個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

大まかに純水というと、イオン交換水・蒸留水・逆浸透水等が上げられますけど、
その中のイオン交換水と蒸留水の違いを教えて下さい。
当方の考えでは、
イオン交換水:水中のイオン化したイオンを取り除いた水で、クラッド等の固形物       は取り除けていない水。
蒸留水:水を蒸発させ、それを冷却し凝固させた水で、クラッド等の固形不純物は
    取り除かれている。揮発性の溶剤(液体)以外は含まれない水。
なのですが。
また、水のグレード的には蒸留水の方が上なのでしょうか?
どうかフォローの方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 基本的には、a-kumaさんの説明どおりですが・・・


 連続蒸留の場合には、確かに揮発性の溶媒のような低沸点物質が含まれる危険性があります。グレードの高い純粋を作るのであれば、最初に全量を容器に入れて、沸騰が安定するまでは蒸気を系外に放出し、安定後に冷却して集めていました。この方法が、実験質的には最も純度が高いということでした。ただし、超純水もこの方法で作るかは知りません。あしからず・
 イオン交換もカラムの状態によっては、誤差が大きいでしょう。それぞれに長所短所があるので、組み合わせることでより純度の高い純水を得ることが出来ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
おっしゃるとおり、どちらの方法でも長短所がありますね。
某社の説明では、イオン交換後に蒸留したものが望ましい等と言う記述もありました。
ちょっとかじった程度の超純水の作り方は、イオン交換水を蒸留し、その後にRO膜でろ過すると聞いた事があります。
また、一般的なのは、一般に純水と呼ばれる水をミリQに通した水でしょうか。

お礼日時:2001/10/12 23:18

 イオン交換水と蒸留水の違いは、もう良いのかなと思います。

純水のグレードについて簡単にご紹介だけします。
 純水は、固形物やイオン、有機物等の不純物の量によってグレードが分かれていきます。どの不純物が、その用途で問題になるかで、純水の製造方法が変わります。半導体用の超純水のように、全てを嫌うもの。ボイラー用の水のように、酸素分を嫌うもの。医薬品用の水のように、有機物を嫌うもの。などがあります。固形物は、一般に逆浸透膜や中空糸膜のようなフィルターで濾されます。イオンはイオン交換樹脂で除去します。イオンには陽イオンと陰イオンがありますので、各々別々のイオン交換樹脂で除去します。微生物は、紫外線殺菌をしてフィルターを通します。有機物は、酸化分解する方法が取られます。
 蒸留水は、上手に操作すればかなり純粋な水が得られますが、空気を巻き込んで炭酸ガスを吸収しやすいこと、膨大な熱が必要なことから、余り使われません。一番純度の高い超純水でも、蒸留操作を行わずに、製造されます。
 詳細は、栗田工業やオルガノ等の水処理メーカーにでも問い合わせるかホームページを見てください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧かつ適切な回答ありがとうございます。
詳細はオルガノ・栗田のホームページで調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/14 00:03

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「いろいろな水」
さらに「超純水」に関しては
http://www.con-pro.net/readings/water/doc0015.html
(超純水)

ご参考まで。

参考URL:http://www.con-pro.net/readings/water/doc0014.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
ご紹介のサイト拝見させていただきました。
水についての色々な事が書いてあり、参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/12 23:23

昔(48年ほど前)衛生検査で水の検査をした程度で自信がありませんがご参考までに。


1. イオン交換水はご承知のように通常のイオンは除かれるが、イオンにならない有機物などは除かれないと言われている。だから原料の原水から有機物が混入することが考えられます。
2. 蒸留水は原理的には最も純水と考えられる。しかし実際は製造過程で塩類のような不純物をまきこんで蒸留してくると言われています。
3. 水質検査のうえ、使用目的に応じ、それぞれを選択されたらいかがかと思います。純水を作るにはどうするのか、よく知りませんが再度の蒸留、再度のイオン交換樹脂処理、或いは活性炭処理などが考えられますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重な意見ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/10/12 23:11

> イオン交換水と蒸留水の違いを教えて下さい



グレードがどうこうではなく、どうやって作ったのか、を表しているだけです。

イオン交換水は、イオン交換樹脂を使って不純物を取り除いた水。蒸留水は、蒸留
することによって不純物を取り除いた水、というだけです。

確かに、

> イオン交換水:水中のイオン化したイオンを取り除いた水で、クラッド等の固形物は取り除けていない水。

ということが気になるかもしれませんが、イオン交換処理をする前に、適切なフィルター
を通して固形物を除去します。

「グレード」ってことだけを考えると、水よりも融点が低い物質が含まれているか
どうかについて言及していない蒸留水の方がグレードが低いような気がしないでも
ないです。

# ↑あくまでも、個人的にそう思うだけです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かにおっしゃられてる通りかと思いますが、不純物にも種類があると思うのです(イオンかイオンで無いかとか、有機・無機物等)
また、こちらの説明も悪く、原水はメンブレンなどのフィルタを通したものと書いておくべきでした。

お礼日時:2001/10/12 23:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脱イオン水、MilliQ、蒸留水 の違いを教えて下さい

こんにちは。お世話になります。

バイオ、生化学系の実験に従事しているものですが「水」について教えて下さい。

水道水、脱イオン水、MilliQ、蒸留水(二段蒸留水)、超純水の違いを教えて下さい。
お互いの関係などありましたら(○○を~すると△△になる等)教えていただけると
わかりやすいかもしれません。

また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は除けません。

蒸留法は水を蒸留することで不純物を除く方法です。イオン交換法と組み合わせて2回蒸留することが一般的です。一般的な2次蒸留水の比抵抗は数MΩ・cmでバイオ・生化学関係には十分な純度です。動物培養細胞にも使用可能です。エンドトキシンも完全にフリーとまではいかないけれどもある程度の除去はできています。蒸留法は多くの不純物を除去可能ですが100度付近の沸点を持つ物質は除けません。

逆浸透法は半透膜に圧力をかけて精製する方法です。

限外濾過法は限外濾過膜を通す方法です。孔径は半透膜が数十nmに対し、限外濾過膜は数nmです。それゆえ、数kDa以上の分子であれば、限外濾過法で除けますので、エンドトキシンやRNaseなども除去できます。本当にエンドトキシンフリーな水が必要でしたら限外濾過法を行った水が必須です。ただ、普通のCOSとかHEKとかの動物細胞培養でしたら2次蒸留水でも十分です。蛍光検出用のマイクロアレイなんかは限外濾過水が必須なようです。

超純水は十数MΩ・cmの水のことです。MilliQはミリポア社の超純水装置を用いて作った水で比抵抗は15MΩ・cm以上と高純度の水です。MilliQに関してはイオン交換樹脂を通し、逆浸透法、限外濾過法を用いて精製しているようです。

>また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
これに関しては上で書いたように限外濾過膜で精製した水です。MilliQが当てはまるでしょう。(超純水も一般的には限外濾過をしているのでこれも当てはまりますかね。)

>動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?
これは、2次蒸留水以上の純度があれば十分です。2次蒸留水、MilliQ水、超純水が使用できます。

ただ、水関係の装置は日頃のメンテナンスが重要でイオン交換樹脂とか水を貯めるタンク、蛇口に汚染がないかは確認する必要があります。

実験書には必ずはじめのほうに書いてあることですので、pinokoBBさん自身でなにか実験書をご参照ください。

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は...続きを読む

Q蒸留水のPH

通常、純水のPHは空気中の炭酸ガスがとけ込んで
6.8程度ですが、蒸留水のPHは、アルカリになっており、PH8くらいになることがあります。これはなぜなのでしょうか。教えて下さい。炭酸ガスが抜けるからだとおっしゃる方もおられますが、良く理解できません。宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

純水の電気伝導度はかなり低いのです。(比抵抗:2.8×10^5オーム・m)
http://www.planet.kobe-u.ac.jp/~geomag/study/ca2.html
ガラス電極では水素イオン濃度によりpHを測定します。
http://member.nifty.ne.jp/Ryo/chem/electrod.htm
皆さんがおっしゃるように、純水の中のイオン量が少ないときは、(電気伝導度も低い)少量のイオンの影響を受け、あたかも、pHが大きく変化したようにみえます。pH測定器の調節時、酸とアルカリの標準液に入れます。微量のイオンが測定電極についています。まず、この影響が考えられます。
 次に、どんな容器に入れ測定しましたか。ガラスは、内部イオンの少量の溶出が認められます。Na+のイオンなんですが、この溶出によって、内部溶液はpHが大きくなります。硬質ガラスはSiの影響も考えられます。(ガラス電極も硬質ガラスだったはず。zarastro21さんのおっしゃるように)
 測定誤差なんですよ、結局は・・・?

Q質量パーセントと重量パーセント

質量パーセントと重量パーセントの単位はそれぞれ違うのでしょうか?
mass% wt%というのがありますが、それでしょうか?
また、このmass%とwt%の違いも教えていただけませんか?

Aベストアンサー

質量パーセント濃度と重量パーセント濃度は同じで、mass%とwt%も同じことを表わします。
でも、混ぜて使ってはいけません。
「質量」とmass%を使うほうが望ましいと思います。

Q蒸留水のイオン濃度

教えてください。

海水を蒸留した場合における、蒸留水の
「塩素イオン」の濃度はどれぐらいになるのでしょうか?

(予想は、ほぼ0[mg/l]ですが・・・)


以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

飛沫同伴が蒸留器は激しいので.結構高かったと覚えていますが.Clは計ったことがない(原子きゅうこうの球がない)のでわかりません。0.01%程度の飛沫同伴だったような気がします(機種差が激しい.時にヒーターの汚れ具わいで結構変化する)が.今になっては数値は極めてあいまいです。

Qイオン交換水とRO水

イオン交換装置と逆浸透装置(RO水)で精製される水の違いを教えてください

Aベストアンサー

こんにちは。
それぞれの原理はご存知でしょうか?
イオン交換法では、イオンとなっている物質が、イオン交換樹脂等と結合して除去されます。
逆浸透法では、細かい穴から押し出すわけですから、その穴のレベル以下の物質は皆通ります。

という訳で、
◎イオン交換法
イオンになっていない物は取れないで残る。
◎逆浸透法
粒子が小さい物は残る。

という事かと思います。
具体例でよくあるのが、コロイド粒子や非電解質がイオン交換で取れずに逆浸透法を併用するというのがありますね。

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

QTLCのスポットについて

TLCを行ったのですが、展開後のスポットが円形ではなく縦に細長く伸びた形になっています。このような状態をテーリングというのでしょうか?またこのように細長くなるのではなく、丸いスポットになるようにするには何を改善したらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

サンプルの量を少なくすることによって解決することもありますが、そうはならないということですね?

一般的には溶媒を変えるしかないように思います。ただし、最適な溶媒を選ぶのは必ずしも簡単ではありません。似たような物質の分析例などを実験書などで探す程度のことしかできないと思います。

なお、試料に別の物質(高沸点の溶媒など)が混入していることが原因である可能性もあります。その場合には、分析前にそれらを除けば解決します。

Qn数?N数とはどのような意味ですか?

こんにちは。
よく、サンプルテスト等でn数?N数という言葉を聞くのですがどのような意味ですか?
テスト回数を意味するのでしょうか?

ご存知の方、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

[簡単な例]
りんごの重量を10個量ってみた
→n=10

nはnumberの頭文字です。

Q炭酸ナトリウムを水に溶かした時の最大Phは?

炭酸ナトリウムを入浴剤用に購入しようと思い、その安全性について調べているのですが、もし、出来るだけ多くの炭酸ナトリウムを水に溶かした時に、その水溶液のPhはどのくらいになるのでしょうか?

ちなみに私は化学はまるで素人なので、出来ましたら、計算式等と共に教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 なんでこう、化学に関して素人だと仰る方の質問に対して、数値が知
りたいという問いにちゃんと計算して応えることの出来ない人がこうも
多いんだろうね? 迷惑だよ。

 私が所望の計算を致します。他の方々のコメントがなくても済むよう
にお答えしますね。必要な知識は、高校の化学の教科書や参考書にある
平衡定数の考え方です。
 炭酸ナトリウム水溶液の濃度が仮に 0.1 mol/L(=10.6 g/L)である
として、その pH を計算してみます。考え方は、参考 URL にある「酢酸
ナトリウム水溶液の加水分解」と同じです。

 炭酸は2段階電離をしますが、その第2段階の電離定数を Ka、水のイ
オン積を Kw、炭酸水素イオンの電離の逆反応の平衡定数を K とします。
簡単な計算から、K = Kw/Ka であることが分かります。
 水溶液中で、炭酸ナトリウムはほぼ完全に電離し、生じた炭酸イオン
の一部が炭酸水素イオンに戻ろうとしますが、その割合を x とし、便宜
上 C = 0.1 (mol/L) と置くと、x が 1 より充分小さいという近似の下
で x = √(C/K) となります。
 水酸化物イオン濃度 [OH^-] の値が [OH^-] = Cx 、水素イオン濃度
[H^+] が [H^+] = Kw/[OH^-] ですから、以上を用いて
[H^+] = √(Ka・Kw/C)
...となります。さて、pH は常用対数 log を用いて
pH = log(1/[H^+])
と定義されますから、あとは数値を放り込んで計算するだけです。
 代入すべき数値は、
Ka = 4.7×10^{-11} (mol/L) ;炭酸の第2段階電離定数
Kw = 1.0×10^{-14} (mol^2/L^2) ;水のイオン積
...と上記の C = 0.1 (mol/L) です。これらを用いて、求める値は
pH = -1/2・log(Ka・Kw/C) = 11.7(有効数字3桁)
です。常温(25℃)での中性だと pH = 7.0 、人間の体液における
値の典型値が pH = 7.4 だから、かなり強い塩基性ですね。
 濃度を C = 0.001 mol/L(上記の 1/100)にすると、pH = 10.7
くらいになります。

 参考までに、白馬八方温泉の温泉水の値で、pH = 11.3 くらいだそう
です。かなり強いアルカリ性の温泉も存在します。
http://www.goryukan.jp/spa/index.html
 入浴剤として使う場合の注意としては、強アルカリ性の温泉に入浴す
るときの注意点と同じです。当該の温泉地に問い合わせてみては如何で
しょうか?

参考URL:http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry/chapter3/lecture5/lect3052.html

 なんでこう、化学に関して素人だと仰る方の質問に対して、数値が知
りたいという問いにちゃんと計算して応えることの出来ない人がこうも
多いんだろうね? 迷惑だよ。

 私が所望の計算を致します。他の方々のコメントがなくても済むよう
にお答えしますね。必要な知識は、高校の化学の教科書や参考書にある
平衡定数の考え方です。
 炭酸ナトリウム水溶液の濃度が仮に 0.1 mol/L(=10.6 g/L)である
として、その pH を計算してみます。考え方は、参考 URL にある「酢酸
ナトリウム水溶液の加水分...続きを読む

Q水酸化ナトリウム水溶液の安全な正しい作り方を教えて

水酸化ナトリウム水溶液の作り方は 「NaOHに少しづつ水を加える」のか、「水にNaOH」を加えるのか どちらが正解(安全)でしょうか。

化学実験ではなく、「手作り石鹸」を安全に作るためのNaOH水溶液の作り方です。

「水にNaOH」を加える方が安全とは思うのですが、「NaOHに少しづつ水を加える」方が溶解熱で溶けやすいので正しかったでしょうか。

家庭で化学実験に慣れていない女性などが行う前提で教えてください。

失明防止のゴーグルと、ヒューム防止のマスクは着用します。
(※マスクは市販のディスポーザブルマスクを使用)

Aベストアンサー

一般には粒子状のものを水に加えるのではなく粒子状のものに水を加えることですね。そして撹拌します。
粒子状の水酸化ナトリウムは空気中の水分でべとつくようにもなりますし、空気中の二酸化炭素とも反応しやすいので一気に水に加えようとしますと飛沫が飛ぶといったことにもなります。
粒子状の水酸化ナトリウムに水を加わえますと発熱し一部が溶解するものの比重が局所的に高くなり全体が溶けにくい状態となりますが十分に撹拌しながら溶かすことですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング