大学のレポート作成の課題なのですが、難しくて理解できません。図書館で哲学書を借りて読んでみたものの最初から興味のない学科でいまいち理解できません。どの本を読んでも理解できず、落ち込んでいます。参考になるわかりやすい本があったら教えて下さい。ちなみにソフィの手紙は半分ほど読み終わりました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ソフィーの世界を読んだのであれば、そのまま掘り下げたのが



●『もう少し知りたい人のための「ソフィーの世界」哲学ガイド』
日本放送出版協会 (ISBN:4-14-080258-8) 1020円なり

浅く、広く知りたいのであれば
●『哲学者達は何を知りたかったの?』 
飛岡 健著 河出書房新社 720円

あくまで興味がないのであれば、このへんで妥協して良いかと思います。

参考URL:http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=19770 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。浅く広くという『哲学者達は何を知りたかったの?』 という本をソフィの世界を読み終わったら読んでみます。

お礼日時:2005/07/26 09:13

ギリシア哲学といっても具体的に誰の、あるいは誰の流れなのかによって違いますから少々テーマそのものに疑問を感じますが・・・・


キリスト教とギリシア哲学との出会いについては#3に書かれているパウロの話が有名ですが、ちょっと注意しておくとキリスト教といっていつの時代の考え方をさすのかでも違ってきます。イエス自身の考えとパウロとではかなり違いがある、という考え方もありますし、第一成立当時ののキリスト教がすなわちパウロと同じ考えだったわけでもありません。
で、まあカトリックが確立するまでに、その理論立てに最も強い影響を与えた哲学のひとつが「新プラトン派」でしょう。

また中世末期のトマス・アクィナスとアリストテレスの哲学の関係は有名です。

というように時代、またキリスト教草創当時からカトリシズム成立まで、といったあたりを考えると「これがキリスト教の人間観」「これがギリシア(以下略)」というのはかなり乱暴だと思われます。

もしレポートをまとめられるのならいつごろの、教と主に誰のギリシア哲学というのを付け加えられたほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私にとっては哲学という言葉からもう難しい解らないと先入観があり、回答も哲学用語をずらずらと並べられたらどうしようかと思っていました。が、しかし、『パウロの話』や『中世末期のトマス・アクィナスとアリストテレスの哲学』など具体的に教えて頂きわからないなりに本を読んでみようと力がわいてきました。

お礼日時:2005/07/26 09:11

~アテネに登場したパウロの宣教~(ソフィーならPP207)



サウロは、イエスの死後数年後にパウロ(クリスチャン)になり、世界伝道した。
アテネには、第2次世界伝道旅行で立ち寄っている。
アンティキア→デルベ→イコニオン→→→→アポロニア→テサロニケ→ベレア→アテネ→→→→エルサレム

アテネでパウロは(使途勤行録17章)
(1)町のいたるところにある偶像(異教の神の像)に憤慨した。(キリスト教では唯一なるただ一人の主のみを信仰するので、偶像礼拝は罪である。)
(2)アテネの会堂でユダヤ人や神をあがめる人と論じた。
(3)広場で居合わせた人と毎日論じ合った。
(4)エピクロス派やストア派の幾人かの哲学者と論じた。
(5)アテネの人々は彼をアレオバゴスに連れて行き、教えを聴いた。
ここがソフィーで引用された部分。PP208
『みなさん、あなた方は信仰に厚いけれど、偶像礼拝に侵されている。・・・ソフィー参照』

★紀元後数年に、ギリシャ哲学とキリスト教がアテネで出会ったわけです。
哲学は、哲学の名において真理を目指していた。
キリスト教は、人間は原罪を背負った存在であり、イエスキリストを受け入れ、主をあがめることで原罪から解放されると説いた。(新約でイエスは哲学を全否定はしていないが、哲学にしばられて信仰を得られないのではダメだと言ってます。
あとは、haibisukasuさんがまとめてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなにわかりやすく教えて頂いて本当に助かりました。要所、要所が実にわかりやすい言葉で(私の知能に合わせてくれて)すんなりと理解できました。これでやっとレポート作成する意欲がでました。勉強は解らないところをわかりやすく教えてもらいそこからスタートして興味がでてくるのですね。ちょっと興味がでてきました。ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2005/07/26 08:58

~キリスト教世界の人間観~


教会にも聖書にも親しんでいなければ、レポートといえどてこずると思います。私の聖書についての『教えて』(No.1482950)を参照下さい。(聖書で検索すれば他の人の質問もいっぱいありますよ。)

とりあえず、ざっと書きますと。
(1)人間は、神が(自由意志を持つ)完全なものとして創造された。
(2)楽園で暮らしていたが、そこの知恵の実は食べてはならないと神に言われていた。(完全であった人だけど、禁断の実を食べるかは自由意志にゆだねられていた。)
(3)蛇(サタン)にそそのかされて禁断の知恵の実を食べてしまった。
(4)よって、知恵を得るかわりに罪(原罪)を背負い、楽園を追放された。

ここまでが、旧約(ユダヤ教)の最初(創世記)で語られる事ですが、哲学的には旧約はここまで押さえるだけでOK

以後、新約(イエスの宣教)になります。

イエスの教えの骨子
(1)イエスは、旧約を成就する為にメシャ(キリスト)として来た。(要するに新約は契約の更新)
(2)イエスがどのおきてが一番重要かと言われて答えたのは下記の二つ。
一つめは、「神なる唯一の主を魂を込め、心を込めて崇拝しなさい。」
2つめは、「自分自身と同じように隣人を愛しなさい。」
*「隣人とは誰の事か」というのが重要ですが、これはサマリア人のたとえで説明されています。アメリカに●●サマリア病院というのが沢山ありますが、これは誰でも困っている人は(隣人のように)受け入れるという理念を表したもの。

(3)イエスは、十字架の死をあがないとして契約を成就し、人間を罪(原罪)から解放した。
よって、イエスキリストを神のみ子と信じ、また父である主を崇拝し、イエスの教えを信じ、守るものは原罪から救われている。
というのがキリスト教の基本教義。
*細かいところはすっとぱしてます。(^^;

基本教義終わり!!
文字数が足りませんので、次回、いよいよ哲学の舞台にキリスト教がどう登場したか書きます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哲学 入門書の次に読む本

 こんにちは。

 哲学を学ぶにあたり、入門書の次に読む本として、おすすめの本はありますか?

 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どなたの入門書をお読みになられたのかが気になるところですが…
お気に入りの哲学者は見つかりましたか?

お気に入りの哲学者が見つかれば、その哲学者専門の入門書をお薦め
します。例えば「ニーチェ入門」とか「プラトン入門」とか。

まだお気に入りはいないなぁ、というのであれば他の入門書を読むのも
お薦めです。「あれ?この人の書いている入門書はまた感じが違う
な」という印象をきっと持たれると思います。

字句が難解で読み難かった… というのであれば、本屋でなるべく
「読めそうだ」というのを片っ端から探すのも手ですね。

と、なんだかんだいいつつ。
私のお薦めを挙げます。
「また入門書か?」とか思わず軽い気持ちで呼んで見て下さい。
文章が比較的易しいので、結構読みやすいと思いますので。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/50/6/5004150.html

Q高校生のうちに読んでおきたい哲学・心理学の本。

はじめまして、私は高校一年になる者です。
最近図書館で、心理学や哲学の本などに興味が湧いています。
近頃読んだものは、哲学書で、サルトルの存在と無、ニーチェやマルクスなどです。心理学の方は河合隼雄さんやユング、フロイトとかも齧ってみました。
これから先も色々な本を読んでいこうと思っているのですが、
出来れば高校生のうちに読んでおきたい哲学書・心理学の本をぜひ紹介していただきたいです!

Aベストアンサー

昔の学生は、「デカンショ」を読んだそうです。

「デカンショ」とは、「デカルト」、「カント」、「ショーペンハウエル」。

半年間はこれらを読み、後の半年は寝て暮らしたそうです。

心理学は、行動心理学が面白いです。

あまりにも人間を物として扱い、心を否定するので批判的な人も多いですが、偉そうなこと言っても結局人間なんてそんなものじゃないか、と言うのが私の見解です。

Q哲学の本で読んだ方がいいものはありますか?

哲学の本で読んだ方がいいものはありますか?
最近哲学に興味を持ったのですがどの本から入っていいのかわかりません。
初心者にも取っ付き易く、哲学に興味があるなら絶対一度は読むという本はありますか?

Aベストアンサー

 
哲学は、著者との相性が大きいから、本当は大きい本屋に行って、哲学書のコーナーで、入門書らしき物を、実際に手にして読んでみて、読み込めそうなら、その本がベストだと思う。

一般的には、池田晶子さんの「14歳からの哲学」が入門書的な本として、よく読まれている。(売れている。)
http://www.amazon.co.jp/14%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E5%93%B2%E5%AD%A6-%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E6%B1%A0%E7%94%B0-%E6%99%B6%E5%AD%90/dp/4901510142
カスタマーレビューにも、目を通すといいと思う。
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4901510142/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1

この本も、読んでみたけれど、言葉はやさしいが、内容は深い。
まあ、入門書の候補の一つに入れてもいいと思う。
 

 
哲学は、著者との相性が大きいから、本当は大きい本屋に行って、哲学書のコーナーで、入門書らしき物を、実際に手にして読んでみて、読み込めそうなら、その本がベストだと思う。

一般的には、池田晶子さんの「14歳からの哲学」が入門書的な本として、よく読まれている。(売れている。)
http://www.amazon.co.jp/14%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E5%93%B2%E5%AD%A6-%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E6%B1%A0%E7%94%B0-%E6%99%B6%E5%AD%90/...続きを読む

Q女性の哲学者の本が読みたい

前々から気になっていたので質問致します。

哲学では、女性の活躍がとても少なく感じられます。
そこで、女性が著した哲学の書籍などを読んでみたいと思いますので、ご存じの方は是非教えて頂きたいと思います。

有名なところでは、ボーヴォワールの「第二の性」がありますが、できることならジェンダー思想以外の哲学分野をお願い致します。

Aベストアンサー

ハンナ・アーレントは、ドイツの政治哲学者で、「全体主義」(ナチズムとかスターリニズムとか)について思考しました。主著は『人間の条件』、『全体主義の起源』など。

ジュリア・クリステヴァは、ブルガリア生まれのポスト構造主義の思想家で精神分析医です。バフチン、ソシュール、フロイトなどの理論を用いて、記号理論や言語学、精神分析に貢献しています。主著は、『記号の解体学』、『恐怖の権力』など。

シモーヌ・ヴェイユは、フランスの哲学者で、初めはマルクス主義に傾倒しましたが、のちに中世の異端カタリ派の神秘主義的な研究に力を入れるようになります。他者の不幸を基盤に独自の倫理思想を展開しました。主著は、『重力と恩寵』、『根を持つこと』など。

現在、ご活躍されている日本人だと、ロンドン大の名誉教授の石黒ひでさんが言語哲学なんかで有名です。ギリシア哲学の左近司祥子さんも、最近、いろいろ本を書かれています。

ジェンダー思想も、主体とか国家とか考える上で、他の思想・哲学領域と切り離せないので、かなり重要です。スピヴァクとかバトラーとか。

Q哲学なのかいまいち自信が無いですが唯物論って

唯物論って簡単に言うとどんなものなんでしょうか?

Aベストアンサー

 哲学的な意味では、人間の行動や考えを支配しているのは、基本的にはその環境によって規定されるという意味です。
つまり 人間の行動は意思によって起こされるが、その意思は経済的 社会的環境によって規定されるとうこです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報