「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

日本海(福井/京都:若狭周辺)で、あわび・サザエの取れる場所、取っても怒られない所をご存知の方。

これからの時期に海で貝を取って食べると美味しいですよね。

私自身もこの時期2週に1回は、海に出かけています。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

NO,9の方の補足です。

青戸大橋をあかぐり崎の先端へ渡っていくと(1キロ~2キロ)左手に大きい看板で (横3メートル縦1メートルくらい)サザエ あわびとり・磯遊びの看板があります。7月15日~8月15日くらいだったと思いますが磯わたしは4500円位だったと思います。2年くらい行ってないので現地確認してください。かなり細い道を入っていきます。もちろん車でですよ普通の車なら大丈夫ですよ。
ちなみにここくらいじゃないですか?
後 6番の方 7番の方の意見ももっともですが
正しい意見か 間違った意見かは質問者およびサイトを見た方が判断すればいい話ではないですか?
自分の知っている情報をやり取りするのがこのサイトの良いところだと思いますが違いますか?
6番の方みたいに積極的に通報を進めるのはどうかと思いますがなぜなら釣り人でも非常にマナー悪い人もいます。ダイバーにもいます。わたしは両方ともするので痛し痒しです。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

貴重な情報ありがとうございます。
また、色々と気を使っていただいたご意見も申し訳ありません。

お礼日時:2005/07/20 19:56

昔の話で申し訳ないのですが、若狭湾の大島半島で7月1日から解禁していました。

 現在も出来るかどうかは確認していません。 もし出来るとしても解禁と同時に殺到してしまうのでなかなか難しいかもしれません。

参考URL:http://www2.inetpia.ne.jp/fukushima/
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
コメントは差し控えさせていただきます。
ほんとうに、ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/11 22:00

No7の誤記訂正です。


ごめんなさい。

ここは自分の知っていることをその視野だけで断定する場ではないでしょうか?

場ではないでしょうか?

場ではないんじゃないでしょうか?
    • good
    • 6

>まず、漁業権は漁師になる人以外は発行されません。



これは間違です。
なぜなら私は漁師ではないですが、某町の漁業権を持っています。また、持っていない地域でも知り合いと漁ではなく娯楽をしています。
さらには調査・種採取はどうなるのですか?
いかなる場合でも認可されませんか?


>あと、場所によっては地元漁師や漁業共同組合が黙認している地域は多々ありますが、もちろん教えれません。

黙認している地域でも黙って採れば密漁は密漁ではないですか?通報者がいれば黙認されないのでは?


>ちなみに、漁師と一緒に獲りに行って、漁師から分けてもらう事もできます(これが一番合法的かつ大漁を見込めます)が、まぁ親しくなければ無理でしょう。

親しくなくても可能では?
交渉しだいでは?


myu_kaoriさんは海上保安庁の方でしょうか?自分の狭い知識を一方的に押し付けるのは止めてください。正しくない知識をそのように書いてしまったら、人の希望を完全に経ってしまいます。ここは自分の知っていることをその視野だけで断定する場ではないでしょうか?このようなコメントは見過ごせませんでした。気を悪くされたら申し訳ありません。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

他の皆さんと違った意見をありがとうございました。
なんとなく希望が湧いた様な、現実色々と大変な苦労が必要な気がしました。とにかく皆さんの意見からは、善し悪し、自分で行動しないといけないということが良くわかりました。
貴重な意見本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/07/05 22:30

皆の回答の中で、誤解を招く事項がありましたので、忠告します。



まず、漁業権は漁師になる人以外は発行されません。
そして、地元の漁業協同組合に加入して、それから各都道府県の水産課が発行します。
もちろん審査は厳しいし、非常に面倒です。(漁師になるんですから)

そして、法律上でも獲っても大丈夫な場所は日本全国どこもありません。
(漁業協同組合に聞いても「ダメ!」と言われます)
昔ならいざ知らず、今は漁業資源が減った事もあり、漁協も厳しく取り締まっているので、見つかったら警察行きです。
うちの近所でも毎年10人ぐらいが警察に通報されています。
私も魚釣りの最中に一度通報した事があります。(もちろん釣りの邪魔をされたから!)
皆さん、見つけたら「118番」にかけてください。
携帯からでも通じます。

例外は、テレビ番組等で組合公認で獲ってる場合や、#3さんの体験学習等です。
体験学習と似てるものでシュノーケル教室等がありますが、そこでも獲って良い場合と悪い場合があります。
でも、大多数はダメだったと思います。


あと、場所によっては地元漁師や漁業共同組合が黙認している地域は多々ありますが、もちろん教えれません。
質問者さんは多分これを聞きたかったんだと思いますが、教えると密漁の幇助になるのでダメです。

ちなみに、漁師と一緒に獲りに行って、漁師から分けてもらう事もできます(これが一番合法的かつ大漁を見込めます)が、まぁ親しくなければ無理でしょう。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
漁業の関係の方は悲痛な対応?なのかも知れませんね。
但し、一般人(サラリーマン)としては、養殖以外は自然界の生き物で、天然記念物などとは違い日本以外にも全世界に渡り生息している生き物だと思います。
養殖以外の自然界のものまで、努力もしないで(言い過ぎかもしれませんが)生息しているものを収入に換えるのは、農業で生計を立てておられる方には夢のような話ではないかと思ってしまいます。
もともと、私自身海が好きで、子供に海の生き物で図鑑に載っているものが自分の手で現物を海の中から手に取る感動をと・・・自分の力で取って食べる行為も自然に親しむ機会のない今の時代に将来のことも考えると・・・サザエ・あわびなどは、お店で買うものとしか思えない人ばかりになってしまうのではと思います。
これは、何か変な感じがしてならないです。
ご丁寧な回答を頂いておりながら、色々と個人の勝手な思いを言わせてもらいました。
申し訳ありませんでした。

お礼日時:2005/07/05 22:19

私らが育った時代は動物性蛋白源が少なかったので海で泳いで貝取って浜で焼いて喰ったり、家に持って帰ったり。

食べきれない分は漁業組合に行って買ってもらったりしました、別に私は漁師の子供でもなかったですが。

今は漁業権がうるさく、そんなことをしてもいい海岸なんて無いんじゃないでしょうか?
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。
ご年配の方でしょうか?うらやましい時代ですね。
当時の光景が目に浮かびます。
農業のように育成させたものは当然のことながら取ると泥棒になりますが、魚介類は養殖以外のものは自然に発生するものなのにどう言うことなのでしょうね?
理解できませんが、乱獲になるとなくなってしまうことを危惧しているのでしょうね?ということにしておきましょう。

お礼日時:2005/07/04 22:24

あわび・サザエの取れる場所はそこらじゅうに在ります。

怒られなくてもとっていいかどうかは別問題で、看板が無くてもその場所は採ってはいけない場所だったりします。採って良いかどうかは漁協に問い合わせ・相談し、どうしても採りたければ漁業権の入手できる場所・方法を漁協に相談したほうが良いと思います。    裏日本在住より

参考URL:http://www.kaiho.mlit.go.jp/08kanku/tsuruga/16.6 …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/04 22:12

ほとんどの場合、獲ることは禁止されています。

下手すると書類送検されることもあります。

とは言うものの合法的に獲ることもできます。
http://www.kankou.pref.shimane.jp/shugaku/02_2.h …
にあるような体験学習などです。そのようなものに参加してはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。 

お礼日時:2005/07/03 14:18

どこの海岸でも、漁協によって漁業権が設定されていると思いますよ?


夏、海水浴場となる場所なら大丈夫かと思いますが、詳しくは漁協に聞くしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/03 12:17

ほぼすべてのアワビやサザエのとれるところには漁業権がありますので勝手にはとれません。


とるとかなり怒られます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/03 12:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q素もぐりでサザエ2~3個でもダメ?

よく海に「アワビ捕るな」「サザエ捕るな」という看板を見ますが、
海水浴に行った際に、沖の小島の周りにあるサザエを
2~3個捕って持ち帰るのもやっぱり違法ですか…?

数は関係ないと言われたらそれまでですが…、
都会育ちの子供たちに、自然のサザエ(というのもヘンですが)を
捕って食べさせてあげたいなぁ…と思ったのですが、ダメですよね。

魚ならOKですか?

Aベストアンサー

水産生物の採取に関しては、都道府県ごとに規則が決まっています。
たいていの場合、アワビやサザエは漁業権が設定されていますので、一般人の採取はできません。
魚については、採取方法やサイズの制限があります。一般には釣りは認められています。
いずれも都道府県によって異なりますので、下記URLで調べてみてください。

参考URL:http://www.jfa.maff.go.jp/yugyo/index.html

Q関西で魚突きのできる所

11歳の子供が魚突きをしたがっています!
先日釣具店でモリ(ヤス?)と言うのでしょうか、先端が三叉になった魚突きの道具を買ってあげたところ、これで魚を突ける場所に連れて行けと言うのです。
息子のイメージとしてはこのモリを持って、水中眼鏡を着け、海中をゆらゆら泳ぎながら魚やイカ・タコなどを突きたいようです。
果たしてそんなことができる場所があるのでしょうか。
京都に住んでますので関西圏でご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どこでもできると思いますが海水浴場が便利ですが人がたくさんいない場所でされればいいと思います。
阪神では難しいので、淡路島の西浦方面や和歌山方面なら海南以南、京都からでしたら日本海も比較的人が少ないです。
琴引き浜あたりが手頃ではないでしょうか。砂浜に無料の温泉がありますよ。
防波堤の際や岩場には貝がついていて、突然の波に体を叩きつけられ怪我します。
11歳ということですので、足の届く範囲で水中を見ながらというのが安全ですね。
厳密に言えば、素潜りでも魚介類を捕獲するのはいけないところが多いですが、小さな子供の水遊び程度ですからお咎めはないと思います。
採れる獲物は大物ではないですが、何事も経験ですね。
水中で見た大きさよりも採れた獲物が意外に小さいことに驚くと思いますよ。
命の尊さについてもしっかり教えてあげてくださいね。
最後になりましたが、保護者の方が浮き輪などのフロートとともに必ず側に付いてあげてくださいよ。
楽しい夏休みを満喫させてあげてください。

Q[あわび]と[とこぶし]の違いを教えて!

これまで、[とこぶし]というのは[あわび]の小さいものの総称とばかり思っていました。どなたか両者の明確な違いを教えてください。
併せて、何処産のものが美味しいのかも知りたいです。

Aベストアンサー

一番判りやすいのは[とこぶし]と[あわび]の殻の穴の数を比較すると[とこぶし]は9個前後、[あわび]は7個位で[とこぶし]が多い。

両方とも殻の色は茶褐色で、赤褐色の不規則な斑紋があって内側は真珠のような光沢があり、大きさの違いが特徴です。

[あわび]は北海道南部から九州までの水が澄んだ潮通しのよい海域に生息し・・・旬は晩春から夏にかけてです。

[とこぶし]は北海道南部から九州までの各地に分布し,外海の岩礁に生息し・・・夏が旬です。

[とこぶし]も[あわび]も3~4月頃、内臓に毒性がみられますが一般に夏に解禁時期を迎えています。


[とこぶし]の美味しい所は、東京近辺では伊豆下田、火山被害で心配な「三宅島」が有名です。

[あわび]の美味しい所は、エサの海藻が美味しければ[あわび]も旨く北海道北部の昆布産地の[蝦夷あわび]は最高だと思います。

その他の有名産地では、青森県大間産、岩手県吉浜産は、乾燥アワビでは[鮑魚:パオユイ]といい、香港辺りでは最高級食材で

一個当たり、2万円~25万円(直近)で取り引きされ贅沢な饗宴に供せられます・・・

    http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=205095・・・#2参照。
    http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=285644・・・#3参照。
    http://www.the-kaiya.com/products/index.html・・・こんな鮑もあります。


*中華料理では[鮑魚]とかいてある場合、特にアワビとトコブシを区別しないようです。

*[あわび]の大きいものは、殻の長さが約15~25cmにもなり[くろあわび][まだかあわび][めかいあわび]などがあります。

一番判りやすいのは[とこぶし]と[あわび]の殻の穴の数を比較すると[とこぶし]は9個前後、[あわび]は7個位で[とこぶし]が多い。

両方とも殻の色は茶褐色で、赤褐色の不規則な斑紋があって内側は真珠のような光沢があり、大きさの違いが特徴です。

[あわび]は北海道南部から九州までの水が澄んだ潮通しのよい海域に生息し・・・旬は晩春から夏にかけてです。

[とこぶし]は北海道南部から九州までの各地に分布し,外海の岩礁に生息し・・・夏が旬です。

[とこぶし]も[あわび]も3~4月頃、内臓に毒性...続きを読む

Q魚突きが出来る都道府県

次に挙げる道具での魚突きが条例で禁止されていない都道府県を教えて下さい。

■道具
・ゴム引きの手銛(発射装置無し)
・水中メガネ
・スノーケル
・フィン
・ウェットスーツ
・ウェイト

ちなみに、東京都は知っています。
地元漁協のローカルルールや保護条例(?)等もわかる範囲で教えていただけると助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

↓こちらに都道府県別の一覧表があります。「やす」の項目で見て下さい。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/yugyo/y_kisei/kisoku/todo_huken/index.html
○が付してあるのはOKで、ブランクになってるのは全禁と言う理解でいいと思います。神奈川や静岡みたいにヤスを使うのはいいけど、水中メガネはダメみたいなふざけた条例を持ってる県もあるので要注意です。

わたしの知る限りスノーケル、フィン、ウェットスーツ、ウェイトは規制の対象になっていないと思います。漁協のローカルルールについては明文化はされていないでしょうね。末端の地区漁協は全国に3000弱あるそうなので、一つ一つ確認しようと思ったらキリがないです。

Qウニのとげが刺さってます。

旦那さんが遊びに行った海で、ものすごくウニがいたらしく、もぐったときに頭に…。岩の上に立ったときに足の裏に…。
足の裏は5・6箇所刺さっているんですよ。
本人はもう痛くないといって放置しているんですが、やっぱり取ったほうが良いですよね(・・;)

経験のある方、どのように取ったか教えてください。
毛抜きでは取れないくらい入ってる状態です。
本人より私のほうが心配です。

Aベストアンサー

こんばんは。旦那様大変でしたね。
ウニの種類にもよりますが、ガンガゼ等の毒を持ったウニですと中で膿む可能性があります。また普通のバフンウニやムラサキウニ等でも、衛生的に不安でしたら病院に行って下さい。痛みが無く、化膿もしていないようでしたらウニのとげは、2週間程で溶けますので御判断下さい。

ガンガゼのとげでしたら、細く折れやすいのであまり自分で取らないほうがいいと思いますよ。

Qアオリイカは何月頃が大きいのが釣れますか?

最近、関西(和歌山)でアオリイカ釣り(エギ)を始めた初心者です。
大きさにこだわらなければ年中釣れると聞きましたが、アオリイカの本シーズンとはそもそもいつ頃なのでしょうか?
大きなサイズが良く釣れる時期を教えて下さい。
また、アオリイカ釣りで初心者に何かアドバイス等有りましたら、合わせてお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

アオリイカの一生。

アオリイカの寿命は1年こっきりです。
アオリイカは夏(7~8月頃)に岸よりの藻場で生まれ、そのままある程度の大きさになるまで浅場で過ごします。
この浅場というのは近くに藻場さえあれば防波堤や港周りも含まれますので夏の終わり頃にイカの産卵場に近い堤防の下を覗き込むと、子供の手のひら位のイカがフヨフヨ~っと漂っているのが見えるときも多いです。でもまだ小さすぎてエギを落としても一目散に逃げて行くか無視されるかどちらかです。

軟体動物のイカの成長は早く、秋(9月中旬~10月初旬)になると重量100~300g位に成長し、エギも襲うようになるので秋の小イカシーズンが開幕します。まだスレてない子供相手、しかもまだ体が小さくて危険な沖には出られないのでほとんどのイカが岸よりに固まって群れているという条件が重なり小さいエギを使えば簡単に数釣りできます。秋が数釣りシーズンと言われる所以です。

秋が深まると共にイカはどんどん大きくなり、晩秋(10月~11月)には300~500gまで成長、早生まれでかつ成長の早い固体の中は早くも1kgを越す固体も出てきます。しかし、イカ釣りが人気の地域では朝に夜にエギが投げ込まれるのでイカはエギに対して警戒心を持つようになってきます。また、イカ自体も大きくなって遊泳力が増し、外敵に襲われにくくなると、もっと沢山の餌を求めて行動範囲を広げていきますので岸よりから離れることも多くなります。群れ自体もバラけはじめてしまうので釣れるサイズがよくなる反面、段々数が釣れなくなって来ます。

やがて冬がやってくると安定した水温と餌を求めてほとんどのイカは沖の深場に落ちてしまいます。岸からの釣りは一旦シーズンオフです。でも全く岸に寄らないわけではなく、捕食回遊で浅場にも回って来るときがあります。このタイミングを掴んでいるベテランは冬でも釣果を出します。

やがて厳しい冬を越して春が来ると、沖の深場で平均して1kg前後、大きい固体は2~3kgまで立派に成長したイカは産卵のために再び浅場を目指します。これが所謂春イカ、大物狙いのシーズンです。でも春イカといっても私が住む関東では群れが岸よりまで十分に寄るのはゴールデンウィーク以降~6月がピークですから春イカと言われてもちょっと違和感がありますよね。一説には岸よりの水温が18℃以上が目安のようです。

彼らは産卵を控えているので積極的に餌を取りますが、十分に成長しているので大きな群れを作らず単独行動も多い。また、岸よりの環境(水温、濁り、塩分濃度、餌の量など)が気に入らないとすぐ元いた深場に戻ってしまうので余程好条件が重ならない限り数は釣れません。一発大物狙いのシーズンと言われる所以です。最終的には多くの固体がつがいになって産卵行動に入りますが、こうなるとエサには見向きもしなくなり、そのまま産卵が済めば力尽きて死んでしまいます。そして生まれた卵は1ヶ月程度で孵化し・・・と最初に戻ります。

ちなみに夏は親イカは死んでしまっていて、子イカはまだ卵なので基本シーズンオフです。
でも必ずしも全てのイカがこのパターンで行動している訳ではなく、季節ボケ?しているのか極端な早生まれなのか?遅生まれなのか?夏でも釣れるイカはいます。数は少ないですが。
また、これは私が住む関東地方のモデルケースであって、地域によってズレはあります。
イカに限らず、釣りをするなら相手の生態を知るのが近道ですよ。

アオリイカの一生。

アオリイカの寿命は1年こっきりです。
アオリイカは夏(7~8月頃)に岸よりの藻場で生まれ、そのままある程度の大きさになるまで浅場で過ごします。
この浅場というのは近くに藻場さえあれば防波堤や港周りも含まれますので夏の終わり頃にイカの産卵場に近い堤防の下を覗き込むと、子供の手のひら位のイカがフヨフヨ~っと漂っているのが見えるときも多いです。でもまだ小さすぎてエギを落としても一目散に逃げて行くか無視されるかどちらかです。

軟体動物のイカの成長は早く、秋(9...続きを読む

Q魚突きのできる場所

子供が魚突きをしたがっています!
先日釣具店でモリ(ヤス?)と言うのでしょうか、先端が三叉になった魚突きの道具を買ってあげたところ、これで魚を突ける場所に連れて行けと言うのです。
息子のイメージとしてはこのモリを持って、水中眼鏡を着け、海中をゆらゆら泳ぎながら魚やイカ・タコなどを突きたいようです。
果たしてそんなことができる場所が日本にあるのでしょうか。
関東・東海あたりでご存知の方がいたら教えてください。
ちなみに海での法規やルールはちゃんと守らせるつもりでいます。
必要であれば地元の漁協にも許可を求め、入漁料もきちんと支払うつもりですのでその点はご心配なく。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どこにお住まいなのか分かりませんが、簡単に教えます。
神奈川県三浦市の『諸磯』とよばれる場所。
割かし遠浅で砂地から岩礁帯に簡単に入っていける。
白灯台から左側の砂浜より入水し、左手にある岩場沿いにグルッと回る
感じで浅場岩礁へ・・・
風が無く、潮回りの悪い日なら流れはほぼ無く子供でも遊泳可能。
気象情報は必須。(風は南西は駄目、潮は小潮以下がいいかと)
ただし、イカはある程度深い。(難)
タコは潮が動き出すと穴から出てくる。(易)
車で奥まで入れるが、狭いので了承を・・・
漁業権はあるが、家族連れの磯遊びなど対象にしない。

Qサザエやアワビの漁業権をもってる人たち(漁業組合)は、農家のように固定

サザエやアワビの漁業権をもってる人たち(漁業組合)は、農家のように固定資産税に類するものを納付しているのですか?
(勉強不足なので、失礼な内容部分があるかもしれませんが)

私は海岸近くに住んでいるのですが、現在漁業権とやらで漁業組合がエリアを決めてサザエなどの採取を禁じる看板を立てています。
幼少の頃は誰でも何でも採取できていた海ですが、昔からの住民に対しても禁止されています。
当時、船で海に出ていた漁師も、現在ではなぜか組合に入り磯でアワビの採取禁止の見回りをやっています。
素朴な疑問ですが、漁業組合の権利とやらは、どういう経緯で認められるようになったのですか?
例えば、農家は所有する農地の固定資産税を納付していますが、アワビやサザエの漁業組合の人は農家の固定資産税に類する税金を納めているのですか?(漁業権域面積に応じた税など)
国有地の山菜を採ると違反ですが、国有地である海でサザエやアワビを採る場合に、ある特定の人だけ優遇されているとすれば、不公平であり少なくとも徴税すべきではないでしょうか。
また同様に、マグロやハマチ、タイ、真珠など、沖合いで大きな生簀や筏などで養殖をしてますが、海の使用税の類(面積で税金を納めるとか)は存在するのですか?
最近は、アワビの稚貝を放流するなど権利主張・保護のための作業を行っている組合もありますが、もし権利に胡坐をかいているのなら、当然徴税すべきではないでしょうか。
せめて、漁業権税でも納めていれば少しは納得するのですが、赤潮で死んだら補償、開発で補償、それも関係のなかった人たちが権利を持っているのは釈然としません。

サザエやアワビの漁業権をもってる人たち(漁業組合)は、農家のように固定資産税に類するものを納付しているのですか?
(勉強不足なので、失礼な内容部分があるかもしれませんが)

私は海岸近くに住んでいるのですが、現在漁業権とやらで漁業組合がエリアを決めてサザエなどの採取を禁じる看板を立てています。
幼少の頃は誰でも何でも採取できていた海ですが、昔からの住民に対しても禁止されています。
当時、船で海に出ていた漁師も、現在ではなぜか組合に入り磯でアワビの採取禁止の見回りをやっています。...続きを読む

Aベストアンサー

 「採取禁止」について・・・

 アワビやサザエについて,漁業組合がサザエを養殖している生け簀(イケス)の中などから採ると違反になりますが,特に仕切りのない公海からアワビやサザエを個人が数個採って食べるだけなら,禁止されていないと思います。
 ただし,漁業法だったか何の法律か忘れましたが,サザエが殻の中にかくれて蓋をする,そのフタの直径が何センチ以下は採ってはだめとかの基準があったはずです。また,アクアラングを使って採ってはいけないとか色々制約がある県もあったはずですが,岩にへばりついているアワビを数個手で採って家で焼いて食べる程度は何の法律にも触れず,問題ないと思います。
 その意味で,質問者が見た「アワビ,サザエを採ってはいけない」という看板には,「カクガイ(蓋)の直径が何センチ以下は採ってはいけない」とか,「アクアラング使用禁止」「金属の棒を使うのは禁止」など,具体的な禁止事項を書くべきであり,一律「採るな」の看板は考え物だと思います。
 
 アワビ,サザエは,養殖や定置網漁業権などではなく,共同漁業権だったはず。その法律の何条か忘れたけど,「共同漁業権を侵害してはいけない。」「侵害したものは罰する」という条文があり,その共同漁業権をもった漁業組合の人がアワビ,サザエを採っているのを邪魔したりすれば処罰対象となります。その意味で,一般人が,舟を使ったり道具を使ったりして多量に採補して売るなどの行為は共同漁業権の侵害にあたりそうですが,「公共の海で,だれのものでもないアワビを数個手で採って焼いて食べる」ことは違反にならないと私は思っています。共同漁業権を設定してある海域も養殖生け簀や定置網の中でない限り公共の海であり,そこに生息してあちこち自由に移動するアワビ,サザエは,漁協に所有権はなく,誰のものでもないはずです。採った人が無主物先占で所有権取得。

 ぜひ,「採るな」という看板に書いてある漁業組合へ電話して「カクガイの直径何センチ以下はとっていけないのか」「アワビ,サザエを採るのに使ってはいけない器具は何か」などを聞いてみてください。
 もしかすると,「私ら○○漁業組合は,共同漁業権を金を払って取得し,大金をかけてアワビやサザエの稚貝を放流し,大切に育てている。漁業権のない人は採ってはいかん」と言われるかもしれませんが,それは間違いだと思います。公の海に稚貝を放流する行為は,放流と同時に無主物となり,所有権を主張できないはず。定置網に入った魚や,養殖生け簀の中の魚などと同様に所有権を主張できるものではありません。
 
 また,地元○○漁業組合が持っているアワビ,サザエに関する共同漁業権も,範囲(区域というのかも)が決められており,「太平洋全部」などという範囲ではありませんし,○○県の海岸線全部,沖合100キロの範囲などの広大なものではないと思われます。数キロ四方か数十平方キロメートルなのかはよく知りませんが,その範囲を外れると,漁業権が及びませんから,その範囲を聞くのもよいかも。 近くに汚水を流す大きな工場があったりすると,海への排水口の周りの一定区域の面積を漁業組合から買い取って保証しているところもあり,その区域は共同漁業権の範囲外であり,そこで採るなら,無用なトラブルも少ないと思います。案外足下で漁業権の及ばない場所があるかも。その場所もしつこく聞きましょう。

 以上,10年以上も前に調べたのですが,その資料は今手元になく,具体的な条文などは示せませんし,それ以後法律改正もありそうですし,さらにはあくまでも私見なので,まちがいかもしれませんから,漁業組合や海上保安庁?などに確認してOKをもらってから採ってください。禁止されているカクガイの直径の数値や,使用禁止用具も聞いてください。
 全面的に「採ってはだめ」というなら,具体的な禁止条文,罰則の条文を教えてもらいましょう。
 
 どなたか海の法律に詳しい方がズバリ法律の条文を示して「採るな」とか「採ってもよい」と教えてくださるかもしれませんので,どうかしばらくこの質問を締め切らないでください。

 

 「採取禁止」について・・・

 アワビやサザエについて,漁業組合がサザエを養殖している生け簀(イケス)の中などから採ると違反になりますが,特に仕切りのない公海からアワビやサザエを個人が数個採って食べるだけなら,禁止されていないと思います。
 ただし,漁業法だったか何の法律か忘れましたが,サザエが殻の中にかくれて蓋をする,そのフタの直径が何センチ以下は採ってはだめとかの基準があったはずです。また,アクアラングを使って採ってはいけないとか色々制約がある県もあったはずですが,岩に...続きを読む

Q伊勢エビを捕獲するのは違法?

湘南のテトラポットには伊勢エビが生息していて
釣っている人がいますが、漁師などが稚えびなどを
放流している為組合員以外は採取してはいけないと聞きましたが罰則等どうなってますか?

天然と漁業関係者が放流した物なんて区別付かないですよね?

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

基本的に伊勢エビやあわびなどの海産物は捕獲すると違法です。これにはイセエビやあわびのような甲殻類からイカ・タコなどの軟体動物(実はこれらも甲殻類)、魚類まで当てはまります。

ただしイギリスの諺に「例外のない法律はない」とある通り竿ならびに手釣りによる遊戯としての釣りは漁には当てはまらない、従ってコレを密漁とはなりません。ただし釣った獲物を市場に持っていって換金したらそれは遊戯ではなく利益が出たということで、立派な漁になります。
どうやら竿を使って釣る量は網を使ったり潜って捕まえるよりはるかに効率が悪いということで漁業関係者もお目こぼしをしてくれているようです。

なお釣り公園のように敷地がある場合は“入漁料”ではなく“入場料”“入園料”として料金を徴収しています…何故なら日本では、そのサカナがその界隈で生まれ育ったものか判断できないため、海で入漁料を取ることができないからです(蛇足ながら琵琶湖と霞ヶ浦は法律上は海として扱われるので入漁料が取れません)…ご指摘の通り天然物と放流物の区別は付かないから、ということです。

今回の質問でミソはエビを竿で釣っている、という点です。売ることを目的にしていなければ効率の悪い釣りは遊戯として認められるので誰も文句を言わない、と(イセエビでもザリガニでも手で取ったほうが効率が良い)。もしそこで潜って捕まえていたり網を仕掛けていたら逃げも隠れもできない密漁者で逮捕された挙句しこたま罰金を払わされます。罰則は密漁者の前科や捕獲量などで変動するので一概には言い切れませんが、予想以上に厳しいですよ。

蛇足ながらよゐこ濱口が「獲ったどー」とやっているアレは事前に漁協の許可を取って漁協で規定されている金額で“漁業権”を買っている、と。

どうも、釣りバカです。

基本的に伊勢エビやあわびなどの海産物は捕獲すると違法です。これにはイセエビやあわびのような甲殻類からイカ・タコなどの軟体動物(実はこれらも甲殻類)、魚類まで当てはまります。

ただしイギリスの諺に「例外のない法律はない」とある通り竿ならびに手釣りによる遊戯としての釣りは漁には当てはまらない、従ってコレを密漁とはなりません。ただし釣った獲物を市場に持っていって換金したらそれは遊戯ではなく利益が出たということで、立派な漁になります。
どうやら竿を使っ...続きを読む

Q「アワビを採るな」と言える根拠、証拠は?

 海岸などで、一般人がアワビなどを勝手に採ってはいけないことになっているようですが、少し疑問に思うところがあります。
 漁師さんたちは、一般人たちが採っているアワビは自分たちが稚貝を放流したものだから採るなといいますが、そのアワビがそうである証拠はどこにあるのでしょうか?印でもつけてあるのでしょうか?
 その辺りの海岸に元々アワビがいなかったのなら、まだ信じられますが、そうでないのなら、そのアワビは元々いたアワビの子孫かもしれないじゃないですか。自分たちが稚貝を放流していたら、その辺りにいるアワビすべてが自分たちの放流した稚貝が成長したものだと決め付けるのは短絡的でおかしいのではないでしょうか?
 警察も、漁師たちが稚貝のDNAデータを保存していて、そのアワビのDNAがそれと一致したのなら、その一般人を逮捕なり何なりすればいいと思うのですが、それもせずに、そのアワビが、放流されたものだという証拠もないまま、ただ漁師たちの言い分だけを聞いて漁師たちの味方をするのは公平性に欠けると思うのですがいかがでしょうか?疑わしきは罰せずではないのでしょうか?
 もし、漁業権で、漁師たちが放流したものでないアワビも漁師たちのものだということになっているなら、漁業権自体がおかしいですよね、悪法ですよね。一部の人間が勝手に占有権を主張できることが、社会全体のあらゆることで許されていたら、社会には不公平、不平等がはびこるでしょう。漁業に関してだけだからいいんだというようでは、政治家、官庁だけが税金を無駄遣いしてもいいんだ(つまり、不公平、不平等も一部の少数の人間だけに許されるならいいんだ)ということと似たようなものだと思います。
 漁師たちは、漁で生活しているのだら、というのも理由にはならないはずです。何を生活の糧にするかは、その本人が勝手に決めたことですから、「私は、漁を生活の糧にしたい、だから、魚介類はオレの物だ、他のやつは採るな」では、あまりにも身勝手すぎます。元々誰のものでもなかった物を生活の糧にすること自体が問題となる原因だと思います。(養殖場で採れたものは、誰のものかはっきりしていて、とても良いと思います。)

 海岸などで、一般人がアワビなどを勝手に採ってはいけないことになっているようですが、少し疑問に思うところがあります。
 漁師さんたちは、一般人たちが採っているアワビは自分たちが稚貝を放流したものだから採るなといいますが、そのアワビがそうである証拠はどこにあるのでしょうか?印でもつけてあるのでしょうか?
 その辺りの海岸に元々アワビがいなかったのなら、まだ信じられますが、そうでないのなら、そのアワビは元々いたアワビの子孫かもしれないじゃないですか。自分たちが稚貝を放流してい...続きを読む

Aベストアンサー

全くの蛇足で申しわけありませんが、、、

> 漁師さんたちは、一般人たちが採っているアワビは自分たちが稚貝
>を放流したものだから採るなといいますが、そのアワビがそうである
>証拠はどこにあるのでしょうか?印でもつけてあるのでしょうか?
(改行位置変更は引用者)

すべてそうである、という確証はありませんが・・・。
 私が以前、某岩手の海岸(むしろ香港にその名が轟く浜です)で口開け日の様子を写真に撮っていたところ、作業服姿の小集団が弾かれたあわびの貝の頂点の所を削っていました。
 何でそんなことをしているのか訊ねたところ、曰わく、養殖ものと天然ものの数の統計を取っているとの由。
何故そんなことができるのか?

 稚貝養殖時には、天然ものとちがって、ほぼ同じ餌を食いつづけさせます。で、貝の殻というやつは、当然貝が摂取した餌に左右される訳です。
 なので、殻の若いときに作られた部分の色を見ることで、その貝が、雑多なモノを食っていたのか、単一の餌で育ったのかが分かる。アワビは巻き貝ですから、あの微妙に尖ったところ、あそこが若かりしアワビが製造した殻なんですね。そこの色が(たしか)緑だけなら、それは間違えなく放流した稚貝の育った姿。そうじゃないヤツは、純天然ものと判定できる、との事でした。
 つまり、印、付いてるんです(その海域だけ実験していたのかも知れませんが)。

 ちなみに、殆ど貝の頂点は緑色をしていたことを附言させて頂きます。

全くの蛇足で申しわけありませんが、、、

> 漁師さんたちは、一般人たちが採っているアワビは自分たちが稚貝
>を放流したものだから採るなといいますが、そのアワビがそうである
>証拠はどこにあるのでしょうか?印でもつけてあるのでしょうか?
(改行位置変更は引用者)

すべてそうである、という確証はありませんが・・・。
 私が以前、某岩手の海岸(むしろ香港にその名が轟く浜です)で口開け日の様子を写真に撮っていたところ、作業服姿の小集団が弾かれたあわびの貝の頂点の所を削っていました...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング