人気雑誌が読み放題♪

「質問タイトル」の内容の小説を探しております。歴史の教科書を見てもさらっとしか書かれていなかったので、いったいこの時代の人は何を考えて暮らしていたのだろう?と思ったのです。有名な作家がいくつか作品を書いていますが、必ずしもリアルタイムで作品は書かないものですしね。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

松本清張の新潮文庫の短編集「駅路」「張込み」「或る『小倉日記伝』」「黒地の絵」をお奨めします。


戦後の混乱期から「もはや戦後ではない」と謳われた昭和30年頃までの日本の市井の人々の生活や風俗などを読みやすく簡潔でありながら余韻嫋々の文体でサスペンスも交えて描いています。たしかにその時代を書いているのですが今読んでも新しく、再読に耐える作品ばかりで損はしません。強くお奨めします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼遅れましてどうもすいません。松本清張少し見てみたのですが、読みやすくて面白そうですね。まずはこれから読んで見たいと思います。皆さんが紹介された本が今、家にあります。時間が沢山できそうなので、これから少しづつ読み進めていきたいと思いました。

皆様、どうもありがとうございました。いろいろと勉強になりました。

お礼日時:2006/02/07 11:50

京極夏彦さんのミステリーですが「京極堂シリーズ」と呼ばれるものが現在6冊でています。


時代は昭和20年代後半。
とっつきにくいですが、なかなかおくが深くて面白いですよ。
姑獲鳥の夏
魍魎の匣
狂骨の夢
鉄鼠の檻
絡新婦の理
塗仏の宴

参考URL:http://hiki.cre.jp/write/?KyogokudoSeries
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼遅くなってしまって申し訳ありません。
京極作品は分厚くて圧巻していたのですが、これを気に読んでみようかと思いました。

お礼日時:2006/02/07 11:41

リアルタイムで書かれた作品として、太宰治の最高(?)傑作「斜陽」が挙げられるでしょう。


この作品は戦後まもない日本における食糧難などの混乱の中で、没落した貴族が懸命に時代を生き抜こうとし、結局は挫折し、落ちぶれていくという悲劇を描いたものです。
主人公かず子、麻薬や酒に溺れるその弟、最後まで華族としての感覚から抜け切れないまま死んでいく母。三者三様の「滅びの美学」を感じていただきたいと思います。

といっても「斜陽」は名作ですがあくまで華族の話ですね。庶民の生活を知りたいなら昔ベストセラーになった妹尾河童の「少年H」はいかがでしょうか?
戦後より戦争中の記述のほうが長いですが、1945年8月15日がもたらした「価値観の崩壊」が社会にどれだけの混乱をもたらしたかが、少年の冷静な目から描かれている傑作です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
太宰は人間失格しか読んだ事がなかったのですが、これから読んでみる事にします。暗いけど良さそうですね!
少年Hもありましたね。読んだ事あります。(友には拒否されてしまいましたが…。)もう一度読み返してみようかなぁ。

お礼日時:2006/01/29 20:08

超有名どころですが、五木寛之の「青春の門」はいかがでしょうか。



3月に、TBSでドラマ化されるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
小説からのドラマラッシュが続きますね。
見てみたら、「青春の門」かなり長いですね。私はOKですが…。

実は、終戦から昭和30年の日本を舞台に芝居をしようと考えておりまして、その頃の世界観を知りたいと考えていると友達から依頼を受けているのです。私の友は果たして読むのだろうか…。

お礼日時:2006/01/28 22:45

純文学系の作品ならリアルタイムがむしろ主流だと思いますよ。


だから、当時書かれた作品を読むのが手っ取り早いと思います。
今の都知事さんの作品なんかいいのでは?
当時は相当スキャンダラスだったらしいですが。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
純文学はリアルが主流なのですね。文系の大学を出たのに、それを知らないとは、なんか恥ずかしいです。
参考URL見させて頂きました。懐かしい名前が沢山…。読書欲が増しそうです!

お礼日時:2006/01/28 22:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和30~50年頃の風俗が描かれた小説

最近、林真理子さんの『RURIKO』『ファニーフェイスの死』や、山口洋子さんの『ザ・ラスト・ワルツ』を読んで、高度経済成長期を背景にした風俗が書き込まれた小説に惹かれるようになりました。同じような小説やエッセイがありましたら、紹介して下さい。お願いします

Aベストアンサー

中井英夫『虚無への供物』は推理小説として必ず名前が出てきますが、
昭和30年前後の風俗も(時代の風俗に敏感だった作家ですから)濃厚に書きこまれていたはずです。
54個の連作短編からなる『とらんぷ譚』は、こちらは1970年代の色濃い反映になっていそうです。

三島由紀夫からは三点くらいを上げておきます。
『鏡子の家』昭和34年発表。まさに同時代を描ききろうとした小説です。
『宴のあと』プライバシー問題にも発展した、当時の政治の内幕をあばいたもの。
『絹と明察』ワンマン社長が率いる一企業の、戦後的労働争議を扱っています。

野坂昭如は昭和40年代になってデビュー。長編も短編もエッセイも強烈に、
あの時代の猥雑にして涙ぐましい、笑い飛ばしてやるべき性風俗ではなかったでしょうか。

1969年を舞台にした受験生生活、庄司薫の「薫くんシリーズ」
『赤頭巾ちゃん気をつけて』『さよなら怪傑黒頭巾』『白鳥の歌なんか聞こえない』『ぼくの大好きな青髭』
は、サリンジャーとともに、次に来る世代による青春小説のさきがけとなったところがあります。
当時厳然として存在した「教養主義」の産物という指摘もあり、この方向から読んでも面白いかもです。

村上龍『69』は題名の通り、1969年の風俗から何かからを畳みこみ、ぶちこんだ感があります。
村上春樹が最初の長編『風の歌を聴け』で1970年(昭和45年)を薫じこめ、封印しようとさえしたのとちょうど対(つい)。
三田誠広『僕って何』の学生風俗もたぶんこの前後。

ところで、以上あげてきたのはすべて男性作家。
女性作家のものをほとんど読んでいないので、こんなアンバランスになりました。
けれども本当は、時代の風俗を具体的に具体的に、臨場感たっぷりに描きこむのは女性作家の方がはるかに熱心だし、たぶんとても得意なんです。

それともう一つ。その当時の小説家には、時代の風俗を書くのは、(風俗というものはどんどん変化してやまないものだから)、そこからまっさきに小説が古びてしまう、という考えが支配的で、風俗を正面から取り扱うことに必ずしも積極的でないという傾向がありました。
実際には小説は時代の風俗とともにある。時代の風俗を描くしかないものだと、あらためて気がついたのは両村上世代以降のことかもしれません。

あとから振りかえったほうが、その時代の特徴がよく見える、ということは言えると思います。
といって、その時代のまっただなかにあってどっぷり浸っていなければとうてい書けないものもあります。
むつかしいところですよね。両方当たってみるのがいちばんいい。

同種の本を探されるときのヒントになればと思いました。
ご参考まで。

中井英夫『虚無への供物』は推理小説として必ず名前が出てきますが、
昭和30年前後の風俗も(時代の風俗に敏感だった作家ですから)濃厚に書きこまれていたはずです。
54個の連作短編からなる『とらんぷ譚』は、こちらは1970年代の色濃い反映になっていそうです。

三島由紀夫からは三点くらいを上げておきます。
『鏡子の家』昭和34年発表。まさに同時代を描ききろうとした小説です。
『宴のあと』プライバシー問題にも発展した、当時の政治の内幕をあばいたもの。
『絹と明察』ワンマン社長が率いる一企...続きを読む

Q終戦直後・占領下の日本を描いた小説

日本の、終戦直後辺りの町の様子を詳しく知りたいのですが、写真や静画だけではわかりにくいところがあり、作家の手で端的に描写された作品に触れたいと思っています。
1945年、終戦直後から、朝鮮戦争の前くらいまでとか、比重は終戦直後なんですが、できる限り端的に描かれているものがあったら、お教え願います。

Aベストアンサー

浅学のため、ぴたっと思い当る小説がありません。
現実の社会の劇変が、激しすぎて、小説で描ききれない。また、皆が体感したので、わざわざ小説にする意味が無かったのか?と思います。

戦争中は言論統制があり、それと同じレベルで、作家も戦争に協力したから、
敗戦によって、そんな既成作家は抹殺された。(蓮田善明・保田與重郎ら?と思います。戦後もてはやされた亀井勝一郎も)
敗戦直後の大家といえば、浮世ばなれした谷崎・川端で、焼け跡の廃墟をリアルに描くとは思えず、
これも一因だと思います。

三島由紀夫は若くして世に出、大蔵省に勤務した頃の、混乱したモラルを「鍵のかかる部屋」に書いています。(のちの「鏡子の家」の原型です)だが『町の様子を詳しく・・・』とは言えない。
野間宏・武田泰淳、もっと後の作家なら、遠藤周作・吉行淳之介etc.が小説・随筆を書いていないか?と思いますが、
私の好みの作家ではないので、お役に立てません。

けさの日経「半歩遅れの読書術」で、
沖縄特攻した大和の司令長官、伊藤整・海軍中将の子息が、戦時中の日記を紹介されています。ご参考までに、転記します。
「夢声戦争日記」、山田風太郎「戦中派不戦日記」、「青野季吉日記」、「古川ロッパ昭和日記」、荷風「罹災日録」、清澤洌「暗黒日記」、内田百閒「東京焼盡」(中公文庫)

そうですね、百閒・荷風なら、短編で当時を活写していそうですね。
どなたか詳しい方、お願いします

浅学のため、ぴたっと思い当る小説がありません。
現実の社会の劇変が、激しすぎて、小説で描ききれない。また、皆が体感したので、わざわざ小説にする意味が無かったのか?と思います。

戦争中は言論統制があり、それと同じレベルで、作家も戦争に協力したから、
敗戦によって、そんな既成作家は抹殺された。(蓮田善明・保田與重郎ら?と思います。戦後もてはやされた亀井勝一郎も)
敗戦直後の大家といえば、浮世ばなれした谷崎・川端で、焼け跡の廃墟をリアルに描くとは思えず、
これも一因だと思いま...続きを読む

Q昭和20年~30年頃が舞台の推理小説

昭和20年~30年頃が舞台の推理小説が読みたいのです。

当方横溝正史ファンですが、その理由は、戦後の時代の情景描写にあります。
そこで、昭和20年~30年頃が舞台の推理小説、お勧めがありましたら作者、作品を教えてください。

そのほか、実際の事件をヒントにしたもので、お勧めがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

篠田秀幸の下記の作品(いずれも角川春樹事務所刊)
人形村の殺人が「狭山事件」
帝銀村の殺人が「帝銀事件」
鬼首村の殺人が「下山事件」
を題材にしています。

Q明治~昭和(戦前)が舞台の小説

こんにちは。タイトルの通り、明治・大正・昭和(戦前)期が舞台になっている小説が好きで、探しています。下の条件に当てはまるようなものでおすすめの小説はないでしょうか?あればぜひ教えて下さい。

●舞台・・・日本 
●ジャンル・・・できれば家族もの、恋愛もの、大河もの(?)など
        (ホラー、ミステリー、シリアス系以外で) 
●短編ではなく、中・長編のもの
●読み応えがあり、読み終わったあと満足感を得られるようなもの

ちなみに、今まで多く読んできたのは三浦綾子さん、宮尾登美子さんの小説です。
その他、個人的に面白かった作品としては、「楡家の人びと」(北杜夫さん)、「紀ノ川」(有吉佐和子さん)、「女の一生」(遠藤周作さん)などがあります。

いろいろと探してきては手当たり次第に読んでいるのですが、時代範囲が幅広いため、まだ自分の知らない面白い小説があるかもしれないと思い、質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。私も北杜夫さんの「楡家の人びと」読みました(北杜夫ファンです)。スケールの大きな家族小説という感じで故三島由紀夫が絶賛したというのも分かります。三浦綾子さんの本を沢山読まれていらっしゃるならもう既読かもしれませんが、「銃口」や「泥流地帯」はいかがですか?特に「泥流地帯」は正と続があるのですが、正より続の方が希望が持てる書き方ですので続けてお読みになると良いと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28349506
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01715048
 有吉佐和子さんの「香華」は恋に生きる母とそれに翻弄される娘の読み応えある小説です。「一の糸」や「針女」も宮尾登美子さんがお好きなら気に入るはずです。こちらも既読かもしれませんが(^_^;)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/06781673
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18646963
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01512421
 戦争をテーマにした小説ですが横山秀夫さんの「出口のない海」も良かったです。映画化されましたが、人間魚雷に乗り込まなければならない一青年の野球に対する思いや恋愛などを書き込んでいますので、単なる戦争ものだけではないと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31725247
 浅田次郎さんの「天切り松闇がたり」も大正時代の話です。泥棒とその一家の話ですが、ホラーやミステリーではなく人情小説です。短編ですので、大河系がお好みでしたら物足りないかもしれませんが、一話一話がキッチリとして、啖呵を切る所ではスカッとするし、ある所ではほっこりしたり、またものすごく泣けたりします。良かったら読んでみて下さい。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30591536
 長文失礼しましたm(__)m。

こんにちは。私も北杜夫さんの「楡家の人びと」読みました(北杜夫ファンです)。スケールの大きな家族小説という感じで故三島由紀夫が絶賛したというのも分かります。三浦綾子さんの本を沢山読まれていらっしゃるならもう既読かもしれませんが、「銃口」や「泥流地帯」はいかがですか?特に「泥流地帯」は正と続があるのですが、正より続の方が希望が持てる書き方ですので続けてお読みになると良いと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28349506
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01715048
...続きを読む

Q明治時代が舞台の小説を読みたいのですが

明治時代が舞台の小説を読みたいのですが、範囲が広すぎて誰が面白いのか全く解りません。
明治時代というとちょっとジメジメした感じのある、外国文化が入ってきた混沌とした感じが好きなのですが、お薦め本などあったら紹介してくださると嬉しいです。

自分で読んでみて面白かったのは
小野不由美の東京異聞。

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をお薦めします。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、そして正岡子規という3人の若者が新しい国家の建設に尽くし、またそれにふさわしい文化を育むために奔走する姿が生き生きと描かれています。
陸軍の軍人になった秋山好古は、ほとんど何もないところから陸軍騎兵部隊を世界最強のロシアコサック騎兵部隊に伍するところまでに育てあげます。
弟の秋山真之は海軍に進み、日本海海戦における斬新な戦術をあみだし、世界海戦史上例を見ない完勝への道を開きます。
正岡子規は、文学者として、俳句・短歌を革新し、だれもが使う日本語の散文をつくりあげます。 
この3人に代表される明治の青年がもっていた青雲の志、いや、明治期の日本そのものを主人公とした物語といえます。
司馬遼太郎によれば、明治維新後、日露戦争までという三十数年は、非常に楽天的な時代であって、この時代の人びとは、前のみを見つめて歩き、のぼってゆく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて坂をのぼっていくというのです。これが「坂の上の雲」という題名の由来となっています。
かなりの長編ですが是非お読みください。

司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をお薦めします。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、そして正岡子規という3人の若者が新しい国家の建設に尽くし、またそれにふさわしい文化を育むために奔走する姿が生き生きと描かれています。
陸軍の軍人になった秋山好古は、ほとんど何もないところから陸軍騎兵部隊を世界最強のロシアコサック騎兵部隊に伍するところまでに育てあげます。
弟の秋山真之は海軍に進み、日本海海戦における斬新な戦術をあみだし、世界海戦史上例を見ない完勝への道を開きます。
正岡子...続きを読む

Q宅急便で送り先の住所が間違っていた場合

タイトルそのままなのですが、
宅急便で、受取人の住所を間違って発送してしまった場合、
その荷物は送り主のところに戻ってくるのでしょうか?

発送してしまってからでも、
宅急便業者に連絡をし、
送り先を変えることは可能でしょうか。

また、それは受取人の側からも
可能なのでしょうか。

ご存じの方いらっしゃいましたら、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もう一番下の方の回答のところにお礼が書かれてから
質問者さんが登場されてませんので 無駄な補足に
なりますが 少し勘違いされてるかたもいらっしゃるので。

2番さんが
一度受け付けた荷物は、きちんとデータが登録され、送り主、受取人とも、氏名、住所、連絡先がすぐに分かるようになっています。

とありますが これは伝票番号が判っていて発店の
営業所に伝票が残ってるから それを調べて
訂正してくださいと言えるわけです。例えば夜中
に間違いに気づいて本社などの代表番号に
かけても営業所が空なら訂正のしようがありません。
コンピューターには住所や氏名などのデータは
入っていません。

翌朝住所があると思われる担当の営業所に荷物が着き
ドライバーがこの区域は私の区域と思って
伝票を抜き機械にかけて情報を送って初めて
配達近くの営業所に着いたという情報がうちこまれるのです。
ですから どういう風に間違えたのですか?と聞いたわけです。

人間が分けますから時には間違えて営業所に来る荷物も
あります誤着という情報がこの場合打ち込まれます。
そして支店に送り返されます。

つまりどこかのドライバーが持ち出しといって荷物を
車に積んでいる状態であれば初めてその場で住所の
訂正ができるというわけです。

ですから こういう場合受けて側でどういう風に
間違ってるか詳しくわからない場合は 近くの
営業所にその荷物が着いてるかどうかもわからないんですから
送り主側が発店に連絡するのが一番です。

もう一番下の方の回答のところにお礼が書かれてから
質問者さんが登場されてませんので 無駄な補足に
なりますが 少し勘違いされてるかたもいらっしゃるので。

2番さんが
一度受け付けた荷物は、きちんとデータが登録され、送り主、受取人とも、氏名、住所、連絡先がすぐに分かるようになっています。

とありますが これは伝票番号が判っていて発店の
営業所に伝票が残ってるから それを調べて
訂正してくださいと言えるわけです。例えば夜中
に間違いに気づいて本社などの代表番号に
かけても...続きを読む

Q太平洋戦争についてお薦めの本を教えてください

読書好きなのですが、いまだ太平洋戦争の始終に関する
書籍を読んだことがありません。
児島譲の「日露戦争」のような感じの本ありませんか。
文芸春秋文庫で「完本・太平洋戦争」をかじってみましたが、書簡など資料の集成的感じで読破できませんでした。

ミッドウェイ攻防について女性作家の有名な本があった記憶があるのですが、こちらもタイトルわかれば教えてください。

戦後生まれとしては、せめて、正しく全貌を知っておきたいと思ってます。

Aベストアンサー

児島譲氏「太平洋戦争」中公文庫
児島譲氏「天皇」文春文庫
阿川弘之氏「山本五十六」中公文庫
阿川弘之氏「戦艦長門の生涯」新潮文庫
大宅壮一氏「日本のいちばん長い日」
淵田美津夫氏「ミッドウエー」
これぐらい読めば、昭和元年から20年までカバーできます。

Q昭和初期が舞台の映画

当時の文化や風俗・服装などの資料を集めています。
昭和初期(戦前の1930年前後)頃が舞台の作品・もしくはその当時作られた作品でおすすめがあれば是非教えて頂きたいです。当時作られたものは手に入りづらいかな…と思うので、普通にレンタルや購入が出来るものだと助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

松竹でビデオで出ていたのでは、
「愛染かつら」(1938)、「浅草の灯」(1937)、「暖流」(1939)あたりでしょうか。
「浅草の灯」は大正時代の浅草を舞台にしてますけれど、戦前の浅草を描いた作品では屈指の出来だと思います。
あとは小津安二郎や溝口健二の戦前の現代劇映画だと、比較的、DVDでもレンタルしやすいかと思います。
個人的には戦前の小津映画「学生ロマンス若き日」「生まれてはみたけれど」「青春の夢いまいづこ」が当時の大学生気質や、サラリーマン家庭を描いていて面白いですが、「淑女は何を忘れたか」なども当時のホームドラマですので、戦前の中産階級の都会人の生活を知るにはいいかと思います。
溝口健二の「愛怨峡」は戦前のカフェーのシーンなども出てきます。
戦後の作品ですが、成瀬巳喜男の「放浪記」も舞台は戦前です。これもDVDで出ています。
木下順二の「喜びも悲しみも幾歳月」は灯台守の話なので、いわば特殊な環境におかれた一家の話ですが、戦前の一般人の思考回路というか、生活形態というか、素直に描けていると思います。

Q最近の朝ドラは戦前→戦中→戦後を舞台にしたものばかりである理由

最近の朝ドラの時代設定のほとんどが大正時代から昭和の戦前→戦中→戦後を舞台にしたものばかりのように思います。
だいたいが大正時代前後の古き良き時代に生まれ育ち、時代はだんだんと戦争に突入していき、空襲にあって終戦を迎え、そこから再出発というようにパターン化しているように感じます。
なぜ、最近の朝ドラはその時代を舞台にしたものばかりなのでしょうか。

そして、日清戦争から第一次世界大戦にかけて(1890年代~1910年代)と、高度経済成長からバブルにかけて(1960年代~80年代)の時代を扱ったものはほとんど記憶になく、意図的に避けられているようです。なぜ、これらの時代はドラマの時代設定として人気がないのでしょうか。

Aベストアンサー

私もそう思います。特に花子とアン以降は多く感じます。次のひよっこは現代ですが、その次のわろてんかは物語の舞台は、明治の後半から第二次大戦直後の設定です。来年後期のわろてんかも含めると現代物はまれとひよっこのみですね。まあその前の2作品あまちゃん、純と愛と現代設定が続いてはいますがその前は梅ちゃん先生とカーネーション、おひさますべて戦中を挟んでますね。2000年代までは現代の設定が多かったようですが。
朝ドラを見る世代が私も含めていわゆる終戦っ子である団塊の世代になってきてますから戦中・戦後すぐのことをちょっとでも知りたいという思いがあるからではないでしょうか。


人気Q&Aランキング