この二つがどういうものか教えてくださいい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

界面活性剤の溶液は低い温度では普通の物質と同じく、界面活性剤分子はばらばらの状態で溶解していますが、ある温度を超えると「ミセル」という分子の集合体を作るようになって急激に溶解度が増します。

この温度をクラフト点といいます。イオン性の界面活性剤に使われる用語です。

クラウド点(曇点;くもりてん、どんてん)はエチレンオキシド系の非イオン界面活性剤に対して使われる用語で、この温度を超えると界面活性剤は水に対する溶解性を失って、水溶液は急に白濁します。これはエチレンオキシドの酸素原子と水の間の水素結合が、温度の上昇により水の分子運動が激しくなって切れるからです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどういうものか?

間接脱硫方式について説明しろと先生に言われました。
どう説明していいか分からず悩んでいます。どうか教えてください。

Aベストアンサー

fuzitaさん、こんにちは。

早くも、詳しいご回答が届いていて良かったですね ! !
もう、先生へのご説明の方はお済でしょうか ?

ちなみに、このようなサイトは
既にご覧になられていますでしょうか ?

お役に立たなければ、本当に申し訳ありません…


ところで、お勉強(研究 ?)、かなり高度のようですが、
これからも引き続いて、どうか頑張って下さいね ! !

失礼しました……

http://www.asahi-net.or.jp/~DH1F-MYS/kan/00i/indirect_d_.html

http://www.jnoc-rp.jp/glossary/japanese/ka.html#10476

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~DH1F-MYS/kan/00i/indirect_d_.html

Qクロラムフェニコールとクロロホルムの違いを教えてください。 それぞれどういったものなのでしょうか?

クロラムフェニコールとクロロホルムの違いを教えてください。
それぞれどういったものなのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6151001.html
>クロラムフェニコール系の抗生物質

俗称クロマイです。通称とか、略称とも言えますが、ビブリオ属細菌を殺したり、下痢を抑える、コレラの治療に用いられます。以前は局所麻酔を加えた筋注用の注射剤も販売されていましたが、日本では錠剤と軟膏程度の販売になっている、静脈注射用はまだ販売されているみたいです。安価なのと、代用できるものが無い場合には、海外で多く使われる、再生不良性貧血などの副作用が出ることがあるので、最近は常用されなくなりつつあります。

https://www.tokuyama.co.jp/business/transform/chloro/products/chloroform.html
>クロロホルムはクロロメタンの一種であり、電解より発生する塩素を利用してメチレンクロライドとともに製造されます。主にフロンガス原料、医農薬の抽出溶媒の用途に使用されます。

比較的揮発しやすい蒸気を吸うと麻酔作用があります。抗菌作用などはないと思いますが、どちらかというとアルコールに近い、毒性は強い方でしょう。頭痛も強いし、エーテルの方が麻酔としては有効かも知れない、ただし、エーテルは可燃性が強いので、爆発したりするので別の意味で結構危険です。

片方は現役で利用される抗生剤、クロロホルムは規制も厳しく毒性が強い製造販売が医薬品としては禁止された国があるほどの過去の遺物、溶媒とか原材料としては健在の物質です。クロロは塩素の事、前者は分子単位で2つのクロロ、2,2-ジクロロ-N-[(1R,2R)-2-ヒドロキシ-1-ヒドロキシメチル-2-(4-ニトロフェニル)エチル]アセトアミドのことで、後者は3つのクロロがある、4塩化炭素の一つのクロロを水素に置きかえた物質です。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6151001.html
>クロラムフェニコール系の抗生物質

俗称クロマイです。通称とか、略称とも言えますが、ビブリオ属細菌を殺したり、下痢を抑える、コレラの治療に用いられます。以前は局所麻酔を加えた筋注用の注射剤も販売されていましたが、日本では錠剤と軟膏程度の販売になっている、静脈注射用はまだ販売されているみたいです。安価なのと、代用できるものが無い場合には、海外で多く使われる、再生不良性貧血などの副作用が出ることがあるので、最近は常用されなく...続きを読む

Q比色法と重量法の二つの定量法の長所、短所わかる方是非教えてください.

比色法と重量法の二つの定量法の長所、短所わかる方是非教えてください.
お願いします!

Aベストアンサー

何の分析か特定して下さい。
それとも一般的なお答えが必要なのでしょうか?

Q加熱されていなくて、水を加えていない濃硫酸そのものは、酸化力は強いですか?ありますか?弱いですか?な

加熱されていなくて、水を加えていない濃硫酸そのものは、酸化力は強いですか?ありますか?弱いですか?ないですか?

お助け下さい。。。

Aベストアンサー

濃硫酸はさすがに眼に入れたら大騒動、傷口も危ない、でも熱せられていないと反応性は
低く、余りやりたく無いけど手の平にこぼしても「少し嫌な感じ染みるな」程度。
化学屋でも知らない方が多いのですが、濃硫酸は溶媒として最高で、反応してしまったり
酸に弱い物以外何でも解かし、DMSO同様水にあければ溶質を回収可能です。
核磁気共鳴・NMRで良い溶媒が無ければ重硫酸・D2SO4が使えます。

Q逆相用のクロマトグラフィーの担体のうち最も安いものを教えてください。

逆相のオープンクロマトグラフィーで使う担体を探しています。
500gで4万円というものを見つけたのですが、これ以上安く買えるものは無いでしょうか?
担体の品質はどんなものでもかまわないので、一番安いものを教えてください。
また逆相の担体で調べるとsilanizedやSilと表記されているものがあるのですが、これはどのような性質を持っているのでしょうか?

Aベストアンサー

C18、オクタデシルという奴が古典的かつ一番安価です。
その名の通り担体表面がC18(オクタデシル基)で修飾されています。
原材料はシリカです。ですから元は極性担体だった訳なので…

>silanizedやSilと表記されているものがあるのですが…
上述のシリカのC18修飾されていないSi-OH末端をSiR3で潰してSi-O-SiR3にしてあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報