『オーディオ常識のウソ・マコト』(千葉憲昭,1994,講談社)という本にこんな記述がありました。
 著者の息子は音楽好きで、ある有名オーディオ・メーカー製のコンポ(16万円)を買った。(略)
しばらくすると息子は疑問を抱き、こう言った。「CDから聴いた音がすっきりしない。」ここで著者は「コンポにグラフィックイコライザー(以下GEQ)なんて余計なものがついてるからだ。バイパスして直接メイン・アンプにつないでみなさい。」そして、そのとおりにした息子は満足したそうです。
 さらにその本の中には「GEQは諸悪の根源」とまで書いてあります。著者の主張はこうです。
・GEQで特定の周波数を持ち上げるには増幅器なしには行えない。余分な増幅回路を増やすことになるので、雑音・歪みが増加する。結果高音が汚れ、繊細感がなくなり、透明感がなくなる。
・特定の周波数にピークを作るということは、低域ならブーミーになりやすいし、高域は刺激的に、中域は歯切れの悪い音になりやすい。増幅回路でのピークは、その周波数付近で信号の「切れ」を悪くし、だらだらした感じになる。
 かなり理論的な本なので、素人の私には正しいように感じてしまいます。もし正しいのなら、「GEQをバイパスして直接メイン・アンプにつなぐ」ことを試してみたいのですが、普通の「ご家庭レベル」の5、6万円のコンポでできますか?また、「ご家庭レベル」の音量でも違いは分かりますか?できるだけフラットかつクリアな音で楽しみたいのです。どうかよろしくお願いします。素人なものでピントはずれな質問ならすみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

オーディオに関しては、良い音という事のとらえ方が難しい問題だと思って


います。
計測器的な意味では、途中に入る物が少ないほど良いに決まっています。
ただ、同じ増幅度を得るのに、1段で無理をするか楽に2段で処理するかと
いうことになると、悩ましいことになります。要点としては、必要無ければ
無い方が良い。ただし、必要があるなら、無理してがまんするより適当な回
路を入れて安定させる方が良いということになります。
オーディオ回路では、もし、音量以外に調節する必要が無いならば、CDの
出力を、良質の可変抵抗器を通して(パワーアンプに音量調節があるなら不
要)直接パワーアンプに入れれば良いのです。入力の切り替えや○○の調節
とか言い出すとその分の回路が増えます。これらを不要物と見るか、必要悪
と見るかが要点だと思います。

御質問にある文については、個人的にはあまり理論的には感じないのですが、
大意で大きな間違いは無いと思います。イコライザやフィルタ回路について
は、多くの専門の書籍があります。通過帯域に利得が平坦で無い部分を作る
と、その部分で位相の回転が生じ、この部分の回路が多少でも非線形であれ
ば、高調波にかかわる歪みを生じたり(オーディオでは音色の変化としてあ
らわれる)することになります。これは、回路設計でかなり軽減できますし、
最近、一部に見られるようなDSPを使った方式ではほとんど問題になりま
せん。いずれにしても、きちんと利用心的に設計した回路であれば、問題が
無いことは無くてもその影響は小さいということです。ただし、こういう物
はそれ相応に高価です。

さて、以下は個人的な見解ですが、フラットな音とはどんな音でしょうか。
演奏時や録音時の環境から再生する機器や部屋まで、トータルに考えて伝送
特性的に平坦にすることが可能でしょうか。録音時には、部屋や集音機材の
音響特性を考慮して、イコライザなどで処理しています。こうして、記録媒
体としてフラットに似せた状態にしているのですが、特定のジヤンルの音楽
では、一般的な部屋や家庭用の機器を想定した音づくりをしています。これ
を再生する機器や部屋の特性が、CD等を製作した際に想定されている特性
と大きく異なっていれば、おそらく、録音の際に意図したのとは違う音にな
るはずです。昔のレコードのマスタをそのままCDで発売した盤で、ひどい
音に聞こえる物が多いのはこのためです。現在の再生環境が、当時の一般的
な再生環境とは大きく異なっているためです。クリアな音という点でも同じ
です。再生装置の回路で不要な成分が増えて音が不明瞭になることもあるで
しょうが、たとえばスピーカーが再生しきれない帯域の音が多量に含まれて
いたり、部屋が特定の周波数に共振するような場合は、電気系でそれらの成
分を軽減する(ノッチフィルタなど)と、おどろくほどクリアに聞こえます。
実際、現在の多くの音楽ソースでは、製作の段階でいろいろな電子処理を施
されています。電子楽器の演奏なんて、最後にスピーカーから出るまで音で
あった事が無い訳です。また、CDなどのデジタル録音再生は、フィルタ回
路(やDSPなど)の塊です。

現在使用しているイコライザに不満があれば、それをバイパスするのも良い
方法でしょう。しかし、イコライザを必要とする場面があるなら、必要悪と
割り切って、少しでも質の良いイコライザを必要な時だけ使うようにすると
良いと思います。
なお、音場補正には、グラフィックイコライザよりもパラメトリックイコラ
イザの方が有効な事が多いです。また、このような用途専用のプロセッサが
いくつか発売されています。デジタル処理で、いくつかの設定をプリセット
できるので、最近の映画館やホールでは使っている所が多いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。納得しました。私は「CDの製作者が意図した音」で聴きたいと考えており、そしてその音をフラットと捉えていたんですが、おっしゃる通り、聴く環境も違うし再生機器も違うわけで、完璧に「製作者が意図した音」なんて聴けない・・・。というか、製作者やサウンドエンジニアが、リスナー個人個人のオーディオ環境まで考えてミックスダウンするなんてちょっと不可能ですよね。ありがとうございます。納得できました。

お礼日時:2001/11/16 23:45

基本的には正しいですが、それは「理想的な音響特性をもった部屋」で聞く場合に限ります。

普通、オーディオを部屋で聞く場合、部屋の中にはタンスやカーテンやベッドや机などがあって、その障害物がの音の反射したり吸収したりしてしまいます。それを元の音に近いように特性を修正してあげるのが、グラフィックイコライザーの目的です。
もちろん著者が言うとおり、過度な操作は音のひずみを招きますが、0dbを中心に必要最小限の調整をすることで、部屋の音響特性を補正できれば、マイナスを補って余りある効果が得られるはずです。
ですから、グラフィックイコライザーの摘みを大きくカーブさせてひとつの波のように並べるのは論外です。あくまでも補正したい周波数だけを持ち上げたり下げたりするのです。

>普通の「ご家庭レベル」の5、6万円のコンポでできますか?

最近のミニコンポではグライコをパスすることは出来ない機種ばかりです。これらの価格帯の機種は、グライコを使用して音を演出することを前提としておりますので、元々のアンプの周波数特性は軽視されておりますので、グライコをパスしたところで、音がよくなるわけではありません。

どうしても・・・ということであれば、ミニコンポの背面についているCDのLINE-OUT端子がついていれば、安い単体のプリメインアンプを購入してそこのLINE-INに接続するしか手段はありません。しかしミニコンポのスピーカーがアンプに繋げられる可能性が低いため、スピーカーも新たに購入する必要があるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。なるほど、あくまで必要最低限ですね。部屋で音楽を聞く、その環境も個人個人違うわけですから、普及品のミニコンポはグライコ使用が前提なのですね。大変参考になりました。
 このカテゴリーの過去質問では、「理想的な音響特性をもった部屋ならば・・」との回答が多いような気がするのですが、そんな部屋に住みたいな、という今日この頃です!

お礼日時:2001/11/16 23:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGパンとTシャツと羽織りシャツの着こなしで

GパンとTシャツでの着こなし方では、TシャツはGパンに

入れないと思うのですが、Tシャツ1枚では少し肌寒い時なんかに

軽く羽織れるシャツ(前ボタンの長袖や半そで)を羽織る場合は

TシャツをGパンの中に入れますよね?

そこまではいいのですが、少し暖かくなって途中羽織っているシャツを脱ぐ時

Tシャツはどうしますか?

ズボンに入れたままか? それか、Tシャツの下の方がシワクチャになっていても出すか?

Aベストアンサー

軽いシャツなんかを羽織る時も入れないでいいと思いますよ。
シャツよりもTシャツの方が長くてスソが出てしまうなら前を閉めなければいいと思います。

Q部屋の高音域のピークをなくす方法について

いつもお世話になっております。
私、オーディオを趣味としております。今の部屋に越してきてから機材をそろえました。しかし聞き込んでいるうちに段々高音域の強い楽曲で耳のつまりのようなものを感じるようになり、簡易なスペクトルアナライザーで測定したところ、約15khzのあたりに大きなピークができていることがわかりました。音楽をかけていなくても観測できますので、部屋自体の問題かと思います。

そこで、なにかしら対策をしたいのですが、なにか有効な方法をご存知の方いらっしゃいましたら、お教え下さい。

部屋は7畳の横長洋室になります。1kの部屋ですのでオーディオ以外にもたくさんの家具があります。
わかり難いかとおもいますが、どうかご回答下さい。お願いします。

Aベストアンサー

音を鳴らしていなくても観測されるのであれば、スピーカーの問題ではありません。また、アンプの問題でもありません。

しかし、15kHzとなると、そうそう室内音響が原因でピークができるとも思えません(もし出ているとしたら、日常生活の中でも「耳が痛い感覚」があるのではないでしょうか)。家電製品やパソコンなどの出すノイズ(たとえば液晶パネルのバックライト駆動回路など)か、マイクなど測定機器の問題か、という気がします。測定に使われている機器は、具体的に何でしょうか?

物差しは、「目盛りが正しいと信頼できて初めて」物差しとして役立ちます。少なくとも、「この物差しは本来より10%短く表示される」と知っていなければ、まったく検討外れの方向に行ってしまいます。まずは、その測定結果が信頼に足るものかどうか、確認する必要がありそうです。

もっとも、部屋のほうは部屋のほうで、それとは別に「高音が耳につきやすい環境」になっている可能性は、もちろん否定できません。そちらについては、別途対策を考えれば良いでしょう。たとえば、すぐに使わない家具には布を被せるとか、壁にタペストリを掛けるとか、模様替えや家具の向きを変えるのも効果のある場合があります。フローリングであれば、スピーカーと視聴位置の間の床に敷物を敷くのも効果的です。

音を鳴らしていなくても観測されるのであれば、スピーカーの問題ではありません。また、アンプの問題でもありません。

しかし、15kHzとなると、そうそう室内音響が原因でピークができるとも思えません(もし出ているとしたら、日常生活の中でも「耳が痛い感覚」があるのではないでしょうか)。家電製品やパソコンなどの出すノイズ(たとえば液晶パネルのバックライト駆動回路など)か、マイクなど測定機器の問題か、という気がします。測定に使われている機器は、具体的に何でしょうか?

物差しは、「目盛りが正...続きを読む

Q重ね着用の長袖Tシャツについて

長袖Tシャツを半袖Tシャツの下に着たいと思っていますが、色や種類について迷っています。

下に着る長袖Tシャツの色はなるべく半袖Tシャツと同じ色の方が無難でしょうか?
(半袖Tシャツは黒か白です)
長袖Tシャツの袖口がリブになっているものや、リブになってないものがあったのですが、どちらが重ね着用として合いますか?

アドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1さんの仰る様に

白に黒、黒に白は必ず合います。
白や黒だと他のパンツやアウターとも組み合わせ
し易いのでオススメですね^^

半袖のシャツに柄がついているならその柄と
同系色のロンTにすると格好良いです^^
逆に無地なら黒シャツなら白のロンTに
シルバーのネックレス、
白シャツなら黒のロンTに黒や黒系のレザーの
アクセを付けるとお洒落ですよ^^

反対色のものはアクセントがついて良いですけど、
同系色のものもまとまりがあって良いですよ?
(同系色は同じ色って意味ではないです・笑)
例えば茶系でまとめると落ち着いた感じになります。

私個人的にはロンTはリブじゃない方が好きです。
上からジャケットでも羽織るならリブの方が
しっくりきますけどね^^

個人の趣味なので余り参考にならないかもですけど
頑張って下さいね♪

Qスピーカーの周波数帯域の違い

ホームシアター用のスピーカー選びで一つ聞きたい事があります。

私は、全くの初心者で詳しい事は分かりませんが、デザインと価格帯からヤマハの「NS-10MMT」を使用した「NS-P610」のセットが良さそうだと思っています。(下記アドレス参照)
しかし、「NS-10MM」を使用した「NS-P510」(旧機種?)が安く手に入りそうなので、迷ってます。「NS-10MM」と「NS-10MMT」の違いは再生周波数帯域が「10MMT」の方がワイドレンジとなっているそうですが、その違いは耳で聞いても判る程なのでしょか?
私は、あまり音質にはこだわりませんが、できればその違いを教えて下さい。

また、スピーカー選びのポイントとして、何を目安に選んで良いのかも分かりませんので、アドバイスやおすすめがあれば紹介して欲しいです。
5.1chスピーカーのセットで4~5万円程度の予算でメーカーには特にこだわりません。

ちなみに下のアドレスはヤマハのスピーカーのページです。
http://www.yamaha.co.jp/product/av/jpn/prd/speaker/index.html

ホームシアター用のスピーカー選びで一つ聞きたい事があります。

私は、全くの初心者で詳しい事は分かりませんが、デザインと価格帯からヤマハの「NS-10MMT」を使用した「NS-P610」のセットが良さそうだと思っています。(下記アドレス参照)
しかし、「NS-10MM」を使用した「NS-P510」(旧機種?)が安く手に入りそうなので、迷ってます。「NS-10MM」と「NS-10MMT」の違いは再生周波数帯域が「10MMT」の方がワイドレンジとなっているそうですが、その違いは耳で聞いても判る程なのでしょか?
私は、あまり音...続きを読む

Aベストアンサー

 shogooさんへ

 旧モデルの≪NS-P510≫が安く手に入るのであれば そちらの方が絶対に「買い!」です。 再生帯域周波数の差は 判らないと思います。 最低域周波数が88Hzから75Hzに改善されていますが 組み合わせる「スーパーウーファー」は≪YST-SW45≫と共通です。 NS-10MMは単品で聴いても立派な音がが出てきます。 SW45との繋がりは最高です。

 NS-10MMTは 「リアバスレフ型」により低域を伸ばしていますので スピーカー背面の材質/背面からの距離などが 大きく関係してきます。 一方10MMは 「密閉型」ですので バスレフに比べ背面の影響力は少ないですネ。  それに10MMの方が圧倒的にデザインがGooです。 お店で見比べてください。 見れば解ります!

 選択のポイントは・・・  セット商品を購入される場合は 単品での販売がされているモデルの方が後々良い結果を出すでしょう。 NS10MMはOK!  後のグレードアップの時など 他のチャンネル(リアセンターとか)へそれを使ってもクォリティーの高さを維持できますから・・・

 

 shogooさんへ

 旧モデルの≪NS-P510≫が安く手に入るのであれば そちらの方が絶対に「買い!」です。 再生帯域周波数の差は 判らないと思います。 最低域周波数が88Hzから75Hzに改善されていますが 組み合わせる「スーパーウーファー」は≪YST-SW45≫と共通です。 NS-10MMは単品で聴いても立派な音がが出てきます。 SW45との繋がりは最高です。

 NS-10MMTは 「リアバスレフ型」により低域を伸ばしていますので スピーカー背面の材質/背面からの距離など...続きを読む

QTシャツの下に肌着は着ないのが当たり前なんですか?

普通は、Tシャツの下に白い肌着(下着)は着ないんですか?

Tシャツの色に関係なく、Tシャツの下に白い肌着は着ない方がいいんですよね?

Tシャツは元々は肌着だったから、Tシャツは肌着の代わりに着用するものだという事を初めて知ったので・・・

Aベストアンサー

こんにちは
早速ですがそれは人によりけりだと思います。
肌着を着ける人も居るでしょうが着けない人も居ます。
僕は基本的にTシャツの下に肌着は着ません。
今の季節ですと暑いですから・・・
ただ肌着は汗を吸収するのが役目の一つですから矛盾しているかもしれませんね(汗
制服などの場合肌着の代わりにTシャツを着る人もいますし、
そこのところは気分しだいですね。
まぁなにがなんだかよく分からない回答で申し訳ないですが
質問者さんの好みで着けたり着けなかったりでいいと思いますよ

Qこの商品の再生周波数帯域を教えてください

下記URLの再生周波数帯域を教えてください。仕様にも書いていなくて・・。
http://www.victor.co.jp/audio_w/home/ux-dm8/index.html

http://www.maxell.co.jp/jpn/consumer/speaker/vraison_vrsp4000/index.html
↑この製品は再生周波数帯域がかなりいいみたいですが、この製品と比べてみるとどうでしょうか・・?やはり音の良さは再生周波数帯域に注目ですよね。

お願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして♪
 最初は「周波数帯域」から 興味が出たのを思い出しました~(^o^)

昔、スピーカーのカタログを見ながら 80センチスーパーウーファーと8センチフルレンジとリボンツイーターで 15Hz~100KHzの世界最高のスピーカーが出来ると 本気で妄想してました(笑)

今では 中音域の充実度と 低音と高音の癖が少ない物を選ぶ様になりましたよ。

まぁ、自動車で例えたら 最低速度と最高速度を表示しているようなデータ(もしくはエンジンの馬力?)ですから、乗り心地や燃費などはわからないデータスペックですね。

スピーカーのチョイ聞きでは J-Popの場合なら ベースの音程が聞き取れるか? 違うバンドなのにバスドラの音が同じに聞こえないか? ボーカルの歌詞が聞き取りやすいか? ドラムのシンバルとハイハットの音がちゃんと聞き分けられるか? (低音 中音 高音のチェッく~) これがクリア出来たら 音楽もドラマも映画もネットラジオも楽しめるはずです(と 勝手に言っている 持論です~♪)

 メーカーのうたい文句に惑わされず、気に入った物を じっくり探してみてください。 がんばってくださいネ(^o^) ノ”

はじめまして♪
 最初は「周波数帯域」から 興味が出たのを思い出しました~(^o^)

昔、スピーカーのカタログを見ながら 80センチスーパーウーファーと8センチフルレンジとリボンツイーターで 15Hz~100KHzの世界最高のスピーカーが出来ると 本気で妄想してました(笑)

今では 中音域の充実度と 低音と高音の癖が少ない物を選ぶ様になりましたよ。

まぁ、自動車で例えたら 最低速度と最高速度を表示しているようなデータ(もしくはエンジンの馬力?)ですから、乗り心地や燃費などはわか...続きを読む

QTシャツにできる小さな穴って・・虫食い??

最近Tシャツによく小さな穴(5mmくらい)があきます。
彼と同居していますが、彼のTシャツだけにあきます。
これは虫食いが原因なのでしょうか?
できるのはTシャツだけで、普段よく洗濯するものだけにあきます。
Tシャツはハンガーで干して、そのまま畳ますハンガーにかけて保管しています。
私のTシャツにはあかず、彼のTシャツだけにあくのは何故でしょうか?原因は虫食いではないのでしょうか。
素材は二人とも綿のTシャツです。

Aベストアンサー

こんにちは、

>これは虫食いが原因なのでしょうか?
虫食いではないとおもいます。虫は毛などの動物性の生地を食べます。
綿は食べないと思いますよ。

Tシャツはニット地ですから一本糸が切れるとセーターやストッキングのように伝線していきますので、どんどん穴が広がって行きます。

何かカバンやシートベルト、マジックテープなど引っ掛かりのあるもので擦れたり、こすれてませんか。心当たりを探ってみて下さい。

Qスピーカーの周波数帯域の拡大について教えてください

超音波発信子を扱ったスピーカーの周波数帯域の拡大について教えてください。

超音波発信子を扱ったスピーカーの音質向上についての質問です
現在扱っている超音波発信子を扱ったスピーカーの音質向上は可能なのか?と悩んでいます

一つの案として現在、周波数帯域を広げられないか?と考えました。
しかしどのように超音波発信子を扱ったスピーカーの周波数帯域を広げればよいか悩んでいます。

意見・アイディア等を聞かしてください
よろしくお願いします。


補足下のアドレスは使用しているスピーカーのページです
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-02617/

Aベストアンサー

超音波 (可聴音波を超える帯域) で可聴音波を出すには Modulation (変調) を行っている筈ですが、Modulation には
AM (Analog Modulation):Radio の AM 放送に用いられている Modulation 方式
FM (Frequency Modulation):Radio の FM 放送に用いられている Modulation 方式
PCM (Pulse Code Modulation):Digital Audio で用いられている Modulation 方式
などがあり、どの方式を用いているかの情報が先ず必要になります。

一度、可聴音波に変換された (Demodulate された) 音波振動は Enclosure (Speaker を入れる箱) の構造によって低音域を共鳴増幅させることなどが可能ですが「無い音を創り出す」方式では「周波数帯域を広げる」ことにはならないでしょう。

例えば 100Hz の音に共鳴して 100Hz の音響 Energy を何倍もの大きさに増幅できる Bass Reflex Enclosure、或いは 1kHz の音に共鳴して 1kHz の音響 Energy を何倍もの大きさに増幅する Horn Radiator などはいずれも 100Hz や 1kHz といった原音がなければ共鳴現象を起こしませんが、原音があれば 2 次 (或いは n 次) の高調波共鳴を起こします。

このことから 1kHz の原音に対して 2kHz (2 次) や 4kHz (3 次) の共鳴を起こさせて 2kHz や 4kHz の音を出させることは可能でしょうが、元々の原音には無い音ですので周波数帯域を拡大させているわけではありませんね・・・この手法は PIONEER の LEGATO LINK といった Music CD Player の技法として用いられています。

原信号の周波数帯域を拡大するには Modulation Software Program 自体を書き換えるしかありません。

このため御使いの超音波発信子を制御している Software がどんなものであるのか (どのような Modulation を行っているのか)、Modulation の改造 (Software に手を入れること) が可能なのか、超音波発信子がその改造に対応しているのか、といった情報が必要になります。

Power Amplifier からの Analog Audio 信号で駆動する Speaker Unit ではなく、AM なり FM なり PCM なりの駆動方式に変調されてから駆動される Speaker Unit ですので、駆動制御系に手を入れるしかありません。

超音波変調駆動素子は最終的な音波帯域とは無関係の周波数帯域で駆動されていますので、もしも手を入れられるようでしたら面白い実験ができそうですね。

例えば Class D Amplifier と呼ばれる PCM 駆動の Amplifier は PCM Carrier 周波数さえ出力できれば良いので素子そのものの周波数特性は非常に狭いものなのですが、音波変換された音は殆ど直流に近い低域から PCM Carrier 周波数の半分まで理論上は Flat な Response を有する驚異的な周波数特性を持っていますし、Class A や Class B の Transistor 式 Amplifier では低音再生能力向上に電源 Condenser の特製が大きく影響するのに Class D Amplifier では Pulse 発振に必要な容量さえ確保されていれば良いので驚異的な低音再生能力を持っていたりします。

超音波発信子も最終的な周波数特性とは無関係の発振周波数域で動作しているのでしょうから制御 Program 次第では驚異的な性能を発揮することができるかも知れません。

発音源からは音が殆ど聞こえないのに反射壁や超音波が干渉する空間域にひょっこりと音源が浮かび上がり、しかも発音素子の大きさから信じられない極低音域から超高音域まで低歪率で楽々と再生する・・・なんて魔法のような Speaker System が将来出てくるかも知れませんね。

そんな Program の第一人者になっていただけませんか?

超音波 (可聴音波を超える帯域) で可聴音波を出すには Modulation (変調) を行っている筈ですが、Modulation には
AM (Analog Modulation):Radio の AM 放送に用いられている Modulation 方式
FM (Frequency Modulation):Radio の FM 放送に用いられている Modulation 方式
PCM (Pulse Code Modulation):Digital Audio で用いられている Modulation 方式
などがあり、どの方式を用いているかの情報が先ず必要になります。

一度、可聴音波に変換された (Demodulate された) 音波振動は Enclosure (Speaker を入...続きを読む

QTシャツ不可とは?

今度試合に出場することになったのですが、申し込みのときにもらった紙に、服装・・・テニスウェア着用(Tシャツ不可)って書いてありました。Tシャツ不可ってTシャツを着ちゃいけないってことですよね?
でも私は普段Tシャツを着てプレーしています。Tシャツ不可ってことは何を着ていけばいいんでしょうか。

Aベストアンサー

他の回答者はちょっとずれてるような、、。

Tシャツというのは綿でできた、街で着ているような物を言ってるのではないでしょうか。
テニスウェアでもTシャツといえばTシャツな物もありますよね笑
要するに襟の有無でなく「テニスウェア」といわれるものを着用しろという意味だと僕なら解釈します。

Q次のコンポのうち最もきれいな高音域がでるのはどれでしょうか?

次のコンポのうち最もきれいな高音域がでるのはどれでしょうか?

候補はビクターUX-GM55、オンキョーT-2CR、デノンD-MX11です。
ツィーターの大きさで判断してもよいのでしょうか?
ツィーターは、
UX-GM55・・・4cmコーン型
T-2CR・・・2cmバランスドーム
D-MX11・・・2.5cmソフトドームツイーター
です。

ご存知の方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

再び iBook-2001 です♪

お礼を書き込んで頂き、ありがとうございます。

さて、各社のサウンド傾向は、、、、

と、ここで言ってしまうとご質問者様にとって、先入観と成ってしまいますので控えておきますね。

別な見方から、製品選びのアドバイスをしておきます。

今回考えておられる価格帯の場合、趣味のオーディオと言うより、一般的な大衆オーディオ製品というジャンルに相当します。(趣味の分野ですと、片方のスピーカーが数万から数十万、、)

大量に販売して薄利多売を目指した製品群の場合、製品側の個性を強くして、店頭で比べた時の印象度を強くしようとする傾向があります。
つまり、コンポ側の音の個性が強い為に、短時間の視聴でキラリと輝いて聞こえたとしても、じっくりと長期間聞いて行く時にどのバンドのギターも同じような個性に脚色されて聞こえてくることにより、演奏者や楽器本来の個性が活かされない事に気付くかもしれません。

20年くらい昔にはオーディオ製品が儲かるジャンルで、電機メーカー全てが販売していたのですが、ご質問者様が上げられた3社はオーディオを重点に置いた昔からの専門メーカーと言えるブランドです。

意図的な個性(脚色)はそれなりに有りますが、度を超したサウンドでは無いと思いますよ。

ONKYOはその昔「音響」、DENONは「電音」、ビクターは蓄音機を造っていたアメリカのメーカーが発祥で、日本支社が独立後に本国のアメリカビクターが倒産したため、今では世界で生き残ったただ一つの日本ビクターです(そのためJVC ジャパンビクターカンパニーの略が、いまだに世界ブランドとして存在しています)

3種の製品を実際に聞いてみるのが最善でしょうけれど、ネットで製品を見た段階では機能が豊富な物、一体として置いた時のデザインがマッチしたもの、明らかにセンターユニットとスピーカーを別置きするデザインの物、、、

物の本によると、左右のスピーカと聞く人の位置は正三角形の頂点が理想などと言います。
まぁ、現実的にはスピーカーを置く面と人が2mでしたら、左右のスピーカー間隔は1~2.5m位が実用的ですかね。 さらに、スピーカーは耳の高さに合わせるか、若干低い位、音を聞きながらスピーカーを正面に向けるか、人の方向へ多少振り向けたりすることで高音の強さや音の広がり感を調整します。

低音感は、左右の壁や後ろの壁との距離を変える事で時には違う製品のように聞こえ方が変わって聞こえる事も有りますよ。

また、スピーカーは振動しますので、置く時の土台が肝心です。カラーボックスに乗せたりすっると、カラーボックス全体が大きく振動します。 カラーボックスが振動すると言う事はカラーボックスの共振が音として室内に出ていますから、本来の電気信号に無かった共振音が盛大に混ざってしまっている事になり、肝心な中音域を濁してしまいます。

どの機種を選ばれても大失敗は無いはずです。 しかし、初期には気付かなかった弱点等が徐々に判るようになると思いますので、機器の責任に押し付けず、上記のスピーカーの置き方を参考に数ヶ月から数年はイロイロ試してくださいね~☆

たまにはセオリーと逆の実験をして、どれだけ音が悪くなるか?なども経験値を上げるのに有効ですから、将来10倍以上の価格で本格的なマニアデビューする時にも豊富な経験は本質を見抜く実力に育って行くと思います。

私が小学生の頃にスピーカー工作をした時はナショナルのラジオに接続したスピーカーでした。中学生の頃にビクターのセットをしつこくねだり、買ってもらいました。その後、DENON(当時はカタカナでデンオンと)のアンプ、テアックのカセットデッキ、パイオニアのレコードプレーヤー、ケンウッドのチューナーと高校、大学まで買い増しをしまたよ。
スピーカーは最初のビクター製品も併用しながら、かなりの数を自作したり、自作スピーカを同級生に売ったお金でまた造ったり、、、
 私は、最高の音質へまっしぐら、と言う方向では有りませんが、音が変わるのが面白くていろいろ楽しんで来て、大人になっても当時程では有りませんがオーディオをいじって楽しんでいます♪

オーディオ製品は完全な物はありません。利用者にとってベストマッチの製品に巡り会ったからそれで終わり。では趣味として成り立ちませんから、たとえ1千万円の機器でも2万円の機器でもそれなりに上を目指す向上心と知識、機器を動かす体力などにより、音楽をさらに楽しんで行くようにしてください。

あぁ~、、また長々と書いてしまいました。ごめんなさい。

再び iBook-2001 です♪

お礼を書き込んで頂き、ありがとうございます。

さて、各社のサウンド傾向は、、、、

と、ここで言ってしまうとご質問者様にとって、先入観と成ってしまいますので控えておきますね。

別な見方から、製品選びのアドバイスをしておきます。

今回考えておられる価格帯の場合、趣味のオーディオと言うより、一般的な大衆オーディオ製品というジャンルに相当します。(趣味の分野ですと、片方のスピーカーが数万から数十万、、)

大量に販売して薄利多売を目指した製品群の場合、製品側の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報