。

子供の頃、姉からよく童話を呼んで貰いながら夜、寝ていました。とても寝つきがよくなり、今となっては懐かしい思い出です。

その本をずっと探しているんですけども、全く見つかりません。本のタイトルは「二年生の童話」だったと思います。どこの出版社かもわかりません。単行本で、表紙カバーは無く、単行本の表紙には6マスにそれぞれ絵がついていて、月と女の子の絵や老眼鏡のおばあさんが針仕事をしてる絵でした。その本には、数々の有名作家の童話が収録されていて、新美南吉「ひとつの火」おきのいわさぶろう「カラスと水車」はまだひろすけ「ねつのでたばん」…など、巻末には全国の小学生の読書感想文が掲載されていました。どれも明治か大正時代の古いお話でした。

これと同じ本はもう見つからないとしても、明治・大正・昭和初期の時代設定の古い小学2年生向けの童話集で何か良い物があれば教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

こんにちは。

私も子供のころ「はまだひろすけ童話集」を読んでいたので、懐かしく思い、調べてみました。「二年生の童話」は、金の星社から昭和34年に出た本で、内容は以下の通りです。

からすとみずぐるま(沖野岩三郎)/ぶらんこはゆれる(徳永寿美子)/ねつのでたばん(浜田廣介)/あたらしいつくえ(槇本楠郎)/ちょうちょと牛のはなし(武田雪夫)/まいごの子ぶた(奈街三郎)/花ばたけ(水谷まさる)/しろい花とあかい花(岡本良雄)/においのくにへ ひかりのくにへ(島崎藤村)/ひとつのひ(新美南吉)/つきよのきつね(二反長半)/青いさかな(柴野民三)/かにとごむにんぎょう(茶木滋)/お日さまのことば(松原至大)/ころげたやしのみ(加藤てる緒)/とうだいのおじいさん(宮脇紀雄)/にじとかに(坪田譲治)/男のおかあさん(相馬御風)/善吉くんのおつかい(渋沢青花)/なきむしうさぎ(大木雄二)/とけいの中(平塚武二)/きりぎりすと足(北村寿夫)/ゆうやけぞらのがん(酒井朝彦)/かみどこやのだいこんさん(村山籌子)/月とのりもの(塚原健二郎)/とばしたたこ(土家由岐雄)/三ちゃんのぼうえんきょう(武内俊子)/ゆきにんぎょう(西山敏夫)/花をうる子(川崎大治)/きたかぜはさむくない(佐藤義美)/とけい(細川武子)/春よこいこい(北川千代)/きくの花としゃぼんだま(小川未明)

書籍としてはさすがに入手不可能なようです。古書で同じ出版社の同名の本が出ていましたが、出版年と内容が違いました。ただこの本は、国立国会図書館がすでにデジタル化しています。地元の図書館で複写が可能なはずです。一冊丸ごとの複写が可能かどうかはわかりませんが、お問い合わせになってみたらいかがでしょうか。

「二年生の童話」
国立国会図書館 書誌情報(「目次・巻号」をクリックすると、内容が確認できます)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1638694

複写可能な図書館
http://dl.ndl.go.jp/ja/soshin_librarylist.html

また、国立国会図書館のホームページには、パソコンで直接閲覧できるデジタルコレクションもありますが、そこで「金の星社」の書籍を検索すると、当時の児童書がたくさん出てくるので、読むことも印刷することもできます(ここに出ている「二年生の童話」は、お探しのものとはちがう書籍で、昭和5年刊のものです)。

http://dl.ndl.go.jp/search/searchResult?reshowFlg=1&viewRestrictedList=0&detailSearchTypeNo=T0&publisher=%E9%87%91%E3%81%AE%E6%98%9F%E7%A4%BE&rows=20

このころの児童文学作家と言えば、浜田広助、小川未明、坪田譲二、新見南吉、鈴木三重吉などが特に有名だと思います。ほかの作者のものは、国立国会図書館以外での入手は難しいと思いますが、この作家たちの作品なら、今でも書籍として入手できます。手軽なところでは、文庫版でだいたい出ており、「小川未明童話集」は私も持っています。

小川未明童話集 新潮文庫
鈴木三重吉童話集 岩波文庫
新見南吉童話集 岩波文庫
浜田廣介童話集 ハルキ文庫

文庫以外では、たとえば、

風の中の子供(坪田譲治名作選)小峰書店
赤いろうそくと人魚(21世紀版・少年少女日本文学館)講談社(浜田広助、小川未明、坪田譲二の代表作)
http://www.ehonnavi.net/ehon/37955/%E8%B5%A4%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%86%E3%81%9D%E3%81%8F%E3%81%A8%E4%BA%BA%E9%AD%9A/

など。

あとは、それぞれの作家名をアマゾンの検索に掛けると、絵入りの児童書などがたくさんあります。

なお、「二年生の童話」に収録されている作家のうち、著作権の切れている人の作品は、「青空文庫」でも読むことができます。

小川未明
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1475.html#sakuhin_list_1

新見南吉
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person121.html#sakuhin_list_1

鈴木三重吉
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person107.html#sakuhin_list_1

沖野岩三郎
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1180.html#sakuhin_list_1

槇本楠郎
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1175.html#sakuhin_list_1

村山籌子
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1172.html#sakuhin_list_1

以上、御参考まで。

こんにちは。

私も子供のころ「はまだひろすけ童話集」を読んでいたので、懐かしく思い、調べてみました。「二年生の童話」は、金の星社から昭和34年に出た本で、内容は以下の通りです。

からすとみずぐるま(沖野岩三郎)/ぶらんこはゆれる(徳永寿美子)/ねつのでたばん(浜田廣介)/あたらしいつくえ(槇本楠郎)/ちょうちょと牛のはなし(武田雪夫)/まいごの子ぶた(奈街三郎)/花ばたけ(水谷まさる)/しろい花とあかい花(岡本良雄)/においのくにへ ひかりのくにへ(島崎藤村)/ひとつの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報