英語圏の展覧会に出すときにCredit Lineの欄によく書く「Courtesy of the artist」これってどういう意味ですか? 
私は「作品を謹んでお見せします。(もし作品に興味がおありでしたらご連絡を。(値段つけます))」というような挨拶の形式を取っている「価格未定」のニュアンスを含んだ表現だと今まで勝手に思っていたのですが…。


あとCredit Lineってそもそも何なのですか?
そこに書くということは「何々美術館所有」とか「個人蔵」というただ所有先をあらわす欄と見てよいのでしょうか? それとももっと貸し出し先に対する敬意をあらわす為に記入する場所なら、「Courtesy of the artist」は(作者が)親切にも見せてやるぞ。的な感じにとれることはないのでしょうか?
なんか分からなくなってきました。どなたか知っている方教えて頂けますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

美術というより英語の問題として回答しますが、まず、credit というのは映画の最後に黒バックで流れるあのクレジットと同じです。

つまり映画の制作者(協力者・出資者)を表示するのと同じように美術作品の制作者を書き込むline がcredit lineというわけです。

新聞の署名記事などで執筆者を示す欄には「by誰々」と書いてありますが、これはby lineといいます。つまり共同執筆であれば、一人ひとりの名前(あるいは団体名)が一本のlineということになります。

ですから、credit lineにCourtesy of the artistとあるということは、これは「この作品はアーティストの提供です/この作品のクレジットはアーティストに所属します」というような意味になります。(この場面でのCourtesy of は「~の提供で/~のせいで」)

つまり、サンプリングやアプロプリエーション(appropriation)はしていません。パロディーでもありません。完全なアーティストのオリジナル作品である、ということを表明しているわけです。

という訳で意味もわからずCourtesy of the artistと書いてしまうのはキケンだと思いますよ。だって、ジェフ・クーンズとか福田美蘭の作品のクレジット欄にCourtesy of the artistに書いたら確実に訴えられますもの(笑)あの人たちなら確信犯ということはあるかも知れませんが…
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすいご説明、ありがとうございました!
恥ずかしながらも訴えられる前にGooで質問して良かったです(冷や汗)。それとも訴えられるくらいに反響があればいいとも言うのでしょうか…?!

お礼日時:2005/05/30 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカオスな曲とはどういう意味ですか?

カオスな歌詞、カオスな歌、カオスな曲・・・

カオスって何ですかー?

(´・д・`;)

Aベストアンサー

どちらかといえば混沌という意味で使われます。
なんか凄いのはわかるけど理解できない
凄く面白いけど常人には作りあげることのできない境地
などの意味です。

カオスな歌詞は…「秀逸だけど確実に作詞者は病人」じゃないでしょうか。
カオスな曲はメドレー系などで複数の曲が同時に演奏されハーモニーが凄いんだけど何が起きてるのかよくわからない、という時に使う気がします。

Qホプソンの「the gift of love」

クリスチャン系の昔の曲でHal Hopsonという人のthe Gift of Love と言う曲があるんですが、この人と曲について何かご存知だったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ
Hal Hopson the Gift of Love で検索したら見つかりましたよ!
http://www.cyberhymnal.org/bio/h/o/p/hopson_hh.htm
http://www.cyberhymnal.org/htm/g/i/giftlove.htm

Qカオスの言葉の意味は?

題名の通りです。
日本語になったネット用語になるのか?それとも英語になるのか分らないので、ココで質問しました。
意味が分るに教えていただきたいです。お願いします。

Aベストアンサー

カオスChaos, Khaos)とは混沌を意味する言葉です。
ギリシャ神話の原初神の名前が由来で、英語ではケイオスというような発音になります。
プロレスラーの軍団にCHAOS(ケイオスがありますが、ここから名づけたのでしょう。

カオスの対義語はコスモス。
宇宙は調和と秩序により成立しているという概念です。

Qドラム“break up the four beats of a bar”とは?

翻訳の仕事をしている者なのですが、
ドラムに詳しい方に質問です。
“Break up the four beats of a bar”という表現が出てきたのですが、「4ビート(四拍子)を崩した演奏をする」というような意味なのでしょうか?
Break up=壊す、崩す  bar =小節
独特の演奏をするドラマーについて語っている場面です。
「4ビートを崩す」という言い方も通用するのかよく分かりません。
音楽にうといため、表現法に困っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ジャズが好き(ドラムではありませんが楽器もやってます)で、たまに英文で小説を読む人間です。

Break upには割るという意味もあるので、1小節の中での4つのビートの分けたかだと思います。例えば、2拍目/4拍目がに対して1拍目/3拍目に対して長い(短い)などです。ただし、どのようにユニークなのかは文章から推測できませんので、独特の4ビートの刻み方と言うだけに留めた方が無難だと思います。

彼のドラミングはとてもユニークなんだ。4ビートの刻み方とか、...

なんて感じがいいと思います。

なお、私がこの文章を小説のなかで英語で読んだら、特に引っ掛かることはなく「独特の4ビートの刻み方」と解釈すると思います。

Q言葉の意味

「カオス」について、
(1)日本語では「カオス」とは何ですか?
(2)ゲームでいう「カオス」とは何ですか?
(3)「彼の頭はカオス」ってどういう意味ですか?
(4)「彼の顔はカオス」ってどういう意味ですか?
(5)「彼の体はカオス」ってどういう意味ですか?

「カオス」の意味が分かりません。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

今晩です。
私なりの解釈ですが、
(1)混沌-こんとん
(2)敵側 闇、悪魔に近い者?
(3)何を考えているかわからない、カリスマ性のひらめきの頭
(4)他者に当てはまらない個性な面差し
(5)意外な身体的能力&特徴
語り尽くせない事がカオスですね… 始まりがあっても終わりがないような。変な回答で申し訳ないです。

Q高校の美術部の展覧会について

私の高校や周りの高校の美術部の作品を集めた展覧会のために一生懸命絵を描いてきましたが、最近美術部を辞めようと思い退部届けを出したいなと思っているのですが、6月2日に絵を搬入するので展覧会にはドタキャンする形になってしまいます。
もう題名も書いて先生に提出してしまいました。
でも最近は早く辞めたいという気持ちでいっぱいなので早めに美術部を辞めたいです。
搬入の4日前に美術部を辞めてもいいのでしょうか?
展覧会にはドタキャンできるのでしょうか?
回答よろしくお願いします、急いでます。

Aベストアンサー

「向いて無い自分が居て、どうしても続けられない」旨を報告し、退部すべきと思います。土壇場でキャンセルするのは、あなたの自由ですが、周りに迷惑をかけるのと、あなたに「社会的信用の無い人と云う」レッテルが貼られるということになります。このことの方が、どれだけ恐ろしいかがまだお分かりになってないようです。きちんとした形で止めましょう。それをお奨めします。

Qカオスって…?

ネットで時々「テラカオス」みたいな文面を見るんですが
カオスって、(よくわからないですが)天と地を作ったもの?
みたいな神様ですよね?
ネットで使われているカオスとは意味が違う気がするんですよ。
「テラカオス」って何のネタなんですか?

Aベストアンサー

意味を考える時は「テラ」と「カオス」で区切ってくださいね。

テラは単位です。
HDD容量等で使われてるのを見たことないですか?
100MB、100GB、1TB、とか。(右に行くほど大きい)

って事で、テラってのは、凄く大きい感じを表してます。

なので、物凄くカオス、って意味だと思ってください。

カオスも考えるなら、物凄くぐちゃぐちゃになってる、って感じでしょうかね。
もう、収集が付かなくなっててどうしようも無い感じだと思えば良いです。

Qラヴェル編曲 展覧会の絵より プロムナードIIのテクニックについて

お願いします。

この曲は、独奏ホルンと木管セクションで始まります。
この時、ホルンは全体の一番低い音域で、
その上で木管がハーモニーを奏でる形になっていますが、
どの様に処理したと考えれば良いのでしょうか。

私はホルンと木管のTOPノートに注目しましたが、
1,3,5度と満遍なく音程のシチュエーションがあり、
あまりメカニカルな感じがしませんでした。

お解りになる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここで言うテクニックというのは作編曲上のテクニックということですよね。私の解釈では、この部分はまず次のようにプロムナードのテーマが各楽器に受け渡されていきます。

 ホルン→ファゴット→ホルン→ファゴット→オーボエ→クラリネット

これに対して、ファゴットの旋律の上に最初はオーボエで、次はフルートで対旋律(オブリガード)を重ねたものだと思います。単純にハーモニーとして解釈しようとすると無理があるのではないでしょうか。

Qカオス

具体的に「カオス」ってどういう意味ですか?
(「彼の頭はカオス」を分かりやすく言うとどういう意味ですか?)

Aベストアンサー

カオスって、混沌とした状態を指す言葉ですよね。
彼の頭がカオスというのは、頭の中が混乱していて無秩序な感じ、
もっといえば頭の中がめちゃくちゃで、まともに物を考えられない
様子のことを言っているのだと思います。

Qクラシックの指揮者・演奏家・聴衆は作曲家に敬意を払っていると思いますか?

クラシックのコンサートを生で鑑賞するたびに思うのですが、曲が終わって指揮者がソロ奏者を立たせて労ったり、指揮者自身が満場の拍手を受けています。
それはもちろん頷けるのですが、何か忘れていませんか?と思うのです。

曲を作ったのは作曲家であり、もちろん誰かが演奏しなければただの楽譜で終わってしまいす。
なぜ、敬意を払っていないかと思う理由ですが、指揮者や演奏家のあまりに身勝手な解釈で、曲がスポイルされているのではないかということです。
「炎の指揮者」とか「ナントカ節」などと言われる「枕詞」がその根拠です。

一般的に言って、「個性」を重要視するあまり、作曲家の意図を楽譜から読み取っていないのでは?という危惧があります。もちろん、作曲すれば作曲家の手を離れてしまって、解釈するのは指揮者や演奏家、はたまた聴衆である、というご意見もあるでしょうが、

皆さんは、コンサートに行って作曲家に想いを馳せることはありますか?

Aベストアンサー

難しいですね。
昔は、確かホグウッド辺りの指揮者が出る前まではバロックなども現代楽器で演奏していましたし。
それで作曲者の意図が再現されているかと言われると、音としてはピリオド楽器で演奏しないといけないわけで…、
さらにそれを現代の大ホールで聴衆が満足できる音が得られるかというと、楽器としてホールへの力不足感がありますし。

曲に対して弟子が色々と改変加えた曲も多いですよね。作曲者の意図を重視するというけれども、どこにあるのかどの版を信用したら良いのか。

政治的に弾圧された作曲家もいますよね、曲に対する本音は体制への迎合なのか、迎合と見せかけて裏には皮肉が込められているんじゃないかなど。

色々と考え出すとどれが作曲者の意図をくんだ演奏だというのはますます判らなくなるように思います。

私は、「ああ、こういう解釈もあるのか、こういう解釈だと作曲者の意図が伝わるかな、弱いかな、この解釈だと楽しいけれど、この解釈だと楽しさの中に別の感情があるかな」等、
そういう思いを馳せるのも楽しみの一つだと考えています。
そして、残された楽譜から現代の音楽家が何を読み取って聴衆にどう伝えるのか、時代によって変化していくものだと思います。

難しいですね。
昔は、確かホグウッド辺りの指揮者が出る前まではバロックなども現代楽器で演奏していましたし。
それで作曲者の意図が再現されているかと言われると、音としてはピリオド楽器で演奏しないといけないわけで…、
さらにそれを現代の大ホールで聴衆が満足できる音が得られるかというと、楽器としてホールへの力不足感がありますし。

曲に対して弟子が色々と改変加えた曲も多いですよね。作曲者の意図を重視するというけれども、どこにあるのかどの版を信用したら良いのか。

政治的に弾圧された作曲...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報