こんにちは。

色々、検索してみたのですが、どうしても分からないので、教えてください。
「為替予約」「通貨オプション」の時価評価の意味がわかりません。
為替予約について言えば、時価評価時点での、同一明細(受渡日・金額等)を
新規で購入(売却)した場合の購入(売却)価格という理解でよいのでしょうか?
また、通貨オプションの時価になると全く意味不明です。。。
オプションは、行使日以前では、オプション料の受渡しかないと思うので、オプション料の
時価なのだろうとは思いますが、では、オプション料の時価とは何を表しているのでしょうか?
(オプションの時価評価を銀行に依頼したところ、輸入サイドの売りサイド
(ドルコール円プット売却)が、△表記だったそうです。。なぜ、マイナスなのでしょうか?)

初歩の初歩の質問で、恐縮ですが、どなたかご教授いただけましたら、幸いです。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>「為替予約」「通貨オプション」の時価評価の意味がわかりません。



もしご質問の意味を誤解していたすいません。最初にあやまっておきます。


為替予約の時価評価とは、あなたが予約した際の価格(ポジションと呼ぶことにします)に対して、市場は毎日刻々と価格が変化していますので、あなたのポジションと市場の価格を比較し、どちら得か損かを判断すると思います。

別に毎日の価格の変動であなたのポジションが変わるわけではありませんが、輸出入にあたり為替リスクを回避できているか確認すると思います。
為替予約に限りませんが、自分のポジションを現在の市場価格で見直すことを、時価評価とか値洗いと呼んだりします。

為替予約の評価については、下記の真ん中あたりのグラフとその説明がわかりやすいと思われます。

http://www.akita-bank.co.jp/sonota/kawase.html



通貨オプションの時価評価ですが、この価格も毎日原市場(ドルオプションであれば、もとはドルの価格。原油先物オプションであれば、原油の先物価格。)の価格が毎日変動しますので、評価額も変動します。

この時価評価額は、ノーベル経済学賞をとったショールズ博士と、彼といっしょに研究したブラック博士が発見したBS式(ブラック&ショールズ式)という「オプション価格計算理論」にもとづき計算されます。
BS式を組み込んだソフトや計算機があり、そこで毎日算出されます。
これがあなたのいう、オプション料の時価と思われます。

オプションは保険のようなもので、コールオプション、プットオプションの、それぞれ買いと売りで構成され、ポジションを持った時点で損益図がすぐにできます。
下記は、日経平均ですが、グラフはオプションの損益図の一例です。

http://www2.monex.co.jp/marketcafe/hint/sakimono …
http://www2.monex.co.jp/marketcafe/hint/sakimono …

損益図はすぐにできますが、その時点から決済するまでのオプション料は毎日変化しますので、BS式にかけてディーラーさんも銀行も算出しています。

>(ドルコール円プット売却)が、△表記だったそうです。。なぜ、マイナスなのでしょうか?

ドルコールの買い、円プット売りでしょうか。
ドルコールの買い建て(ロング)はドル高がつづけばプラスになると思います。
円プットが売り建て(ショート)の場合もオプション料を買い手からもらっているのでプラス・
円プットの買い建てを売り(ロングの損切り)はマイナスです。

これらの組み合わせで、プラスにもなりマイナスにもなります。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。

すみません。。。
自分で質問をしておいてなんなのですが、現在決算作業中でして、
少し落ち着いて考えないと理解できなそうでしたので、
もう暫く、考える時間を下さい。

補足日時:2005/10/14 12:36
    • good
    • 0

先の回答の「質問のオプションプレミアムがマイナスになるケースですが、・・・・」以下は全て削除してください。

私の全くの勘違いです。
プレミアムを払ってオプションを売る必要は全くないですから。恥をかいてしまいました。

オプションプレミアムがマイナスになることはないでよね。もう一度銀行に確かめてください。
    • good
    • 0

為替予約の独立処理というより、(投機的な)為替取引の評価ですね。



最初の方(為替予約の評価)は、おっしゃるとおりでいいと思います。

オプションの評価ですが、店頭オプションの場合の評価はかなり難しい。プレミアムは、市場価格、ストライクプライス、期限までの残りの日数、ボラティリティー、短期金利のファクターで決まります。ブラック・ショールズモデルに従って自分でも計算できますが、銀行などに行ってもらったほうが確実でしょう。

質問のオプションプレミアムがマイナスになるケースですが、ちょっと信じられませんが、ボラティリティーが極めて小さい場合はありえるかもしれません。

例えば、今の為替レートが100円として、ドル円の金利差を5%としましょう。ストライクプライス100円のコール(満期1年)を▲2円で売る(2円払う)として、あなたが、1年先物でドルを95円で買います。1年後、為替レートが98円だとすると、相手は権利行使しないでしょう。あなたは、95円で買ってあったドルを98円で売って1円儲かるわけです。要は、プレミアムが▲2円でも、期間とボラティリティーのリスクをとることで儲かるわけです。

http://www.sdi-net.co.jp/advanced023.htm
http://www.iic.tuis.ac.jp/edoc/journal/jhk/j12-2/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q為替予約の時価評価の方法について

こんばんは。
為替予約は決算日に時価評価するように、とどこを見ても書いてあるのではありますが、その時価評価の具体的な方法がわからず困っています。取引金融機関に聞くものなのか、自分でなんらかの方法で計算するものなのか、何がしかのサービス(ブルームバーグ等)で調べるものなのか、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

(1)銀行に頼めば時価評価資料をくれます。
(2)為替予約の時価とは、期末日時点におけるその為替予約決済日での先物価格です。先物レートはFXを扱う会社のサイトに結構ありますが、一般人には表の見方そのものが難しいため、(1)の方がよいです。
(3)なお、理論的に計算することもできますが(計算式を教えてくれるサイト多数あり)、かなり複雑ですのでやはり(1)がよいです。

Q為替先物レートを確認するにはどうすれば良いか。

現在円と外貨のどちらで預金していこうか検討中なのですが、ブレークポイントを知るために、為替の先物レートが確認できるサイト等が無いか探しています。たしか日経新聞に米ドルの対顧客レートは記載されていたと記憶しているのですが、もっとマイナーな、例えばNZドルなんかのレートを知りたいんです。

学生ですので本格的な投資ではなく、あくまで金利感覚を身に着ける為の勉強のつもりでいるので、出来ればどこかの証券会社に新しい口座を開いたりせずに調べられればなぁと考えています。

それから・・ついでといってはあれですが、現在新生銀行に円普通預金をしていまして、ネットで簡単に外貨預金が出来るようなので、それを使おうと考えています。それで新生銀行の場合、円→外貨(又は逆)に変換する際の手数料が1通貨当たり大体どの通貨も1円(例えば1$につき1円)なのですが、これは他金融機関と比べて安いのでしょうか?

併せてご教授願えれば幸いです。

Aベストアンサー

http://money.www.infoseek.co.jp/MnForex/fxchart/
↑こんなのはどうでしょう?(NZドルや豪ドルなんかのチャートも見れます)チャート設定の所を変えると日単位の流れや月単位の流れなんかもみれます。
 金利感覚を身に着ける為だけでしたら、無料でバーチャルトレード(http://www.virtualfx.jp/)なんかもあるので試してみてもよいかもしれませんよ。
 それからFXは、レバレッジというのがあってこれをあげている為、物凄い損失をだしたり、大きな利益ができたりします。このレバレッジというのをあげなければ、外貨預金と同じ少ないリスクで行えかつ、手数料や利子等多いのでFXの方がお得ですよ。

レバレッジの例)
 元本100万円あるとする
 FXではこれを1000万円の扱いとする事ができる(100万の10倍。←この10倍がレバレッジ)

 1ドル100円の時に1000万円分購入する(10万ドル保有する)
 1ドル90円になったとする。→1ドルにつき10円の損
 →10万ドルもっているので100万円の損→もともと100万円しか持っていないので、もち金が0円となり以後取引ができなくなる

 というリスクがあるのですが、100万円の扱いを100万円(レバレッジ1倍)のままにしていれば、銀行の外貨預金とかわりません。
 
 1ドル100円の時に100万円分購入する(1万ドル保有)
 1ドル90円になったとする→1ドルにつき10円の損
 →1万ドル持っているので10万円の損(これは銀行の外貨預金の損失と同等額)

 ちょっと説明が下手で申し訳ないのですが、バーチャルやっていきながら勉強してもいいかもしれないですよ。とにかくFXは無茶な買い方をしなければ銀行の外貨預金を行っているのと、同じレベルの取引ができ、さらに手数料が安く、金利が高いので断然お得ですよ。

http://money.www.infoseek.co.jp/MnForex/fxchart/
↑こんなのはどうでしょう?(NZドルや豪ドルなんかのチャートも見れます)チャート設定の所を変えると日単位の流れや月単位の流れなんかもみれます。
 金利感覚を身に着ける為だけでしたら、無料でバーチャルトレード(http://www.virtualfx.jp/)なんかもあるので試してみてもよいかもしれませんよ。
 それからFXは、レバレッジというのがあってこれをあげている為、物凄い損失をだしたり、大きな利益ができたりします。このレバレッジというのをあげなけ...続きを読む

Q仕組債という金融商品は安全だと思っていいでしょうか。

ある証券会社から仕組債を勧められました。
ノルウェー輸出振興公社が運用するそうです。

1月末の日経平均の値から45%以上下がらない限り元本は保証されるとのことです。
仮に8000円だとすると、4400円を下回らない限り元本は保証されることになります。いくらなんでも4400円を下回ることはないと思うので、その点は安心してよいと思うのですが。

年利は12%です。
満期は1年です。
3ヶ月毎に利息がもらえます。
ただし、その時点で8000円を上回っていたら、その時点で終結となります。

12%の金利は魅力的です。
そして、4400円を下回らないのであれば損はしないのだから、安全性は高いと思うのですが。

このような商品をどう思われますか。
いま迷っています。
よければご意見をお願いします。

Aベストアンサー

「早期償還条項付ノックイン型225連動デジタルクーポン債券」などと言われるやつですね。


まず、2点ほど確認してください。

(1)満期は1年ですか?
デジタルクーポン債で1年はあまり見ないのですが。満期は7年。1年目の利率が12%で、以後は判定日の日経平均価格によって異なるのようになっていませんか?

(2)通貨は円建てですか?




そして、本題です。

>仕組債という金融商品は安全だと思っていいでしょうか。

いいえ。
このようなノックイン債で大損を出した人はたくさんいます。そして、まずこの手の商品で有利な商品はありえません。そんなに有利な商品だったら金融機関自身が買ってしまいます。あくまで、その商品で利益が取れるから売っているのです。

年利12%とありますが、早期償還は大きなポイントです。日経平均8000円は超える可能性は高いですよね。日経平均が高くてこのままだと元本返して利子も12%払わないといけなそう、と言うときには早期償還できてしまうので、実は年利12%をもらえる可能性はそんなに高くない。

証券会社にとって以下のような株価当てゲームです。
・8000円以上になる確率は高い → 実現すれば損失は小さい
・4400円以下になる可能性は低い → 実現すれば利益は大きい

思惑と逆に動いたらコツコツ損切りして一発利益を狙うスタイルです。そして、実はこの確率は証券会社が得するようにできています。質問者様は4400円を切ることはまずありえないと思っていますが、それは人間心理の罠です。投資のプロを含めて「95%以上の確率でこの範囲内に収まると思う株価のレンジを予想してください」と聞くと、実際にそのレンジ内に収まる可能性は8割も無い程度とのこと。このように人間は感覚的に結構あり得ることを勝手に「まずあり得ない」と過剰に評価してしまうのです。
つまり、質問者様が「4400円になることはまずありえない」と感覚的に思ったとしても、実はそうなる可能性ははるかに感覚より高いのです。


このようにノックイン債は、実際はお得でない商品です。しかし、この人間心理の罠で食いついてくれるカモがいるので、セールスするのです。


しかも、株価予想ギャンブルだと結果として金融機関が損することはありますが、仕組み債の場合は損しなくなっています。
それは、この手の商品は○○債などとのたまわっていますが実はオプションの組み合わせで組成していたりするからです。
例えば、「4400円を下回らければ年利12%」というのは日経平均を4400円で買うオプションの売り手になるのと同じです。金融機関が「日経平均が4400円を下回ったら」というオプションを売ってオプションを売った代金を懐に入れます。そして、今度はそのオプションをマージンだけ抜いて顧客に売りさばいています。本当なら年利15%に相当するオプション代をもらているかもしれません。しかし、そこから利益を抜いて年利12%分だけを利子という名目にして顧客に渡しています。金融機関はノーリスクで差額をゲットです。
他条件についても基本は同じです。あるオプションを仕入れて、それらをパッケージにして、より悪い条件で顧客に売っているのです。

組み合わせるオプションが増えれば増えるほど複雑怪奇になり、たくさんの手数料を抜かれることになります。( =顧客にとっては損)


商品を仕入額より高く売るのは商売の基本ですので、金融機関を絶対的に悪だという気はしませんが、少なくとも顧客にとってお得な商品ではないことは間違いありません。

「早期償還条項付ノックイン型225連動デジタルクーポン債券」などと言われるやつですね。


まず、2点ほど確認してください。

(1)満期は1年ですか?
デジタルクーポン債で1年はあまり見ないのですが。満期は7年。1年目の利率が12%で、以後は判定日の日経平均価格によって異なるのようになっていませんか?

(2)通貨は円建てですか?




そして、本題です。

>仕組債という金融商品は安全だと思っていいでしょうか。

いいえ。
このようなノックイン債で大損を出した人はたくさんいます。そし...続きを読む

QAP と GL って何?

大変、安直な質問なのですが、経理用語というか経理パッケージによく記載され
ています。「AP」と「GL」というのがありますが、これは一体何の略で日本語に
訳すると何というのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

AP--> Accounts Payable
直訳すると「支払勘定」
一般的には、買掛金、未払勘定、未払金のことなのだと思うのですが、通常経理用語として日本語にするときは「買掛金」となっていることが多いと思われます。

GL--> General Ledger
直訳すると「総勘定元帳」

基幹システムにおいては、GLと呼ばれる「会計モジュール」を中心に、APと呼ばれる「支払/買掛管理モジュール」、ARと呼ばれる「売上/売掛管理モジュール」を組み合わせてシステム構築・運用をすることがあります。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q受取配当金の源泉税の計上時期について

初めまして。企業で経理業務を行っている者です。
自分が担当している業務の中で不明な点があったため質問させて頂きます。
2004年度の3月末に、私が勤めている会社の子会社で配当決議が行われ、2005年4月に配当金が入金されました。
私の会社では継続適用を条件に配当決議日に配当金の収益計上を行っています。
この場合に1.源泉税の計上を受取配当金の計上時に行うのか、それとも2.入金時に行うのかで悩んでおります。

仮に配当を100受け取ったとして、1.の場合は
・2005年3月末(2004年度) 配当決議日
未収入金 80 / 受取配当金 100
源泉税  20
・2005年4月(2005年度) 入金時
現金   80 / 未収入金   80

2.の場合は
・2005年3月末(2004年度) 配当決議日
未収入金 100 / 受取配当金 100
・2005年4月(2005年度) 入金時
現金   80 / 未収入金   100
源泉税  20

今は2.で処理を行っているのですが、これはどちらが正しい処理なのでしょうか?
根拠条文等も教えて頂ければと思います。
よろしくお願いします。

初めまして。企業で経理業務を行っている者です。
自分が担当している業務の中で不明な点があったため質問させて頂きます。
2004年度の3月末に、私が勤めている会社の子会社で配当決議が行われ、2005年4月に配当金が入金されました。
私の会社では継続適用を条件に配当決議日に配当金の収益計上を行っています。
この場合に1.源泉税の計上を受取配当金の計上時に行うのか、それとも2.入金時に行うのかで悩んでおります。

仮に配当を100受け取ったとして、1.の場合は
・2005年3月末(2004年度) 配当決...続きを読む

Aベストアンサー

法人税法基本通達 16-2-2
(未収利子又は未収配当等に対する所得税の控除)
では1.の場合も認めると言う規定で
原則は入出金日処理です。
1.2.とも認められているのですから、現在2を採用しているのでしたら変更せず、継続することが要請されるでしょう。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/houjin/16/16_02.htm

Q確定申告。持株会退会で。

昨年会社員の夫が、社員持株会(一部上場)を退会し積み立てていた全株を現金化しました。源泉徴収は受けましたが、確定申告が必要とのことで、今国税庁のホームページなどを見て作成中なのですが、持株会の退会については詳しく出ておらず、わからないことがあり、詳しい方にお尋ねします。持株会会員投資計算明細書と証券会社の取引報告書が手元にありますが、その計算明細書には取引に振替と清算でそれぞれ簿価金額や等が明記されてます。取引報告書は、普通取引となっており、売り付けで受け取り金額が書かれてあります。特定口座を使っていないようなのですが、特定口座無しの普通の株売却と同じ扱いで申告するのでしょうか。持株会を退会という場合、みなし取得費の特例は使えるのでしょうか?
持株会は、平成11年まで積み立てて以後休止しておりました。退会は昨年6月です。
自分の状況がわからずお恥ずかしいですが、上記2点について、アドバイスをおねがいします。

Aベストアンサー

お返事を読みました。
>積み立てた過去の明細が全て揃っていませんし、端株は持株内の清算になってるようだったり・・

みなし取得価格を使われるんでしたら、一挙に解決ですね。端株も何の心配も要りません。清算というのは受け取った金額でしょうからみなし価格を株数に掛けたものを取得金額として差し引きすればいいわけです。

お手元のその明細を持参して税務署に行かれ、“このように取得は持ち株会で長年こうだが、みなし価格を使ったほうが有利なので使いたい”と明細を見せたほうが、平成13年10月までに取得したという証明にもなって丁度いいんじゃないですか?計算が面倒なところは(詳細がわからないので、もしかするとみなしを使うと売却金額より取得金額のほうが高くなる?だとしても単元株の方と有利に相殺できると思います)税務署の人と順を追ってやれば端株分もうまくできることと思います。
臆することはありません、みなしが使える場合は使ってかまわないと税制を改正した折にしたものですから、頑張ってください。

Q関税の仕訳教えてください!!

輸入した際にかかる関税についての仕訳なんですが・・

立替金 運賃 94,930
    ターミナル 4,044
    保険料  4,482
    関税   77,400
    消費税  82,400
    地方消費税  20,600

通関諸掛  通関料 11,800  
      取扱料 6,000  
      貨物配達料 5,500

支払い合計 307,731円

なのですが、仕訳が解りません・・

輸入運賃なのか?輸入仕入なのか?宜しくお願いします。

    

Aベストアンサー

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取得価額)
第三十二条 第二十八条第一項(棚卸資産の評価の方法)又は第二十八条の二第一項
(棚卸資産の特別な評価の方法)の規定による棚卸資産の評価額の計算の基礎となる
棚卸資産の取得価額は、別段の定めがあるものを除き、次の各号に掲げる資産の区分に
応じ当該各号に定める金額とする。

一  購入した棚卸資産   次に掲げる金額の合計額

 イ 当該資産の購入の代価(引取運賃、荷役費、運送保険料、購入手数料、
   関税(関税法 (昭和二十九年法律第六十一号)第二条第一項第四号の二
   (定義)に規定する附帯税を除く。)その他当該資産の購入のために
   要した費用がある場合には、その費用の額を加算した金額)

 ロ 当該資産を消費し又は販売の用に供するために直接要した費用の額

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取...続きを読む

Q経理で言う「洗替」とはどんな種類の仕訳のことを指すのでしょうか。

経理で言う「洗替」とはどんな種類の仕訳のことを指すのでしょうか。
具体的な仕訳を挙げて説明していただけると助かります。

Aベストアンサー

#1さんがお答えになっているのが非常にわかりやすいと思います。
その例を使わせていただき、もう少し細かくすると。
例えば平成18年3月期に100の貸倒引当金を計上するとします。
(平成18年3月31日の決算仕訳)
貸倒引当金繰入 100 / 貸倒引当金 100
(平成18年4月1日の仕訳)
貸倒引当金 100 / 貸倒引当金繰入 100
ここで昨年のをすべて洗い替えるようにもどに戻します。
その上で平成19年3月の貸倒引当金が120とするなら
(平成19年3月31日の決算仕訳)
貸倒引当金繰入 120 / 貸倒引当金 120
とまた今年度分を仕訳します。

仮に「洗替」をしない場合には平成18年4月1日の仕訳は行わず
平成19年3月31日の仕訳で
貸倒引当金繰入 20 / 貸倒引当金 20
前年ですでに100は引当金を計上しているので残りの20だけ追加で
計上します。

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む


人気Q&Aランキング