大学のレポート作成の課題なのですが、難しくて理解できません。図書館で哲学書を借りて読んでみたものの最初から興味のない学科でいまいち理解できません。どの本を読んでも理解できず、落ち込んでいます。参考になるわかりやすい本があったら教えて下さい。ちなみにソフィの手紙は半分ほど読み終わりました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ソフィーの世界を読んだのであれば、そのまま掘り下げたのが



●『もう少し知りたい人のための「ソフィーの世界」哲学ガイド』
日本放送出版協会 (ISBN:4-14-080258-8) 1020円なり

浅く、広く知りたいのであれば
●『哲学者達は何を知りたかったの?』 
飛岡 健著 河出書房新社 720円

あくまで興味がないのであれば、このへんで妥協して良いかと思います。

参考URL:http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=19770 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。浅く広くという『哲学者達は何を知りたかったの?』 という本をソフィの世界を読み終わったら読んでみます。

お礼日時:2005/07/26 09:13

ギリシア哲学といっても具体的に誰の、あるいは誰の流れなのかによって違いますから少々テーマそのものに疑問を感じますが・・・・


キリスト教とギリシア哲学との出会いについては#3に書かれているパウロの話が有名ですが、ちょっと注意しておくとキリスト教といっていつの時代の考え方をさすのかでも違ってきます。イエス自身の考えとパウロとではかなり違いがある、という考え方もありますし、第一成立当時ののキリスト教がすなわちパウロと同じ考えだったわけでもありません。
で、まあカトリックが確立するまでに、その理論立てに最も強い影響を与えた哲学のひとつが「新プラトン派」でしょう。

また中世末期のトマス・アクィナスとアリストテレスの哲学の関係は有名です。

というように時代、またキリスト教草創当時からカトリシズム成立まで、といったあたりを考えると「これがキリスト教の人間観」「これがギリシア(以下略)」というのはかなり乱暴だと思われます。

もしレポートをまとめられるのならいつごろの、教と主に誰のギリシア哲学というのを付け加えられたほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私にとっては哲学という言葉からもう難しい解らないと先入観があり、回答も哲学用語をずらずらと並べられたらどうしようかと思っていました。が、しかし、『パウロの話』や『中世末期のトマス・アクィナスとアリストテレスの哲学』など具体的に教えて頂きわからないなりに本を読んでみようと力がわいてきました。

お礼日時:2005/07/26 09:11

~アテネに登場したパウロの宣教~(ソフィーならPP207)



サウロは、イエスの死後数年後にパウロ(クリスチャン)になり、世界伝道した。
アテネには、第2次世界伝道旅行で立ち寄っている。
アンティキア→デルベ→イコニオン→→→→アポロニア→テサロニケ→ベレア→アテネ→→→→エルサレム

アテネでパウロは(使途勤行録17章)
(1)町のいたるところにある偶像(異教の神の像)に憤慨した。(キリスト教では唯一なるただ一人の主のみを信仰するので、偶像礼拝は罪である。)
(2)アテネの会堂でユダヤ人や神をあがめる人と論じた。
(3)広場で居合わせた人と毎日論じ合った。
(4)エピクロス派やストア派の幾人かの哲学者と論じた。
(5)アテネの人々は彼をアレオバゴスに連れて行き、教えを聴いた。
ここがソフィーで引用された部分。PP208
『みなさん、あなた方は信仰に厚いけれど、偶像礼拝に侵されている。・・・ソフィー参照』

★紀元後数年に、ギリシャ哲学とキリスト教がアテネで出会ったわけです。
哲学は、哲学の名において真理を目指していた。
キリスト教は、人間は原罪を背負った存在であり、イエスキリストを受け入れ、主をあがめることで原罪から解放されると説いた。(新約でイエスは哲学を全否定はしていないが、哲学にしばられて信仰を得られないのではダメだと言ってます。
あとは、haibisukasuさんがまとめてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなにわかりやすく教えて頂いて本当に助かりました。要所、要所が実にわかりやすい言葉で(私の知能に合わせてくれて)すんなりと理解できました。これでやっとレポート作成する意欲がでました。勉強は解らないところをわかりやすく教えてもらいそこからスタートして興味がでてくるのですね。ちょっと興味がでてきました。ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2005/07/26 08:58

~キリスト教世界の人間観~


教会にも聖書にも親しんでいなければ、レポートといえどてこずると思います。私の聖書についての『教えて』(No.1482950)を参照下さい。(聖書で検索すれば他の人の質問もいっぱいありますよ。)

とりあえず、ざっと書きますと。
(1)人間は、神が(自由意志を持つ)完全なものとして創造された。
(2)楽園で暮らしていたが、そこの知恵の実は食べてはならないと神に言われていた。(完全であった人だけど、禁断の実を食べるかは自由意志にゆだねられていた。)
(3)蛇(サタン)にそそのかされて禁断の知恵の実を食べてしまった。
(4)よって、知恵を得るかわりに罪(原罪)を背負い、楽園を追放された。

ここまでが、旧約(ユダヤ教)の最初(創世記)で語られる事ですが、哲学的には旧約はここまで押さえるだけでOK

以後、新約(イエスの宣教)になります。

イエスの教えの骨子
(1)イエスは、旧約を成就する為にメシャ(キリスト)として来た。(要するに新約は契約の更新)
(2)イエスがどのおきてが一番重要かと言われて答えたのは下記の二つ。
一つめは、「神なる唯一の主を魂を込め、心を込めて崇拝しなさい。」
2つめは、「自分自身と同じように隣人を愛しなさい。」
*「隣人とは誰の事か」というのが重要ですが、これはサマリア人のたとえで説明されています。アメリカに●●サマリア病院というのが沢山ありますが、これは誰でも困っている人は(隣人のように)受け入れるという理念を表したもの。

(3)イエスは、十字架の死をあがないとして契約を成就し、人間を罪(原罪)から解放した。
よって、イエスキリストを神のみ子と信じ、また父である主を崇拝し、イエスの教えを信じ、守るものは原罪から救われている。
というのがキリスト教の基本教義。
*細かいところはすっとぱしてます。(^^;

基本教義終わり!!
文字数が足りませんので、次回、いよいよ哲学の舞台にキリスト教がどう登場したか書きます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宗教(キリスト教)と古代ギリシャ哲学との接点に関するおすすめ本。

哲学史を勉強しています。

古代ギリシャ哲学を一応読んで、中世に行こうとしているのですが本を読んでいると、いつの間にかキリスト教が既に存在していて、それとギリシャ哲学との関係をどうするか、という話になっている気がします。

もっとキリスト教が生まれた背景からそれと哲学がどう関係しあっていくのかが知りたいのですが、その関係でおすすめの書籍はあるでしょうか?

できれば易しいめの本を希望しますが、多少、専門的な書籍でもかまいません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

両者がつながっていく流れが書かれた書物は知りません。

が、私なりの捉え方では、、、

プラトンの国家って読んだことあります?
キリスト教の考え方と同じ。
国家(集団)の統率の仕方がプラトンの考え方とキリスト教の考え方が同じだと思える。
特にプラトンの義人の証明の内容は、新約聖書ではイエスの磔刑物語として採用されている。


しかし、キリスト教はギリシャ人ではなくユダヤ人が始めたものではないか?
そうですが、ヘブライ文化とヘレニズム文化を融合させるような働きをした人がいたからだと思えるんですね。

ヘブライ人はずっと前から各地に住んでおり、エジプトのアレクサンドリアでも巨大コミュニティーを作っていた。

エジプトではユダヤ人のコミュニティーが膨れ上がってエジプトで力を持っていたことに難色がしめされ、アレクサンドリア地方ではユダヤ人を排除する動きがあったらしいです。

フィロンはユダヤ人を代表して皇帝に排除しないよう直訴するくらいユダヤ人コミュニティーの中でも力を持っていたらしい。
排除されないためには独自の文化を維持するのではなく、両者は共通であるので自分たちは異質ではない、あなた方と同胞だということを説得力を持って語らなければならないと考えたのではないかと。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AD%E3%83%B3

『豊かなギリシア哲学の知識をユダヤ教思想の解釈に初めて適用した。ギリシア哲学を援用したフィロンの業績はユダヤ人には受け入れられず、むしろ初期キリスト教徒に受け入れられ、キリスト教思想のルーツの1つとなった。』


フィロンは指導者的な立場であり、彼の思想はどうだったのか、わずかな書物からしかわかりません。

私も一冊持っていますが、読んでもよくわかりませんでした。

私の頭ではよくわからないが、他の人はどうか。


http://www1.ocn.ne.jp/~koinonia/wisdom/chap10.htm

こんな感じで、ヘブライ文化とヘレニズム文化が融合することに大きな影響を与えたということは間違えないと思えます。


そしてもう一人の重要人物。
コンスタンティヌス1世。
公会議のほとんどを彼が仕切った。
草案のほとんどは彼が作った。
原始キリスト教の思想とは違う、ニューキリスト教を作った人。
一人の皇帝が市民に支持される独裁政治学みたいなものを確立した。

ドミナートス。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%82%E5%88%B6%E5%90%9B%E4%B8%BB%E5%88%B6


プラトンからコンスタンティヌスまでつながっているわけですね。

両者がつながっていく流れが書かれた書物は知りません。

が、私なりの捉え方では、、、

プラトンの国家って読んだことあります?
キリスト教の考え方と同じ。
国家(集団)の統率の仕方がプラトンの考え方とキリスト教の考え方が同じだと思える。
特にプラトンの義人の証明の内容は、新約聖書ではイエスの磔刑物語として採用されている。


しかし、キリスト教はギリシャ人ではなくユダヤ人が始めたものではないか?
そうですが、ヘブライ文化とヘレニズム文化を融合させるような働きをした人がいた...続きを読む

Q哲学に関する質問です

大学の課題で「西洋精神史の3つの源流、ギリシア(知)、ローマ(製作・行動)、ヘブライ(信仰)のそれぞれの人間観の特徴をまとめて述べよ」という課題がでたのですが、哲学の本などで調べても難しく理解できません。よければそれぞれの人間観について教えてください

Aベストアンサー

ご回答します。


このご質問には、「ギリシアは・・・・で・・・は」という回答方式では良いレポート
が作れなそうですので、ヒントのみ記載します。

それぞれの国の人たちの行動が書かれている本を読むと良いと思います。
そしてご質問者様が、その人たちになったつもりになってください。

それをどのようにレポートにすればよいかはご質問者様が考えてみてください。

よろしくお願いします。

Q神の愛と隣人への愛って?

学校の授業の班の発表で「神の愛と隣人への愛」について発表する事になりました。しかしいくら本で調べてもインターネットで調べても、この部分だけ詳しく載っている所がありません。5人の班なので「神の愛と隣人への愛」の中でも5つに調べ分けなければなりません。

キリスト教の「神の愛と隣人への愛」とは、どういう意味なのですか?この「神の愛と隣人への愛」についてだけ、詳しく知りたいので、ご存知の方はぜひ教えてください。

Aベストアンサー

神の愛とは自分が自分を許した時、発生するんじゃないでしょうか。



隣人への愛は確かサマリア?人の例え話を聞いたことがあります。
詳しくは覚えていないので、私なりに書くと。
私が道で強盗にあって半死状態になった。
そこに近所の人がやってきた。
その人は自分だとわかったが通りすぎていった。

次に坊さんが通った。
自分に気づいたが、大回りをして通りすぎた。

次にいつも自分の町といがみあっている町の人がやってきた。
彼は自分を担ぎ近くの宿場に連れていき宿屋の主人に
「この人の面倒をみてやってください。わたしは用があって1週間留守にします。ここにお金を置いていきます。もし足らなくなったら帰ってきたときその分を払います」と言った。


さて 誰が私の隣人になったでしょう。


これが隣人への愛だそうです。

Q古代哲学と近代哲学の違い

古代哲学と近代哲学はおおざっぱに言うとどんなところが違うのでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

 
西洋哲学の話でしたら、時代的に大きく、古代(ギリシア・ローマ)哲学、中世哲学、近世・近代哲学、現代哲学という風に分かれます。

中世哲学は、聖アウグスティヌスで頂点に達する教父哲学と、スコラ哲学からなります。この二つともに、キリスト教の「信仰」がまず、自明的真理としてあり、それに古代の哲学(教父哲学の場合は、主にプラトン哲学、中世哲学は、アラビア・スコラ哲学を経由して、アリストテレスの哲学)を適用させているとも言えます。

近世・近代哲学の基礎は、中世哲学にあるわけで、西洋の哲学は、近世・近代でも、キリスト教の信仰や真理論、世界論、人間論というものが常に影響しています。

逆に言えば、古代哲学は、キリスト教の「信仰」における真理論や救済思想をまったく前提としていない思想だと言えます。

むしろ、教父哲学がプラトン哲学を援用したとのべましたように、古代哲学の壮麗な体系があって、それを取捨選択して中世哲学は構成されたのです。

キリスト教の教義や信仰が、影響しているのが、近世・近代の哲学です。人間観において、キリスト教を抜きにして、近世・近代哲学はかたれないのです。

しかし、古代ギリシアやローマの哲学は、キリスト教の信仰とは無縁です。古代のギリシアやローマの宗教の影響はありましたが、それはキリスト教的な救済世界観ではないのです。従って、人間観がなによりも違っています。

古代哲学では、人間は平等ではありません。自明的にそうです。中世哲学では、人間は霊魂において平等、地上の現世では、不平等です。近世・近代哲学では、現世においても、理論的には平等であるという構想です。これは大きな違いです。

救済論の有無から、もっともわかりやすい違いは、「時間論」です。古代哲学は、時間について、無限循環論でした。しかし、キリスト教は、時間の開始と終末を前提にします。両端のある線の時間がキリスト教の時間論で、古代哲学では、時間は円環構造としてとらえられます。

カントのコペルニクス的転回は、レース(もの)の超越的実在を自明のものとする、中世哲学に対する転回であり、古代哲学に対する転回ではありません。大まかに言えば、近世・近代哲学は、スコラ哲学に対する反テーゼを試みています。

古代哲学は、また別の思想や古代宗教と緊張関係にありますが、少なくとも、キリスト教の信仰的真理や人間論、宇宙論とは関係がないのです。むしろ、キリスト教の神学は、最初に言ったように、古代哲学の援用または変形として成立しています。
 

 
西洋哲学の話でしたら、時代的に大きく、古代(ギリシア・ローマ)哲学、中世哲学、近世・近代哲学、現代哲学という風に分かれます。

中世哲学は、聖アウグスティヌスで頂点に達する教父哲学と、スコラ哲学からなります。この二つともに、キリスト教の「信仰」がまず、自明的真理としてあり、それに古代の哲学(教父哲学の場合は、主にプラトン哲学、中世哲学は、アラビア・スコラ哲学を経由して、アリストテレスの哲学)を適用させているとも言えます。

近世・近代哲学の基礎は、中世哲学にあるわけで...続きを読む

Qユダヤ教とキリスト教の違いって?

パウロはユダヤ教からキリスト教に変わったんですよね?
では、そのユダヤ教とキリスト教の違いってなんでしょうか?
教えて下さい!!お願いします!

Aベストアンサー

一番、大きな違いはイエスを救世主と認めるか認めないか。
もしくは神として認めるか認めないかでしょう。
次は、ユダヤ教の聖典は旧約聖書とトーラー(律法書、厳密には聖典という言葉は合いませんが)で、キリスト教の聖典は旧約新約聖書であるという点ですかね。
勿論、厳密に違いを挙げるとすればここに書ききれないですけど。

追記ですが、ユダヤ教とキリスト教を考える場合に必ず捉えて欲しい点があります。
それは「ユダヤ教からキリスト教が派生した」訳ではなく、「キリスト教からユダヤ教が生まれた」という事が本質的には一番正しいということです。
歴史の流れとしては「ユダヤ教からキリスト教が派生した」様に見ることも間違いではありませんが、キリスト教というのはイエスの時代に変質に変質を重ねたユダヤ教に対し、イエスが真の(源)ユダヤ教の教えや奥義の一部を証したものだからです。
だからこそ、イエスはユダヤ教の権力者達に狙われ木にかけられてしまったのです。

ユダヤ教キリスト教もそれぞれ色々な宗派(教義)がありますから、それまで考えるとキリがなくなりますけど、最初の二つを大きな違いとするのが一番良いと思います。

一番、大きな違いはイエスを救世主と認めるか認めないか。
もしくは神として認めるか認めないかでしょう。
次は、ユダヤ教の聖典は旧約聖書とトーラー(律法書、厳密には聖典という言葉は合いませんが)で、キリスト教の聖典は旧約新約聖書であるという点ですかね。
勿論、厳密に違いを挙げるとすればここに書ききれないですけど。

追記ですが、ユダヤ教とキリスト教を考える場合に必ず捉えて欲しい点があります。
それは「ユダヤ教からキリスト教が派生した」訳ではなく、「キリスト教からユダヤ教が生ま...続きを読む

Q中世の教会と世俗的権力

中世の教会と世俗的権力

・中世における教会と世俗的権力との関係
・当時の教会と庶民との関係
・当時の世俗的権力と庶民との関係
・教会がどのようなプロセスを踏んで民間信仰をキリスト教信仰にすげ替えたか(魔女刈りなど)

以上の事柄を、特に12C周辺について知りたいです。

こういったことについて書かれた本をご存知の方、お教えください。

Aベストアンサー

>こういったことについて書かれた本をご存知の方、お教えください。

あまり宗教に対しては詳細ではないのですが、手持ちの本では

甦る中世ヨーロッパ 阿部謹也(箸) 日本エディタースクール出版

第2章 二つの宇宙
第5章 死生観の転換
第6章 富める者と貧しき者

にご質問の内容の記述があります。阿部先生の専門上、北部ヨーロパが中心となりますが。
かいつまんで説明しますと

10世紀当時のヨーロッパではまだ精霊信仰がありました。
そこへキリスト教が入ってくるのですが、当初はなかなか土着信仰が捨てられませんでした。しかし公共福祉という概念が生まれて、福祉の主役が有力者(権力者)から教会が中心に変遷していきます。やがて12世紀ごろから市民の民政の中心が教会になり都市に巨大な教会が設立されるようになっていくのです。
内容は主に当時の庶民の死生観や思想が中心になっています。

ヨーロッパでも地中海周辺はやや事情が異なるのはご存じのことだと思います。

以下の書籍もお薦めです。

中世の星の下で 阿部謹也(箸) 筑摩書房

阿部謹也先生は、中世のドイツを中止とした歴史の第一人者でした。多くに優れた著作、論文を残されています。

>こういったことについて書かれた本をご存知の方、お教えください。

あまり宗教に対しては詳細ではないのですが、手持ちの本では

甦る中世ヨーロッパ 阿部謹也(箸) 日本エディタースクール出版

第2章 二つの宇宙
第5章 死生観の転換
第6章 富める者と貧しき者

にご質問の内容の記述があります。阿部先生の専門上、北部ヨーロパが中心となりますが。
かいつまんで説明しますと

10世紀当時のヨーロッパではまだ精霊信仰がありました。
そこへキリスト教が入ってくるのですが、当初はなかなか土着信仰...続きを読む

Q異議あり!

 今日(もうじき明日になりますが)、今朝方、投稿された質問に「通常の思考・知識」と「哲学の思考・知識」の相違点が知りたい、というのがありました。

 三名から回答が寄せられていて、質問者さんの選んだベストアンサーは回答No.2でした。
 
 私は、いまだに哲学とは、と云った問いにうまく答えることができないでいるので、この質問にはとても興味を持ちました。なるほど、こうした質問の仕方があるのか、こうした視点で「思考」と云うものを考えてみることで、「哲学」なるものが今よりもっとはっきりとつかめるかもしれないな、と思ったのです。

 でも、質問者さんが選んだベストアンサーに、どうも納得がゆかないのです。
 批判が目的ではありません。

 哲学とは?と云ったことにもっと迫ってみたいのです。

 私には、回答No.1,3、の方が、より「哲学」と云うものを表しているように思えたので、できればさらにこの問題に、意見を求めてみたくなりました。

 ご意見のある方どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Aベストアンサー

質問を参照しました。

私もNo1さんの回答のほうが適切かと思います。


ただNo2さんの回答はわかりやすいです。例をあげているので。
お礼のところにも

「大変わかりやすかったです。」

とあります。


それが的を得ているかは別として、質問者さん(今朝の)にとってのベストアンサーが「最も理解しやすいもの」であるならば、ベストアンサーはNo2でよろしいかと。



質問は

「通常の思考・知識」と「哲学の思考・知識」の相違点を教えてください。どうかよろしくお願いいたします。

でした。

ここからは想像ですが、


今朝の質問者さんは学生か何かだった。

レポートあるいは課題で
「通常の思考・知識」と「哲学の思考・知識」の相違点
についての問題が出た。

ゆえに
今すぐに理解できる、他人にも説明しやすい内容を求めていたのでは?


↓ ここから哲学の話。(ほぼNo3と同じ)

哲学とは人間が生きるために必要なこと、一番大切な部分だと思います。信条といってもいいでしょう。No3さんのおっしゃる通り「正しいもの」が何か、を考えるのが哲学という学問です。ゆえに哲学とはすべての学問の根幹にあたる部分といえます。複雑なものの中から普遍的な法則を見つけ出すことが学問の本質ですから。

確かに常識が正しいとは限りません。しかし正しいときもあると思います。「常識」=「間違い」と思っている人がいますが、そんなことはないです。少なくとも大多数の人が信じているのですから、何か大事なものを秘めています。大切なのはまずは常識をすべて理解することです。常識に批判的では世の中うまくいきません。「非常識」になるために「常識」を知り尽くしましょう。そして何が正しいかは自分で選択していかなければなりません。

少し話がそれました。

では「哲学の思考・知識」があれば人生において、間違いを見つけられるのかといえば、そうもいかない時もあります。

所詮は人間が考えて決めたことです。必ず正しいは言えません。その哲学がどんなに有名な人が説いたものだとしてもです。
それでも人間は生きる上で、どうすればいいか選択していかなければなりません。


そうやって絶対に正しいとは言えないとわかっていながら、絶対的に正しいものを探す行為。
これが哲学だと思います。
まさに人生そのものだと思いませんか。
私は好きです。



わかりやすいと定評がある「これから正義の話をしよう」(マイケルサンデル)という本があります。
ニーチェやゲーテよりは読みやすいと思います。すごくお勧めです。

質問を参照しました。

私もNo1さんの回答のほうが適切かと思います。


ただNo2さんの回答はわかりやすいです。例をあげているので。
お礼のところにも

「大変わかりやすかったです。」

とあります。


それが的を得ているかは別として、質問者さん(今朝の)にとってのベストアンサーが「最も理解しやすいもの」であるならば、ベストアンサーはNo2でよろしいかと。



質問は

「通常の思考・知識」と「哲学の思考・知識」の相違点を教えてください。どうかよろしくお願いいたします。

でした。

ここからは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報