人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ふと疑問に思ったことなんですが、
よく地鎮祭などのお祓いの時に
神主さんがシャッ×2と紙の束のついた棒を振って
お祓いしてますよね?

あの不思議な形に切ってある、
紙の名前は何と言うのでしょうか?

教えてください。よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

紙垂(しで)でしょうか。


これを榊の枝や白木の棒の先に付けた物が玉串(たまぐし)です。

http://www.sumainavi.net/column/col040330.html

参考URL:http://www.sumainavi.net/column/col040330.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

紙垂ですか。なるほど。
まさに、私の知りたかった答えです。
また、詳しいことがのっているURLも教えていただき、
有難うございました。

お礼日時:2005/05/04 21:44

こんにちは、


私も大麻(おおぬさ)だと思います。

ちなみに、あのシャカシャカするのは
「大麻(おおぬさ)祓い」と言うと思います。

この回答への補足

#1~#5の皆様へ
回答してくださって有難うございました。
今回私の知りたかった答えは「紙垂」ですので
#3の方にポイントを差し上げます。
ですが、他の方の回答も大変勉強になり、みなさんに
できたらポイントを差し上げたいのですが、そういうわけにもいきませんので、#3の方のみにポイントを差し上げることにいたしました。

補足日時:2005/05/04 21:56
    • good
    • 3
この回答へのお礼

シャカシャカすることにも
名前がついているんですね。
勉強になりました。有難うございました。

お礼日時:2005/05/04 21:41

#1です。


失礼しました。ご質問を読み間違えてました…。

> あの不思議な形に切ってある、
> 紙の名前は何と言うのでしょうか?

#3さんと同じく紙垂だと思います。
「おおぬさ」は神主さんが振っている、
「紙垂のついた棒」全体を指します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。よくわかりました。
神主さんが振っているもの全体を
「おおぬさ」というんですね。
勉強になりました。有難うございました。

お礼日時:2005/05/04 21:39

 こんばんは。



 「御幣」(ごへい)と言います。

http://nndnnd.hp.infoseek.co.jp/photo/04_photo/0 …

参考URL:http://nndnnd.hp.infoseek.co.jp/photo/04_photo/0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。御幣と言うんですね。勉強になりました。
国語辞書でこの「御幣」を調べたところ、
これは、私の知りたかった、紙自体のことではないようですが、わざわざURLまでのせていただいて
有難うございました。

お礼日時:2005/05/04 21:50

大麻(おおぬさ)と言います。



参考URL:http://www.tokyodaijingu.or.jp/gokitou/gokitou_b …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q巫女さんや神主さんが持っている白い紙がついている棒

巫女さんや神主さんが祈祷?する時に使う、白い紙がついている棒は何というのでしょうか?お払いに使うの時の棒です。

Aベストアンサー

これでしょうか?。
http://oinarisan.ftw.jp/picm/000000180.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%BA%BB_(%E7%A5%9E%E9%81%93)
大麻、大幣(おおぬさ)と言うらしいです。

Q神社参拝の際、「祓い給い 清め給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?

神社参拝の際、「祓い給い 清め給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?

以下のホームページを見ると、次のような神拝詞(となえことば)があるようです。
http://allabout.co.jp/gm/gc/4971/2/

<神拝詞(となえことば)>
祓い給い 清め給え(はらいたまい きよめたまえ)
神ながら(かむながら)
奇しみたま(くしみたま)
幸え給え(さきわえたまえ)

そこで、質問です。

神社参拝の際、上記の「祓い給い 清め給え・・・(中略)・・・幸え給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?
また、個人的なお願いごとは、上記の神拝詞(となえことば)を唱えたあとに、お願いすればいいのでしょうか?

それとも、個人的なお願いごとをする場合は、上記の神拝詞(となえことば)を唱えなくてもよいのでしょうか。よく、神社やパワースポット関係の本には、参拝作法に、上記の神拝詞(となえことば)を唱えなさいと書かれていないと思います。

ただ、時々、神社に行ったとき、拝殿の御賽銭箱の近辺に、上記の神拝詞(となえことば)のうち、
「祓い給い 清め給え(はらいたまい きよめたまえ)」と書かれた表示物を見たことがあります。

そもそも、参拝の際に、神前での願い方について、何を唱えればいいか、何が正しいかわかりません。

よろしくお願いします。

神社参拝の際、「祓い給い 清め給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?

以下のホームページを見ると、次のような神拝詞(となえことば)があるようです。
http://allabout.co.jp/gm/gc/4971/2/

<神拝詞(となえことば)>
祓い給い 清め給え(はらいたまい きよめたまえ)
神ながら(かむながら)
奇しみたま(くしみたま)
幸え給え(さきわえたまえ)

そこで、質問です。

神社参拝の際、上記の「祓い給い 清め給え・・・(中略)・・・幸え給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?
また、個人的なお願...続きを読む

Aベストアンサー

私は、宗教が神道ではない者として、口を挟むつもりはありませんでしたが、書かざるをえない気がしました。出来れば、新興宗教の方は、その身分を明らかにしてほしいものです。知っている人には分かります。教義に書かれていた内容は、必ずしも一般的な情報とは違いますから、読み手は間違った認識を持ってしまいます。私自身は宗教団体には関係してませんが、生まれながら、仏教と神道の狭間で、相矛盾した中で割り切れない問題を背負って育ってきましたが、ある意味で時代に翻弄された一人だというしかありません。

昨年でしたか、大相撲の朝青龍が、手刀を切り、懸賞金を左手で受け取り、大ひんしゅくをかいました。相撲というのも、神の御前でする神事ですが、形から入り、心が入り、そして、そこに美と調和が生まれるわけです。これを「様式美」と言い、ただ、勝てばそれで良いというわけではない、という端的な例を表しています。

神社では、鳥居の前で脱帽し、礼をし、二礼二拍手一礼のマナーというものがあります。また、手水舎(てみずや)で片方ずつ手を清め、口をすすぐというのは常識ですが、直接、ヒシャクに口をつけてはいけません。今は、常識が常識でなくなってきているようです。確かに、出雲大社などでは違う作法があるところもありますが、それは注意書きが入っていたはずですし、こういう作法は、混沌としているということでもありません。明治以降、二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)を一般としてしてきているわけですから、それに従えば済むことです。知らなければ、覚えれば済む話です。この作法は、明治時代に作られた「神社祭式」を根拠としています。

また、女性は、柏手(かしわで)を鳴らさないというのは、占い師の細木数子氏が言ったそうです。しかし、女性は鳴らさないというようなことはありません。柏手は、神様を呼び出すという意味を持っているのですから、死者の前(葬式やお墓)では鳴らさない時(しのび手)があるという常識さえ知っていればよいことです。また、お寺では、二礼二拍手一礼はしないということも心がけてほしいものです。

それが、いつの時代に作られたものであれ、統一されたものなら、それに従わないということはありません。マナーのひとつとして、ぜひ、守って欲しいものです。それを守らなかったら、どうにかなるということではありません。日本的な表現ですが、「美しくない」ということです。

それから、祝詞というのは、簡単にいうと、「かむながら」という言葉がある通り、「神の御心のままで」という意味ですから、もともとは、「神の言葉として上から下に申し伝える言葉」だったわけです。唱え詞(となえことば)で一般的に知られているものは、

「祓い給へ 清め給へ 守り給へ、幸(さきは)え給へ」
というものです。私は、特に参拝客が声を上げて唱えるという話は聞いたことがありませんが、神社に詣でたときに、どこかに書かれていたら、黙読し、心の中で、「清い心で、神様の御心のままに、みなを守り、みなが幸せになれますように」と祈ればよいと考えています。

なお、浄土真宗の話に触れておきます。
日本の宗教の中で、戦前戦後、妥協を許さなかった宗教であり、西洋哲学でいうなら、日蓮宗が日本型の強者の理屈を持つ宗教なら、(浄土)真宗は、それに対抗する弱者の宗教です。

浄土真宗は、現代まで靖国神社を反対している唯一の仏教団体です。ここでは、日蓮系の新宗教団体は除きます。明治政府は、事実上、仏教と神道を分離しました。祝詞を唱えると願いが叶うという発想は、空海の真言密教を起源とする両部神道であるかもしれませんが、仏教色が残るものとして、これ自体も廃仏毀釈運動によって排斥されました。

浄土真宗の「南無阿弥陀仏」と唱えることは、日蓮宗のように題目を唱え利益(りやく)が得られるというような意味合いを持ちません。念仏は念仏を唱えること自体に意味を持ちません。それは、信仰そのものの現れだと考えています。

真宗大谷派大阪教区『銀杏通信』靖国神社に対する考え方。
http://www.icho.gr.jp/faq/q_a_042.htm

明治の初期、森有礼の建白書や浄土真宗の島地黙雷僧侶が、明治政府に信仰の自由を訴えましたが、逆に神道側は、その体制を整えることになりました。

明治憲法が発布されたとき(明治23年)に、神道とは国家神道として、別格な地位を得て、「国民の道徳」としました。断じて、浄土真宗が、神道に影響されたり、政府に擦り寄り、神道に影響を与えたなどということはありません。

また、見えない霊自体を肯定するかどうかは別としても、霊体が危害を加えようとするという、オカルティズムは、私たちの一般社会には馴染まない考えだと思います。

参考:国家神道

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%A5%9E%E9%81%93#cite_note-6

私は、宗教が神道ではない者として、口を挟むつもりはありませんでしたが、書かざるをえない気がしました。出来れば、新興宗教の方は、その身分を明らかにしてほしいものです。知っている人には分かります。教義に書かれていた内容は、必ずしも一般的な情報とは違いますから、読み手は間違った認識を持ってしまいます。私自身は宗教団体には関係してませんが、生まれながら、仏教と神道の狭間で、相矛盾した中で割り切れない問題を背負って育ってきましたが、ある意味で時代に翻弄された一人だというしかありませ...続きを読む

Q御幣の作り方

神社にある稲妻型(?)の白い和紙、御幣の紙の切り方、作り方を教えて下さい。

Aベストアンサー

http://doyano.sytes.net/oyaku/gohei/gohei.html

こちらでどうぞ

Qさつきとつつじの違いについて

「さつき」は「つつじ」の花を小さくしたような花ですか?

Aベストアンサー

いわゆる「さつき」は、花もですが葉も小さいです。

つつじは種類も多いですが、道路の歩道の植え込みなどに使われている普通の「つつじ」「さつき」で比較しても、葉については

つつじの葉は長さ5~7cm、巾約1.5cm、光沢がなく、葉の裏側は服などに付着し易いく、子供がワッペンの替わりにして遊びます。

一方[サツキツツジ]の所謂[皐月:サツキ]の葉は、長さ2~3cm、巾も6mm程度、表側の光沢はつつじとは別種かと思うほどです。

一般に「つつじ」と言われる方は落葉性で、「さつき」と言われる方には常緑樹が多いようです。

ツツジは4~5月頃紅色、ピンク、絞りなどの花をつけ、俳句の季語は[春]なのに対し、さつきの季語は[夏]なのです。

サツキの名前は陰暦五月皐月に咲くところからきていますが、こちらはツツジよりやや遅く5~6月頃、真紅、淡い紅色、ピンク、

絞りなど多様な花をつけ、たしかにnekomusumeさんのご質問のように、小さい花で特に真紅の色はサツキらしい色だと思います。


ツツジ・サツキとも低い植え込みや他の樹種と一緒に[大刈り込み]などにしますが、山野に自生するツツジなどは、木の高さが10m位

までなると聞きましたが、サツキの方はどの位まで成長するのか知りません。

一般人の目に付く所で有名なのは、箱根芦ノ湖、湖畔の[山のホテル]の庭園ですが、つつじの花のシーズンには、戦後植えたつつじの

植え込みが園内通路をアーチのように蔽い、たしか宿泊客以外にも開放していると思いますが、ぜひ見ていただきたい光景です。

   *ここは三菱財閥岩崎別邸の跡に、戦後アメリカ進駐のために作られたホテルですが、4万坪以上の庭園に
    3000本以上のつつじというのが[売りの一つ]で人工的ですが見事なものです。

いわゆる「さつき」は、花もですが葉も小さいです。

つつじは種類も多いですが、道路の歩道の植え込みなどに使われている普通の「つつじ」「さつき」で比較しても、葉については

つつじの葉は長さ5~7cm、巾約1.5cm、光沢がなく、葉の裏側は服などに付着し易いく、子供がワッペンの替わりにして遊びます。

一方[サツキツツジ]の所謂[皐月:サツキ]の葉は、長さ2~3cm、巾も6mm程度、表側の光沢はつつじとは別種かと思うほどです。

一般に「つつじ」と言われる方は落葉性で、「さつき」と言わ...続きを読む

Qお寺・神社でのガラガラの正式名称を教えてください。

このカテゴリーでいいのかわかりませんが、ご回答をお願いします。
神社の境内のお賽銭箱の前に天井から吊り下げてある、ガラガラは何のいうのでしょうか?
お参りする時に二礼二拍一礼する前にガラガラと鳴らす、あれです。
お寺では鐘を打つようになっていたりしますが、地蔵さんの前では時々見かけます。
仏教や神道では呼び方はちがうのでしょうか?
どうか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あ、失礼しました。 No.3 です。

専門的には“本坪(本坪鈴)”といいます。

厳密な決まりではないのですが、お寺は鰐口、神社は鈴と一応使い分けがあります。

買いたいんですか?よかったらご紹介しますヨ!

それでは、ゴキゲンヨウ!!!

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q二重ローンについて

現在、5年ローンを組んだ車の1年目を過ぎたところなのですが、
母親が今年の6月に車検で車を買い換えようとしていたので、私の車に
乗ってもらって、自分と共同でそのローンを月々払い、私は新しいローンを組んで車を買おうと思っています。
この場合、私の名義で二重にローンを組むことになると思うのですが、そういうことはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

以前に与信関係の仕事をしていました。

1台目のクルマのローンの残債がある状態で、2台目も質問者さん名義でローンによる購入を考えておられるのですよね?

ご質問の件、原則的には質問者さんの与信枠内のローンであれば可能でしょう。但し、ローン引き受け会社毎にそれぞれ与信の際の判断基準が違いますからA銀行はダメだったがB信販は大丈夫だったというような事はあると思います。

蛇足ながら今回のケースの場合、二重にローンという表記は不適当だと思います。同一物に2つのローンを組んでいるわけではありませんから。

Q生理前の胸の張り。妊娠した場合は?

 こちらで何度かお世話になっております。
不妊の主婦です。

私は生理の丁度1週間前(排卵の1週間後)から必ず胸が張ります。
それも痛くて気持ち悪くなる位です。
胸は小さいほうなので、これだけ胸が張ると吐きそうになったりします。
排卵後の黄体ホルモンの影響とかPMCの症状なのかなと思ってます。

そこで知りたい事があるのですが、
排卵後1週間以上経過して無事着床した場合、
同じように胸は張るのでしょうか。
よく、「いつもの生理前の胸の張りがなかったからおかしいなと思ったら妊娠してた」
というのを何かで読んだことあります。

妊娠経験のある方に聞きたいのですが妊娠した周期は生理前の胸の張りはどうでしたか?
やっぱりなかったのでしょうか。

頑張った排卵日の1週間後にいつもの胸の張りがきてしまったら受精・着床してないって事でしょうか。

ご存知の方教えてください。。。
ちなみに今日は高温期7日目(排卵後1週間)なんですがいつもと同じく胸が張ってます。
今週期も撃沈なのでしょうか(泣)

Aベストアンサー

私はつい最近妊娠が分かったものです!
ただいま妊娠5週目です。

さて、早速質問にお答えします。
私の場合は全くいつもの生理前と同じ胸の張りが起きていました。
そのため、いつも通り「生理がくるな~」と思っていたんです。
でも、私は生理がくる前日。または直前から急に胸の張りがなくなります。
しかし、今回はずっと胸の張りが続いていました。
と同時にずっとつけていた基礎体温は下がらずに高温期のまま。
まさか、と思って検査してみたら陽性でした。
ちなみに、妊娠5週の今はもっと胸がはって痛いです・・・。

人によって様々だと思いますが、私と同じような症状であれば
質問者さんに胸の張りがやってきたとしたら、それはまだまだ生理予定日まで
期待は捨てずに待っていてよいと思います!!
胸の張りと合わせて、もし基礎体温を測ってらっしゃるようであれば
そちらも参考にされるとより良いと思います!!

Q六芒星と五芒星の意味

天然石など、よく六芒星の形をしたものを見かけますが、
この形にはどういった効果があるんでしょうか?
 また、五芒星はあまり見かけませんが、これにも意味はあるんでしょうか。

 六芒星、五芒星の意味と効果を教えてください。

Aベストアンサー

大学院以来ずっとエゾテリスム(隠秘学、神秘思想史)をひまつぶし研究している者です。
現在アクセサリーのモチーフとして使われるペンタグラムやヘキサグラムの場合、意味と効果は由来も伝統もありません。
純然たるデザイン商売と言えます。

どちらも、歴史の中でさまざまなシンボルにつかわれてきました。
神聖と自然の神秘、秩序や生成をかたどってきましたが、
20世紀のエリファス・レヴィあたりから、魔術色が前面に印象付けられるようになりました。

ペンタグラムには次のような神秘の意味があります。
・人のからだ、霊(アタマに宿る)と四肢を表わす・・・・グノーシス
・四大元素 空気・水・火・土と霊を表わす
・八年で観測できる金星の軌跡、また、五つの惑星を示す宇宙の神秘
・都市の形成と調和、健康体の調和
・錬金術(医術・化学)のシンボル、薔薇十字団では薔薇の花弁
・五行思想 木火土金水の相互作用と万象の相生相剋、陰陽道では晴明桔梗の花弁

ヘキサグラムには次のような神秘の意味があります。
・酒造(自然科学)のシンボル
・火△と水△の相互作用
・ダビデと、ダビデの子ソロモンの紋章、D(デルタΔ)の組み合わせ、イスラムでは預言者とみなされることから信仰対象となる。のちにカバラに導入される。
・ステラ・マリス(海の星)、太陽の方角を知らせる金星のシンボル。航海者を守る。のちにマリア信仰に吸収される。
・易において卦にあらわれる六爻。陰陽の相互作用。
・陰陽道では晴明紋

上記のように、変化やバランスをもたらすものの神秘的な力を示しますが、
ピタゴラス、プラトンの神聖幾何学の系譜が続いて、いっそうこれらの神秘解釈に拍車をかけました。

大学院以来ずっとエゾテリスム(隠秘学、神秘思想史)をひまつぶし研究している者です。
現在アクセサリーのモチーフとして使われるペンタグラムやヘキサグラムの場合、意味と効果は由来も伝統もありません。
純然たるデザイン商売と言えます。

どちらも、歴史の中でさまざまなシンボルにつかわれてきました。
神聖と自然の神秘、秩序や生成をかたどってきましたが、
20世紀のエリファス・レヴィあたりから、魔術色が前面に印象付けられるようになりました。

ペンタグラムには次のような神秘の意味があり...続きを読む

Q初詣の時にアマテラス神様のお札を買ってきますが、あれって薄い紙でくるま

初詣の時にアマテラス神様のお札を買ってきますが、あれって薄い紙でくるまれていますよね。
神棚に祭る時には、あの薄紙は取ってから神棚に上げるものなのでしょうか?
それとも、そのまま薄紙にくるまれたまま、神棚に上げるものなのでしょうか?
薄紙を取り外すと、何か災いが起きるものなんでしょうか。。。
ちなみに、いつもは薄紙のままあげていたのですが、今年の1月1日には薄紙を取り外して祭ったら、16日に父が亡くなってしまいました。。。
どなたか、正確な方法とその理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

神社の神主をしているものです。
アマテラス様の御札にくるまれている薄い紙は本来ご家庭に届くまで汚れないように保護されているものです。
ですからおまつりする場合には薄い紙は剥がしておまつりするのが正しいまつり方です。

というのもこのアマテラス様の御札は伊勢で作られ、各神社に送られてその地域の家庭に届きます。
昔は梱包技術は未熟ですし、輸送にかかる時間は今よりもっとかかっていました。
だから神社に届くまでに雨や雪などで汚れる確率はとても高かったのです。
また、江戸時代あたりでは伊勢参りに行った人が何日もかけて故郷に持って帰ったわけですから、やはりその間に汚れてしまう可能性は多かったでしょう。(下手すると伊勢参りの相手が子どもだったり犬だったりする場合もあります)

ですから御札に薄紙を巻くことで被害を最小限度に抑え、おまつりする方々が健やかに祀れるようにしたわけです。

薄紙を剥がすことで災いが起きることはありません。
(神棚清祓で神主を家に呼んでお祓いしてもらうとほとんどの神主は薄紙を剥がしますよ。私なんかもアマテラス様の御札以外に薄紙に巻かれている神社札は全部剥がして祀っています)

剥がした薄紙は古い御札や古いお守りを包んでお焚き上げに出すとよいでしょう。
また剥がす際は鋏等刃物は使わず手で剥がした方が神さまに失礼になりません。

また薄紙のままでも御札の効果が薄れるということはありません。
祀っている間でも汚したくなければ薄紙のままでおまつりしてもよいでしょう。

お父様の事は大変悲しいこととは存じますが、神様の祟りではなく天命を全うされたのだと思われます。

どうぞお気になさらず健やかなる新年をお迎えください。

神社の神主をしているものです。
アマテラス様の御札にくるまれている薄い紙は本来ご家庭に届くまで汚れないように保護されているものです。
ですからおまつりする場合には薄い紙は剥がしておまつりするのが正しいまつり方です。

というのもこのアマテラス様の御札は伊勢で作られ、各神社に送られてその地域の家庭に届きます。
昔は梱包技術は未熟ですし、輸送にかかる時間は今よりもっとかかっていました。
だから神社に届くまでに雨や雪などで汚れる確率はとても高かったのです。
また、江戸時代あたり...続きを読む


人気Q&Aランキング