会社(入社4年目)で貿易事務をしています。中小企業ということもあり、
入社した時から貿易事務を一人で担当しており、社内に実務について聞ける人が
おらず、困っています。
自社でL/Cを開設し輸入をしているのですが、銀行枠の関係もあり商社へ輸入を
代行してもらう場合もあります。先日、他社へL/C開設を依頼したのですが、その
商社ではL/C上で必要書類として、'beneficiary's certificate'を挙げておられました。自社では一度もそのような指定をしてL/Cを開設したことがなく、ベネサートを要求することにより、どのようなメリットがあるのかがよく理解できません。
船積はほぼAIR,one shipmentです。
どなたか教えて頂ければ、大変助かります。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私は綜合商社で30数年輸出入に携わってきましたがベネサートなる書類は初耳です。

なんについてのCertificate
でどんな様式のものを要求されているのかわかりません。代行商社に何の目的かお確かめになったほうが良いです。インボイス上に記述一切は正確で真正である旨をCERTIFYさせる場合はよくあります。例えば We certify that the descriptions in this invoice are all correct and genuin. などとCertifyさせ、輸入通関の際または後日何らかの法律的な問題が生じた場合、輸入者には責任が無いことを主張できるわけです。特に輸入代行のように商社とシッパーと面識がないような場合とか後進国から輸入する場合にcertifyさせるケースが多かったように思います。
ベネサートを正式な独立したL/C上のshipping document
として要求されているのでしたら、shipper側でも戸惑う
と思います。
ご回答にはなっておりませんが悪しからず。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貿易/輸出/タイ向け/INVOICE/タイでは輸入時に使用したINVOICEの金額でしか海外送金ができない?

商社で働いています。よくAIRで貨物を輸出するのですが、
売り先(タイ)の会社から、「タイでは輸入時に使用したINVOICEの金額でしか海外送金(=支払い)ができない」と言われています。本当でしょうか。

仕入先からのP/Lがめちゃくちゃなので(100KGS、200KGS単位で重量がズレる)、輸出前にはっきりとした見積もりが行えず、AWBに記載されているアクチュアルのG.W.を見てから再見積もりをしなおすことが多々あるのですが、REVISEDのものを送りつけても、冒頭のような文言で押し返されてしまいます。

単なる方便なのか、事実なのかを知りたいのですが、現地事情に詳しい方、教えて頂ければ大変助かります。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

質問者さんの状況は分かりませんが、有償貨物の貿易の原則の一つに、輸入・輸出通関金額と、決済金額は一致すべきというのがあります。
例えば輸入金額を不当に安くし輸入税を安くされたら困るからです。(差額を裏決済にして)
日本も、昔は輸入届出書という書類の裏面に、輸入通関額記載と税関印、決済額と銀行員というふうに両方がチェックされる時代がありました。
今の日本は自由化で、そのような書面でのチェックはないですが、上記原則は同じで、事後の税関・税務署監査でチェックされると思います。

タイの外為ルールは詳しくないですが、海外送金が厳しくチェックされている可能性は十分ありります。誤差をなくすることが出来ればベストですが、誤差がやむをえない取引なら、その誤差を税関に修正申告するとか方法はあるはずです。もう一歩突っ込んで交渉してください。

Q船積書類(B/L・海上運賃)について教えてください。

輸出関係の仕事をしているものです。至急教えてください。宜しくお願い致します!

B/Lで、買い先に海上運賃を知られたくない場合は「Freight as arranged」と記載する、とよく聞くのですが、既にインボイスには海上運賃(Ocean Freight)が記載されているのから輸入者には分かってしまうのではないですか?
なぜ、あえてB/Lにだけ記載しないのでしょうか。
また、輸出先(国)によっては、As arrangedができないと聞いたのですが、それは本当ですか?

それと、海上運賃でタリフレート、ネットレートというのは何を意味していますか????

Aベストアンサー

>最終の船積書類にはActualのFREIGHTを記載しています。
>それは、輸入国側から指示されてそうしています

なるほどそういうやりかたですか。
そういう意味では、質問者さんの言われるとおり、B/L freight欄の表示が、-as arranged-としても、あまり意味がないかもしれません。

しかし、actual freightで buyer invoice作成という決まりでも、タイプミスをすることもあるでしょうし、B/Lは -as arranged-が無難といえます。

見積時のfreightのままで済めば一番楽なのでしょうが、確か国・顧客によってそのような要求がありえるでしょう。

しかし全ての顧客がそうとは限らないこと知っておいたほうがいいと思います。別の顧客と新ビジネススタートするときのことを考えて。面倒な方法を自分たちから提案することはないですし、またfreightが見積よりも少し安くあがれば儲けになるわけですし。

タリフというのは同盟(船社間)で同意している運賃レートで、いわば定価で、net rateというのは実際に船社に支払うレート。

>最終の船積書類にはActualのFREIGHTを記載しています。
>それは、輸入国側から指示されてそうしています

なるほどそういうやりかたですか。
そういう意味では、質問者さんの言われるとおり、B/L freight欄の表示が、-as arranged-としても、あまり意味がないかもしれません。

しかし、actual freightで buyer invoice作成という決まりでも、タイプミスをすることもあるでしょうし、B/Lは -as arranged-が無難といえます。

見積時のfreightのままで済めば一番楽なのでしょうが、確か国・顧客に...続きを読む

QB/L、保険証券の商品明細の記載 (L/C決済)

商社で輸出をしています。

L/C決済で、L/C上の商品明細には、
 ・商品の一般名称
 ・品名
 ・品番・スペック
 ・数量
 ・金額
 ・注文(契約)番号
 ・原産国
 ・建値(CIFなど)
が書かれています。

invoiceにはこれら全てを記載しますが、
B/Lには商品の一般名称、
保険証券には商品の一般名称と数量(梱包数?)を
記載するだけでは、銀行買取には不十分なのでしょうか?
買取以外にも不都合はありますか?
商品明細として、通常、どこまで記載するもの
なのでしょうか?

上記の全てを書くと、スペース的にいっぱいになりますし、
間違えたりすることもあるので、
出来るだけ、必要最低限の項目のみ記載するように
したいと思っています。

詳しい方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私見です。

基本的にはそれで良いと思われますが、念のため買取銀行に問合せてみて下さい。  書類をチェックする銀行の担当者によっては固いことを言う人もいるかもしれません。

例えば綿布ならCotton piece goodsで可。  極端な例では(L/Cの品名は不明でしたが)TextileのみのB/Lも見たことがあります。

運賃前払いでLCLのとき、品名によって仕向地にもよりますが、運賃レートが大きく変わることがあるのでその点も考えなければなりません。

Q貿易信用状(L/C)について

初めまして。
貿易信用状(L/C)についての質問ですが、輸入者(L/C開設者)が、開設後に倒産状態になった場合、作りかけ、または出荷前状態の商品はどうなるのでしょうか。
初歩的な質問かも知れないですが、どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

取消不能信用状(Irrevocable L/C)と仮定します。

単純にL/Cに関わる手続き上の問題として考えれば、L/Cに基づいて船積みされた貨物の荷為替手形は発行銀行が引き受け、決済します。 L/C発行者の状態は直接関係しません。

Q貿易時のL/Cに関しての質問

私はあるメーカーで働いているものですが、L/Cに関してわからないことがありますので教えてください。現在、さまざまな国に部品を輸出しています。通常L/Cを使った決済方法をとっていますので、輸出後に銀行に手形と一緒に持ち込んで買取しますよね?問題がなければ、翌日とかに銀行は会社の当座預金にインボイス上の金額は振り込まれてきます。今回、あたらしくパキスタンから新規代理店になりたいという現地の輸入商社からのオファーがあったので取引を始めたいと思っているのですが、取引金額や信用状況から判断して、L/Cでの決済を考えています。ここから質問なんですが、L/C AT SIGHTで通常取引をしているところがほとんどなんですが、そのパキスタンの輸入商社は一括でインボイス上の金額を納めることは不可能かもしれないと思っています。だから、もし現地代理店が、たとえばL/C 120 DAYS AFTER SIGHTの条件を示してきたときに、私の会社がこの条件を受け入れたら、通常通りにL/C買取後の翌日くらいにインボイスの全額が振り込まれるのでしょうか?
翌日に振り込まれるということは、私の会社(輸出者)から見れば、L/C AT SIGHTもL/C 120 DAYS AFTER SIGHTもまったく同じで何も変わらないということでしょうか? また、120日に延ばすことによって、輸出者側には何もリスクが伴わないのでしょうか? すみませんがわかりやすく教えてください。おねがいします。

私はあるメーカーで働いているものですが、L/Cに関してわからないことがありますので教えてください。現在、さまざまな国に部品を輸出しています。通常L/Cを使った決済方法をとっていますので、輸出後に銀行に手形と一緒に持ち込んで買取しますよね?問題がなければ、翌日とかに銀行は会社の当座預金にインボイス上の金額は振り込まれてきます。今回、あたらしくパキスタンから新規代理店になりたいという現地の輸入商社からのオファーがあったので取引を始めたいと思っているのですが、取引金額や信用状況から判...続きを読む

Aベストアンサー

L/Cが"at sight"であれば、あなたの会社がそろえて持ち込んだ書類が海外のL/C発行銀行に届いた時点でL/Cの支払金額を支払ってきます。 これには数日かかりますが、あなたの会社の取引銀行は、その日数を見込んだ金利手数料(メール金利)を差し引いてすぐにお金を振り込んでくれます。

L/Cが"120 days after sight"であれば、相手の銀行に書類が届いてから120日後に支払われますが、あなたの銀行に立て替え払いをお願いすればその期間の金利手数料を差し引いてすぐにお金を振り込んでくれると思いますが、"at sight"の時より多く引かれるでしょう。 これが違いです。

120日延ばす事のリスクは、相手の銀行が確実に支払ってくれるかどうかの不確実要素が120日延びる事です。 つまり120日後に相手の銀行が倒産すれば、あなたの銀行は立て替えたお金をあなたの会社に対して返すように求めてきます。 これは"at sight"も同じですが、日数が長ければ長い程そのリスクは大きくなりますよね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報