海ではナトリウムとカリウムの含有率が異なるのに、地殻ではどうしてナトリウムとカリウムの含有率は同じくらいなんですかぁ?教えてください!お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ナトリウム、カリウムは地球上にはかなり多量にまた広く存在し、おもに長石


・雲母などの成分として地殻中に広く分布しています。このため
ナトリウムのクラーク数は2.63,カリウムはナトリウムに次いで多く2.40です.

原始巨大大陸の表面に顔を出した花崗岩は、その主成分であるアルカリ長石が
雨水の加水分解を受けてアルカリ(水酸化物)やカオリンに変わっていきました。
2NaAlSi3O8+3H2O→2NaOH + Al2Si2O5(OH)4+4SiO2
  (アルカリ長石)  (水酸化Na) (カオリン)
  2NaOH + CO2 → Na2CO3 + H2O    
 (水酸化Na)   (炭酸Na)
水溶性の炭酸ナトリウム(Na2CO3)が多量に生成し、海水中に溶解していった。

これに対して、同じ長石・雲母に含まれていたカリウムは、イオンになると
土壌につかまりやすいため、海まで流れ着かなかったと考えられます。
鉱物の風化によって生ずるカリウムイオンはイオン化傾向(K Ca Na Mg Al
Zn Fe Ni Sn Pb H Cu Hg Ag Pt Au)が大きいので、土壌のコロイド状物質
に吸収されるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!!何故多いかって事をあちこっちの本をあさってもなかったので本当に助かりました(^O^)

お礼日時:2001/11/25 08:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【化学】カリウムとナトリウムの違いを教えてください。 ナトリウムは塩ですよね? カリウムは何ですか?

【化学】カリウムとナトリウムの違いを教えてください。

ナトリウムは塩ですよね?

カリウムは何ですか?

カリウムを摂取して大丈夫ですか?

あと融雪剤は塩化ナトリウム、塩化カリウムだそうなんで塩ってことですよね?

塩を撒いてもったいなくないですか?

融雪剤を舐めても大丈夫ってことですよね?

融雪剤が混じった雪を外国人が空港から降りてすぐに見た人生初雪に興奮して食べる。融雪剤付着の雪を食べても問題ないですよね。

Aベストアンサー

塩は、「しお」と読めば、普通は食卓塩のようなものを指します。化学式で書けば、NaCl です。「えん」と読めば、化学で広く、酸とアルカリ金属の化合物を指します。塩化カリウム(KCl)は、「えん」ですが、普通の意味の「しお」ではありません。

カリウムは、人間(人間だけではありませんが)に必要な元素です。カリウム異常によって、神経伝達に影響がでます。場合によっては、死にいたるものです。

Q炭酸水素ナトリウムの炭素含有率

0.30gの炭酸水素ナトリウムと4mlの塩酸を反応させて二酸化炭素を収集しました。(標準状態とします)

計算したところ、二酸化炭素の圧力は0.99898atmとなり、水上気圧は0.006028atmと書いてありました。これから炭素含有率を求めたいのですがやり方がよく分かりません。

CO2→C+O2 なので、molはどれも同じになってしまうように思います。
二酸化炭素は、炭酸水素ナトリウムの3分の1を占めいて、炭素は二酸化炭素の半分を占めいているので、1/3 * 1/2 という計算なのでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>二酸化炭素は、炭酸水素ナトリウムの3分の1を占めいて、炭素は二酸化炭素の半分を占めいているので、1/3 * 1/2 という計算なのでしょうか。宜しくお願いします。
???意味不明ですね。なんで式量を考えないのですか?
二酸化炭素の物質量を計算し、それに炭素の原子量をかければいいんじゃないですか?
炭酸水素ナトリウムの式量は約84、二酸化炭素の式量(分子量)は約44、炭素の原子量は12ですので、それぞれ、44/88、12/44になるはずですが。

Q硝酸カリウムが塩化カリウムに変化することってありますか? 硝酸カリウム

硝酸カリウムが塩化カリウムに変化することってありますか? 硝酸カリウムとイオウ、松煙を混ぜて火薬を作り、燃やした場合に、塩化カリウムが発生することってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

黒色火薬の実験ですね。
硝酸カリウムが酸素を供給して、硫黄と松煙(炭素粉末)が
参加されることによって爆発的に燃焼します。

硝酸カリウムは反応して酸化カリウムになると思われます。
No.1の方がおっしゃっているように、塩素が全くないので
塩化カリウムはほとんどできないと思いますが、松煙が天然の
素材で、不純物としてNaCl、KCl等を含んでいる可能性は
あります。
精製された素材で実験すると塩化カリウムはできないでしょう。

Q水の電気分解をする際に水酸化ナトリウムを溶かすと習ったのですが、これでは、水酸化ナトリウムの電気

水の電気分解をする際に水酸化ナトリウムを
溶かすと習ったのですが、
これでは、水酸化ナトリウムの電気分解に
なってませんか?

Aベストアンサー

はい、ご指摘の通り、水酸化ナトリウムの水溶液の電気分解では、完全な水の電気分解とは言えません。

陽極では陰イオンの水酸化物イオンが電気分解され酸素と水とになり、それで生じる電子が陽極へと渡されます。
陰極では陽イオンのナトリウムイオンが電気分解されてナトリウムにな……ることはありません。
ナトリウムイオンが電気分解されてナトリウムになる反応よりも、水が電気分解されて水素が発生する反応のほうがはるかに起こりやすいためです。

ということで、陰極での反応はまさしく水ですが、陽極で分解されるのは水酸化物イオンとなり、厳密な水の電気分解とはなりません。
ただし、電気分解生成物を見れば水が分解されたのと同じですね。

陽極・陰極とも水の電気分解にしようと思えば、硫酸ナトリウムや硝酸ナトリウムの水溶液の電気分解が考えられます。

Qリチウム ナトリウム カリウム カルシウム のことです。

リチウム、ナトリウム、カリウム、カルシウムの水との反応って、周期表の位置と関係があらしいんですけど、どのような関係があるかわかりません。あと、なんで、リチウム、ナトリウム、カリウム、カルシウムの発火したときの炎の色がなんで違うのかがわかりません。教えてください(>_<;)

Aベストアンサー

高校化学IBのお勉強ですか?
Li,Na,Kはアルカリ金属,Caはアルカリ土類金属です。アルカリ金属は価電子(一番外側の電子殻にある電子)が1個で,1価の陽イオンになりやすく,水と激しく反応するという共通の性質をもっています。一方,アルカリ土類金属は価電子が2個あり,2価の陽イオンになりやすいが,アルカリ金属ほど簡単には水と反応しないという性質をもっています。また,アルカリ金属,アルカリ土類金属という呼び方からも分るように,どちらも,水溶液がアルカリ性になるという性質があります。
Li,Na,KとCaに分けて、それぞれの性質を書き上げていけば分りやすいのですが,場合によって,ほぼ同じ反応だけれども起こりやすさが違うものとまったく正反対の性質を示すものがあります。まずはアルカリ金属とアルカリ土類金属に分けて考えてみてください。
Li,Na,Kの中での反応性の違いは価電子と原子核の距離の違いと考えれば分りやすいと思います。価電子(イオンになるときに放出される電子)が原子核(陽子を含むので正の電荷を持っている)から遠いほど,価電子が簡単に放出されるのでイオンになりやすく,従って簡単に反応する・反応が激しいということになります。
炎色反応の色を理論的に理解するのは困難なので,これは暗記するしかないと思いますよ。
高校化学であれば,ということで専門家としておきます。

高校化学IBのお勉強ですか?
Li,Na,Kはアルカリ金属,Caはアルカリ土類金属です。アルカリ金属は価電子(一番外側の電子殻にある電子)が1個で,1価の陽イオンになりやすく,水と激しく反応するという共通の性質をもっています。一方,アルカリ土類金属は価電子が2個あり,2価の陽イオンになりやすいが,アルカリ金属ほど簡単には水と反応しないという性質をもっています。また,アルカリ金属,アルカリ土類金属という呼び方からも分るように,どちらも,水溶液がアルカリ性になるという性質があります。
Li,Na,K...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報