http://mm.kodansha.net/disneyfan/
につなげたいけど.つながらないんですけどなぜでしょうか?
DISNEY FANのP78ページにありました(2001.1月号です)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

たまたま混んでいただけでしょう。

後は、うまく飛ばなくなってるとか・・・ブラウザ設定でしょうか?

同じURLを、打ちこんでみるとかして試してみてはいかがでしょうか?もしくは、トップページから入ってみるとか・・・
いずれにしても、もう一度トライされれば、入れると思いますが。
    • good
    • 0

繋がりました(午前10時頃)


登録も出来ましたよ。
    • good
    • 0

私も確認しました。

つながります・・・。

参考URL:http://mm.kodansha.net/disneyfan/
    • good
    • 0

いま(11/29 11:45PM)試してみたんですが


つながりましたよ。

たまたま混んでたんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhttp://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=235168の質問

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=235168の質問しりませんか?どうしても気になるんです。

Aベストアンサー

思い出してしまったではないですか(^^;

平成11年に発行された「別冊GON!平成タコTV」という懐かしの番組を特集した特別号に載っています。
一応それによると、

・生首の掛軸は全部で12本あったらしい。
・渡邉金三郎の掛軸を所持していた人物が他に二本の掛軸を持っていた。
・一本は、孝明天皇暗殺に絡んで処刑された「僧光淳」。
・もう一本は幕末に無差別殺人を起こした「亀谷宗光」のものだが行方不明。
・僧光淳の目も開いている。
・現在は正伝寺というお寺に納められている。

…という内容が青森の成田氏からの手紙という形で紹介されています。

ただし、記事中にある東日報などという新聞は青森にはないこと(東奥日報ならあります)、目が開いているという写真はまぶたに一本線を書き加えてあるように見えることなどから、創作されたお話の可能性が高いでしょう。

…しかし杉沢村の事といい、この手の話はなぜ青森ということにされるんでしょうかねぇ(_ _;)

Qこのレシピ本が欲しい。http://www.jah.ne.jp/~jfcc/recipe.html

すいません、このレシピ本が欲しいhttp://www.jah.ne.jp/~jfcc/recipe.html
のですが、

yahooBooks等で検索しても見つからないのです。
この本に関して何か情報をお持ちの方いらっしゃいましたら教えて下さい。絶版になってるんでしょうか。

Aベストアンサー

http://www.coloproctologycenter.com/

ここに社会保険中央総合病院の連絡アドレスがありますよ。

参考URL:http://www.coloproctologycenter.com/

QWhat a splendid chin ....

松本さんの翻訳(集英社文庫)のp402の4~5行の「彼はなんてすてきなあごをしているのかしら!」を唐突に感じるのですが。確かに環境が変わってアンは違った角度でギルバートを見ていることができていると思うのです。chin(jaw)に決断とかいう意味もあるようですがそのように解釈することはできないでしょうか。

Aベストアンサー

chin に「決断」という意味があるわけではありません。
決断や強い意志の象徴なんです。
決断や強い意志が chin に現れるといってもいい。
だからこそ、「がんばれ」「元気を出して」という意味で Chin up! というわけで。

I suppose he's making up his mind, here and now, to win the medal.

なぜそう思った(I suppose)かといえば、その決意が chin に現れていたからです。
ギルバートのあごに、強い決意を見たのです。だから
What a splendid chin he has! だし、
I never noticed it before. なんです。

たぶん、そのときのギルバートのあごは軽く上を向いていたのでしょう。
だから、アンも気がついたんです、すてきなあごだと。

ようするに、「強い決意のみなぎったあごがすてきだ」といっているわけです。

Q『本格小説』(水村美苗/2002/新潮社)で東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?

※ネタバレになるので未読の方は絶対にご覧になさらないでください。
登場人物の行動に対する疑問です。東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?

(上)p80で東は、イタリア系秘書のシンディと出来上がっちゃっているような描写がなされています。
一方でよう子に対して、
(下)p244-255

-でも恋人はいたでしょう?
-いいや。
-いなかってっていうの?
-いなかった。
-一人も?
一度細めた目を段々と見開いていっています。
-一人も。

という受け答えをしています。
よう子に対する受け答えが本当ならば、シンディなどの恋人を持たなかったということを意味することをだけでなく、富美子(後述)とも恋仲になっていなかった事を意味します。

ところが、冬絵は冬絵で、
(下)p380

「あなたね、フミ子さんが太郎ちゃんと関係をもっていたというのはお聞きになってらっしゃらないでしょう」
」(以下、具体的説明に入る)
と傍観者である加藤祐介に吹き込んでいます。
(下)p381

冬絵の口から出てきた言葉には驚かされたが、一度それを耳にしてしまえば、冬絵のその言葉が真実であるのを疑うことはできなかった。

などと少なくとも加藤祐介に疑念を抱かせることに成功しています。


そこで質問です。東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?
私は両方嘘つきで、東太郎は行き当たりばったり、冬絵は毒を吹き込むのが好きで加藤祐介にウソを吹き込んだのだと思っていますが、誤読でしょうか?

※ネタバレになるので未読の方は絶対にご覧になさらないでください。
登場人物の行動に対する疑問です。東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?

(上)p80で東は、イタリア系秘書のシンディと出来上がっちゃっているような描写がなされています。
一方でよう子に対して、
(下)p244-255

-でも恋人はいたでしょう?
-いいや。
-いなかってっていうの?
-いなかった。
-一人も?
一度細めた目を段々と見開いていっています。
-一人も。

という受け答えをしています。
よう子に...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは

シンディとの関係は、恋人というより、
単なる、現地での遊び相手、という気がします。
ダンスパーティでも、半ば、自暴自棄で踊ってますよね。
終わった後は、秘書達の固まっているところにシンディを
置いて、自分は背を向けて戻ってきています。

フミ子との関係は、私は本当だったように思います。
狭いアパートで、19歳と29歳の男女が同棲すれば、
それはあり得ることでしょう。でも、最後までフミ子は太郎に
表だった恋愛感情を示すことはなく、あくまで、よう子と太郎の
後見人のような立場を貫きますよね。
太郎も、フミ子には、姉のような、母のような愛情を示しています。
そして最後には、自分の不動産までフミ子に贈与していますね。
そこには、恋愛感情ではない、もっと深い、他人には分からない
何かお互いの根底に流れる信頼感のようなものを感じます。
ただ、フミ子の中には、大人になった逞しい太郎に惹かれる
女としての側面もあったのでは、とは思います。
祐介が泊まった時に、唐突に流した涙は、
恋愛に発展させてはならない自分の心情があふれてしまったのかなぁ、とも思いました。

冬絵が、第三者で部外者の祐介に、フミ子との関係を話したのは、
幸せな家庭に生まれながら、純粋な恋愛には縁が薄かった自分の、
フミ子に対するある種、羨ましい心情を、つい吐露したのだと思いたいですね。
これが、フミ子のたくらみのようには感じたくないのが本当のところです。

昭和の香りがぷんぷん匂う本格小説でしたね。

参考までに書いてみました。

こんばんは

シンディとの関係は、恋人というより、
単なる、現地での遊び相手、という気がします。
ダンスパーティでも、半ば、自暴自棄で踊ってますよね。
終わった後は、秘書達の固まっているところにシンディを
置いて、自分は背を向けて戻ってきています。

フミ子との関係は、私は本当だったように思います。
狭いアパートで、19歳と29歳の男女が同棲すれば、
それはあり得ることでしょう。でも、最後までフミ子は太郎に
表だった恋愛感情を示すことはなく、あくまで、よう子と太郎の
後見人の...続きを読む

Qライフ誌について...

去年、ライフ誌が休刊となりましたが、今までに発行された中からの写真集等があれば是非手に入れたいと思っています...
誰かご存知ですか?
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

有名なところでは、
「The Best of LIFE」
「LIFE AT WAR」
「LIFE GOSE TO THE MOVIES」
「LIFE In SPACE」
の4つでしょうか。いずれも 70年代末から80年代はじめの出版ですが、
日本版で出ていたので、専門以外の古書店でも比較的探しやすいと思い
ますし、価格も(本のボリュームに比べて)お手ごろです。。

上記以外にも、テーマ別の写真集(smileとかanimalsとか)も多く出てい
ました。こちらのほうは、正確なタイトルを失念しています。すみません


人気Q&Aランキング

おすすめ情報