最近、銀英を読んでないなーと思い改めて読みなおしているのですが、確か銀英伝の外伝は6巻まで出る予定だったように記憶しています。

(どこで読んだか忘れましたが、田中芳樹さんのコメントとしてみたような?)やっぱり後、数年待たないと読めないのでしょうか。

何かご存知の方は教えてください。

A 回答 (2件)

銀英伝書いていた頃はアルスラーンを含めて半年に1冊くらいしか書かない作家だったので最近たくさん仕事をしすぎて手が回らないんじゃないかと勝手に思っています。

創竜伝が久しぶりに復活したので銀英外伝もそろそろ1冊くらい書いてくれてもいいんじゃないかと思いますよね!
まあ、気長に待つしかないんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱそうですよね。でも、わがまま言うと明日突然本屋に並んでるとうれしいなぁ。でも、それは叶わぬ夢。おっしゃるように気長に待ちます。

お礼日時:2001/10/26 16:42

ご希望の回答にはならないのですが・・・。


私の持っているのは新書版ですが、第10巻の巻末のあとがきの中で

「・・・外伝は全部で六冊分。それでおしまいにします。いわばこれが
「別荘」ということになるでしょう。別荘が本宅より大きくなるのも奇妙な
ものですから」
と著者が書いておられるのですから、ご記憶に間違いありません。
ちなみに私の周辺では「銀英伝の影の主役はブラウンシュヴァイク公だ」
という説が一般的です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おおう。やはり思い違いではなかったんですね。すっきりしました。「銀英伝の影の主役はブラウンシュヴァイク公だ」良い線いってます。忘れられませんメルカッツに言った、あの「確か卿には娘がおったな・・」と言うセリフが・・

お礼日時:2001/10/30 13:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀河英雄伝説の外伝は何巻あるのですか?

銀河英雄伝説
田中芳樹著

徳間書店の版で外伝は何冊あるのでしょう?
新しくあとからでたイラスト多用のほうではなく
最初の版です。
私は4巻とおもっていたし、タイトルをネットで検索して確認したところ4巻のタイトルが最終巻みたいだったのですが、
本編の最終巻10巻で、著者が外伝は6冊分、、、とあとがきでかかれていたので
私の知らない残りの2冊があるのかととっても気になります。
なにぶん、昔の本ですがどなたかご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

田中さんも、かなりいいかげんな人ですからね~。
ちゃんと自分で書いたことくらいは実行して欲しいですね。
外伝は4巻で終わってます。
次を書く気はまずないでしょう。

15年来の読者ですが、田中先生にはもう少しちゃんと書いて欲しいと常々思っています。

銀河英雄伝説は終わったので、アルスラーン戦記と創龍伝の続編を待っているんですが、全然書いてくれません。
初期のころは定期的に出していてくれたんですが、今では3~5年くらいは平気で空きます。
最近ではもうあきらめモードです。

今の田中先生は好きな中国歴史モノばっかりで、過去の未完結の作品なんて興味はないようです。

Q昔読んだ本ができたらもう一度読みたいです!

中学のときシリーズで読んだと思うのですが、ニューヨークやシカゴといった都市全体が宇宙を旅していて、主人公は確かニューヨークの市長で、最後に降り立った惑星で、「人類の住むところが地球なのです。」といったような記憶があります。ハヤカワ文庫だったのですが、暇ができたのでもう一度読みたいなと思っています。

Aベストアンサー

 今晩は。何日か前にサンリオの文庫版に関する質問が有って、ここにも自分を含めて少なくとも3人はSF読みがいることが判りました。その時に回答していた人はかなり読んでいますね。そちらに1日遅れで回答しようとしたら、既に締め切られていたので私は参加できませんでした。
 さて、質問の作品は、ジェイムズ・ブリッシュの宇宙都市シリーズですね。これは全部で4作から成っていますが、第1部「宇宙零年」は舞台が木星で、ここではまだニュー・ヨークは出て来ない筈です(いやぁ、私も読んだのはもう20年も前のことなんで・・・恐縮)。次からは最終巻までニュー・ヨークが出てきますが、今度は果たしてそのどれに質問の文章が有るのやら・・・(^^;
 シリーズの中では第3部「地球人よ、故郷に還れ」が最も有名ですが、私としては第1部が一番良かったですね。尚、第2部は「星屑のかなたへ」、第4部は「時の凱歌」で、質問に有る通り早川書房の出版です。SF史上の傑作の一つですからまさか絶版ということはないでしょう。それでは。

Q普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オ

普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オススメの本はありますか?教えてください!

Aベストアンサー

このテーマは、本当に本当に難しいです。
おいしいお店教えてもらう、または、いいミュージシャンを教えてもらうことより難しいです。
そう言える理由は、私が読書ガイドでさんざん失敗してきたからです。
本の紹介本を読んで、私なりに「これはいいかも!」と思って買っても、当たる確率は5%くらいでした。
こうなる理由は、人によって興味の持ち方がまるで違うからです。
それでもお薦めできる方法を挙げてみます。
① ネット検索をしていると、その分野で「この本は、お薦めですよ」と薦められていることがあります。
その本をAmazonのレビュー数を見て、数が多ければ当たる確率は、ある程度高いと思います。
それだけ注目されているということです。
ただ、あまりにも酷評が多いのは、危険です。
② BOOKOFFの¥108~¥200のコーナーで選んでくれば、外れてもお金の損失は少なくて済みます。

Q確か、「クリスマスイブ」という猟奇的な本

5年ほど前に人から借りた本で、多分・・・なのですが「クリスマスイブ」というタイトルの本を知りませんか?

クリスマスイブに仕事仲間の男女が知り合いの別荘に遊びに行くんです。
そうしたら、先に来ていた夫婦が惨殺されていて(確か奥さんは駐車場でシートをかけられていたような。。)
途中から知り合いの男性が混ざり、近くの別荘の男が殺人を犯したのを見たと。

駐車場の車はすべて使えなくされて、逃げるには犯人の男の車を奪わなければならないという状況でした。

他の別荘にいた男性も巻き込み、全員で交代しながら犯人の隙を狙います。
しかしその別荘の男性は、犯人に頭を斧で割られてしまい・・・。
途中で混ざった知り合いの男性も、車で撥ねられ体が真っ二つに折れてしまうという内容だったと思います。

うろ覚えなのですが、作者の名前に「一人」とついていた気がするんです。
でも検索してもヒットしません。。

説明が下手で申し訳ないのですが、、ご存知の方いるでしょうか?

Aベストアンサー

岡嶋二人の「クリスマス・イヴ」だと思います。
講談社文庫から出ています。

Q高田嵩史の『鬼神伝』

高田崇史氏の『鬼神伝 鬼の巻』を読みました。
そのあとがきで、“わたしが子どもだったころ「小学生の巻」”という話は、暗号になっていると、高田氏が書いてありますが、解けた方いらっしゃいますか?
全然分かりません…。(-_-;)
暗号の意味教えてください!

Aベストアンサー

はじめまして、こんにちわ。
私も最初全然わかりませんでした。
難しいこと考えすぎて、かなりの時間にらめっこしてました(笑)

さて、本題の暗号ですが…鬼神伝の目次に隠された暗号(?)の応用です。
目次の一番最初の文字を拾っていくと…。
それと同じように、あとがきの最後の文字を右から順に拾っていくと……高田さんからのメッセージが読み取れますよ(^-^)


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報