【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

高村薫の作品をほとんど読んでいるという方にお伺いします。

長年の懸案であった高村薫の本を読んでみようと思います。とりあえず3作品くらい。
そのなかで「照柿」は読みたいと思っています。しかし、この作品は続き物なのでしょうか?多分作品としては独立しているのだと思いますが、登場人物が共通するのなら、一応前後の順番を守って読みたい気がします。
ちらっと見たところによると、「マークスの山」「レディ・ジョーカー」が「照柿」と関連するような気がするのですが。

……という条件を踏まえて、どういう順番で読めば良いかアドバイスをお願いします。
また、3作品というと上記の3つで終わってしまいますが、「いや、ぜひこれも!」という作品が他にありましたらご推薦をお願いします。4冊目の候補に入れてみるかもしれません。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんばんわ。


高村薫氏の作品は一応、全部読破しています。

どの作品もなかなかとっつきにくい文章構成なので(難しいというより、緻密すぎて回りくどく思えるかと…私はそこが好きなんですが)、初めて読まれるのでしたら「照柿」はあまりオススメしません(笑)

「マークスの山」「照柿」「レディ・ジョーカー」は、おっしゃる通り登場人物が共通しているシリーズもので、合田雄一郎という刑事が主人公です。
どれも1作完結なので順序はそれほど関係ありませんが、上記の順が一般的かなと思います。

個人的には、新潮文庫の「黄金を抱いて翔べ」がイチオシです♪
または同出版社の「リヴィエラを撃て」や、講談社の「李歐」などもオススメですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

うっ(^_^;)。実は最初から腰が引けている部分はあるんですよねー。湿度が高いのも好きではないのですが、多少の潤いは欲しい方なので……。高村薫は潤いがないイメージが。
じゃあ「黄金」ともう一冊くらい読んで、読めそうだとなったら3部作に行った方がいいですね。でも「マークスの山」なんかは代表作でしょうから、読んどくべきかなあという下心があったり。
ちなみにHNが。かなりお好きなんですね(^o^)。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/25 23:25

やはり私も、合田シリーズ3作品を強くオススメしたいです。

中でも「レディ・ジョーカー」が一番好きですね。
順番は守らなくても読める内容ですが、「マークスの山」→「照柿」→「レディ・ジョーカー」の発行順に読んだ方が、シリーズとしてより一層楽しめるかと思います。

他作品では「わが手に拳銃を」が一押しです。私は「李歐」よりもこちらの方が好きでした。ラストシーンがとても美しいですよ。
あと「黄金を抱いて翔べ」と「神の火」は、切なくて泣けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うっ、また新しい一押しが……(^_^;)。
しかし、こうやってみると高村薫って作品数はそれほどないんですね。もっと沢山書いているものだと思っていました。「全部読みたい!」と思えるくらい気に入るといいなあー。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 22:12

私も3作品というなら「マークスの山」「照柿」「レディジョーカー」をお勧めします。


合田シリーズは他に確か「地を這う虫」という短編集の中に1つ入っていたと思うので、もし合田ファンになったら読んでみるのもいいかも!?(私は合田ファンです!!)

他にお勧めは「李歐」。「わが手に拳銃を」とはかなり違っていますがこちらのほうが私は好きです。
桜の情景がとっても素敵でした。春ですね。
他には読み始めた頃「神の火」を読んで「高村薫ってすごい!」と思いました。

文章はよく「英文を和訳したようだ」と言われるのですが、その硬さもよいかな?

それと、単行本を文庫化したときに大幅改定されているものが多いので(例えばわが手に拳銃を文庫化するのに改定して李歐になったらしいです)文庫のほうが読みやすいかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

また意外なご意見……。ストーリーで読ませる作家で、(ファンがいるほど)キャラクターがたっているようなイメージはなかったのだが……。がちがちかっちり系だと思っているんですけどねー。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/28 00:53

高村薫さんの作品はよく読みますが、「リヴィエラを撃て」が一番好きです。


ハラハラして、ドキドキして、そしてせつなくて。
ピアニストの演奏する曲がまた素敵です。

是非読んでみて欲しいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

切ない\(◎o◎)/!そうなんですか?高村薫のイメージに「切ない」ってなかったんですがっ。ピアニストが出て来るのも意外だなあ。うーん、期待感が膨らむ今日この頃。(でもあんまり期待しすぎると、がっかりするものなんですよね……)
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/26 20:55

 3冊とも合田さんの登場するシリーズですね。


 一応、発行順に『マークスの山』『照柿』『レディ・ジョーカー』ですが、特に順番通りでなくても大丈夫だと思います。
 個人的オススメは『李歐』(講談社文庫)。『わが手に拳銃を』を文庫化の際にリライトされたものですが、かなり変更箇所があって、両者を読み比べるとおもしろいです(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

え??「李歐」≒「わが手に拳銃を」なんですか?いやー、それは初耳でした。文庫化のときに相当手を入れる作家だとは聞いていたんですが、……タイトルを変えるのは反則だろっ!でもたしかにタイトルとしては数段良くなっていますね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/26 20:50

私も昨年まで高村作品未読者の一人でしたが、3作品は一気に読めました。

というより、読みふけりました。

順番は「マークス」⇒「レディ」⇒「照柿」ですかね。どれか1冊ならば、レディが個人的にはおすすめです。合田は登場するのですが、連続性は希薄であるため、お手にとったものを読まれれば宜しいかと思います。

季節を考えるとレディは冬に読みたい気もしますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

読みふけったんですねー……。(その幸運がわたしに訪れてくれるかどうか、期待と不安が交錯します)
順番が二種類出て来るということは、ほんとに時系列にはあまり意味がないようですね。「照柿」を読みたいと思うのは、このサイトで以前薦めてくださった方がいるからです。一冊目で「これは合わん!」ということにならないといいなあ。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/26 20:45

私は3冊より読んでませんが、参加させてください。



マークスの山=氷の彫刻。
照柿=溶鉱炉。
レディ・ジョーカー=乾季の地下水脈。
といったイメージ。
どれか一冊と言われたら、レディ・ジョーカー。

下は、「このミステリーがすごい!」(左)「週刊文春」(右)
のミステリーベストテンに選ばれた高村作品です。
個人差があり、順位はあまり参考にならないのですが、蛇足として記してみました。

神の火 1991年( 8位/*)
黄金を抱いて翔べ 1991年( 9位/*)
リヴィエラを撃て 1992年 (5位 /6位)
わが手に拳銃を 1992年 (10位 /*)
マークスの山 1993年 (1位/1位)ー{週刊文春20世紀ベスト30で3位}
照柿 1994年 (3位/2位)
レディ・ジョーカー 1998年 (1位/2位)ー{週刊文春20世紀ベスト30で5位}
    • good
    • 1
この回答へのお礼

湿度が高いのも苦手だが、溶鉱炉どろどろもイヤだなあ……。地下水脈くらいがいいような気もしますが、独立とはいえ、3作目だけを読んじゃうのもなにがなし収まらない気も。
「黄金を抱いて翔べ」がたしかデビュー作だと思ったんですが、デビュー作には作家の全てがあるというから、とりあえずこっちを読んでみようかなー。でも3部作は順位が高いんですね。うーむ、下心が……。やっぱり4,5冊読む破目になるのだろうか。(というより、5冊読む気になるくらい面白く読めたら嬉しいんですけどね)
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/25 23:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高村薫作品読む順番のアドバイスをお願いします。

高村薫先生のファンの方にアドバイスをお願いします。

「レディ・ジョーカー」を読んですごく面白かったので
高村さんの作品を全部読みたいと思いましたが
どの順で読むと楽しめますか?
出版順はWikipediaでわかるのですが
果たして出版順に読んでいいものなのかと。
作家によっては出版順が後でも
デビュー前に書いた賞を取った作品が後に改定されて出たものを
先に読んでから出版順などと言われたりあると思うので

ファンならではのお勧めの読み順を教えてください。

※「レディ・ジョーカー」は読みましたので
順番に入れても入れなくてもかまいません。

Aベストアンサー

高村さんの作品でシリーズになってるのは2種類だけだと思います。
■「マークスの山」→「照柿」→「レディ・ジョーカー」
■「晴子情歌」→「新リア王」→「太陽を駆る馬」
「マークス…」シリーズが後に「晴子…」へとつながってくるので、上記6作品はこの順番がいいと思います。

また、高村さんは単行本を文庫にする時に改稿をよくなさいます。
特に「わが手に拳銃を」は文庫化する際に大幅改稿して「李歐」になりましたし、「神の火」は単行本と文庫本は同じタイトルですが、ほとんど別の作品になってます。
これらは単行本と文庫を続けて読みくらべるのも面白いです。

ただ他の作品は独立してますので、特に順番は気にしなくても大丈夫ですよ。

Q桐野夏生さんの作品でオススメを教えてください

桐野夏生さんの作品は、アマゾンのユーザーレビューで見ると、どれもこれも評価が高く、TVでもとあるコメンテーターが「おもしろい」と言っていたので、そのコメンテーターが言っていたグロテスクを購入して読んでみたのですが、作品に入り込めないというか、おもしろさがわかりませんでした。
ですが、ここまで評価の高い作家さんなのですから、どれか1つくらい「おもしろい!」と思える作品があると思うんです。
評価の良いグロテスクがおもしろいと思えないなんて…と、ちょっとショックというか、悔しいといいますか、自分だけ桐野作品のおもしろさのわからない仲間はずれのような気分でして(笑)

当方、20代の男です。どれがオススメ作品でしょうか?

Aベストアンサー

#3です。

蛇足ですが、桐野夏生さんの作品の面白さと言うのは、いうならば人間の「負の感情」や「負の部分」なのだと思う。
差別、軋轢、劣等感etc
浅田次郎の作品に、本当の意味での悪人がいないように、「善人」が少ない小説が桐野ワールド。

「グロテスク」の場合は、現実にあった東電OL殺人事件と、名門私立(明らかに慶応)のイメージが背景として頭に無いと、その「負の部分」がピンとこないかもしれない。

今の僕は苦手だ。。。
唯でさえ、たかが金のために2~3人実質的に殺しちまったんじゃないか…なんて思い悩むときに、あんなもん読むと気が滅入る。
といいながら、特に気が滅入りそうなのばかり4冊も読んでいる。(笑)

人間の「負の部分」を楽しんでしまえる気力というか、ある種の黒い強さがみなぎっているときには、良いかもしれません。
「真人間」に戻りたくなる。(笑)
4つの中ではね、僕は「OUT」と「ダーク」が面白いとは思う。
しかし、読後感の救いの無さは浅田次郎と対照的!(笑)

逆に言えば、20代の男で桐野夏生作品に共感できるって、あまり良い人生じゃない。(笑)
だから、貴方、安心していいヨ♪

#3です。

蛇足ですが、桐野夏生さんの作品の面白さと言うのは、いうならば人間の「負の感情」や「負の部分」なのだと思う。
差別、軋轢、劣等感etc
浅田次郎の作品に、本当の意味での悪人がいないように、「善人」が少ない小説が桐野ワールド。

「グロテスク」の場合は、現実にあった東電OL殺人事件と、名門私立(明らかに慶応)のイメージが背景として頭に無いと、その「負の部分」がピンとこないかもしれない。

今の僕は苦手だ。。。
唯でさえ、たかが金のために2~3人実質的に殺しちまったん...続きを読む

Q高村薫「マークスの山」のスコップで殺された人は誰?ネタバレ

高村薫さんの作品で一番最初に読んだのは
新刊が出たばかりの単行本「照り柿」です。
ものすごく長い話を読んだ挙句、途中の事件の
真相がうやむやな感じがして、読み終わった後、
もやもやした感じがありました。

その後、直木賞をとったぐらいだし、照り柿よりは
薄いから面白いかと「マークスの山」の単行本を
買いましたが、難解な文脈が多く、ずっと眠っていました。

それを最近、読み始めたところ、難解な文脈ながらも
面白く、先程、読み終わりました。
ただ、金庫の遺書のあたりから、アレレレ?と感じ、最後のオチにいたってはうーん・・・。

それで、気になったのが最初に大雪の小屋の玄関前で
岩田がスコップで殴り殺したのは誰なんですか?
当時の刑事のやりとりで、二十六歳というのはありましたが、名前は出てきません。

金庫の遺書にも、名前は出てこず、偶々、同じ頃に
同じ場所付近であった殺人のようでした。

でも、それなら、あんなに意味ありげに
「この雪の中、この道を通るのはおかしい」的な
描写を最初に念入りにするのはいかがなものかと。

また、同じ頃に両親が心中した少年も
その殺害現場を目撃したという文脈もなく、
偶然、同じ時期の同じ付近であった事件が
その後、偶然、泥棒に入った所の金庫で・・・
とつながっていくのが、凄い偶然続きだなぁと。

随分、昔の小説なので忘れている方も多いかと
思いますし、批判的な事を書いて申し訳ありませんが、
スコップで殺された人が誰かをわかる方が
いらしたら教えてくださると嬉しいです。

また、私の読み方不足でしたら申し訳ありません。

高村薫さんの作品で一番最初に読んだのは
新刊が出たばかりの単行本「照り柿」です。
ものすごく長い話を読んだ挙句、途中の事件の
真相がうやむやな感じがして、読み終わった後、
もやもやした感じがありました。

その後、直木賞をとったぐらいだし、照り柿よりは
薄いから面白いかと「マークスの山」の単行本を
買いましたが、難解な文脈が多く、ずっと眠っていました。

それを最近、読み始めたところ、難解な文脈ながらも
面白く、先程、読み終わりました。
ただ、金庫の遺書のあたりから、アレ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
「マークスの山」、
文庫本でしたが、読みました。
文庫ででたばかりなので、
私もかなり前になりますが・・・。


質問者様が気になっているのは、
以下の事柄でしょうか?

1、岩田がスコップで殴り殺したのは誰?
2、同じ頃に両親が心中した少年も・・・凄い偶然続き




1、【被害者の名前は、登場しなかった】
・・・ような気がします。

以下のURLは、単行本版「マークスの山」
の年表です。
http://donguri.sakura.ne.jp/~shell/godaholic/kenkyu/history/marks.html


登山者が岩田に撲殺されるのは、
昭和51年 10月21日 午前6時頃です。


で、金庫の遺書に書かれていた
【名前は出てこず、偶々、同じ頃に 同じ場所付近であった殺人】の被害者は、
N大自治会で左翼活動していた野村久志でした。
正確には殺されたわけではないのですが・・・。


左翼活動をしていた野村を殺すつもりだったが、
野村は偶然にも、
昭和51年 10月21日 午前0時頃
に急死してしまいます。

本来ならばその【急死という事故】を警察に届けていれば、
一連の事件は起こらなかったはずです。
まあ、殺人の準備をしかけた(←スコップを盗む)後ろめたさもあり、
その【事故】を疑われたら、
司法試験に受かったなどの、自分の人生が変わってしまう事が
怖くなったようで・・・。


殺した時に使う予定のスコップで、
穴を掘って、野村の死体を埋めてしまいました。

どうやら、岩田に撲殺された男は、
その【野村の死体を埋めているマークス五人衆の姿】を見て、
必死になって、山をかけおりてきたようなのです。
なら、この撲殺された被害者は、別にいなくても関係ないような気も
するかもしれません。



【野村の動向は、公安が知っていたけど、追求はしなかった】
        ↓
【公安側は、密かに野村が亡くなる事を希望しており、
殺した犯人を追及するつもりはなかった】
        ↓
【マークス五人衆も出世し、どんどん警察の現場が追及しにくい立場になる】
 
このまま、野村の死の真相は
【マークス五人衆】や【公安】が黙り続ける事によって、
闇に葬られて表にでてこないはず・・・でした。


ところが、
「岩田がなぜ、被害者を撲殺したのか」という事が気になり続けた
佐野警部の執念が、【野村の死体】を見つけだします。

その後も、上層部から横槍が入ったりする中で、
佐野警部と合田警部補達は、
【マークス五人衆】達が抱え込む秘密に、
じりじりと近づいていくわけですが・・・。


他にも、佐野警部が野村の死体を見つけなかったら、
死体の復顔を依頼しなかったら、
【マークス】があの金庫を盗まなかったら、
・・・という、いろいろな偶然の積み重ねがないと・・・。

偶然でもないと崩せないほどの権力の闇が、
覆い隠していた【野村の死の真相】が表にでてこなかったわけです。



2、【同じ頃に両親が心中した少年】→事件後、暗い【山】に精神を翻弄される
  【合田警部補】        →趣味で【山】に登る
  【マークス五人衆】      →【山】では楽しい事もあったけど、しかし・・・
  
という共通点を出したかったために、
あの北岳で少年は登場したのかもしれません。
その後、また北岳へ彼は向かう事になりますが。


1でもふれましたが、
確かに「偶然続き」ですけどね。

私自身、この作品は、
【犯人が誰か】
【犯人はどんな凄いトリックを使ったか】
を楽しむより、
【警察がどのような事に翻弄されながら、事実にたどりつくのか】
その過程を読ませる・・・作品だと思っています。

多少アクがありますが、
読ませる力もある作品です。
質問者様もおっしゃっていますが、
・・・ただ「偶然が目につく」などの、
ちょっとした事が気になるっていえば、
気になります・・・。

好きな作品ですけどね。



高村薫は、単行本と文庫本で、
情景描写などの部分をなおすので、
ほとんど別作品・・・という意見もありますが・・・。


参考になれば幸いです。

こんにちは。
「マークスの山」、
文庫本でしたが、読みました。
文庫ででたばかりなので、
私もかなり前になりますが・・・。


質問者様が気になっているのは、
以下の事柄でしょうか?

1、岩田がスコップで殴り殺したのは誰?
2、同じ頃に両親が心中した少年も・・・凄い偶然続き




1、【被害者の名前は、登場しなかった】
・・・ような気がします。

以下のURLは、単行本版「マークスの山」
の年表です。
http://donguri.sakura.ne.jp/~shell/godaholic/kenkyu/history/marks.html...続きを読む

Q初めとして? 始めとして?

どちらが正しいのでしょうか。
あるいはどちらでも良いのでしょうか。

辞書を見てもはっきりしませんし、
ネット検索では、
「彼を始めとし」121,000件
「彼を初めとし」 58,300件
でした。

ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「自信なし」ですが、

「初め」は時間的・瞬間的なことを指し、
「始め」は何かをはじめる起点、というニュアンスがあるように思います。

また、「初める」という動詞は(一般的には)無く、
「初め」は時間的表現にかかる修飾語・副詞として使い、特別性があると思います。

対して「始める」は一般的な動詞です。ですので「始め」も動詞的な表現に用いるのだと思います。より一般的表現という点は、検索ヒット数が多いことからもうなずけます。

よって、「彼を初めとし」は、彼がまさに最初に行った人であると彼を特別に強調して、

「彼を始めとし」は、彼が始まりであり、その後、順々と続いていくという
「流れ」そのものを表現していると思うのですがいかがでしょうか?

日本語って難しいですね~

Q公安警察関係の小説について

公安警察関係を舞台としたスリルのあるなにかお勧めの小説はないでしょうか?
ご存知の方いらっしゃれば是非、情報提供をお願いします。
因みに、それ以前にググってはみたのですがあまりこれといった感心を惹くような書籍はヒットしませんでした。

Aベストアンサー

「沈底魚」曽根圭介 はいかがですか? 第53回江戸川乱歩賞作品ですが、乱歩賞史上初の公安ミステリと呼ばれています。53回の「沈底魚」が初と呼ばれるくらいですから、公安警察が主役となるミステリは実はかなり珍しいのでは無いでしょうか? 大抵のミステリでは、公安は普通の犯罪捜査に横槍を入れる悪役として扱われているだけの場合が多いですから。他には、純粋な公安警察ものではありませんが、「警官の血」 佐々木譲。2008年版の「このミステリーがすごい!」国内編のベスト1作品です。祖父・父・息子と三代に渡る警察官人生を描いた上下2巻の長編小説ですが、公安警察関係が主たる舞台となっているパートがかなりの部分ありますよ。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む


人気Q&Aランキング