以前、「なかよし」で、『プライベート・アイズ』や『JOKER』などを連載していた、野村あきこさんはどうなっているのでしょうか?
先生の作品がとても好きだったので、今、本当に気になっています。
知っているかたがいたら、教えてください。

A 回答 (2件)

私も以前から野村先生の作品を愛読してました。


「やまとなでしこ同盟」とか「プライベートアイズ」は
特に気に入ってます。
残念ながら、引退なさるという事を小耳に挟みました。
私も野村先生のファンの一人だったので、本当に残念です。
    • good
    • 0

残念ですが、引退宣言をされています。


今後、新しい作品を発表されることはないでしょう。(復活宣言が出れば別ですが)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1990年代なかよし連載マンガのタイトル

こんにちは。
1990年代前半に「なかよし」で連載されていたマンガのタイトルが気になって仕方がありません…。

そのマンガの内容で覚えている内容(うろ覚えですが…)は、
・1991年か1992年頃の作品
・主人公はおしゃれな女の子
・貧乏か片親
・意地悪されてもらったダサいセーターを、編み目を伸ばしておしゃれに着こなした
・髪型はおでこを出して、ピンで留めている(これは特にうろ覚え)

ストーリーは全く覚えていません。
ただ、ダサいセーターを着こなした話だけが強烈に残っています。

少ない情報ですが、覚えてる方がいらっしゃいましたら、作品名(もしくは作者名)を教えてください!
宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

ひうらさとるの「プリティ・グッド」ではないでしょうか
yahooで少し立ち読みできますので、ご確認下さい。
http://comics.yahoo.co.jp/kodansha/hiurasat01/puritexi03/shoshi/shoshi_0001.html

Qなかよしで連載されていたデリシャス!について

何年か前に『なかよし』で連載されていた『デリシャス!』のレシピ集って、出てませんでしたか??
懐かしくなって、とても欲しいんです。
あと、同じ時期くらいに連載していた、『ミル・フルール』の園芸本と言うか、ベル・フルール本・・・
この2冊の行方を知ってる方、お願いします!!

Aベストアンサー

>何年か前に『なかよし』で連載されていた『デリシャス!』のレシピ集って、出てませんでしたか??

もしかしたら復刊ドットコムで復刊リクエストされているデリシャス!スイート・クッキングのことでしょうか?

http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=20842

参考URL:http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=20842

Q昔“なかよし”で連載されていたマンガのタイトル

10年ほど前“なかよし”で連載されていたあるマンガのタイトルを教えてください(>_<)

そのマンガのあらすじ:

ある女の子があるカメラマンのアシスタントを始めた。
そのカメラマンは専属のモデルを持っており、気に入ったモデルを見つけると、それまでの専属モデルをポイッと捨ててしまう。その女の子のお姉さんは昔そのカメラマンの専属モデルだったが、ポイ捨てされたため自殺した。女の子はカメラマンに復讐するためにアシスタントになった。
しかし、カメラマンは女の子を気に入り、専属のモデルにした。女の子もカメラマンに惹かれていき、情が生まれて復讐できない。


うろ覚えなのであらすじは間違いが多々あると思いますが、だいたいこんな感じの話でした。

私が小学生の頃なかよしを読んでいて、このマンガが連載され始めました。
面白いなーと思っていたのですが、なかよしを買うのをやめてしまったため、最後まで読めませんでした。
今になって読みたいとは思うのですが、題名が分からないので、分かる方教えてくださいm(__)m

幼稚な文章ですいません(汗

10年ほど前“なかよし”で連載されていたあるマンガのタイトルを教えてください(>_<)

そのマンガのあらすじ:

ある女の子があるカメラマンのアシスタントを始めた。
そのカメラマンは専属のモデルを持っており、気に入ったモデルを見つけると、それまでの専属モデルをポイッと捨ててしまう。その女の子のお姉さんは昔そのカメラマンの専属モデルだったが、ポイ捨てされたため自殺した。女の子はカメラマンに復讐するためにアシスタントになった。
しかし、カメラマンは女の子を気に入り、専属のモデルに...続きを読む

Aベストアンサー

高瀬綾さんの「スイート・リベンジ」でしょうか?
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAN00881/

Q『GANTZ』や『寄生獣』に似たテイストの作品を紹介して下さい。

『GANTZ』や『寄生獣』に似たテイストの作品を紹介して下さい。

20年程まともに週刊誌やコミックを読んでいませんでしたが、
最近幾つかの作品を読んで、面白いと感じるものに出会えました。

GANTZや寄生獣にそれぞれ似たテイストの作品が他にも有るのではないか、とも
思うのですが、空白期間が長すぎたもので…。

紹介して下さるとありがたいです。

Aベストアンサー

既にご存知かもしれませんが、一応。

・14歳/楳図 かずお
・わたしは真悟/楳図 かずお
上記は世界で二度と出ない日本マンガの金字塔です。

伏線とその解決では下記。
・鋼の錬金術師
・DEATH NOTE
・うしおととら

QBLADEでの『PEACE MAKER鐵』連載

私はコミックス派で月刊誌のほうはチェックしていなかったのですが、ブレイドでのピスメは油小路の一件はちゃんと片が付いていたのでしょうか?

コミックスの5巻では油小路の途中までと、そのあとに日野編が収録されていましたが…
もし、ブレイドの方では油小路の闘いが完結していたにもかかわらずコミックスには収録されなかった、ということなら嫌だな~と。

・連載休止ということならば日野編を優先的にコミックスに収録したのではないか?
・たとえ連載が再開され、コミックスの続刊が出たとしても、そんな中途半端なところから始めるだろうか。?
という疑惑があったりしてなんかすっきりしないのです。

それと、もしそうだった(=油小路の後半はカットされた)場合、その部分が収録されているのは何年何月号になるのでしょうか?ブレイドのweb販売で手に入れられたらと思いまして。他にも入手できる所ってあるのでしょうか?

注文が多くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めて回答するので至らない点もあるかと思いますがなるべく問題が解決できるよう努力いたします。
残念ながらBLADE本誌の方でも油小路編は解決しておりません。コミックスに載ってるとおり、平助と新八の例のシーンで終わっております。
ですから日野編を優先的に収録したという訳ではないようです。
質問2のように再開後中途半端な部分からの連載かどうか・・・ってのは私自身では解りかねます。
しかし黒乃奈々絵本人はいたって元気なようですから、きっちりとPM鐵を最後まで描ききる気があるのであれば異聞の第一巻冒頭のシーンぐらいまで描く・・・・のでは?と私はいちPMファンとして思っています。
休載の原因は解りませんが史実を基にしたフィクションに鈴関係の伏線をはり過ぎたため、作者のなかでシナリオ的に破綻してしまった。からだと私は思っています。本誌の最後の方では一回の掲載が8ページだけの時とかもありましたし・・・けっこう悩んでたのではないでしょうか?

質問の本意とはそれるかもしれませんが、2004年2月16日発行の『月刊コミックブレイド2月号臨時増刊 PEACE MAKER鐵~龍馬編~』という雑誌があり、それにはコミックスにも未収録だった『PEACE MAKER鐵 予告編』が掲載されています。
この予告編は2002年の『月刊コミックブレイド4月号(創刊号)』応募者全員サービスだった「ALL ABOUT COMIC BLADE」に収録されていたもので、黒乃奈々絵本人による8ページの描き下ろしマンガです。
内容は異聞から鐵へのつながりとこれからを暗示するようなもので、新八・左ノ助・平助の事を描いている部分もあります。
まぁ、これだけでは油小路編全ての内容が読み取れるといったような代物ではありませんが”こうゆう形にもって行くのか・・・”という位での参考にはなるかと思います。
長い回答で申し訳ありません、si-noさんのご質問に上手く答えていますかどうか・・・一応黒乃奈々絵のサイトURLを貼っておきます。
ですがこのサイトは・・・嫌悪感を示される方もいらっしゃるかもしれませんのでオススメ出来かねます。日記をみて「奈々絵は今日も元気なのか」って位でちょうどだと。

参考URL:http://www.geocities.jp/chro700/index.html

初めて回答するので至らない点もあるかと思いますがなるべく問題が解決できるよう努力いたします。
残念ながらBLADE本誌の方でも油小路編は解決しておりません。コミックスに載ってるとおり、平助と新八の例のシーンで終わっております。
ですから日野編を優先的に収録したという訳ではないようです。
質問2のように再開後中途半端な部分からの連載かどうか・・・ってのは私自身では解りかねます。
しかし黒乃奈々絵本人はいたって元気なようですから、きっちりとPM鐵を最後まで描ききる気があるのであれば...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報