古文で「ぱぴぷぺぽ」を見た記憶がありません。
「いろは歌」にも出てきません。
とすれば明治になって使用するようになったものでしょうか?
それとも発音をしていたけども、文字として表記していなかっただけなのでしょうか?
「出発」は「しゅったつ」と発音していたのを明治になって「しゅっぱつ」と発音するようになったのでしょうか?

「ぱぴぷぺぽ」の歴史を教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

ご存知かもしれませんが、


日本語の「ハヒフヘホ」が現在のような発音になったのは、江戸時代で、その前は、「ファフィフフェフォ」のような発音で、その前(上代、中古以前)は、「パピプペポ」のような発音だったのです。

古文に出てくる「はひふへほ」は、実際には、「パピプペポ」または、「ファフィフフェフォ」のように発音されていたのですよ。面白いですね。
そのときは、パピプペポもハヒフヘホも区別がなかったわけなので、当然に書き分けられないのです。

江戸時代になって、「ha hi he ho」と全く違う音に変わったので、書き分ける必要が出てきました。
キリシタン宣教師の使った辞書の中に、字の右肩に「〇」を付けてパピプペポのように記したのが、書き分けの最初ではないかと言われています。

パピプペポの出てくる例は限られていて、
1)外来語: ハッピー ピアノ
2)漢語で撥音、促音の後: 出発 反発
3)和語で、擬音語・擬態語: ぷっつりと ぱったりと ぷよぷよ ぱらぱら
4)上接語の後: まっぴるま すっぱだか

などの例ですね。

そうだ、別な面から。

香港は、Hong-kongですよね
昔の日本人は、hの音がよくわからなかったのでkの音だと思った。ngの音もわからなかったので、ウに聴こえた。
だから、日本人は、「香」を「kou」と発音した。
確かにそうですよね?
そう、日本語には、江戸時代まで、hの発音はなかったのです。

説明がわかりにくかったら、また質問の補足お願いします^^
    • good
    • 3

半濁音は中世後期(室町以降?)以降に書き文字として出現したようです。



参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~mq9k-ymst/KYkobun/sa …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング