「 大工町 寺町米町 仏町 老母買ふ町 あらずやつばめよ」

この作品の逐語訳、情景を教えて下さい。
相当せっぱ詰まってます(汗
あと、読み方も教えていただけませんか?
お願いします(土下座
ちなみに

大工町 寺町米町 仏町

は地名ですよね???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

遅い解答になったけど、ま、時間があったら読んでみてください。


ご質問の短歌は、寺山が監督した映画「田園に死す」をご覧になったら、分かりますよ!
「田園に死す」は自らの少年時代を軸に、現実と想像をさまよう作品ですが、
印象的なのが東北なまりで詠まれる寺山の短歌。
「だいくまち てらまちこめまち ほとけまち ろうぼかうまち あらずやつばめよ」と東北なまりで詠んでます。
町はすべて実在しませんが、ニックネームでそう呼ばれていた可能性は大いにあり。それがヒントになったかもしれませんね。
寺山はそれぞれの町で、生から死までを象徴するものというより、生活に必要最低限欠かせないもの、大工(新居や家の修理)、お寺(葬式・法事)、お米屋(ゴハン)、仏壇屋(仏壇や線香)を並べ、最後に今まで生活に必要だった母が老いて自分が独り立ちしたら、こんな老母なんか雇ってくれるところがあるんだろうか?やっぱり一生離れられないのかあというアキラメ半分、早く家出して独立したいという気持ち半分という複雑な心境を詠ってます。
このおっかさん、ものすごい気性の激しい方で、シューちゃんは死ぬまで悩まされつづけた。何せ寺山ハツさんはシューちゃんが喜ぶだろうと少年雑誌を買い与え、シューちゃんが本に夢中になって自分の話を聞かないと、その雑誌を火鉢に放り込んだり、女学生時代、何かでクラスメイトにケチをつけられ、裁縫バサミでケチをつけた相手を切りつけたり。
気に入らないことがあると、ぐわ~っとゴジラみたいに暴れるおっかさんで、しかも女性の汚い面を見せつけられたら、成人したらサヨナラしたいと思う。でも母親に金を送るだけで別居できる冷血なシューちゃんじゃなかったんで、その複雑な気持ちを短歌で昇華してるなあ。
映画「田園に死す」で主人公=シューちゃんにべったりつきまとう母親は親一人子一人でも尋常とはいえない。で、現実の自分が忌々しい過去の母親を殺そうとするんですが・・・。ビデオもDVDも出てます。
    • good
    • 0

こんばんは~~


う~~~ん
これ初めて読んだんですけど
普通の感覚では
母が恋しくて母を買いたいんじゃないの?かと思ったんですが
母を売る町なの?
そういう意味??
┐('~`;)┌
    • good
    • 0

 回答No.1の追加補足です。

(^^;)

 「もし母を疎ましくおもったらこんな心情になるだろう、ということを詠んだ歌」と書きましたが、寺山修司はけっこう現実ではない、フィクションを歌にする人ですから、この歌の心情が、そのまま寺山修司の自身の母親への心情ではないということを言いたかったわけです。ちょっと舌足らずな言い方でした。(反省)

 作者を抜きにこの歌だけを考えたら、母を捨てたくなるほど母の存在がうとましくなっている気持ちを詠んだ歌と考えていいと思います。それも、寝たきりで介護が大変とかいう現実的な理由が大きいのではなく、多分に心情的なものからくるうとましさではないかと思います。
    • good
    • 0

 あれっ、なかなか回答がありませんね。

私なんかが出しゃばらなくても、寺山ファンの方はけっこう多いだろうから、誰か詳しくコメントしてくださるだろうと期待していたのですが。

 ええと、まず読み方は「だいくまち てらまち こめまち ほとけまち ろうぼ かうまち あらずやつばめよ」でいいですかね。

 逐語訳は「大工町、寺町、米町、仏町と様々な名前の(したがってさまざまな暮らしぶりの)町があるが、私の年老いた母を買ってくれる町はないだろうか、つばめよ(教えてほしい)。」ぐらいかな。「~町」は具体的にどこの都市の地名ということではなさそうです。

 大工町や寺町は城下町として発達した都市ならどこにでもありそうな地名です。大工さんが集まって住んでいたり、宗教政策や都市防衛上の理由から寺院が集まって建てられていたりした地域です。
 米町は米屋さんが集中している町ということになりますが、ここらへんから少し現実離れしてくるんじゃないでしょうか。
 仏町というのはおそらく実在の地名ではないでしょう。現実的に解釈するなら仏壇屋さんの町ということになりましょうが、仏(のような心やさしい人)が集まってすんでいる町と理解してはどうでしょう。

 一種の「姥捨て」の歌ですかね。「面倒を見きれなくなってきた年老いた母を、買い取ってくれる町はどこかにないか、これほどいろんな町があるのだから、一箇所ぐらいはあってもいいんじゃないか。あったら教えてほしい、つばめよ。」
 自分を生んで育ててくれた母だから、山に捨てる訳にもいかず、追い出すわけにもいかず、まして殺すわけにもいかない。しかし、このままでは老母の存在が自分にとって負担でしかたがない。なんとかしたいという感じでしょうね。
 つばめは渡り鳥としてあちこち飛び回っていて、いろんなことを知っているはずだから尋ねているんだと思いますね。「地上の星」のありかなんかも教えてくれそうですし。(^_-)
 それに巣作り・子育てのイメージの強い鳥であることも関係しているのかな。

 ともかく、特定のどんな場面のどの情景での歌というより、もし母を疎ましくおもったらこんな心情になるだろう、ということを詠んだ歌だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寺山修司のような短歌

寺山修司のように、虚構(フィクション)を好んで歌った歌人を探しています。
特に人生や生活の中の「私」からの解放を感じられる作品が良いです。
お勧めがありましたらお願いします。

Aベストアンサー

少し方向性は違いますが、
春日井 健 などいかがでしょうか。特に初期。

寺山修司と同人誌『極』を発行していた歌人の一人です。
ちなみに、同人には塚本邦雄、岡井隆が加わっていたと思います。

Q寺山修司の作品について

最近、学校の授業でいくつかの寺山作品を目にする機会があり、好きになりました。
それでビギナーとしてはどの詩集から読んだらいいのでしょうか?できれば文庫で出ているといいのですが。
教えてください。

Aベストアンサー

詩人としても劇作家としても才能を発揮した人ですが,
何より歌人としての寺山修司の才能には
刮目すべきものがあります。
というわけで,
私は「寺山修司全歌集」をお薦めします。

余談ですが,
私の友人の父親は
たまたま参加した歌会で寺山と同席したことがあるそうです。
私自身は安部公房の芝居を観に行ったとき,
遅れてきて斜め前の席に座った客をよく見ると
寺山だったという経験があります。

参考URL:http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0413.html

Q寺山修司の・・・

こんばんわ☆
最近寺山修司にはまりました。寺山修司少女詩集を読んだのですが、その中にある
「なみだはにんげんのつくることのできる一ばん小さな海です」
というのが好きです。これを読んでいてふと思ったのですがこの詩にある海とはいったいどういうものを表しているのでしょうか?みなさんはどう考えられますか?

あと、海に関するおすすめの詩やおすすめの詩集(海以外でもOKです!)などないでしょうか?あれば教えてください。


よろしくおねがいします♪

Aベストアンサー

寺山さんの言葉にはとてもかっこいいものが多く、
私もその『一ばんみじかい抒情詩』は好きなもののひとつです。
小さいものと大きなものの対比が面白いですよね

野暮を承知で言うなら
人間の遠い祖先は魚だったらしく
かつては海から生まれ水中に暮らしていたとか。
そのなごりで、人間の涙と海水はとてもよく似た成分だとか。
母の胎内の羊水も海水に似ているそうです。
寺山さんの作品には「母」にこだわったものも多く、
この詩の海も、母なるものの象徴でもあるでしょう。

寺山さんの海と言えば
ちょっとさびしい時にだまってみつめる海・・・

『猫の航海日誌』もおすすめです。

Q寺山修司の短歌

長年寺山ファンをやっています。
この間高校の国語の教科書に寺山さんの短歌を見つけ、喜んで見ていました。そしたらその中に、「一本の樫の木やさしそのなかに血は立ったまま眠れるものを」という短歌が載っていて、その下に、「血とはなんの比喩か」という問題が載っていました。よく解らなかったので教科書ガイドを見たら、「孤独と反抗の心を表している」と書いてありました。ちょっと納得いきません。というか、よくわかりません。「血は立ったまま眠っている」の戯曲を読んでみたら、確かに孤独と反感の心がかかれているように感じましたが、血の比喩といわれると、えー?って、思ってしまいます。詩の意味もわからないようじゃファン失格です。困ります。
だれか、どうして血の比喩が孤独と反感の心なのか教えてください。

Aベストアンサー

mayaroさん、こんにちは。

教科書にかかれているものがすべて正しいとは
かぎりません。

数学などは答えが決まっているものもありますが
国語などで、作者の考えはどれか4択でえらべ
などという問題は、自分の納得できないものが
正解になることがあります。

自分は、国語の試験とか問題って言うのは
ほとんどその人その人、違う考えをもっているので
本当はどれが正解ってきめるのは、間違っていると思うのです。
どうして、血の比喩が、孤独と反感の心かっていうことですが、
本歌取りについて、ご自分で少し調べてみてください。
なにかヒントのようなものがあるかもしれませんので。

「すべてのインテリは、東芝扇風機のプロペラのようだ。
まわっているけど、前進しない」    
 <寺山修司「あゝ、荒野」>



自分も寺山修司さんのファンです。
よろしければ、↓のページもみてください。
記念碑などの写真をみつけました。

http://www3.alec.ac.jp/~b97102/page/011-06.terayama.html

参考URL:http://www.threeweb.ad.jp/~nanten/air/space/text.html

mayaroさん、こんにちは。

教科書にかかれているものがすべて正しいとは
かぎりません。

数学などは答えが決まっているものもありますが
国語などで、作者の考えはどれか4択でえらべ
などという問題は、自分の納得できないものが
正解になることがあります。

自分は、国語の試験とか問題って言うのは
ほとんどその人その人、違う考えをもっているので
本当はどれが正解ってきめるのは、間違っていると思うのです。
どうして、血の比喩が、孤独と反感の心かっていうことですが、
本歌取りについ...続きを読む

Q寺山修司の…

寺山修司が昔JRAのCMをやっていたと思うんですが
その時に朗読されてた詩の内容が知りたいです。
探したんですが詩集にも出ていないようでした。
とても良い詩だったので、どこかの詩集に入っていないんでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

競馬のCMですね!シューちゃんがタロット占いやってるやつ。
平凡社の月刊太陽の寺山修司特集(1991年9月号)にCM画像すべてと詩が紹介されています。
この本は某ネット古本屋で2500円で販売中(高いなあ)。他の太陽は1000円前後なのですが、現在また寺山ブームにより値が上がってます。
もし、詩集が見つからず、上の太陽を購入してみようかと思われましたら、まず古本検索やネット・オークション、それにご近所の古本屋からお探しすることをお勧めします。
また、2500円でもOKもしくは購入について古本屋に聞いてみたいと思われましたら、フリメにお返事ください。
ここで古本屋を紹介しようかと思いましたが、それで売り切れてしまっては申し訳ないのでURL紹介しませんでした。

Q寺山修司

寺山修司が編集した詩集をもう一度読みたいのですが、正確なタイトルが分かりません。記憶していることは
1 「男」をテーマにした詩を選んでいる。
2 「錆びたナイフ」が掲載されている。
3 同じシリーズで、「女」をテーマにしたものもでていた(この
  記憶は少し曖昧)
4 1968年よりは前だと思う。

Aベストアンサー

たぶん、お役には立てないと思いますがご容赦ください。

またまた、たぶん…、新書館から出版された
「ひとりぼっちのあなたに」
「さよならの城」
あたりではないかと思います。

>1 「男」をテーマにした詩を選んでいる。
>3 同じシリーズで、「女」をテーマにしたものもでていた(この
    記憶は少し曖昧)
については少し勘違いされてらっしゃるかもしれませんね。
「男」をテーマに…というよりは、少女の心、瞳がとらえた「愛のイメージ」(受け売りです)を少年(男)の姿を借りて表現しているものと思います。
冒頭で申し上げた詩集も、新書館の「フォアレディースシリーズ」と銘打たれているのをみるとうなずけるものがあり、最近編集されたものでは「寺山修司少女詩集〔平成17年〕改 」に多くの詩が編みいれられてるものと思われます。(>「錆びたナイフ」は「「ひとりぼっちのあなたに」で読んだ記憶はあるのですが、定かではありません。「寺山修司少女詩集」の「海」にあったような気が、これもはっきりしないのですが、あります。)

>寺山修司が編集した詩集をもう一度読みたいのですが、正確なタイトルが分かりません。

詩そのものをもう一度お読みになりたいのであれば、
http://item.rakuten.co.jp/book/1766528/
この「寺山修司少女詩集」角川文庫にたくさん出ていると思いますのでお薦めいたします。
「1968年よりは前」のその詩集そのもの…宇野亜喜良のイラストが印象的でしたね…をご覧になりたいのなら、
http://www.artone.co.jp/feature/bn4.html
になると思いますが、残念ながら手に入れるのは難しいと思います。古書店を根気よくお探しになるか、戸板短大と酪農大の2図書館に置いてあるようなので、叶うならここで閲覧されるかだと思います。
http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/HolderList?txt_docid=NCID%3ABN15645898

冗長になりましたね、申し訳ありませんでした。適正な回答になっていないことを恐れるばかりです。

たぶん、お役には立てないと思いますがご容赦ください。

またまた、たぶん…、新書館から出版された
「ひとりぼっちのあなたに」
「さよならの城」
あたりではないかと思います。

>1 「男」をテーマにした詩を選んでいる。
>3 同じシリーズで、「女」をテーマにしたものもでていた(この
    記憶は少し曖昧)
については少し勘違いされてらっしゃるかもしれませんね。
「男」をテーマに…というよりは、少女の心、瞳がとらえた「愛のイメージ」(受け売りです)を少年(男)の姿を借りて表...続きを読む

Q寺山修司の短歌につぃて。

今度私は授業で寺山修司の
マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや
を説明することになりました。
ネットでいろいろ調べたのですが、
あまり詳しいことはのっていませんでした。
この短歌への情報がほしいです。
ぜひこの短歌について教えてほしいです。

Aベストアンサー

寺山修司の名作中の名作といわれる短歌ですね。
「身捨つるほどの祖国はありや」身を捨てるほどすばらしい祖国はあるのだろうか(いや無いのだ)
「マッチ擦るつかのま海に霧ふかし」濃い霧のかかる海を見ながらマッチをする(タバコを咥えているのかな)。寂寥感て感じかな。
いい短歌ですよね。

Q寺山修司の短歌について

今短歌を勉強しているのですが、寺山修司の担当になり、作品の出典を調べる事になりました。
しかしいくら検索しても出てこないのでここで質問させて頂きたいのです;

「大いなる欅にわれは質問す 空のもつとも青からむ場所」
という短歌の出典を教えて頂けないでしょうか?
知っている方いらっしゃったら回答お願いします。

Aベストアンサー

未刊歌集「テーブルの上の荒野」に入っています。
その中の「飛ばない男」の中にあります。

未刊歌集なので、単独の本はないと思うのですが、たとえば参考URLの寺山修司歌集の133ページに収録されています。

参考URL:http://www.kokubunsha.co.jp/archives/ISBN4-7720-0190-5.html

Q寺山修司はなぜすごいのですか?

たびたび本屋や図書館に行きますが、いろんな本に寺山修司が天才のように書いてあるのを目にします。彼のどこが天才なのでしょうか?一般にどのように評価されているのでしょうか?その彼の天才である事が生い立ちなど関連があると思われるようなものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

私は短歌が好きですので短歌のことだけしか知らないのですが、
寺山修司は独自の世界観を見事に創り上げていると思います。
独自の世界観=彼だけの短歌、とでもいいましょうか。
他の歌人とは一線を画しています。

寺山修司の世界だけを見ているとその素晴らしさはわかりません。
いろんな芸術、文学に触れてみると、
寺山修司の世界観の素晴らしさが際立ち、
よくおわかりになると思います。

Q仏作家:カトリーヌ・アルレーの作品について

こんにちは。
今日の産経新聞に、大意以下のような記事が載っていました。「関西TVで放映中の連続ドラマ『わらの女』のヒロイン:類子役を演じている女優・櫻井淳子が久しぶりの連ドラ主役に奮闘中。原作は仏の作家:カトリーヌ・アルレーの『わらの女』。しがない境遇の女性・類子が、ある資産家の花嫁募集告知に応じる。ところがそれは計略結婚だった。しかし類子はひるむ事なく、そのたくらみに踏み出していく」
これを見て、はっと思いました。
これは、今から10年前?にNHKーTVで放映されたドラマと同じ原作でしょうか。その時は、類子役が大空真弓で、老資産家が(確か)加藤嘉でした。
老資産家を殺した後、それを悟られぬよう気を付けながら資産家を車椅子に乗せ、大空真弓が車椅子を押すシーンをなぜか鮮明に覚えています。
どなたかご存じの方 よろしく御願いします。

Aベストアンサー

同じです。

TVドラマについては
「TVドラマデータベース」が参考になります。
ここの「ドラマ全文検索」で「タイトル&番組名」で「わらの女」
を入れると出てきます。30年前にNHKでドラマ化されています。
質問者さんの見たのは再放送?

http://www.tvdrama-db.com/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報