般若心経ですが、このお経にはどんな意味が込められて
いるのでしょうか?あと、どんなときに唱えるものなのでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一般人なので、参考文献を元にした私なりのまとめと解釈を申します。


(専門的なこと・正確なことは宗教家にお尋ね下さい)
「般若心経」は、「空」、「執着心から解放された自由な心の境地」について書かれたものだそうです。また厄除けとしても信仰されてきたそうです。
(参考文献1:「面白いほどよくわかる仏教のすべて」/金岡秀友 監修/日本文芸社)
正式名称は「まかはんにゃはらみつたしんぎょう」(漢字は正しく変換できないものがあったので略)といい、彼岸(浄土)の境地に至る偉大なる知恵というような意味らしいです。般若心経は「大般若経」の600巻もあるお経のエッセンスを266文字にまとめてあり、大乗仏教の真髄が含まれているのです。(参考文献2:「痛快!寂聴仏教塾」/瀬戸内寂聴 著/集英社)
用途に関して、私的な解釈では、それを唱えたり、写経することで、「空」の境地に至る又は近づくことで、苦しみ・悲しみから解放されるということでしょう。
他にも私なりに伝えたいことがありますが、長くなるのでこれくらいにします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく解説、ありがとうございます。なんだかとても奥の深いお経なんだなあとおもいました。自分なりに勉強したいと思います。

お礼日時:2001/10/26 00:37

私個人の理解としてですが、精神の状態を説いているお経で、精神と宇宙(空)の融合を説いているものと理解しています。

(ひとことで言えば、心の開放)
一個人としてのパーソナルは生きている間、人という仮の姿に宿っているが、それは宇宙の一部としての仮の姿に過ぎない、心の内を解放することでそれが解かるのですよ、といわれているような気がします。
変に思うかと思いますが、ユングの深層心理の話と非常に近い話を説いているように思うのです。
また、法華経と対になっているような気がするのは私だけかな?
唱えるときですが、いつどんなときに唱えてもおかしくないお経だと思います。

私が昔から読んでいる本は
般若心経は
工作社・プラネタリーブックス・松岡正剛著「般若心経を読む・言語物質論ろ」
法華経は
講談社文庫・石川英輔著「未来妙法蓮華経」
残念ながら両方とも絶版ですので、興味があれば古本屋さんで探してみてください。

参考URL:http://www6.plala.or.jp/bungen/fairyA/fairy-a4.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。お経ひとつにしても、そこから様々な事柄へと繋がっていくものなのですね。般若心経にもっと興味がわきました。覚えていこうと思います。

お礼日時:2001/10/26 00:34

般若波羅蜜多(はらみた)心経といって、般若は[知慧]、波羅蜜多は[到彼岸、さとりに到達するための]の意で、大乗仏教の究極の境地に到るための知慧について説かれた経典です。



参考URLに詳しく載っています。

参考URL:http://www.e-sogi.com/arekore/kyo1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。参考にさせていただきますね。

お礼日時:2001/10/26 00:38

「般若心経」について、類似の質問がありました。


参考URLをクリックしてください。

ご参考まで。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=156475
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/10/26 00:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浄土真宗では、般若心経を唱えていけない理由

母方の宗旨が浄土真宗なのですが、般若心経は唱えてはいけないと聞いています。なぜダメなのでしょうか。

Aベストアンサー

jun95さん、今日は。

私が調べてみた所では、智慧と行に因って煩悩を断ち切ろう、と教え諭す般若心経に対して、浄土真宗の
教えは、一切の計らいを捨てて、阿弥陀如来の力に任せて、其れに因って救われる、という物だそうです。

従いまして、浄土真宗の人間が般若心経を上げる事は、却って、阿弥陀如来の
力を否定する事に為る為、浄土真宗で般若心経を上げる事は無い、との事です。

もう少し深いお話に為りますと、以下のサイトに詳しい説明が為されてい
ましたので、宜しければ、御覧下さい。2001年12月11日掲載分です。

参考URL:http://www2.big.or.jp/~yba/QandA/

Q般若心経はすべての宗派でもよいと思っていたのですが…

日蓮宗だけはちがうのでしょうか?
写経を納経したいのですが…

そして~
法華経を写経したいのですが、日蓮様が祭られている、〈例えば池上本門寺など〉でお経を購入できるのでしょうか?

Aベストアンサー

一般に写経といえば、般若心経といわれるように、京都の大覚寺などに書写のため訪れる人は年間に相当数に及びます。
般若心経を唱える宗派は、古くは奈良時代の南都仏教から、空海、最澄が伝えた密教(真言宗、天台宗)に加え、いわゆる禅宗三宗といわれる臨済宗、曹洞宗、黄蘗集などです。
しかし日蓮宗、浄土宗、浄土真宗といった鎌倉仏教諸派は、拠り所としている経典が違うため般若心経を唱えることはありません。
私は個人的に浄土真宗(門徒)ですが、同宗は浄土三部経といわれる阿弥陀経を中心とした経典を称えます。また日蓮宗は法華経を根本に据えるはずですね、
それらのお経の据え方の違いの大きくは、その時々の時代背景によるものとだけ申し上げておきます。
ただ、浄土真宗開祖の親鸞上人も日蓮宗開祖の日蓮上人も修行時代はどちらも比叡山(天台密教)に教えを請い、その遍歴の中から衆人の救済のために自らの解釈をお説きになったものと考えます。
お経とはそもそも、釈迦の言葉をお弟子さんたちが書き残したものです。
般若心経は数ある経典のなかでも、人々が生きるための知恵を纏めた大般若経600巻といわれる大経典のエッセンスといわれ、最も短く、もっともありがたいお経といわれています。
もちろん、上記の二大上人も勉強しているはずですし、称えているのは仏教に限らず神道の在家の方々も称えるそうです。
古くは、後奈良天皇の時代、世に疫病がはやったため同天皇が自ら般若心経を書写して諸国の神社に奉納したという話もあるくらいです。
生きるための心理を説いているので何物にも妨げられないということでしょうか・・・
日蓮宗の解釈を理解もせず軽軽には申せませんし、日蓮宗のお寺に納経するのはどうかと思いますが、日頃、般若心経を写経することは構わないのではと私は思います。
また、それぞれの宗派のお経のポピュラーなものはどこでも売っていますが、法華経や阿弥陀経などは大変な量となりますので、功徳を積むには達成感もあろうかと思いますが、よくお考えになってはどうでしょうか。
以上、私の解釈として自信ありでご回答させていただきます。

一般に写経といえば、般若心経といわれるように、京都の大覚寺などに書写のため訪れる人は年間に相当数に及びます。
般若心経を唱える宗派は、古くは奈良時代の南都仏教から、空海、最澄が伝えた密教(真言宗、天台宗)に加え、いわゆる禅宗三宗といわれる臨済宗、曹洞宗、黄蘗集などです。
しかし日蓮宗、浄土宗、浄土真宗といった鎌倉仏教諸派は、拠り所としている経典が違うため般若心経を唱えることはありません。
私は個人的に浄土真宗(門徒)ですが、同宗は浄土三部経といわれる阿弥陀経を中心とした経典...続きを読む

Qドン引きって言葉の ”ドン” ってどんな意味ですか?

この頃の流行言葉にドン引きってありますが、”ドン” って如何な意味なんでしょうか?
語源を調べると ドーンって大きい擬音とか『欽ちゃんのドーンと行ってみよう』とか、映画撮影のズームアウトが語源とかありますが、定説が何か分かりません
どなたか知っていたらお教えください
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単なる強調の【ド】に語呂で、【ン】を付けただけでしょう。
語源など無いと思います。

強調の【ド】の事例
助平 → ドスケベ
真中 → ドマンナカ
尻  → ドンジリ
阿呆 → ドアホウ
欲  → ドンヨク

など‥

Qスーツって本来どんなときに着るものですか?

スポーツ選手が会見で着ていたり バスケやサッカーの試合で監督も来ていますが。

サラリーマンが着るものだと思っていますが そんな決まりはないんですか?

Aベストアンサー

スーツは男性の略礼装です。

なぜ、サラリーマン、一般的には営業職や事務職などの職種の方が、仕事にスーツを着ているのかを考えてみれば、答えは出ると思います。

Q帽子を脱ぐのはどんなときでしょうか

帽子をかぶって外出したとき、その帽子を脱がなければならないのは、
国家が演奏されたとき以外に、どういう場合があるのでしょうか。

Aベストアンサー

 西洋のマナーですが、男性と女性で違います。

 女性の帽子は、衣服と同じと解釈されますので、屋内でも、あいさつをする時でも、脱ぐ必要はありません。

 男性の場合は、屋内では脱ぎます。また、人に会った時は、帽子を取り、頭の上にかざす様に持ち上げてあいさつします。チャップリンの仕草を思い出していただくと分かりやすいですね。


 まあ、それはそれとして…、帽子をかぶるのがステイタス、マナーだった昔ならいざ知らず、ファッションの要素が強い現代なら、他の人から見て、失礼でなければいいのではないでしょうか。

 ファミレスなどで、キャップやニット帽をかぶったまま、お食事をしている人も、よく見かける様になりましたし、見慣れたせいか、さほど違和感も持たなくなってしまいました。高級レストランなら、また違うでしょうけれど、私には、縁のない所なので…。
 キャップ、ニット帽、ハンチングなどの、カジュアルな帽子なら、屋内でも脱がないのもアリ、です。
 ただ、映画の中のマフィアがかぶる様な紳士帽だったら、さすがに屋内では脱がないと変ですね。

 人に会った時に脱ぐかどうか、ですが、目上の方の時は、脱いだ方がいいでしょう。お友達だと、わざわざ脱ぐのは大げさですので、つばがある帽子なら、つばの前の部分をちょっとつまんで、頭を軽く下げる程度でいいでしょう。

 ファッションなので、失礼でなく、スマートでかっこよければ、いいと思います。センスが問われる所ですね。

 西洋のマナーですが、男性と女性で違います。

 女性の帽子は、衣服と同じと解釈されますので、屋内でも、あいさつをする時でも、脱ぐ必要はありません。

 男性の場合は、屋内では脱ぎます。また、人に会った時は、帽子を取り、頭の上にかざす様に持ち上げてあいさつします。チャップリンの仕草を思い出していただくと分かりやすいですね。


 まあ、それはそれとして…、帽子をかぶるのがステイタス、マナーだった昔ならいざ知らず、ファッションの要素が強い現代なら、他の人から見て、失礼でなければいい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報