古文で「ぱぴぷぺぽ」を見た記憶がありません。
「いろは歌」にも出てきません。
とすれば明治になって使用するようになったものでしょうか?
それとも発音をしていたけども、文字として表記していなかっただけなのでしょうか?
「出発」は「しゅったつ」と発音していたのを明治になって「しゅっぱつ」と発音するようになったのでしょうか?

「ぱぴぷぺぽ」の歴史を教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご存知かもしれませんが、


日本語の「ハヒフヘホ」が現在のような発音になったのは、江戸時代で、その前は、「ファフィフフェフォ」のような発音で、その前(上代、中古以前)は、「パピプペポ」のような発音だったのです。

古文に出てくる「はひふへほ」は、実際には、「パピプペポ」または、「ファフィフフェフォ」のように発音されていたのですよ。面白いですね。
そのときは、パピプペポもハヒフヘホも区別がなかったわけなので、当然に書き分けられないのです。

江戸時代になって、「ha hi he ho」と全く違う音に変わったので、書き分ける必要が出てきました。
キリシタン宣教師の使った辞書の中に、字の右肩に「〇」を付けてパピプペポのように記したのが、書き分けの最初ではないかと言われています。

パピプペポの出てくる例は限られていて、
1)外来語: ハッピー ピアノ
2)漢語で撥音、促音の後: 出発 反発
3)和語で、擬音語・擬態語: ぷっつりと ぱったりと ぷよぷよ ぱらぱら
4)上接語の後: まっぴるま すっぱだか

などの例ですね。

そうだ、別な面から。

香港は、Hong-kongですよね
昔の日本人は、hの音がよくわからなかったのでkの音だと思った。ngの音もわからなかったので、ウに聴こえた。
だから、日本人は、「香」を「kou」と発音した。
確かにそうですよね?
そう、日本語には、江戸時代まで、hの発音はなかったのです。

説明がわかりにくかったら、また質問の補足お願いします^^
    • good
    • 3

半濁音は中世後期(室町以降?)以降に書き文字として出現したようです。



参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~mq9k-ymst/KYkobun/sa …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q係助詞「やは」「かは」の発音(古文)

「やは」は、YAWAと、「かは」は、KAWAと、発音するかと思っていたのですが(語中・語尾のハ行音は、ワ行音になる)、YAHA,KAHA,と発音する・・・・というような説を耳にしましたことがあります。そういえば、学校でも、そう発音していた先生がいたような気がするのです。「やは」「かは」はもともと、「や」「か」「は」の語がそれぞれ、くっついたものなので、二語と判断するから、とかいうのですが。

「やは」「かは」は、どうで発音するのが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<「やは」は、YAWAと、「かは」は、KAWAと、発音するかと思っていたのですが>

それで結構です。


ご質問2:
<もともと、「や」「か」「は」の語がそれぞれ、くっついたものなので、二語と判断するから、とかいうのですが。>

おっしゃるとおり、二語がくっついたものです。

1.「やは」:

(1)以下の2つの文法的区別があります。

1)終助詞「や」+係助詞「は」の接続とし、全体を「終助詞」と考える場合
2)係助詞「や」+係助詞「は」の接続とし、全体を「係助詞」と考える場合:

(2)どちらも以下の用法・意味を表します。

1)「や」は疑問を表し、「は」は他の物と対比して提示し、叙述を強める用法です。
2)意味は「~か?」という疑問の意味になります。
3)また、反語を表す用法で「~だろうか、いや~ない」という意味になります。

2.「かは」:

(1)以下の2つの文法的区別があります。

1)終助詞「や」+係助詞「は」の接続とし、全体を「終助詞」と考える場合
2)係助詞「や」+係助詞「は」の接続とし、全体を「係助詞」と考える場合:

(2)全体を終助詞ととらえる場合は、

1)反問の意を表すのに用います。
2)意味は「~か、いやそうではない」となります。

(3)全体を係助詞と捉える場合は、
1)感動しながら疑う意を表し、意味は「なぜ~なのか」となります。
2)反問の意を表し、「~ではないか」となります。

3.同じような係助詞との接続からなる係助詞「ては」「には」「ずは」「をは」などがあります。

この時、「ずは」「をは」は「ZUBA」「WOBA」と読みますし、仮定形の「は」がつく場合に「願はくは」などの「は」を「BA」と発音します。

4.そういった発音の便宜的使い分けから、「やは」「かは」の発音が「YABA」「KABA」と混同されて発音されることはありますので、そこから「YAHA」「KAHA」になる、という説が出てきたのかもしれません。

5.しかし、かなり以前(平安時代)から「かは」「やは」は御指摘のように「KAWA」「YAWA」と発音されているようですから、思っておられる通りの読み方で問題ないでしょう。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<「やは」は、YAWAと、「かは」は、KAWAと、発音するかと思っていたのですが>

それで結構です。


ご質問2:
<もともと、「や」「か」「は」の語がそれぞれ、くっついたものなので、二語と判断するから、とかいうのですが。>

おっしゃるとおり、二語がくっついたものです。

1.「やは」:

(1)以下の2つの文法的区別があります。

1)終助詞「や」+係助詞「は」の接続とし、全体を「終助詞」と考える場合
2)係助詞「や」+係助詞「は」の...続きを読む

Q「水面(みなも)」「今宵(こよい)」など、古文で習うような言葉を教えてください。

タイトルに書いたような言葉や、「夕月夜」などといったような
雅語的表現の単語にとても魅かれます。
そのような言葉が載っている本やサイトがあれば教えてください。
言葉の使い方(文法)なども載っていると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

山下 景子『美人の日本語』
山下 景子『美しい暦のことば』
↑この著者のメルマガ
センスを磨き、幸せを呼ぶ~夢の言の葉~
↑この著者のブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/yumenokotonoha/

道行 めぐ『きれいを磨く美しい日本語帳』
河出書房新社編集部『やまとことば―美しい日本語を究める』
倉島 長正『日本人が忘れてはいけない美しい日本の言葉』
日本語倶楽部『死語にしたくない美しい日本語』
小学館辞典編集部『美しい日本語の辞典』
林 義雄 『やまとことばワンポイントレッスン』
 …
しかし、わたしの一番のおすすめは、読書しながらの収集です。
万葉集、古今和歌集などの歌集、俳句や季語集、近現代の小説などを読みながら、ノートに書き留めるようにするとノート1刷くらいあっという間です。こういう目的があると読書も進むので、一石二鳥です。
雅語は唱歌や1950年代頃までの歌謡曲などにあふれています。少し古めの翻訳海外小説もけっこう拾えます。
ま、もっとも確実なのは国語辞典、古語辞典を読むことですね。

山下 景子『美人の日本語』
山下 景子『美しい暦のことば』
↑この著者のメルマガ
センスを磨き、幸せを呼ぶ~夢の言の葉~
↑この著者のブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/yumenokotonoha/

道行 めぐ『きれいを磨く美しい日本語帳』
河出書房新社編集部『やまとことば―美しい日本語を究める』
倉島 長正『日本人が忘れてはいけない美しい日本の言葉』
日本語倶楽部『死語にしたくない美しい日本語』
小学館辞典編集部『美しい日本語の辞典』
林 義雄 『やまとことばワンポイントレッスン』
 …
し...続きを読む

Q【日本語】昔の「い」と「ゐ」、「え」と「ゑ」は同じ発音だったので昭和28年に統合されたと言うが、同じ

【日本語】昔の「い」と「ゐ」、「え」と「ゑ」は同じ発音だったので昭和28年に統合されたと言うが、同じ発音なら別表記にする必要はなかったので昔の人はいとゐ、えとゑの発音は変えていたのでは?

そうでないとどっちのいかえか分からなかったはず。

同じ発音だから統合したという歴史認識は間違いでは?

Aベストアンサー

「ゐ」は「ぅい」、「ゑ」は「ぅえ」と発音します。
ただの「い」「え」とは発音の仕方が少し違いますが、
話していてもさほど差がないので、「ほぼ同じだから」という理由で統合されたのでは?

Q古文の「候ふ」の訳語 「仕える」と「伺候する」

 教えて頂きたいことがあります。
 古文単語で「候ふ」の訳語に「仕える」と「伺候する」があると思いますが、
これらの文脈による使い分けはあるのでしょうか。
 あと「伺候する」とは「仕える」とどのような点がちがうのでしょうか。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この二つの訳語には使い分けがあります。

「伺候する」は難しい言葉ですが、これを言い換えた「おそばに控える」という訳し方もあるように、主人のそばに「いる」ことです。
つまり、ある特定の場面で主人に奉仕するために主人の部屋(または、部屋のすぐそば)にいることで、具体的に「ある日ある時おそばに控えている」場合に使えばよいのです。
(わたしは「伺候する」は言葉が難しいので普通は「おそばに控える」という訳を使っています。)

これに対して「お仕えする」は、主人に奉仕する「立場にある」ということです。
だから、「だれかのお世話をする仕事をしている」場合に使います。
つまり、「ある日ある時」という特定の場面でなく、「継続的な期間」のことをまとめて述べる場合に使えばよいということです。

Q「あ」という発音と「あっ」という発音

「あ」という発音と「あっ」という発音は何が違うのでしょう。
聞いて区別できるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

「あっ」(の後ろに音が続かないとき)の発音では,母音[a]の後ろに声門閉鎖音(発音記号では[?]に似た字)が起こります。声の振動を起こす声帯が閉じることによって気流を遮断する音で,「あっ あっ あっ」とつなげて発音したり聞き取ってみると声門閉鎖音が判りやすいかもしれません。

ただし,この音が語尾にあるかないかが日本語における音韻的な区別にはなっていないので,「あ」のとき必ず声門閉鎖音がなく「あっ」のとき必ずあるとは言えないかもしれません。「あ」と「あっ」の表記としては,音声的な違いより書き手の意図の違いが表されている可能性もあると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報