祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

V結線は現実的にどのような場合に適用するのでしょうか。コスト的な面、使用条件など教えてください。三相変圧器を適用した方が楽な気がしますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

商用電源では、ほとんどが V結線です。


要はスペースの問題です。
一般的に、動力需要には必ずと言ってよいほど電灯もセットで使われます。細い電柱の上に、単相変圧器と三相変圧器をそれぞれ 1台ずつ上げるより、単相変圧器 2台のほうが簡単です。
また、需要の増減に対しても、、片側だけの取り替えで済むこともあります。

なお、その電柱のまわりに、特に動力需要が多ければ、三相変圧器を柱上に設置することもあります。
    • good
    • 0

コスト面でいくと、V結は単相変圧器2台で組めますので、現状で単相変圧器を1台設置している場合に三相が必要な時は、あと1台単相変圧器を加えれば、三相が取れます。

単相にくらべて、小容量の3相が必要な場合良いです。三相を主に使用して、負荷容量も大きい場合は、三相専用変圧器が、優位です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング