のインストールを以前に試みたのですが、その途端にセーフモードでしか起動しなくなり、結局リカバリしました。相性が悪かったのでしょうか。それ以来、コワくて再度試みることはなかったのですが、値段面でも諦めきれないし、何が悪かったのかが分からないので単に「相性が悪い」ということでは釈然としません。
以前のような事態は避けたいし、それでも使いたいし…。安全にインストールできる方法はないでしょうか?ちなみにOSはWin98です。

A 回答 (4件)

 ノートンは「強力な薬」ですので、使用には注意を要します。



 例えば、すぐにインストールすることはいけません。インストール前にCDで起動して、ウィルスチェック、ディスクチェック、システムチェックは最低限するべきですね。

 更に、他社のアンチウイルスソフトはインストール前には必ず削除しましょう。
 Windowsのアップデートは必ず行う必要があります。
 ノートンのインストール後は必ずLiveUpdateを行う必要があります

 結構簡単なこんな事を守れば、ノートンは結構良い薬ですよ。

 そうそう、クラッシュガードは2001から無くなりましたね。かなり、システムを選ぶものだったので2000を使っていた時はアンインストールしていました。

 ノートンのアンチウィルス2001は初期状態での使用は好ましくありません。LiveUpdateを行うとエンジンを交換してくれますので、行ってください全然レスポンスが違います。
 でもよく判らないのは、アンチウィルス2001のエンジン交換には2回のLiveUpdateを行う必要があるところでしょうかね。

 嫌いな人は確かにいますね、自分でノートンを使い倒したことがない人ばかりですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、お礼が遅くなりすいませんでした。
色々と丁寧に教えていただいてありがとうございました。
お陰さまで、なんとかインストールが完了しました。
今のところ、目立ったトラブルはありません。(時折システムリソースが極端に不足しています、というエラーメッセージが出るほかは…)

正直なところ、サポートセンターの早口でまくしたてて早く電話を切りたそうな説明(たまたまそういう人にあたってしまった)よりも、みなさんに教えていただいた方がわかり易かったです。
また、何かありましたらよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/10/05 21:40

富士通 FMV、Win98SE、


Norton SystemWorks 2001 Professional Edition、
 同   Internet Security 2001 を使用しています。

PCの機種、及び、OS、常駐ソフトは何でしょうか。
(NEC PC-98NX 以外の PC-98シリーズはサポートしていないはずです。)

完全にインストール出来てからでしょうか、それともインストールの途中でエラーが起こり、その後、症状があらわれたのでしょうか。

シマンテックでは、「常駐プログラムを停止してからのインストール」を勧めています。また、「常駐プログラムが動作した状態で [ System Check ]、[ Disk Doctor ]、[ Win Doctor ]、[ Speed Disk ]、[Optimization Wizard ]を使用すると思わぬトラブルが発生することがあります。」と、マニュアルに明記してあります。

もし、正常にインストールされてから症状が発生したとすると、他社のアンチウイルスソフト等、他の常駐ソフトとの相性も考えられます。(自分は、Norton 以外の常駐はほとんど外した。)常駐ソフトを見直してみましょう。

結構便利なソフト(重いけど)ですし、自分の場合、かえってフリーズ等のトラブルも減りました。

どうしても駄目なら、シマンテックのサポートへTELしましょう。
    • good
    • 0

シマンテックのサポートに問い合わせてみました?

    • good
    • 0

 はじめにおことわりで、私はWinシステムについてはシロートです。


ノートンシステムワークスは
1.最初のPC、コンパック・デスクトップタイプにインストールしたが、ひ
  たすら動作が遅くなった上、拡張デバイスにもなにかと難くせつけて、
  自分でフリーズさせといて「クラッシュを防ぎました」と報告。
2. 購入店の店員が見抜けず(私はあとでいろんな情報から知った)PCの初期
  不良かなということですったもんだのあげくに店の責任で富士通にとりか
  えた。が、実はノートンが原因であった。
3.他店の、知り合いの店員いわく「アレは入れちゃダメ。合わないPCにはか
  えって不都合ばかりだよ」
4. システムワークスのやってることは自分のスキルアップとともに必要な
  くなったり、機能の一部はフリーソフトでじゅうぶんだったりする。

 ということであきらめるのもテです。ちなみに私はシマンテック社にうらみ
 はありません。同社の他の製品は使ってます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリモートアシスタンスをメールで試みたのですがうまくいきません・・・

リモートアシスタンスをメールでインシデントを受け行いたいのですが、できるパソコンとできないパソコンの違いを教えてください。
リモートされる方もするほうも全てXPです。
遠隔でパソコンを操作したいのですがエラーが出てしまいます。

エラーメッセージはこちら↓

リモート ホスト名が解決できなかったため、リモート アシスタンスの接続を確立できませんでした。再試行してください。

Aベストアンサー

メールでリモートアシスタンスを行うにはリモートされる側(=接続チケットを発行する側)が、
・PCに直接グローバルIPが割り当てられている。
もしくは
・ルータ(NAPT)を使用している環境ではUPnPに対応している。
ことが必要です。

直接グローバルIPが割り当てられている場合で、質問文のようなエラーが表示されるようなら、ファイアーウォールが疑わしいので、それらの設定を確認してください。

ルータを使用している場合にはルータのUPnPの機能を有効にし、XPにも対応したコンポーネントがインストールされている必要があります。
ルータのファームウェアのバージョンによってはUPnPの対応が不完全な場合があり、うまく接続できないことがあるので、その際はファームウェアのアップデートを行います。

Windows Messenger等を使用している場合には、どちらか一方がグローバルIPを持っているか、UPnPに対応していれば使用できます。

どうしても接続できない場合には、リモートされる側のルータでポートの開放(ポートフォワード)を行い、リモートする側で接続チケットのIPアドレスを書き換えることでも接続できるようになるはずです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1809202

メールでリモートアシスタンスを行うにはリモートされる側(=接続チケットを発行する側)が、
・PCに直接グローバルIPが割り当てられている。
もしくは
・ルータ(NAPT)を使用している環境ではUPnPに対応している。
ことが必要です。

直接グローバルIPが割り当てられている場合で、質問文のようなエラーが表示されるようなら、ファイアーウォールが疑わしいので、それらの設定を確認してください。

ルータを使用している場合にはルータのUPnPの機能を有効にし、XPにも対応したコンポーネントがインストール...続きを読む

Q3台目にした途端・・

最近、家庭でPCを2台から3台に増やしました。今までは有線1台、無線で1台の計2台。ここに新しく無線で1台つなげたところ、もともとあった無線1台がネット接続できなくなりました。有線PCと新しい無線PCの接続は大丈夫です。

エアステーションは、バッファローの商品です。
新しいPCで接続したとたんに、もう一つの無線PCがネット接続できなくなる・・。これはどんなところに原因があると思われますか?

Aベストアンサー

AOSS(簡単設定)は最初の1台と追加の2台目とではやり方が違うと思います。マニュアルを再確認して下さい。

Q「あなたのパソコンに対してpingを試みました」

マカフィーを使用していますが、ADSL接続中に上記タイトルが何度も何度も出てきて困ってます。これらのIPアドレスは禁止した方が良いのでしょうか?それとも承認しても問題ないですか?『pingを試みる』というのがどういうことなのかも分からないような初心者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#5のJzamraiです。

MovingWalkさんの的確な回答を読んだ後、自分の書き込みを読み返したら、イマイチ伝わりにくい(自分はマカフィーの設定可能項目をすべて把握していないため、直接回答になっていない)部分に気がついたので、情報に感謝しつつ追記します。

もともとは、Ping(ICMP)パケットの頻繁な検出がご質問の発端だったわけですが、MovingWalkさんがおっしゃっているように、メール送受信の際に利用されるTCP/IP(UDP)の各プロトコルやサービス(DNS、TCPセッション確立、認証、SMTP、POP3)とPingは直接関係ありません。

メールの不具合に関しては、むしろPingのことからは離れて考えた方が良いでしょう。

今起こっている表面的な現象(今回はPing検出)にとらわれてしまったり、同じように無意識に重要なノードやプロトコルの制限をしてしまう)ことで、思わぬ不具合を生んでしまうことがあります。(一度チャラにするのが確実と言ったのはそういう意味もあります。)

要するに、「今回のPing騒ぎによる設定変更や過去の何らかの設定変更(制限付加)が思わぬところで不具合の原因になっている可能性がありますよ。」ということです。

いずれにしても、ある送信者のメールが自分だけ受け取れないという場合は、受信経路で何らかの問題が起きている可能性が高いということです。

一般的なメールの読み出しには大雑把に言って、

●<所属プロバイダのDNSサーバー(インターネット上の住所録のようなもの)でメールサーバーの所在確認をおこなう。(DNS名からIPアドレスを引く。)> 

●<POP3サーバー(ここに個人用のメールBOXがある。)にて認証(ここでアカウントとパスワードを使う)を行い、接続セッションを張る。>

●<POP3プロトコルを利用して受信の有無や内容の確認を行い、必要なら受信メッセージをローカルPCにダウンロードする。>(ローカルPCのパケットフィルタリング、メーラーのアンチウィルス機能や受信制限機能などがあれば、その処理が行われる場合もあります。)

●<必要な処理が終わったら、セッションを終了する。>

というような手順を踏みます。(自分からメールを送信する場合は全く別のサーバー(サービス)やプロトコル(SMTP等)を利用します。)

前回も言ったように、原因が不明の場合は、設定を”皆殺し”にしてから問題箇所を特定していくと言うのが基本なんですが…。)

前回の書き込みとあわせて参考にしてみてください。

それでは。

#5のJzamraiです。

MovingWalkさんの的確な回答を読んだ後、自分の書き込みを読み返したら、イマイチ伝わりにくい(自分はマカフィーの設定可能項目をすべて把握していないため、直接回答になっていない)部分に気がついたので、情報に感謝しつつ追記します。

もともとは、Ping(ICMP)パケットの頻繁な検出がご質問の発端だったわけですが、MovingWalkさんがおっしゃっているように、メール送受信の際に利用されるTCP/IP(UDP)の各プロトコルやサービス(DNS、TCPセッション確立、認証、SMTP、POP3)とPin...続きを読む

QウィルスセキュリティとAL-mailの相性?

会社でウィルスセキュリティを導入して以来、AL-mailが頻繁に強制終了となってしまいます。どうも相性が良くないようですが、長年AL-mailを使っているので、できればこのまま使い続けたいのですが、対処法がありますか?

Aベストアンサー

私と私の勤務先ではAL-Mailを採用しています。ノートンインターネットセキュリティまたはウイルスバスターも採用しています。AL-Mailも長年使ってきています。特に問題は発生していません。主に使っているメールアドレスにはメールが1日当たり100通から250通位着信します。1/4程度はSPAMメールで、1/2はメーリングリストや通知メールです。毎日何通かのウイルス付きメールが着信します。送受信メールには自動でウイルス検出、駆除する設定をしています。セキュリティルールが厳しい成果、SPAM警告がつく場合が多いので、クリーン設定しなおす例やや増加しています。明らかにウイルスの添付ファイルでもウイルスチェックで駆除されない新種らしきウイルスが添付ファイルとしてやってきますが、AL-Mailでは添付を開かない限りウイルス感染しないので安心です。

AL-Mailで受け取るメールの数が多いので、不要なメールをゴミ箱に捨てたりしていますが、Mailboxがフラッシュメモリに直ぐ一杯になり、メールの削除とバックアップ保存に結構。時間をとられています。
私の場合、強制終了は発生していません。IEやNNのブラウザは、たまに強制終了が発生します。MozillaやFirefoxには強制終了が殆ど発生しないですね。

私と私の勤務先ではAL-Mailを採用しています。ノートンインターネットセキュリティまたはウイルスバスターも採用しています。AL-Mailも長年使ってきています。特に問題は発生していません。主に使っているメールアドレスにはメールが1日当たり100通から250通位着信します。1/4程度はSPAMメールで、1/2はメーリングリストや通知メールです。毎日何通かのウイルス付きメールが着信します。送受信メールには自動でウイルス検出、駆除する設定をしています。セキュリティルールが厳しい成果、SPAM警告がつく場合が多い...続きを読む

Qアバスト5とOutlookExpressの相性は最悪?

アバストの賞味期限が切れまして、アバスト5にバージョンアップいたしました。立ち上がりがやたら重くなりました・・。
ここで問題発生、
OutlookExpressに登録してある2つのメールアカウントの内、1つの送受信が弾かれます。
パスワードが違うとのコメントが出ますが、アバストを無効にすると送受信が出来ます。
MSOutlookでは同じメールアカウントなのに異常なく作動します。
試しに、メールアカウントをMSからインポートしてOutlookExpressに落としてみてもやはり弾かれます。

これって何でしょう?対策はどうしたらいいのでしょう。
両方とも同じSMTP,POPの設定です。違いといえば弾かれたほうは有線の契約にしているくらいです。
初心者ですのでわかり易くお答えいただくと助かります。

Aベストアンサー

回答とはやや外れますが無料ウイルス対策ソフトはトラブルを全て自己
解決可能なPCスキルの高い方向けです。
ウイルス対策ソフトはシステムの深部に潜もうとするウィルスを検知する
ため、それ自身、さらに深部に潜みます。
そのためOS自体に通常のアプリケーションより強い影響力を与えます。
これに無保証・無サポートの無料製品を使用するのはトラブルを全て自己
解決可能なPCスキルの高い方以外はリスクが高すぎます。
無料ウイルス対策ソフト利用には少なくともマルウェア検出時に誤検出が
どうか判断し適切に対処可能なスキルは必要ですし、少なくとも質問する
前にご自身で検索するスキルは必須です。
万一ウイルスに遭遇し対処に困っても誰も助けてくれませんし。
自己解決スキルのない方が導入するとトラブルの元ですし使いこなせない
ウイルス対策ソフトはウイルスよりたちが悪いです。
PC初心者が使うべきものではありません。
以下のサイトを参照し自己解決出来ない場合にはノートンやカスペルスキー
といった定評あるサポートのある製品の使用をお勧めします。
http://www.iso-g.com/avast5/
ちなみに現在のマルウェアは概ね犯罪目的で作成されています。
従って犯罪テロ産業複合体の収益を上げるためなら何でもします。
情報セキュリティ白書2008
http://www.ipa.go.jp/security/vuln/20080527_10threats.html
ウイルス対策ベンダーの先を行くオンライン犯罪者の手口
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1003/24/news068.html
怪しいサイト/メールは開かないので大丈夫というのはもう過去の話です。
また ルートキットは「多くのマルウェアに使われている」
http://www.atmarkit.co.jp/news/200806/19/symantec.html
などの例のように現在の攻撃は高度かつ複合的です。
複合攻撃が増えているので総合セキュリティソフトによる複合した対策が
必要です。アンチウイルス+FW製品だけでは最早通用しません。
尚、補足ですが最近の攻撃は脆弱性を使用したものが多いのでOSや対策
ソフトを含めPCに導入した全てのソフトを最新版にしておく事が重要に
なります。
参考:MyJVN バージョンチェッカ
http://jvndb.jvn.jp/apis/myjvn/vcchecklist.html
※紹介したリンク先は投稿時にエフセキュア クライアント セキュリティ、
Symantec AntiVirus ScanEngine、McafeeSiteAdvisor、
ZoneAlarm ForceFieldの最新状態下にて
チェック済みですがその安全性を保証するものではありません。現在、
ウイルスやマルウェアを100%検出するための解決策は何もありません。
また、投稿時以降にサイトが改竄されている可能性もあり得ます。

回答とはやや外れますが無料ウイルス対策ソフトはトラブルを全て自己
解決可能なPCスキルの高い方向けです。
ウイルス対策ソフトはシステムの深部に潜もうとするウィルスを検知する
ため、それ自身、さらに深部に潜みます。
そのためOS自体に通常のアプリケーションより強い影響力を与えます。
これに無保証・無サポートの無料製品を使用するのはトラブルを全て自己
解決可能なPCスキルの高い方以外はリスクが高すぎます。
無料ウイルス対策ソフト利用には少なくともマルウェア検出時に誤検出が
どうか判断し適切...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報