大学のレポートで「日本のアニメはなぜ外国で受け入れられているのか?」について調べています。
現在アメリカではドラゴンボールなど、日本で人気のアニメが流行するなど海外で日本のアニメは大人気です。
その理由はなぜだと思いますか?
是非、皆さんの意見を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

ちょっと辛口かつ経済面からの答えだけどね。



日本のアニメが安いからというのが一番大きな理由さ。
日本のアニメの制作費はアメリカの三分の一、ヨーロッパの六分の一と言われている。それだけの制作費であれだけの良質なアニメを作るのだから売れて当然。

放映する側から考えれば、安く仕入れることができてそこそこ売れる(視聴率や人気が得られる)のだから、うれしいよね。一度良い目を見たら、柳の下の二匹目のどじょうを狙うのは経済原則から言って当然でしょう。で、期待に応えたから、また次のが売れるということ。

その背後にはアニメーターの悲惨な生活があるけど(参考URL参照)、最近はアニメの原画制作自体を外国に発注しているようで、日本製アニメの優位も長く続かないかもしれない。結局、日本製の工業製品と同じで安くて品質が良かったから売れたけれど、これからも売れるという保証はない。

宮崎アニメのように大金をかけるというのはやっぱり賭けの要素が強くなるから、コケれば大変。それを吸収できるだけの体力が日本のアニメ制作会社にあるかどうかが今後の問題。

参考URL:http://db.g-search.or.jp/sideb/column/20050304.h …
    • good
    • 4

 海外にも『アニメーション』は存在するのに、何故日本の『アニメ』だけが突出しているのでしょうか。



 一昨年、『スター・ウォーズ』の特撮監督で、8個ものオスカーを持っているリチャード・エドランドが来日した時、こんなことがありました。水墨画のコレクターである彼は、ちょうど開催されていた雪舟展に行ったのですが、作品を見た彼の感想は、『素晴らしい。だけど、中国のパクリだね。』でした。いかに作品として優れていても、それが『模倣』である以上、評価はされません。だがエドランド、さらにルーカス、スピルバーグらも日本のアニメは『オリジナル』の文化として賞賛しているのです。

 日本のアニメの『ルーツ』としてよく言われるのが、『絵巻物』です。元々絵と文字を混在させて描く文化があり、絵巻物はちょうど14インチのTVとほぼ同じサイズの紙をスクローズさせながら読ませていく。まさにカット割りした2Dアニメと同じなのです。ほかにも、キャラクターが走り出す前にポーズをつけたり、コマ送りでみせる動きは、歌舞伎の『けんれみ』や『もったいぶり』そくりです。こうした日本独自の『センス・オブ・ワンダー』に海外のクリエーターや観客が魅了されたのです。

 最近では、ハリウッドの実写の方が日本のアニメのテーストや手法を盗もうとしています。
 それは、なぜか。アメリカのアニメーションはお金をかけてリアリティーを追求してきました。モーション・キャプチャーのような高価な機材を使い、人がセンサーを付けて演技し、それをトレースして映像を作ります。要するに実写映像をなぞってアニメーションに置き換えているようなもので、確かにリアルですが、視点は固定カメラのアングルに規定されるし、動きは演じる人間の限界を超えられません。

 それに対し、日本のアニメの場合は、昔から制作費が少なくコマ数も少なかったため、リアルな動きが実現できず、その分を技術でカバーし、新しい手法を次々に開発していきました。実写ではカメラの置けない位置からの映像もアニメなら描き出せるし、時間の流れも自由自在です。『なぞり』ではなく、イマジネーションで描いているから、どんな大胆な手法でもとり入れられます。それゆえに日本アニメは、『センス・オブ・ワンダー』の宝庫となったのです。

 違いは、ストーリーにもあります。『風の谷のナウシカ』や『もののけ姫』は自然の持つ凶暴さと恵みと人間との共生というテーマに挑戦し、『攻殻機動隊』
は情報ネットワーク社会の相克を描き、『AKIRA』は都市の黙示録でした。日本のPTAから低俗とレッテルを貼られている『クレヨンしんちゃん』劇場版『おとな帝国の逆襲』は、辛い現実から逃避し70年代の懐かしさにハマッタ大人達を、しんちゃんが身を挺して『苦しい現実に生きろ』と引き戻すという途方もない物語でした。

 子供市場に向けて作られた作品でも、このように平気で大きな物語を作ってしまう。今だに『悪を倒す正義のヒーロー』というイラク戦争のようなコンセプトでしかストーリーが作られない米国製のアニメとは違い、アニメという文化そのものについての価値観を変えてきたのが『日本アニメ』なのです。
    • good
    • 18

15年間前、フランスにいた時、日本書の本屋さんでフランスの子供たちが少年ジャンプを立ち読みしていました。

(文字なんて読めるはずないのに)
当時のフランスの民放のアニメは皆、日本製だったと思います。(キャンディ・キャンディやハイスクール喜面組など)
それからアメリカに行ったらテレビで『うる星やつら』の映画を放映していました。
結構、昔から日本のアニメは受け入れられています。
今、中国にいますが、イニシャルDやテニスの王子様、名探偵コナンなどが人気です(頭文字Dという実写版の映画も作ってました)

他国ではあまり漫画を見かけません。幼児向けのお話ぐらいでしょうか。(中国じゃ偽者が書いたドラえもんがありますが、珍しい方でしょう)
少なくとも少年誌、青年誌、少女漫画、レディースコミック等々、これだけ漫画が産業として根付いているのは日本ぐらいじゃないでしょうか。
それだけに競争も激しいですし、奇抜かつ面白いストーリー等が生まれてくると思います。
それがアニメ製作の底辺拡大・土壌育成になっているんじゃないでしょうか。(製作する方も見る=評価する方も)
    • good
    • 6

日本のアニメは「娯楽」的に創られ


海外のアニメは「芸術」的要素が多く創られ

その違いでいけば日本のアニメの方が「ウケる」かと^^;
    • good
    • 27

海外のアニメに比べ、日本のアニメはとても緻密に作られていると思います。


ディズニーアニメは別格ですが、海外のアニメはキャラクターのデザインも色の使い方も平面的でべたっとしていて単純で、動きも日本の昭和40年代のアニメのようにぎこちないです。
大人が見ていてのめり込んでいくような画像のおもしろさがありません。
アニメは日本人の得意な隅々までの細かい心配りがてんこ盛りだからではないでしょうか。
背景もきっちり細やかに描かれて、草原に風が薙ぐ様子までも描かれています。

しかしクレイアニメとなると海外の作品に日本製は敵わないから不思議です。
    • good
    • 5

・外国では大人向け(大人が見てもおもしろい)のアニメはないから


・日本のアニメは大人も楽しめるようになっているから(ジブリ作品、萌え、エロ)
・アニメで競おうなんて思わないから
・ゲームでも同様ですが海外のゲームは、アクションゲーム
 (敵を倒していくゲームで流血があるもの、フライトゲーム、レースなどが多いが萌え要素があるのは
 日本のみで各国の人気ゲーム紹介で他国は戦略SLG,流血ゲームが上位を占めているのに対し
 日本だけ。萌えゲーム、必ず美少女がいるゲームが上位にきている)
・ストーリー性があるから、ただ敵を倒していく、もしくは正義の味方は強すぎで
 敵が弱すぎるのに対し、日本のアニメは主人公が成長していくから楽しい。

*海外のアニメに興味がある場合スカパー(CS)で見ることができます
    • good
    • 10

日本のテレビアニメの創始者ともいえる手塚治虫が、


ディズニーアニメに触発されてアニメに手を出したのだから
基本的にアメリカのアニメーションの流れを汲んでいるんじゃないでしょうか。
それは、純粋に動くことの驚き、喜びということです。

また、日本文化自体が欧米の影響を強く受けていることも理由の一つだと思います。
鳥山明作品は、アメコミの影響が強いのでウケやすいんじゃないですか。
日本のSFアニメでスター・ウォーズの影響を全く受けていないものはほとんど無いでしょうし・・・。

それと、ドラえもんがアメリカで放送されていないように
全ての日本のアニメがウケているんではなく
ウケそうなものを選んで送っているというのはあると思います。
    • good
    • 2

 ドラゴンボールは家族というものを非情にうまく描いている。


アメリカのアニメはこれが出来ていない。 って昔テレビで
アメリカの業界関係の人ががインタビューに答えていた。

あーなるほどな 確かにそうだと思いました。
ドラゴンボールはほんとにファミリーの描写が秀逸だと思いました。
チチの教育ママっぷりとか、べジータのオヤジっぷりとか、
悟飯とかトランクスの子供っぷりとかうまいなとおもいました。

格闘漫画とは思えないでほどですね。

参考まで
    • good
    • 6

面白そうな本を、このまえ買ってきました。



「そうだったのか手塚治虫」禅伝社
「宮崎アニメ秘められたメッセージ」ベスト新書

読む本が溜まっていてまだ読んでませんが、
参考になるかもしれません。
    • good
    • 0

日本でハリウッドが人気なのと同じような現象かと思います。

面白い物に国境はない、というか。

あと、その国に似たような物がないというのも大きいかと。
例えば、日本では大規模な事故シーンなどを撮影できる場所とか設備が限られているので、ハリウッドのなの雲の金をつぎ込んだアクション映画とかはなかなか難しい物があります。

また、アメリカではディズニーとかはありますが、あくまで家族・子供向けであり、日本のアニメのような多様性がありません(アニメ=子供が見るものと言う観念があるので)

以上のような理由ではないかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアナタの幼年時代に流行っていたアニメで、印象に残ったアニメは何ですか?

どうも、質問させてください。
当方24歳男性です。

タイトルの通りなのですが、皆さんが幼年時代に見たアニメで印象に残っているアニメを教えてください。

私は「ゲゲゲの鬼太郎」(何代目かは知りませんが、ユメコちゃんが出ていた代です。)

「鎧伝サムライトルーパー」
なぜか主題曲が、かなり印象に残っています。

「セイントセイヤ」
少年は皆、明日の勇者ですよね(笑)。

「らんま1/2」
シャンプー大好きです(笑)。

「魔神英雄伝ワタル」
エンディング曲が好きでした。お茶を飲むよりアチアチアドベンチャーですよね(笑)。

Aベストアンサー

幼年時代というと、だいたい~6才くらいまででいいのかな?

機動戦士ガンダム(初代)
…再放送やら映画やらテレビで放送されまくっていた。
初めて作ったプラモもこれ。

ヤッターマン・ゼンダマン・ヤットデタマン
…タイムボカンシリーズ全盛期

Dr.スランプ
(ぼく)パタリロ
超力ロボガラット
さすがの猿飛
…ギャグ系のアニメも上昇気流にあった。

プラレス3四郎
ビデオ戦士レザリオン
機甲界ガリアン
とかも夢中で見ていた。

関西だからじゃりン子チエもよく見ていた。
超時空要塞マクロスを見ていたのも覚えている。
バルキリーのプラモを持っていた。

少なくともこの辺は間違いない。
80年代はアニメの再放送がアホみたいにあったから、何をいつ見たのかがかなりあやふやになっている。

Q幼稚園の子に英語のラジオと英語のアニメと、日本語のアニメと日本語のラジオを聴かせたらどうなるでしょう

幼稚園の子に英語のラジオと英語のアニメと、日本語のアニメと日本語のラジオを聴かせたらどうなるでしょうか?

Aベストアンサー

大人の脳は色んなものを見て考えたりするけど、幼稚園児の子供は大人と違って覚える事に集中をするので、英語を聞かせていたら直ぐに覚えますよ。

Q日本のアニメは海外でどの程度海外で受け入れられているか。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1672374でも質問したのですが、もうひとつみなさんの意見が聞きたいので質問させてください。
みなさんは日本のアニメは海外でどの程度受け入れられていると思いますか?
みなさんの意見聞かせてください。

Aベストアンサー

 はっきり言って日本のアニメは海外ですごいことになっています。市場規模は、アメリカだけで年間5,000億円、世界全体では3兆円に上がり、『ジャパン・アニメ』は、輸出産業としても文化としても日本を代表する『顔』です。(ちなみに、3兆円産業というのは、トヨタ自動車と同じです)

 フランスでは、自国の文化を保護するためか海外アニメは、全体の4分1以下でなければならないという制約がありますが、それを目一杯使って日本製アニメをケーブルTVで流しています。

 アメリカへの日本製アニメの輸出は、60年代の『鉄腕アトム』を皮切りに70年代にかけて増大しましたが、それは安い製品を求められたと言うだけで、作品の経済性が重視された結果でした。『鉄腕アトム』が『アストロ・ボーイ』、『マッハGoGo』が『スピード・レーサー』とタイトルが変えられ、主人公の国籍も場所もアメリカに設定されたため、視聴者は、日本製とは知らずに見ていました。

 この状況が変わるのは、80年代に入ってからで、海外アニメション製作に携わる人々の間で日本アニメの評価が徐々に高まるのです。そのきっかけは、宮崎駿監督の『ルパン三世/カリオストロの城』(79年)の発表です。この映画が日本で公開されると、ディズニーのアニメーター達の間で『日本ですごい作品が出た。すごいアニメーターがいる。』と評判が広がりました。どういう手段を使ったか不明ですが、彼らがフィルムを手に入れ、ディズニー本社内で上映会を行ったというのは非常に有名な話です。

 そして海外のクリエーターへのインパクトを決定付けたのが、89年に公開された大友克洋監督の『AKIRA』でした。それまで海外では、アニメーションというのは、7歳ぐらいの子供を対象にしたものと捉えられていましたが、、『AKIRA』は世界に向かって
【アニメーションは子供のものじゃない】と叫んだ作品でした。表現方法や内容が欧米のそれとは根本的に異なることを知らしめ、一部の日本アニメ・ファンだけでなく、多くの映像関係者に衝撃を与えました。ジェームズ・キャメロン監督は大友氏に惚れ込み『T2』の絵コンテを依頼使用と思っていましたが断念しました。しかし、『T2』には所どころに『AKIRA』の影響が見受けられます。

 この『AKIRA』以降、日本アニメは『日本製』であることを明確に打ち出すようになります。題名や人名などをオリジナルのまま使うことが多くなったのです。『宇宙戦艦ヤマト』にしていても、アメリカ人にはヤマトという名前に抵抗があるので、昔はタイトルが変えられてビデオパッケージ化されていたものが、わざわざ元のタイトルに戻されるようになったのです。『日本製』が逆に『ブランド』になったのです。

 96年8月に押井守氏の『ゴースト・イン・ザ・シェル/攻殻機動隊』が全米の月間ビデオ売り上げで実写映画を押しのけて1位になった頃から、業界の中で宮崎、大友、押井の名前が頻繁に挙がるようになります。

 作品の評価が高まる一方、興行収入はさほどでもなく、ビジネスとしては注目されていなかった日本

 はっきり言って日本のアニメは海外ですごいことになっています。市場規模は、アメリカだけで年間5,000億円、世界全体では3兆円に上がり、『ジャパン・アニメ』は、輸出産業としても文化としても日本を代表する『顔』です。(ちなみに、3兆円産業というのは、トヨタ自動車と同じです)

 フランスでは、自国の文化を保護するためか海外アニメは、全体の4分1以下でなければならないという制約がありますが、それを目一杯使って日本製アニメをケーブルTVで流しています。

 アメリカへの日本製アニメの輸出...続きを読む

Qドラゴンボールの人気

ドラゴンボールのアニメ版がドラゴンボール、ドラゴンボールZ、ドラゴンボールGTの3部作になった意図は何でしょうか?

また、原作では(GTの部分はありませんが)、42巻ですが
それに比べアニメは相当な量となっていますよね。
原作にはない(細かい部分での)オリジナルストーリーを織り交ぜたアニメ版のほうが、やはり原作より人気なのでしょうか。
(あなたはどちらが好きですか?)

アニメ版でストーリーを3部に区切りそれぞれが個々のストーリーのような感じで展開されていることが
現在の人気と関係していると思いますか?

わかりづらい質問で申し訳ないです;

あなたの意見をお聞かせください^^

Aベストアンサー

ドラゴンボールが3部作になっているのは
全て鳥山明とフジテレビ側の折半によるものです
ドラゴンボールZのZはこれで最後にしますの「Z」で
鳥山明氏の意向だったそうですが製作者サイドが
飯を食うために(視聴率のために)強引にGTを作ったそうです
ちなみにある人によるとこのGTというのはグレートツーリングではなく
GOMENNE TORIYAMASENSEI (ごめんね鳥山先生)
の略だという人もいます

QiPhoneが日本でここまで人気なのはなぜ?

iPhoneが日本でここまで人気なのはなぜですか?

日本人は意外とシンプルなものが好きだったのでしょうか?

Aベストアンサー

意外と言うか元々はシンプルなものを好む民族だったはずだけど。

iPhoneはAppleが用意したAppStoreのアプリを使う。
Androidは何でもあり。
例えば「こう言うテーマでこの様な絵を描いてください」とテーマを与えられるとそこそこのものを描けるけど、「あなたの好きなように何でも描いていいよ」と全く自由にさせられると何をしていいのか解らなくなる。
つまり制限され、決められている方が日本人にはしっくりくるのでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報