外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

A 回答 (3件)

立ったり歩いたりする際に、足の重心が外側(小指側)にあると、骨盤が開いて0脚になります。

足の小指の爪が、とてもちっちゃくないですか?また靴底の外側がすりへっていませんか?
0脚矯正のサロンとか整体って沢山ありますが、そういうところで(他力で)直そうとしたら、軽く10万はかかります。

とりあえず自分でできるエクササイズとして・・・

(1)歩き方を矯正する
・・・足はなるべく曲げず、歩くときにカカトから勢い良く振り下ろして着地し、足の親指に重心をかけて歩く。最初は馴れずにロボットみたいな歩き方になりませんが、じきに馴れて自然になります。

(2)後ろ歩き
・・・後ろ向きに歩くと、体のゆがみがとれて、骨もまっすぐになります。
1回に10歩ずつくらい、転ばないように気をつけてやりましょう

(3)骨盤ベルトを巻く
・・・0脚って、結局が骨盤が開いてしまっていることが原因。
腰骨のした(太ももの付け根のすぐ上)にゴムベルト(ドラッグストアなどで売っている)をきつく巻いて、上記(1)(2)の歩きエクササイズをやってみましょう。巻いた上体で腰を左右に回すのも効果ありです。

まあ3ヶ月やってみて!だんだん効果出てきますよ。
    • good
    • 0

O脚の治し方として最近知った意外な方法があります。


それは、足の親指になにかゆるい輪ゴムでも、細い紐でも巻いてそっと縛って過ごすということです。
靴下を履けば、知らない間にはずれる事は無いでしょう。
足の親指に少々の異物感を常に与えることで、知らず知らずのうちに足の内側に意識が行って、足全体の内側の筋肉が使われ続けることで、0脚の矯正になるとの事でした。
O脚の人は靴底も外側のみ減っていますよね。
それが、この方法をとると、しっかり親指側を地面に付けようと勝手に足が作用するのです。
一度お試しください。
あと、もうひとつは両足を伸ばして座ってそのままお尻歩きをするといいそうですね。これは継続してがんばるのに努力がいりますが。
「お尻歩き」というのは、床や畳に、足を前に真っ直ぐ投げ出した状態で座って、お尻を使って右左・右左とぐいぐいと前に進むというものです。
毎日少しずつこれを繰り返すとO脚が治るそうです。
腰から下がまっすぐに矯正されるようです。
朝起きたとき洗面所までとか、ちょっとした時に一日に何回か、ストレッチのつもりで生活に取りいれるといいですよ。
あと、洗顔や歯磨き・食器洗いの時など、足のかかとをぴったりつけて、足先はできるだけ開いた状態でできるだけ両方の膝が近づくように力を入れながらやるのを習慣にするのも効果があります。
ATMで順番を待っている時や、信号待ちのときなどもこれをくせのようにすると、きっといつのまにかO脚が治っていると思いますよ。
効果が実感できるといいですね。
    • good
    • 0

フラフープでダイエット!と思って毎日3分まわしていたら、1週間で自然に膝がくっつきました。


夏の暑さでやめていたら、また開きぎみです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング