グラフトコポリマーはどんな構造で結合しているのですか?
その構造を教えてください。
また、その結合している天然高分子の物質、合成高分子の物質をできるだけ多く教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

MiJunです。


以下の成書で調べてみてください!
======================================
ラジカル重合ハンドブック/蒲池幹治,遠藤剛[他]/エヌ・ティー・エス/1999.8 
猫とグラフト重合/斎藤恭一,須郷高信/丸善/1996.3 
ラジカル重合反応の操作設計/尾見信三/アイピーシー/1992.11 
乳化重合反応によるミクロスフェアの合成と設計/尾見信三/アイピーシー/1988.8 
ラジカル重合論/井本稔/東京化学同人/1987.6 
共重合/3/高分子学会/培風館/1987.6 
プラズマ重合/長田義仁/東京化学同人/1986.9 
高分子実験学/第4巻/高分子学会高分子実験…/共立出版/1983
講座重合反応論/3/化学同人/1971
==========================================
「リビング(カチオン)重合」をキーワードに調べられては如何でしょうか?

>をできるだけ多く教えてください
これは特許等を調べ始めたら限がないのでは・・・?
調べる意図の補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々紹介してもらった本で調べてみてわかりましたありがとうございました。

お礼日時:2001/11/02 22:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生体高分子の構造と合成高分子の構造と異なる点

このたびは宜しくお願いします。
生体高分子の構造が合成高分子の構造と基本的に異なる点と言うのはなんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

構造については、#1、2の方々がご回答されている通りかと思います。
欲しい回答とは異なるとは思いますが、生体高分子と合成高分子の最大の違いは、分子量の分布です。
生体高分子は、分子量の分布はほぼないと言っていいのではないでしょうか。
それゆえに、Building Blockとしての働きが可能であると思います。
ようするに、分子の構造というより、分子集合体としての構造と働きが合成高分子とは別と考えたほうが良いかもしれません。
最近では、合成高分子でも分子量の分布を抑えたものがありますが・・・。

Q化学工学、高分子合成、高分子工学、有機合成について。

化学工学、高分子合成、高分子工学、有機合成についてなのですが、

この分野で社会的ニーズや就職が良いと思われる分野はどれでしょうか?また、伸びると思われるのはどれでしょうか?化学工学がプラント関連で実践的で企業でも求められるというのはよく耳にするのですが、他がいまいち良く分かりません。

どなたか、詳しい方教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

機能性プラスチック関連の研究を行うためには、高分子合成・高分子工学が必ず必要になります。ご存知の通り機能性プラスチックは様々なところにたくさん使われてますので、需要がなくなるという事はまずありません。

一方有機化学は機能性プラスチックだけでなく、医農薬の分野でも必要とされる学問です。プラスチックの原料を作るために有機化学の力が必要とされる場面も多数ありますし、医薬品やその原料を探したり作ったりするのにも有機化学が必要です。就職が悪いなんてことはありませんし、需要もあります。

この中で選ぶとするなら、将来自分がやりたいと思うものを選ぶのが一番だと思います。もちろんどれを選んでも勉強は必須ですが。

Q高分子の立体規則性とその構造の違いによる影響について

種々の高分子膜作ることになりましたが、カタログを見ると一つの高分子でも、イソタクト型やシンジオタクト型が記載されてる物があります。これらの構造の違いは本で調べてわかりましたが、この構造の違いが高分子のいろいろな物性値に具体的にどのような影響を与えるものなのかがわかりません。ガラス転移温度が違う場合もあるようですが、その他たとえば表面張力とか耐溶液性とか違ってくるのでしょうか。数冊の高分子の教科書的本をあたってみましたが、それらの記載を見つけられませんでした。よろしくご教授ください。本などもありましたらご紹介ください。

Aベストアンサー

MiJunです。
質問の内容を少し深読み(単なる勘違い?)しているのかもしれませんね?

単に、高分子の物性値を知りたいのであれば「事典」類を見れば良いのではないでしょうか?

特殊なポリマーであれば、文献検索する必要があるでしょうが・・・?
=========================================
高分子データハンドブック  高分子学会∥編
出版地 :東京
出版者 :培風館
出版年月:1986.1
資料形態:2冊  27cm  全98000円
注記  : 「基礎編」「応用編」に分冊刊行
件名  : 高分子化学/ 高分子化合物
ISBN:4563041874
========================================
これ以外にも図書館等で探せばあったと思いますが・・・?

ご参考まで。

Q構造有機化学から天然物合成への転身

修士で構造有機化学(合成半分物性半分)の研究室から、博士で天然物合成化学(ほぼ合成)に転身することは可能なのでしょうか?博士号をとるのに分野を変えるのは大変なことと聞きますが。

Aベストアンサー

全然問題ない。
工から医に行った人もいる。

Q非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化

大学の講義で、「非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化をそれぞれ図に書き、各領域においてどんな状態にあるかを述べよ。」という課題が出されました。
詳しい方解答いただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化の図」は下記URLに有ります。
http://books.google.co.jp/books?id=UfvyZTohrPwC&pg=PA12&lpg=PA12&dq=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%96&source=bl&ots=NByxW_KrIk&sig=L0EjYzuw5CQsZImYQhdRLvTUZZ8&hl=ja&sa=X&ei=OLRIT6bpOLCCmQXDyZWNDg&ved=0CDEQ6AEwAg#v=onepage&q=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%96&f=false

この図と、ガラス転移温度と融点に付いての説明を組合わせると良いレポート
になると思います。

比容積の温度変化の測定は簡単です。昔ガラス細工をしてディラトメータを作り
測った事が有ります。結晶性樹脂に付いて、絵に描いた様に綺麗なデータが得られました。

「非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化の図」は下記URLに有ります。
http://books.google.co.jp/books?id=UfvyZTohrPwC&pg=PA12&lpg=PA12&dq=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%96&source=bl&ots=NByxW_KrIk&sig=L0EjYzuw5CQsZImYQhdRLvTUZZ8&hl=ja&sa=X&ei=OLRIT6bpOLCCmQXDyZWNDg&ved=0CDEQ6AEwAg#v=onepage&q=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報