お世話になります。

歴史には無知な者です。

イギリス王家は、いつも週刊誌のネタにされ、パパラッチに追いかけられています。

日本の天皇家にはそのようなことはありません。

これはなぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

その理由は、二つの王家の歴史を知らねばならないと思います。



イギリスの王家というのは、荘園時代にもっとも広い領地を持っていた、もっとも強大だった貴族がルーツです。
 荘園制度というのはご存知だと思いますが、貴族が独自の法律で荘園を囲い、荘園内では王と同じだけの権力がありました。貴族の時代とは、小国の王がひしめき合い、お互いの権勢を競い合っていた時代です。
 貴族たちは、つねにイギリス王家の強大な権力をねらい、王家に取り入って婚姻を結ぼうとしたり、あるいは陰謀を図って取って代わろうとしたりしました。歴史上、イギリス王家の血筋は一つだけではなく、様々な貴族との婚姻で成り立っています。イングランドの王とは限らず、北のスコットランドの王だったこともあるし、英語をまったく話せないドイツの貴族が王となったこともあります。貴族たちの陰謀に陥れられて塔の牢獄に閉じ込められた王もいます。こんなわけですから、イギリス王室は昔から、つねに陰謀にまみれたゴシップがついてまわっていました。今のイギリス王室に対するゴシップは、そういうお国柄のせいだろうと思われます。

 しかし日本の天皇家は、荘園制度ができるはるか昔の時代から成立していました。日本書紀にあるとおり、天皇家は神様の代から続いており、神道という信仰と結びついています。神道の管轄である神社は日本全国にあり、荘園内で暮らす村人たちも、神道を信仰していました。天皇家は村人たちの信仰心を支配していたわけで、荘園を持った武士とは次元が違う権力を持っていたわけです。このため、戦国時代の武士さえも(陰で利用していたとしても)、天皇家を表立って侮辱するようなことはしませんでした。それは日本人の道を外れた行為ですから・・・

こういう違いが今でも影響しているのだろうと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

だんだんわかってきました。
ウェールズの王子を決める時のエピソードを思い出しました。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/10 11:19

 日本は皇室報道がタブーではあるのですが、タブーを破って週刊誌や新聞でスクープ記事が出た後に美智子さまがショックで声が出なくなって

しまったり、雅子さまが流産したりしたので、スクープにイメージ悪くなったせいでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

しかし、それならダイアナだってそれがもとで死んだのに、いっこうにマスコミの追求は手をゆるめない。

日本のマスコミは、皇室に対してと、それ以外に対しての態度が全然ちがいますね。

お礼日時:2005/08/11 13:47

自信ないですが、単に国民が望むか望まないかと思います。

人のことをおもしろおかしく取り上げるのに不快感を示す日本人は多いと思います。皇室をネタにするような雑誌は受け入れられない雰囲気があると思います。サイパンに慰霊の旅にいったり、世界の平和を祈ったり、災害が起これば毎回駆けつける、服装にしても他の王室に比べて質素ですよね。立派な人を批判するのは気分がよくないものです。皇太子が不倫をする王室、ふざけてナチスの鍵十字のコスプレをするようなその息子、煌びやかな衣装をまとうイギリス女王などと日本の皇室は比べることはできないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

世界平和を祈っても、戦争責任は消えないように思えます。故ダイアナ妃は、貧困、病気などに苦しむ人達をねぎらっていましたね。それでも週刊誌にあれこれ書き立てられていました。

日本人は不可解です。

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/08/11 09:23

かつてはヨーロッパの王様も按手による癒し、という能力を持つ、と信じられていました。


しかし時とともにそういう宗教的な崇敬はされなくなってきました。
これに対し、右翼をふくめ、天皇家に対する考え方は良い悪いは別にして、日本においてはある種タブーでもあり、また力ずくでも守らねばならないという宗教的支持者にも似た一定の勢力を持っています。
また、イギリスの場合、特に外国から何回も王様を迎えています。ノルマンの征服、また血縁ではあってもジェームス一世はもとはスコットランドの王で、イングランドの王ではありませんでしたが、エリザベス1世の死により後を継いでいます。また名誉革命により、オランダからこれまた親戚筋ではありますが王様を迎えています。さらに現在の王家はハノーヴァー家で、やはり親戚ですがもとはドイツの貴族です。この家の最初の英国王はドイツ語しかしゃべれず、それによって君臨すれども統治しない王と、議会中心の政治が図らずも実現してしまったのは有名です。
天皇家が仮に途絶えたとして、昔天皇家のだれかが中国の皇帝や朝鮮の王家と婚姻していたとして、その子孫を受け入れる気になるか、またそもそも天皇家の人は国際結婚できるのか?というような問題です。
そういう意味での権威がちがう、ということはいえるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。血筋、ということでしょうか。
国際結婚、再婚などはたぶんダメでしょうね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/11 09:18

>たとえば、個人が天皇家の中傷をしたら・・・


 天皇家をネタにブラックジョークを作ったりしたら。

実際に居たんですよ、そういう人物。

「奥崎謙三」で検索して見て下さい。

ちなみに私はこの人物を『ゆきゆきて、神軍』という

映画で知りました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はー、いたんですね、こういう人。
初めて知りました。

情報ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/11 09:16

これまでの回答を見ましたが、トンデモ説がかなり混じってますね・・・。


皇室の〈タブー〉については、猪瀬直樹氏の『天皇の影法師』という本がいいですよ。ルポルタージュですが、推理小説風の書き方で、すごく面白いです。
イギリス王室については、荒井利明氏の『英国王室と英国人』とか、小林章夫氏の『イギリス王室物語』のような、手軽に読めて、面白い本がたくさんあります。
ネットの情報なんて、いい加減だし、時間の無駄です。ちゃんとした本を読んだ方が早いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。
みなさまの意見を読んで、印象としては、日本人は皇室が好きなのだ。少なくとも、好きでなければいけないと思っている。戦争責任などの関係で嫌いな人、良く思っていない人は、それを公には言えない社会的圧力、理由のない、歴史から来る罪悪感があるように感じました。

いちどご紹介いただいた本を読んでみます。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/08/10 13:40

王家と言ってもタレント化してますからね、国民の話題になりますよね。



>日本の天皇家にはそのようなことはありません。
とありますが、文藝春秋等には出ていますよ。人間宣言をしているのでスキャンダルがあるのも頷けますが・・・余り表に出ないのは宮内庁が抑えているからでは?

某国の皇太子は麻薬はやるは女を買いまくるはファンキーですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宮内庁はどのようにして「抑える」のでしょうね。
何か圧力をかけるのでしょうか。

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/08/10 11:25

これは実際にやってみたらどうなるかを想定すればわかるのではないでしょうか。



たとえばA週刊誌で「皇太子さま,夜のおつとめの実態。雅子様に変態プレイ要求!」という見出しで記事を載せたとします。政治家などでは似たような記事が出ることがありますよね。自民党の某代議士のように。

ではこの場合はどうなるでしょう。おそらく国民から多くの抗議がくるでしょう。右翼が抗議行動をとり,不買運動が起きるかもしれません。さらに,他のマスコミ(ライバル誌など)が一斉に批判的な記事を書きます。そしてA週刊誌に広告を載せていた企業は,「これはいかん。我が社がA週刊誌を支持していると思われたらマイナスだ」といって広告をやめるでしょう(週刊誌は広告費がかなりの収入源です)。

どんな社会にもタブーはあります。日本では天皇制批判は(特におちょくったようなものは)タブーなのです。やはりまだ現人神の部分が残っているのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、現人神の一部が残っているというのは、怖いような気がします。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/10 11:23

>「ベールに押し込める」のがなぜ日本では可能なのか、ということなんです



日本の皇族は、ヨーロッパの連中に比べて、かなりお行儀がいいですから、スキャンダルの質と量がまず違います。
ヨーロッパの連中は、やくざの一歩手前ですよ。
天皇の次男が結婚前に二度紀子さんを胎ませたという「噂」はありますが、確たるスキャンダルとしては流れてきませんでした。

次に、国民がスキャンダルをそれほど望んでいないということもありますし、こうした問題に限らず、日本のマスコミはお上に従順です。記者クラブ制のおかげです。
皇族のスキャンダル特に性的スキャンダルは、国民は喜ぶというよりも、マスコミを批判するでしょうね。
そのマスコミは全省庁出入り禁止でしょう。

せいぜい、雅子さんが最初に懐妊したときに、朝日がすっぱ抜いて、流産させた事件がありましたが、そういった事件だけですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、「全省庁出入り禁止」はつらいですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/10 11:21

右翼の報復が怖いからです。



つまり、日本のマスメディアは腰抜けということです。

普段偉そうなことを言ってても、所詮日本人に変わりないのですから、我々と同じ風見鶏的な行動しか取れないわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

なるほど。
右翼の報復ね。

たとえば、個人が天皇家の中傷をしたら、どうなるのでしょうか。アメリカ人ブッシュをバカにするように、天皇家をネタにブラックジョークを作ったりしたら。

お礼日時:2005/08/10 09:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリス 選挙制度

イギリスの選挙制度においては、地元からの立候補が禁止されていると聞きましたが、ほんとうでしょうか。ネット上では裏がとれなかったので、ご存知の方がいらしたら、少し詳しく教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

法律によって禁じられてはいません。

(1979年の英国総選挙時(労働党のキャラハン内閣に代わり保守党サッチャー首相登場)、サッチャー氏選挙区に居住していた経験を踏まえて回答します。確か、サッチャー氏は現居住地選挙区に立候補してたと思います。選挙運動で戸別訪問して回っていたとき、我家の前で秘書か誰かが「この家は外国人」といい、同氏はそれでもニッコリ手を振って隣の家に行きました。)

英国では、総じて選挙民は政治家に対し地元への利益誘導より国のために大所高所からの議論、活躍を求められております。新人候補はまず政党本部が選考し、議員の引退や選挙区替で次の総選挙で新しい候補を必要とする選挙区の政党支部に適任者を推薦します(新人のことも、選挙区替えする議員のこともあります)。この候補者を支部が面接し候補者として認めるか否かを決めます。このとき、地元云々がまったく考慮されないことはないと思いますが、少なくとも日本のように最優先事項ではないでしょう。むしろ新人は激戦区をあてがわれ、仮に落選しても善戦すれば、次の選挙で当選の可能性の高い選挙区をあてがわれます。

但し、2世議員というのは国民が良しとせず、親の7光狙いの2.3世候補を親なり祖父母の選挙区から出せば、その政党自体が国民の批判の的となるため、歴史的に日本で言うところの「地元」から親の7光を期待して立候補しない/させないという慣行が確立しております(なお、英国では歴史的慣行ということは、文書化された法律以上に重要な意味を持つものです)。横須賀のどこかから出る誰かさんとは違いますねぇ。

法律によって禁じられてはいません。

(1979年の英国総選挙時(労働党のキャラハン内閣に代わり保守党サッチャー首相登場)、サッチャー氏選挙区に居住していた経験を踏まえて回答します。確か、サッチャー氏は現居住地選挙区に立候補してたと思います。選挙運動で戸別訪問して回っていたとき、我家の前で秘書か誰かが「この家は外国人」といい、同氏はそれでもニッコリ手を振って隣の家に行きました。)

英国では、総じて選挙民は政治家に対し地元への利益誘導より国のために大所高所からの議論、活躍を求め...続きを読む

Q世界28ヶ国の王家の中では、天皇家が世界一の格上ですか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E5%AE%A4
世界には、日本・イギリス・ベルギー・スペイン・タイ・カンボジア・
サウジアラビア・スウェーデン等28ヶ国に王制が存在しています。
これらの国王の中でも序列というか「格の違い」ってあるのでしょうか?

例えば、「世界の王室が集まった時、天皇が最も上座に座る」と聞いた事が
ありますが、それは天皇家の格によるものでしょうか?
その理由は、この2つです。
・天皇家は世界で最も歴史のある王室である事。
・「King」よりも格上とされる「Emperor」であるから。
 歴史的に言えば「King」よりも「Emperor」の方が格上。「Emperor」は世界でただ一人。

世界的には、「差別や格差はいけない事だ」みたいな風潮がありますが、
そんな事を言ってしまえば王室の存在が崩壊してしまいます。
王族の世界とは歴然とした格差社会であり、格とか身分の差を公認する
社会だそうです。
彼ら王族は「王族の何たるか」という教育を受けているため、天皇家の
格の高さをちゃんと認識しているため上座を譲りますが、天皇家の権威を
よく知らないのは、もしかすると我々日本人かもしれませんね。

さて、世界の王室において、「格の違い」は存在していますか?
日本の天皇家は最も格が上というのは本当でしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E5%AE%A4
世界には、日本・イギリス・ベルギー・スペイン・タイ・カンボジア・
サウジアラビア・スウェーデン等28ヶ国に王制が存在しています。
これらの国王の中でも序列というか「格の違い」ってあるのでしょうか?

例えば、「世界の王室が集まった時、天皇が最も上座に座る」と聞いた事が
ありますが、それは天皇家の格によるものでしょうか?
その理由は、この2つです。
・天皇家は世界で最も歴史のある王室である事。
・「King」よりも格上とされる「Empe...続きを読む

Aベストアンサー

私も以前考察しました。
その結果、多国間での「格の違い」は存在しません。

>>日本の天皇家は最も格が上というのは本当でしょうか?
ガセネタです。

まずタイ国王即位60周年記念式典での写真をご覧下さい。
http://www.thaiembassy.jp/photo%20gallery/60th/Albums/Album3/Source/Best_Wish_Expression_116.htm
天皇皇后両陛下はスウェーデン・ブルネイ両国王王妃より下座です。なぜなら、国の公式行事で複数の元首が並ぶときは、即位(就任)順で席順が決まります。ただしカトリックを国教とする国ではローマ教皇を自国元首よりも上座に位置させる国も存在するようです。

ただし、国(公的)ではなく王室(皇室)の行事、つまり私的な席では元首同士、国同士でのつきあいの深さによって、席次が決まることもあります。

ですから国家間では格に違いはない、国の規模、王家の歴史、称号の違いなどは関係なく、また元首が王であろうと大統領であろうとすべて平等です。

 西欧社会のEmperor、Kingの関係と、中華文化圏の皇帝(天皇)と王の関係を混同させて「天皇はKingよりも格上である。なぜならEmperorだからだ」というのはむちゃくちゃな理論です。
 ヨーロッパにおけるEmperorと、中華文化圏の皇帝(天皇)はまったく異なる政治概念です。ただ、似たような意義が含まれるから皇帝(天皇)をEmperorと翻訳に当てただけにすぎません(King・Queenを王・女王と訳すのも同様です)。また近代以降ではEmperor、King、皇帝、王と、どのように名乗るのも勝手でした。

だから明治になって天皇の訳語にEmperorを当てたに過ぎません。

参照
ヨーロッパにおける「皇帝」
http://kyoto.cool.ne.jp/rekiken/data/2002/020628c.html

ヤマトの王が天皇を名乗った理由
http://allabout.co.jp/career/politicsabc/closeup/CU20050413A/?FM=cukj&GS=book

より詳しい回答が教えてgooにもあります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3952917.html
No.3氏の良回答をご覧下さい。

また、
http://q.hatena.ne.jp/1145697267
の3番目の回答者さんもご覧下さい。

さらに重要なことは三大権威とか、天皇はKingよりも格上などというものは、ネットで、しかもなんら確たる証拠も提示しない掲示板やブログの書き込みでしか見あたらないということです。この時点で眉唾物です。
そういったものが公的に認められているのであれば、その条文なり、条約なりを提示すればいいのにしない。「不文律なんだ」「世間では隠されているのだ」とすれば、それほどのものがだれが書いたとも分からぬ掲示板ごときに流れること自体がおかしいでしょう。

誤解無きようにいえば、わたし自身は毎朝、神仏に天皇家の繁栄を祈り、皇室に敬意を持っています。
だからこそ、このようなデマにすがりつく必要はない。なぜなら、天皇は「日本の天皇」だから敬意を持っているのです。ほかの国よりも偉いから敬意を持っているのではないのです。
正直、この手のデマにすがりつく人って、天皇を敬うフリをしながら、正直天皇に敬意など持ち合わせていない。天皇の権威が分からない。だからこんな恥ずかしい理屈にすがりつかなければ、「天皇への敬意」が表現できないのではと思えます。
また、この手のデマにすがりつくサイトは、天皇への敬意、敬愛の念よりも、「俺さまの天皇は偉いんだぞ!! お前らなんか…」といった他国への憎悪、罵倒が表立っています。正直、他国を見下すダシに皇室を利用しているのではとしか思えません。

わたしは日本の天皇だから敬意を持っています。決して他国より偉いから、他国を見下したいからではありません。

私も以前考察しました。
その結果、多国間での「格の違い」は存在しません。

>>日本の天皇家は最も格が上というのは本当でしょうか?
ガセネタです。

まずタイ国王即位60周年記念式典での写真をご覧下さい。
http://www.thaiembassy.jp/photo%20gallery/60th/Albums/Album3/Source/Best_Wish_Expression_116.htm
天皇皇后両陛下はスウェーデン・ブルネイ両国王王妃より下座です。なぜなら、国の公式行事で複数の元首が並ぶときは、即位(就任)順で席順が決まります。ただしカトリックを国教とする国...続きを読む

Aベストアンサー

イギリスの首相って選挙じゃないでしょ。国王が指名。権限としては誰でも指名出来るはずだが、慣習として、下院議員の中から、下院の多数政党の党首を指名することになってますよ。
また、再投票の件ですが、やってもいいですが、それじゃこの間の国民投票はなんだったの?ってことになってやはり混乱を拡大させるだけじゃないかな。
正直なところ、あんな国民投票をやらざるを得なくなったキャメロン首相(元)が悪いと。無能だったんだって。どっちに転んでも「ん~・・・」だったんだから。

Q源平の時代「天皇家」は「王家」でOK?

大河ドラマ「平清盛」が始まった当初、
劇中、天皇家を王家と呼んでいて話題となっていました。
結論として、どれでしょうか。
1.当時は「王家」と呼んでいた。
2.当時は「王家」と呼んでいなかったが、適切。
3.「王家」と呼ぶのは誤り。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

答えは3.です。

続日本紀に以下のような記述がある。つまり正解は「皇室」です。大河ドラマ「平清盛」は賊臣が捏造した御伽噺です。

<引用開始>
孝謙天皇 天平宝字元年八月十八日

 天皇は次のように勅した。

 朕は徳が薄いのにもかかわらず、忝くも皇位を継ぎ、八方の国土に君臨し、今に至ること九年、これまで善い政治もしていない。これについて日も夜も憂いの思いを抱いている。危険な淵に立っているように案じ、薄い氷を踏むように慎重にしている。

 ところが去る三月二十日、天の神は我に「天下泰平」の四文字を賜わって、天下の安らかなことを表し、朝廷の運命の永く続くことを示された。

 しかるに賊臣である廃太子の道祖と安宿・黄文・橘奈良麻呂・大伴古麻呂・大伴古慈悲・多治比国人・鴨角足・多治比犢養・佐伯全成・小野東人・大伴宿禰麻呂・答本忠節らは、生まれつきの性質が悪くかたくなで、迷った心で悪事に走り、君臣の道を顧みず、鬼神の力も恐れず、密かに謀反の徒党を組み、皇室の本家を傾けようとはかった。しかしことごとく天の咎めを受け、皆、罪科に服した
<引用終了>

道祖王は一度は皇太子に立てられながら、不行跡を咎められて孝謙天皇によって皇太子を廃されて、橘奈良麻呂の乱に加担し獄死した人です。

答えは3.です。

続日本紀に以下のような記述がある。つまり正解は「皇室」です。大河ドラマ「平清盛」は賊臣が捏造した御伽噺です。

<引用開始>
孝謙天皇 天平宝字元年八月十八日

 天皇は次のように勅した。

 朕は徳が薄いのにもかかわらず、忝くも皇位を継ぎ、八方の国土に君臨し、今に至ること九年、これまで善い政治もしていない。これについて日も夜も憂いの思いを抱いている。危険な淵に立っているように案じ、薄い氷を踏むように慎重にしている。

 ところが去る三月二十日、天の神は我に「天下泰...続きを読む

QイギリスEU脱退?

イギリス・キャメロン首相は、来年行われる総選挙で保守党が勝利したら、イギリスがEUから脱退する事の是非を問う国民投票を行うと発表した。
なぜイギリスはEU脱退を考えているのだろうか?

Aベストアンサー

一番考えられることは、EUの価値がないことです。

イギリスはEUには加盟していますが、ユーロには加盟していません。
これは、ユーロなんてできっこない、と思うからです。

現に、ユーロは危機的な状態です。
ギリシアの破綻はニュースになりましたが、PIIGS(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシア、スペイン)なんて言葉があります。これは破綻しそうな国、つまりEUのお荷物の国です。
何とかドイツが支えることで、ユーロは保っている状態ですが、こんだけの国が破たんすればユーロ壊滅でしょう。
特に、スペインとイタリアは国の大きさからしても、破綻されては困る国です。
ばかりかフランスでも、これらの国に近い状態になっているという話もあります。
(何しろ、エールフランス、ルノー、シトルエンでも経営危機だそうです)

こんな状態であれば、イギリスがEU脱退を考えてもおかしくないでしょう。

尚、ドイツは立場上EU脱退は考えていない、と思います。
それは、今のEUはドイツで支えているのですからです。
「ヒトラーが銃剣を以って制覇できなかったヨーロッパを、メンケルはユーロで制覇した」
半分ジョークで言われる言葉です。

本来の目的である「EUでアメリカに対抗する」なんてことは以っての外で、日本にも対抗できません。
(GDPを考えると、ドイツ+フランス+イギリスで日本と同じだそうです)
こういうことを考えると、ヨーロッパの凋落は確実でしょう。

一番考えられることは、EUの価値がないことです。

イギリスはEUには加盟していますが、ユーロには加盟していません。
これは、ユーロなんてできっこない、と思うからです。

現に、ユーロは危機的な状態です。
ギリシアの破綻はニュースになりましたが、PIIGS(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシア、スペイン)なんて言葉があります。これは破綻しそうな国、つまりEUのお荷物の国です。
何とかドイツが支えることで、ユーロは保っている状態ですが、こんだけの国が破たんすればユーロ壊滅でしょう。
特に...続きを読む

Q【日本の歴史】天皇家と右翼団体の繋がりを教えてください。 「昭和天皇の皇后も右翼を使ったりしていた」

【日本の歴史】天皇家と右翼団体の繋がりを教えてください。


「昭和天皇の皇后も右翼を使ったりしていた」


なぜ右翼団体が正月に天皇家を参拝に行くのか日本の歴史教科書では教えない闇の部分がチラホラ見え始めて来た。

どうも戦後に天皇家と右翼団体は繋がりが出来て、天皇家は右翼団体を影で動かしていたようだ。

今は天皇家は右翼団体から離れたが右翼団体は未だにその歴史を覚えており正月に天皇家にお前ら忘れるなよと脅しの意味で参拝しているのだろう。

天皇家も右翼団体と繋がりがあったことを認識しているので排除できない。

排除したらこの昭和天皇が右翼団体を使っていたという事実を右翼団体に暴露されかねないので天皇家は広い心があるので右翼団体や右翼系暴力団の正月参拝を認めているという風に世間には思わせたいのだろう。

昭和天皇の皇后が右翼団体を使った事例を教えてください。

Aベストアンサー

>「昭和天皇の皇后も右翼を使ったりしていた」

質問者様がそのようにお考えになる資料や根拠は何でしょうか。

質問者様の高潔で聡明なご人格を疑。
しかし、最近では公職にありながら、証拠も示さずに他人を強盗や殺人犯と罵る方もいらっしゃいます。


【民進党・クイズ小西「安倍総理は強盗殺人犯である。」】
http://hosyusokuhou.jp/archives/48790718.html
(一国の総理大臣を犯罪者呼ばわりするのなら、証拠をそろえて告発すべきですよねぇ_____

こんな罵詈雑言を野放しにしている事こそ、現政権が表現の自由を許しているという証左でしかないんですが。)


https://www.youtube.com/watch?v=KuMVMc55zzE



>なぜ右翼団体が正月に天皇家を参拝に行くのか日本の歴史教科書では教えない闇の部分がチラホラ見え始めて来た。

右翼団体は 参拝 していないと思いますが。

一般人も右翼の人も日本が好きな外国人も、正月に皇族の方々への「参賀」に行っています。

一部の特殊なサンプルのみを語りたてて、対象への認識を歪ませるのは、詐欺や詭弁やパヨクや反日工作員の常套手段です。

あなたの国の歴史教科書ではどのような事を教えているのでしょうか。



>どうも戦後に天皇家と右翼団体は繋がりが出来て、天皇家は右翼団体を影で動かしていたようだ。

>今は天皇家は右翼団体から離れたが右翼団体は未だにその歴史を覚えており正月に天皇家にお前ら忘れるなよと脅しの意味で参拝しているのだろう。

>排除したらこの昭和天皇が右翼団体を使っていたという事実を右翼団体に暴露されかねないので天皇家は広い心があるので右翼団体や右翼系暴力団の正月参拝を認めているという風に世間には思わせたいのだろう。

ようだ。・・・
だろう。・・・
だろう。・・・

>「昭和天皇の皇后も右翼を使ったりしていた」

質問者様がそのようにお考えになる資料や根拠は何でしょうか。

質問者様の高潔で聡明なご人格を疑。
しかし、最近では公職にありながら、証拠も示さずに他人を強盗や殺人犯と罵る方もいらっしゃいます。


【民進党・クイズ小西「安倍総理は強盗殺人犯である。」】
http://hosyusokuhou.jp/archives/48790718.html
(一国の総理大臣を犯罪者呼ばわりするのなら、証拠をそろえて告発すべきですよねぇ_____

こんな罵詈雑言を野放しにしている事こ...続きを読む

Qイギリスに今でも「貴族院」なんて議会があるのはなぜ?

イギリスに今でも「貴族院」なんて議会があるのはなぜ?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%B4%E6%97%8F%E9%99%A2_(%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9)

日本の議会は参議院も衆議院も国民の選挙によって、選出されます。
二院制を採用している国は多数ありますが、たいていは日本と同じく
選挙により両院の議員が選出されるシステムをとっています。

ところが、イギリスの「貴族院」とは、その名の通り爵位を持った「貴族」
集団により構成されています。
この「貴族院」とは名誉職的な存在ではなくれっきとした権力機関です。

イギリスという国は先進国でありながら、なぜこんな時代遅れ的な
政治システムが現代でも存続しているんでしょうか?

Aベストアンサー

 ちょっと気になったので…。

>(1)イギリスでは、「勲章」の次に名誉ある称号に「ナイト」(騎士)と呼ばれる地位があります。
 イギリスでは、

   勲章を貰う事 = 騎士団に所属を認められる = 騎士に成る

 例えば、イギリスの最高勲章のガーター勲章は、ガーター騎士団(Kights of the Garter)の一員になるという意味を持っており、一般に勲章と呼ばれる記章はその団員章で有ったりします。
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%8B%B2%E7%AB%A0

>ナイトは、言ってみれば、王室の親衛隊を意味します。
 例えば、我が国の元首たる今上陛下を始めとした歴代の天皇(明治~昭和天皇)もガータ騎士団の一員だったりするのですが…。

 ナイトの語源自体が騎乗して戦う戦士たるcavalier(キャヴァリアー)[フランス語での騎士を示すchevalier(シュヴァリエ)と同語源]とは異なる物ですし…。

>そうした人々は、いまだに「貴族」と呼ばれています。
 騎士はイギリスの法律で貴族では有りません。なお、騎士の上の階級とされる準男爵も含めて、貴族でないと規定されています。
 (所謂ジェントリ階級、近代イギリスを舞台にした映画や小説で、紳士淑女が集まった場所でよく言われる「レディ アンド ジェントルマン」と言う掛け声のジェントルマンと言うのが彼等、騎士及び準男爵階級あるいは称号は無いが資産を持っている男性に対する呼称です。[レディは侯爵夫人以下の地位の女性に対する物])

 ぶっちゃけ貴族院に議席を持つと言う事が貴族の最低条件です。
 (世襲・一代貴族を含め男爵以上の階級)

>「貴族院」は、そうした「貴族」たちの意見を反映する場所であり、貴族ではなくても「多額納税者」の代弁者としての地位を得ているのです。
 イギリスでは、大日本帝国の貴族院と異なり「多額納税者」は参加できませんし、世襲貴族であっても資産家はあまり居ません。

 先祖の財産(手放す者も多い)や貴族としての体面を維持するのに汲々としているのが現状です。(平日はサラリーマンやってて、庶民の上司にどやされてる貴族の当主も多い。)

 まあ、ノブレス・オブリージュ[高貴なる者の義務]を果すべく第1次大戦や第2次大戦で貴族の子弟が大量戦死して、廃絶した所も多いせいですが…。

 現在の貴族議員742名中、世襲貴族は92名しか居ませんので本当の意味での貴族の意思反映機関として貴族院が成立しているとはいえませんし…。

 ちょっと気になったので…。

>(1)イギリスでは、「勲章」の次に名誉ある称号に「ナイト」(騎士)と呼ばれる地位があります。
 イギリスでは、

   勲章を貰う事 = 騎士団に所属を認められる = 騎士に成る

 例えば、イギリスの最高勲章のガーター勲章は、ガーター騎士団(Kights of the Garter)の一員になるという意味を持っており、一般に勲章と呼ばれる記章はその団員章で有ったりします。
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%8B%B2%E7%AB%A0

>ナイトは...続きを読む

Q日本とイギリスの歴史的相違

 日本とイギリスはどちらも君主制の島国で、歴史が長いところは似ていると思いますが、19世紀終わりまでどちらも複数の王国(又は藩)に分かれており、最高権力者はその盟主という位置付けだったと思います。でも、一方は廃藩置県によって完全に中央集権化が図られた一方、もう片方はウェールズとかスコットランドなどが残っていたりします。どちらがいいのかという議論は別として、なぜこうなったのか理由がわかる方は教えていただけないでしょうか。ウェールズ人・スコットランド人は地域のアイデンティティが強いといいますが、日本だって古くは薩摩藩、現在でも名古屋人など、それらに負けず地域への愛着を強く持っている人はたくさんいると思います。

Aベストアンサー

既に回答された方とダブる部分も結構あるのですが、英国史は自分の一番得意な分野なので、回答させて頂きます。長文になりますが、ご容赦下さい。

歴史的に見ると、ウェールズは、イングランドがノルマン人によって征服された直ぐ後の11世紀末ぐらいから、ノルマン人の侵入が始まり、13世紀後半には、エドワード1世により一応征服されます。一応と言ったのは、ウェールズ系のPrince of Walesが倒され、ノルマン系・ウェールズ系を問わずすべての領主がイングランド王の支配下に、明確に入ったというだけで、支配者層が全部代わった訳ではないからです。その後、散発的に反乱はありましたが、15世紀初めのOwain Glyn Dwrの大規模な反乱を最後に、独立への動きはなくなります。しかし、領主はノルマン系になっても、その下の階層は、言葉の問題もあり、混血によって事実上ウェールズ人と区別がつかなくなったノルマン人や、ウェールズ人によって占められ、この階層が、イングランド風の文化を受け入れつつ、一般ウェールズ人を直接的には支配し続けます。ですから、一般人のレベルには、相続にあたってイングランド法が適用されるなどの面で大きな影響があったのは事実ですが、一般人の文化&生活までイングランド化された訳ではありません。
その後、ヘンリー八世により1536年に正式に併合されますが、上記のような、社会の上層だけイングランドの影響を強く受ける、という社会構造は長く続き、一般人のレベルまで、イングランドの影響が強く及ぶようになったのは、18世紀後半の産業革命期にイングランドからの移民が大量に入ってきてからです。。

スコットランドは、エドワード1世による一時的な征服はありましたが、基本的にはずっと別の国であり続けました。17世紀初めにジェームズ6世がイングランド王ジェームズ1世となった時も、これは一人の王が、二つの王位を兼任しただけです。市民革命期でも、スコットランドはプロテスタントの中の長老派が優位を占め、イングランドの王党派とピューリタンと、微妙な駆け引きが行われ、明らかにイングランドとは別の動きをしました。18世紀初めに、両国の議会が一つになり、正式に連合しました(征服されたのではない)が、法的体系は維持され、いまでも、民事裁判では最高裁の役割を果たす英国貴族院は、スコットランドの案件にスコットランドの法律を適用しています。

以上を纏めると、スコットランド・ウェールズ・イングランドは、それぞれ独自の長い歴史を持ち、その中で異なる「民族意識」が醸成されていった一方で、ウェールズのイングランドによる征服は、主に社会の上層部に強く働き、一般人の文化・社会生活は、引き続き独自の発展をしたし、スコットランドに至ってはそもそも征服されたわけではないので、無理矢理イングランドの文化を一般人にまで押し付けられるはずも無く、その結果、現在に至るまで「別の民族」「別の国家」という意識が強く残っている、と考えられます。但し、現代になり、テレビ・ラジオなどの影響で、独自の言語を第一言語とする比率は急速に減っています。その意味では、一般人まで強くイングランド化が働くようになったのは、どちらかというと新しい話です。

日本との比較で言えば、そもそも別の国・別の民族としての長い歴史を持っている別々の「民族」もしくは「国」が政治的に連合・併合した結果なので、そこが最大の違いだと思います。また、イングランドにとっても、政治的に統一されている限りは、国家が強制的に文化・社会生活面まで統一する必要もありません。
同じ島の中に、異なる民族的集団が存在する事自体が、「別の民族」としての意識を残存させている、とも言えると思います。(「民族意識」自体、違う集団との接触がないと生まれませんから)

ウェールズやスコットランドの、別の「国」としての特徴をあげておくと、
1.法体系では、既に述べた通り、スコットランドとイングランド&スコットランドは、かなり違いがある。専門家ではないので詳述しないが、スコットランドは、ローマ法の伝統を受け継ぐ大陸法の影響を強く受けている事。

2.政治では、スコットランドもウェールズも、英国全体の議会とは別に、1999年の地方分権で、独自の議会を持つようになり、スコットランドでは立法権と若干の徴税権(所得税率の基本税率を少しだけ変えられる)を持っている。(ウェールズでは、そのどちらもなく、中央で決まった予算の執行に関して責任を負うだけ。)

3.民族的集団については、元々は、ウェールズはブリトン人、スコットランドは、民族系統がはっきりしないピクト人、南部のブリトン人に、古代末期~中世初期に移住してきた、アイルランドからのゲール人、大陸からのアングル人、イングランドは、先住のブリトン人に、同じく移住してきたアングロ・サクソン人、北欧からのいわゆるバイキング(註:3カ国とも、支配者としてのノルマン人は入ったが、比率としてはごく少数)
とそれぞれ別の集団から構成される。もちろん、元々は、という事であって、長い間に混血が進み、今は、個々人が、名前等で元々の集団が区別可能な事があるだけで、地域毎の濃淡はあるにせよ、基本的にはスコットランド人といった集団にまとまっている。

4.独自の言語として、ウェールズは、ケルト系のブリトン語(現在のウェールズ語)、スコットランドには、アイルランドから入ったケルト系ゲール語と、アングル人が持ち込んだゲルマン系のスコットランド語がある。(但し、スコットランド語については、元々は英語と同系統なので、英語の方言と考えられる。)
但し、第一言語として話す人の比率が僅かになっているのは既述の通り。(ゲール語はほぼ『絶滅』状態)

5.宗教(宗派)
宗教改革期とその後の革命期の影響で、英国では宗派と政治が密接に結びついたので、政治面でも多数派と呼ぶべき宗派があるが、イングランド&ウェールズは国教会、スコットランドは長老派。またウェールズは、少数派としては、メソジストやパプティストが多いのが特徴。

6.集団への帰属意識について
これは、私自身の経験に基づくものだが、スコットランド人やウェールズ人にとっては、ドイツ人、フランス人という区別と同じレベルで、スコットランド人とイングランド人を区別する。もちろん、BritishとFrenchやGermanという区別をする時もあるが、日常的にはスコットランド人、イングランド人、ドイツ人というレベルの区別の方が優勢。

という訳で、ラグビーでSix nations Championship(6カ『国』対抗戦)があり、サッカーでもそれぞれ別に代表チームを作り(プロ・リーグも別)、スコットランド人、ウェールズ人、アイルランド人に対してEnglishと呼びかける事は、「侮辱、どんなに控えめに言っても鈍感」(私が持っている本曰く)とされているのだから、私は、我々が普段使う意味とは違いますが、「国が違う」と考えるべきだと思っています。

最後に、他の方の回答をみてちょっと考えた事を書いて終わりにします。
ローマは、イングランドとウェールズを支配下に置きました。アイルランドには、全く侵攻していないか、あるいはしたとしても非常に狭い地域だと思われます。イングランドだけがローマに支配されたわけではありません。
また、ローマ撤退後は、キリスト教などのローマ文化が残ったのは、イングランドではなくむしろウェールズで、イングランドも、その後の、いわゆるバイキングの進入で、北東部(”デーン・ロー”)には文化的にも経済的にもデーン人の影響が長く残りました。ローマの影響よりも、歴史的にはデーン人の影響の方が重要です。ローマの影響をもって、イングランドとそれ以外を分けるのは無理でしょう。

イングランドでも日本でも、王から与えられる領地は、基本的には世襲で、反逆とかがなければ代々相続されて行く訳ですが、領地の場所は、かなり国内各地に散らばっていました。(江戸時代は、日本でもむしろ例外的。また、江戸時代でも、初期には、大名対策もあり、改易・領地替が多かったが、それ以外は相対的にはかなり安定的。)まして、ウェールズやスコットランドの大部分が、特定の一人の領主によって領有されていたなんて事はありません。イングランドの大貴族は、日本の鎌倉時代の武士の領地のように、かなり散らばった場所に領地を持っていました。
ですから、領主の個性と地域の個性の関係は、ほとんど考えられません。(もし、そうだったら、ものすごく斑模様の地域の個性になってしまいます。)

既に回答された方とダブる部分も結構あるのですが、英国史は自分の一番得意な分野なので、回答させて頂きます。長文になりますが、ご容赦下さい。

歴史的に見ると、ウェールズは、イングランドがノルマン人によって征服された直ぐ後の11世紀末ぐらいから、ノルマン人の侵入が始まり、13世紀後半には、エドワード1世により一応征服されます。一応と言ったのは、ウェールズ系のPrince of Walesが倒され、ノルマン系・ウェールズ系を問わずすべての領主がイングランド王の支配下に、明確に入ったというだけで、支...続きを読む

Qなぜ日本では選挙時個別訪問ができない?

今イギリス・スコットランドで独立の是非を問う住民投票が行われている。
賛成・反対両派とも、各世帯を個別訪問して最後の追い込みをしている。
イギリスやアメリカでは認められている選挙時個別訪問活動が、日本では法律で禁止されている。
なぜ日本では禁止されているのだろうか?

Aベストアンサー

これは旧くから論争されている問題です。

判例も出ていますが、禁止する理由は
買収や利益誘導の怖れがあるから、と
いうものです。

これを肯定する学者は、情緒的な日本人は
情に絡めて説得されると弱いので、と説明
しています。

しかし、多くの学者は反対しています。
買収や利益誘導の怖れがあるなら、買収や利益誘導
そのものを取り締まればよいのであって、戸別訪問を一律に
禁止するのは、最小限度の制約しかできない、
という憲法原則に違反するとしています。

Q世界で一番長い歴史をもつ君主は日本の天皇でしょうか

世界で一番長い歴史をもつ君主は日本の天皇でしょうか?

たしか、天皇は紀元前700年、つまり2700年前に神武天皇が初代で
現在の平成(今上天皇は125代)のはずですが・・・


あと英国 エリザベス女王は国民からの信頼が絶大ですが何故、
これまで絶大されるるのでしょうか?

Aベストアンサー

間違いなく日本です。
天皇が君主かどうかは現在も多くの議論がされてますが元首と言っても問題ないと思います。
首相というのは天皇が任命書を渡して政治を委任してるんですよ。
立場的には天皇が上。天皇は政治の実務権がないだけです(この点で一般的な元首とは異なりますが)。
「天皇が日本の象徴」ということは「日本国家そのもの」ということです。
天皇は海外では日本の皇帝だと認識されてます。
天皇家が途絶えることなく続いている日本が一番長いですよ。

かつて元首は総理か天皇かの質問がありましたよ↓

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211455817


人気Q&Aランキング

おすすめ情報