ジャンル不明につきここにカキコします。
踏切一旦停止が義務付けられていますが、信号の有る踏切は一時停止不要。
青信号の交差点で道路を横断する場合は一旦停止不要。

なにに何故警報機だけの踏切では一時停止しなければならないの?
警報機と信号機は性能的にそんなに違うのか?
列車が来るのに鳴らなかった警報機の話なんぞ聞いたことがない。

万一故障していたら事故に・・・それは信号も同じ事ですよね?

考えれば考えるほど不思議な一時停止なのですよ・・・

持論でかまいませんのでお答えお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

今現在は解りませんが・・。



夜間(深夜)の整備用車両等は、遮断機が
ならなかったそうです。(周辺住民への対策??)

実際見たのですが、
ナンバープレートがついていて、一般道も走れるし
油圧で、電車軌道用のタイヤを使えば、軌道上も走れる
と言う不思議な車?電車も有ります。
それも関係しているのかな?

ちなみに、私の友人がカナダで、踏み切りで一旦停止
すると、後の車が急ブレーキを踏んで、散々文句を
言われたそうです。
踏み切りの一旦停止なくせば、かなりの排ガス削減できそうな気がするのですがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>夜間(深夜)の整備用車両等は、遮断機がならなかったそうです。
確かにトロッコのようなモーターカーは遮断機が作動しませんが、その時はトロッコも極めて低速で、安全確認を怠らないように運転してますよね・・・
トロッコも遮断機降りるようにしちゃえばいいのに!
そしたら解決!!

>環境問題
ですよねーー!発信時の燃費が一番悪いんですから!!

ってことで、環境問題に目をつけたあなたにポイント差上げます^^

お礼日時:2001/09/29 08:53

「踏切の通過」は、道路交通法の第33条ですね。


ポイントは2つあると思います。
1つ目は、信号機と警報機の、行政的な解釈の違いです。
(踏切でも信号機があれば、一時停止の必要がないのはなぜか)
2つ目は、自動車と鉄道の優先順位です。
(信号がある交差点で一時停止の必要がないのはなぜか)

まず、行政的解釈では、信号は「交通整理」・交通の円滑化を目的とした装置とされています。一方、「警報機」「遮断機」に関しては道交法のなかで定義がないようです。

これは、信号機だけが、交通の安全と円滑をはかった「道路交通法」の管轄のものということだと思います。つまり、信号機は「交通整理」を目的としているので、信号機があればそれに従えばよい、しかし、「交通整理」ではなく、「危険を知らせること」を目的にした警報機・遮断機の前では、一時停止し、安全確認しなくてはいけない、ということではないでしょうか。したがって、信号機があれば、踏切直前での一時停止は不要、ということになると思います。

次に、優先性のことです。自動車と自動車の場合は対等で、優先順位はなく、また信号機は「交通整理」を目的としたものなので、それに従えばよいのでしょう。しかし、鉄道と自動車の場合、鉄道の公共性・事故が起こった場合の被害の大きさ・停止、発進する融通性(止まりにくさ)を考えると、自動車よりも鉄道が優先されると思います。したがって、信号がある交差点で一時停止する必要はない、ということになるのではないでしょうか。

以上が私の解釈ですが、…生活とあまりにかけ離れた行政らしい法律ですよね、まったく。

この回答への補足

まとめてのお礼です。
結局結論が出そうにないのでこの辺で諦めて締め切ります。
なんとかして欲しいですよね。
みささん回答ありがとうございました。
また、お礼、締め切りが遅れたことこの場を借りてお詫び申上げます。

補足日時:2001/09/29 08:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なんとなくはわかるんですが・・・・
じゃあ、踏み切り警報機も信号扱いにしちゃいなよ!
列車優先で危険ののなら、信号が付くと列車は危険でなくなるんかい?
って疑問に・・・・
喧嘩ふっかけてるんじゃないですよ^^
やはり不可解だ・・・・

お礼日時:2001/09/29 08:45

深く考えると行政の怠慢なのか、いまさら改正するのがめんどくさいのか


わかりませんが、警報機と信号機では同じ踏切りでも分類が違います。
簡単に言ってしまえば、線路を道路が横断することと道路を線路が横断する
ことの違いです。何が違うのかといえあれると、道路を線路が横断する場合は
路面電車と同じ扱いになります。交差点で路面電車がカーブする線路の場合、
直進車は交差点内の線路の前で一旦停止しなくてもいいですよね。

これは遠い記憶なんですが、信号機は信号無視をすれば、当然、
道路交通法違反ですよね。でも、警報機の場合は踏切り前で一旦停止さえ
していれば警報機を無視したところで罪にはなりません。ただ、踏切りを
壊してしまうと器物損壊罪になってしまいますが。確か、そうだったような
気がしたので、この辺はいまいち自信なしなんですけどね。

というわけで、警報機と信号機は用途は同じであっても、法律上の根拠は
異なるため、止まる止まらないの違いになってくるんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

法解釈は別として、
機能的に何が違うの!?となってしまいまして・・・
警報機を信号の一部と定義付ければ解決するような気が・・・

お礼日時:2001/09/29 08:48

私も、昔から「警報機のある踏切で一時停止が本当に必要なのか?」と、強く疑問に思っています。


おっしゃるように、安全性・信頼性の上で、踏切信号機との技術的・客観的な相違点が何もなく、警報機の場合だけ一時停止しなければならない理由がどこにも見いだせないからです。
単に、警察(公安委員会?)が設置したか鉄道側が設置したかという違いだけで、信頼性は変わらないはずです。(踏切信号機も、センサ部分の設置は多分鉄道側に委託しているのでしょうが…)

一応現行法では停止しないと違法なので、義理として?停止するようには努めていますが、完全に止まることは希で、大抵は「停止寸前の最徐行」(1km/h?)にとどまってます。(目の前に警官がいる時だけ完全停止 ^^)
他の車を見ていても、完全に停止しているのは教習所の仮免車くらいで、あとは最徐行が普通、車によっては少しスピードを落とすだけ、というのもたくさんいます。
諸外国では、このあたりの事情はどうなんでしょう?知っている方がいたら教えてほしいです。

あと、直接関係ないですが、今の遮断機(特にJR)は、列車の最後尾が通り過ぎてからも一向に開かず、100~200m 以上も過ぎ去ってからやっとこさ開くというのが結構多いです。こういう馬鹿なことをやってるから、ますます警報機も軽視されるようになるのでしょうね。
(かと思うと、列車が通過し終わらないうちに開くのもあったりして…前に一度、踏切を通過中の列車が何かの理由で非常制動で急停止したのですが、そのときは最後尾の車両が道路上に残ってるのに遮断機が開いてしまいました。いったいどうなってるのか、と思います。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それも法改正で解決できそうな問題ですね・・・

遮断機を信号とみなす。

遮断機設置した場合は国土交通省が検査を行たうえで信号と認定し、その後遮断機の使用を認める。

これで解決しますよね・・・・

行政め~~~!

お礼日時:2001/09/29 08:55

kazu-gooさんは踏み切りの前で一旦停止しますか?


それは何故ですか?

結論! 反則金集めではないですか?!?!

免許の試験で「やむおえず駐車禁止のところに車を停めた」??見たいな問題が無かったですか?  答えは×
おかしいですよね!「やむおえない」んですから‥‥
    • good
    • 0
この回答へのお礼

銭集めのために大昔の法規を残している。

有り得ますね・・・・

駐車すると危険な道路が突然パーキングメーター設置によって駐車しても危険じゃない道路に変化するように・・・

お礼日時:2001/09/29 08:47

言われてみれば、確かに不思議なことですね。


そこで考えたのですが…信号機は常に目で見て確認できますよね。でも、「警報機はいつ鳴るかわからないから」ではないでしょうか。
きっと、きちんとした理由があるのでしょうね。
ここの回答、私も待ってます(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局有効回答が無いまま締め切ります・・・
不思議ですよね

お礼日時:2001/09/29 08:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電車・踏切での一旦停止の必要性

踏切での一旦停止の必要性に疑問があります。
もちろん法律で一旦停止が義務づけられているのは承知しています。

しかし、電車通過時には踏切では警報機(?)が鳴り、サオ(?)みたいのが降りてくるじゃないですか。
電車通過時以外にも一旦停止をしなければならないというのは、この警報機とサオみたいなヤツの信頼性が低いと言うことでしょうか?

普通に考えれば、信号で言う「青」の状態の時にまでなぜ一旦停止をしなければいけないのかが分かりません。

一旦停止の法律の根拠が分かりませんし、もし一旦停止不要になれば渋滞が解消されるように思います。
特に東京都内在住の私にとって常々疑問でしたので質問させていただきました。

Aベストアンサー

21日午後、滋賀県近江鉄道の踏切にて快速電車と乗用車が
衝突事故を起こしました。

この踏切、遮断機が下りず、警報も鳴らなかったということです。

それ以前にも、ここひと月の間に3,4件ほど同様に遮断機が
下りなかった事例がありますから、あなたの気持ちは私にも
十分理解出来ますが、自分の命ですから大切になされた方が
よろしいのではないですかね。

ただ、見通しの悪い踏切もあるわけで、一旦停止して
左右確認したにもかかわらず列車と衝突することもあるので、
ここは各列車の運行会社に、信頼性のあるシステムを
導入してほしいものだと思いますね。

都内でしたら開かずの踏切が有ると聞いています。
高架にするかトンネルかで対応してもらいたい
ですよね。

この疑問、私も思ってました。

Q車はなぜ踏切で一時停止、左右確認をしなくてはならないのでしょう。

交通量の多い踏切には交叉点と同じ信号が付いていて青ならそのまま通過することになっています。どうせなら警報機と遮断機の付いている踏切はすべて一時停止と左右確認を廃止してしまうのが合理的だと思います。なぜそうしないんでしょう? 理由を教えてください。

Aベストアンサー

この件は、まじめに議論されていることですよね。一時停止を廃止しようと発言した国会議員もいます。

ヨーロッパの多くの国や、アメリカでは一時停止しません。一時停止した方が危険であるとする専門家もいるようです。踏切内でエンストしやすいとかで。

その昔、警報機遮断機つきの踏切が少なかった時代は、皆が納得するところだと思います。
「変更されることなく現在に至っている」が実情だと思います。役所は従来からの変化をものすごく嫌がります。例えば、警察でいうと、最高速度の引き上げなんかが有名だと思います。「最高速度を上げると事故が多くなるから認められない」が決まり文句です。もし事故が増えたら自分たちが責任をとらなくてはいけなくなるから。警察に限らず、どの役所も、変化させる・変更することを嫌うんです。新しいことをやるにも、まずは過去にそういった事例があるかを調べます。霞ヶ関が行う、新しい全国的な事業なり、方針・指針などの策定では、海外の事例などを徹底的に研究します。そして考えられる課題を洗い出し、何を突っ込まれてもいいように、外堀から徐々に埋めていくんです。ミスったら全部自分たちの責任なので。
役所ってそういうところです。
こういう体質だから、”鶴の一声”があるとがらっと変わります。総理なり知事なりのトップの指示さえあれば、責任は自分たちに及びにくいので、怖いものなしでどんどん進みます。世論の支持がなければトップは指示を出しにくいので、そういったものは多くがとんとん拍子で進みます。石原都知事は多いような気がします。霞ヶ関とは喧嘩してでも、うちはやると言って、都の職員は他の自治体や中央と比較しても積極的なように思います。(自分の見てきた範囲内ですが)

こないだ一般道の最高速度を、条例をつかって、60から80に引き上げた県があったかと思います。最近ではそういう画期的な事例も出てきています。

話が脱線しましたが、踏切の場合も、警察庁が嫌がるので緩和しにくいんだろうと想像します。鉄道局も乗り気でないかもしれません。事故が増える、の一点張りだと思います。
ただ、渋滞で前がつかえている時に、へたくそドライバーが踏切内に進入してしい、そのまま立ち往生、というケースが増えそうというのは、個人的には分からなくはないです。
でも、田舎の交通量が少ないところは影響が少ないと考えられるので、部分的に緩和するところからはじめれば、と個人的に思います。

それか、安倍総理か、次期国家公安委員長、国土交通大臣の鶴の一声に期待するか・・・世論が騒がなければいけそうです。

この件は、まじめに議論されていることですよね。一時停止を廃止しようと発言した国会議員もいます。

ヨーロッパの多くの国や、アメリカでは一時停止しません。一時停止した方が危険であるとする専門家もいるようです。踏切内でエンストしやすいとかで。

その昔、警報機遮断機つきの踏切が少なかった時代は、皆が納得するところだと思います。
「変更されることなく現在に至っている」が実情だと思います。役所は従来からの変化をものすごく嫌がります。例えば、警察でいうと、最高速度の引き上げなんかが...続きを読む

Q丁字路の交通信号機で道路のない側にも信号機があるのはどうしてですか

丁字路の交通信号機で道路のない側にも信号機があるのはどうしてですか

Aベストアンサー

自転車や馬など、軽車両が横断するために置かれています。「軽車両用」の看板もついているはずですよ。

Qぶつからない車から信号機の自動停止

近い将来!数年後には黄色号に変わる時速度に応じて自動原則停止の車を開発これって本当ですか?
赤信号ではいくらアクセルを踏んでも発車しません。
最終的には制限速度以上になると、アクセルを踏んでも出なくなるかもです!

Aベストアンサー

カーナビには「運転中はカーナビの操作が出来ない、テレビ視聴が出来ない」と言う規制が設けられています。

しかし、市場には改造パーツが出回っていて、運転中でも操作が可能、テレビが視聴できる、と言う改造をする人が居ます。

それと同じで、そういう車が開発されたとしても、赤信号でも発進する、黄色でも減速や停止をしない、制限速度を超えた速度が出る、と言う改造パーツや、改造情報が出回るでしょう。

なので、開発の話が本当でもウソでも、気にする必要はありません。

Q空襲警報と警戒警報の違いをしりたいのですが

太平洋戦争時のアメリカ軍の日本空襲を調べていますが
警報のことでわからないことがあります。
調べても記述が見当たりませんのでおうかがいします。
まず警戒警報がなり、敵機が襲来すると空襲警報にかわるといいます。
空襲経験した方の記述をよみますと、
「警戒警報がなって、それが空襲警報にかわった」
という記述をよくみかけます。
音は同じサイレンなのですが、警戒警報と空襲警報をどう見分けるのでしょうか。
鳴らし方が違うと思われます。
ご存知の方、詳細に教えていただけないでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

はっきり記憶していないのですが(防空法施行令に記載があったような気がしましたが無かったです)。

警戒警報 3分間鳴らしっぱなしで1回
空襲警報 4秒鳴らしてから8秒休止 これを5回繰り返し 

空襲警報解除 1分鳴らしっぱなしで1回 いつからかは覚えていませんが、後に3分になり、警戒警報と間違えたという話を聞いたことがあります。


警戒警報解除は空襲警報解除と一緒だったようなそうでないような…。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報